afiアメリカ映画10ジャンルのトップ10

映画ジャンル別ランキング100+47選/AFI「10ジャンルのトップ10」

afiアメリカ映画10ジャンルのトップ10

この記事は「AFIアメリカ映画100年シリーズ」のひとつ、2008年に発表された「10ジャンルのトップ10」の一覧・詳細情報・所感・おすすめ度()をまとめたものです。(随時更新中)

朱縫shuhou
朱縫shuhou

お好きなジャンルをご覧ください。

この下には西部劇映画のランキングがあります。

アニメーション映画
ファンタジー映画
ギャング映画
SF映画

 西部劇映画

スポーツ映画
ミステリー映画
ロマンティック・コメディ映画
法廷ドラマ映画
叙事詩的映画

 

 

 

映画ジャンル別ランキング★西部劇ベスト10

西部劇映画ランキングtop10
西部劇映画ランキングtop10

第1位【捜索者】

原題:The Searchers(レビュー記事へ
公開年:1956年
上映時間:119分
監督:ジョン・フォード
キャスト:ジョン・ウェイン、ジェフリー・ハンター他

インディアン(コマンチ族)に惨殺された兄夫婦の仇を討つため、そして連れ去られた姉妹を救うため、超頑固でワンマンで孤独なおっさんが立ち上がる。

ジョン・フォード監督とジョン・ウェインが何度目かのタッグを組んだ西部劇が一位にランクイン。

 

誰もが姉妹は殺されているものと絶望する中、何年経っても諦めることなく広大なテキサスを捜索するイーサン(ジョン・ウェイン)。

不器用すぎる捜索中のイーサンの言動にも驚かされっぱなしですが、とりわけやっとの思いでさらわれた姉妹の妹デビー(ナタリー・ウッド)を見つけた時の常識はずれのリアクションに度肝抜かれます。

関連記事

1956年/アメリカ/監督:ジョン・フォード/出演:ジョン・ウェイン、ジェフリー・ハンター、ナタリー・ウッド、ワード・ボンド、ヴェラ・マイルズ、ヘンリー・ブランドン注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きな[…]

【捜索者】ジョン・ウェイン

 

第2位【真昼の決闘】

原題:High Noon(レビュー記事へ
公開年:1952年
上映時間:85分
監督:フレッド・ジンネマン
キャスト:ゲイリー・クーパー、グレース・ケリー他

それまでの西部劇でお決まりだった「無敵のヒーロー像」を排し、悪漢に狙われる主人公を「報復を恐れる普通の男」として描いた革命的映画。

 

町のために尽くしてきた保安官ウィル・ケーン(ゲイリー・クーパー)は、美しいエイミー(グレース・ケリー)と結婚する今日を最後に職を辞する予定でした。

しかし不運なことにこの日、刑務所に入っていた悪党ミラー(イアン・マクドナルド)が釈放され、3人の仲間と共に自分を逮捕したケーンに復讐するため町へ戻ってくるとの情報を掴んでしまいます。

 

派手なドンパチがメインの西部劇ではありません。

あのゲイリー・クーパーが、町中の人に声をかけ、「助けてくれ、一緒に戦ってくれ」と懇願して回るのがメインの物語です。

町中練り歩いても共に戦ってくれる者は一人も現れません。確かに、死の恐怖を目の前にしてええカッコなんか言うてられないでしょう。ただ怖い。自分だけでも助かりたい。

でもミラーの一味はたったの4人。

町中総出で戦えば絶対に勝てるはずなのに。

 

ほんの少しずつの勇気も絞り出してくれなかった町民達を責めることはしなくても、一瞥いちべつして無言で町を去っていくゲイリー・クーパーがやっぱりかっこよすぎる名作。

関連記事

1952年/アメリカ/監督:フレッド・ジンネマン/出演:ゲイリー・クーパー、グレイス・ケリー、トーマス・ミッチェル、ケティ・フラド、ロイド・ブリッジス/第25回アカデミー主演男優・ドラマコメディ音楽・歌曲・編集賞受賞注※この[…]

 

第3位【シェーン】

原題:Shane(レビュー記事へ
公開年:1953年
上映時間:118分
監督:ジョージ・スティーブンス
キャスト:アラン・ラッド、ヴァン・ヘフリン他
「シェーン、カムバック!」

子役ブランドン・デ・ワイルドのラストのセリフが超有名な西部劇。

牧畜業者と入植してきた農民の争いが激しさを増す土地を通りかかった流れ者シェーン(アラン・ラッド)。農家の一人息子ジョーイ(ブランドン・デ・ワイルド)は、柔和で不思議な雰囲気を持ったシェーンを一目で気に入り、シェーンはそのままスターレット家の手伝いをしながらその土地に留まる決心をします。

 

実は凄腕のガンマンであるシェーンが「本来の自分」を封印して、スターレット一家と一緒にまっとうに生きて行こうとしている姿が痛ましい。

最後のセリフ「頑張ったけどダメだった」の裏にある、「このままここで生きて行けたらどれだけ良かったか」というシェーンらしくないほんの少しの未練がましさが涙を誘います。

関連記事

1953年/アメリカ/監督:ジョージ・スティーブンス/出演:アラン・ラッド、ジーン・アーサー、ヴァン・ヘフリン、ブランドン・デ・ワイルド、ジョン・ディークス、ジャック・パランス/第26回アカデミー撮影賞受賞注※このサイトは映[…]

シェーン(演:アラン・ラッド)

 

第4位【許されざる者】

原題:Unforgiven(レビュー記事へ
公開年:1992年
上映時間:131分
監督:クリント・イーストウッド
キャスト:クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン他

この西部劇トップ10の中で唯一「近年の映画」と言っても良い作品。

マカロニ・ウエスタン作品【荒野の用心棒】(1964年)で一世を風靡したクリント・イーストウッドが監督・主演、モーガン・フリーマンやジーン・ハックマンと言った実力派俳優が脇を固めます。

 

かつて誰もが恐れる荒くれ者だったウィリアム・マニー(クリント・イーストウッド)は、今では最愛の妻を亡くし2人の子供を男手一つで育てるただの鈍くさい農夫

そんなマニーの元を、若い賞金稼ぎのスコフィールド・キッド(ジェームズ・ウールヴェット)が訪ねてきます。娼婦の顔面を切り付け懸賞金をかけられたアホのカウボーイを一緒に成敗しようと言うのです。

 

死ぬほどの哀愁にまみれていて実はベタベタな勧善懲悪ヒーローもの。ラストの電光石火の早撃ちは意識が遠のくほどカッコいい。

第65回アカデミー最優秀作品賞受賞。

関連記事

1992年/アメリカ/監督:クリント・イーストウッド/出演:クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、ジーン・ハックマン、リチャード・ハリス、ジェームズ・ウールヴェット/第65回アカデミー作品・監督・助演男優・編集賞受賞[…]

【許されざる者(1992)】

 

第5位【赤い河】

原題:Red River(レビュー記事へ
公開年:1948年
上映時間:133分
監督:ハワード・ホークス
キャスト:ジョン・ウェイン、モンゴメリー・クリフト他

騎兵隊とインディアンが出てくるばかりが西部劇ではありません(出てくるけど)。

【赤い河】の使命は「10000頭の牛を無事に運ぶこと」

丹精込めて育てた美味しい美味しい牛たちを連れて、1600kmの道のりを旅する牧場主のダンソン(ジョン・ウェイン)と息子同然のマシュー(モンゴメリー・クリフト)と牧童たち。

なんといっても巨大な牛が10000頭。過酷な旅が続くにつれて、ワンマンで無茶な要求ばかりするダンソンと疲弊しきった牧童たちの間には、次第に溝が生まれます。

 

最後の最後まで続く緊張感を、一気に緩和するキーマンの迫力がすごい。

「今まで何やったん?!」ってビックリするラストが逆に爽快。

関連記事

1948年/アメリカ/監督:ハワード・ホークス/出演:ジョン・ウェイン、モンゴメリー・クリフト、ジョアン・ドルー、ウォルター・ブレナン、ジョン・アイアランド注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書い[…]

【赤い河】ジョン・ウェインとモンゴメリー・クリフト

 

第6位【ワイルドバンチ】

原題:The Wild Bunch(レビュー記事へ
公開年:1969年
上映時間:137分(ディレクターズカット版143分)
監督:サム・ペキンパー
キャスト:ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン他

実在した無法者集団“ワイルドバンチ”を題材にした映画。

悪事の限りを尽くしてきたお尋ね者人生に疲れ果て、かといってまっとうな人生の選択肢があるわけでもなく、今となってはただ死に場所を求めて彷徨っているだけのような“ワイルドバンチ”の面々。

悪党の末路ってこんなもんですかね?

まるで水を飲むように豪快に酒を飲んではガハガハと笑い合っていますが、それも破滅への秒読みのようでなんだか物悲しい。

 

有名なのはラストの凄惨な銃撃戦。その戦いの前、死に場所を見つけた嬉しさの余り武者震いでもしてるかのようなアーネスト・ボーグナインの不敵な笑みがシビれます。

関連記事

1969年/アメリカ/監督:サム・ペキンパー/出演:ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、エドマンド・オブライエン、ウォーレン・オーツ、ベン・ジョンソン、ジェイミー・サンチェス注※このサイトは[…]

【ワイルドバンチ】あらすじと感想

 

第7位【明日に向って撃て!】

原題:Butch Cassidy and the Sundance Kid(レビュー記事へ
公開年:1969年
上映時間:110分
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
キャスト:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード他

「死ぬ前にもう1本だけ映画観せたる」って言われたらこれを選ぶと思います。

朱縫shuhou
朱縫shuhou
死ぬほどカッコええ!

いやホントに。

 

モデルになっているのは原題【Butch Cassidy and the Sundance Kid】の通り、実在の人物ブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)とザ・サンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード)。

ブッチとキッドは無法者集団“ワイルドバンチ”の一員なのですが、【明日に向って撃て!】では集団名は出てきません(“壁の穴強盗団”は出てくる)。

※一方【ワイルドバンチ】にはブッチやキッドといった個人名は出てきません。

 

【ワイルドバンチ】同様、斬新なラストが有名なアメリカン・ニュー・シネマの代表作であり超傑作。

ニヤけたポール・ニューマンはまりすぎ!

ロバート・レッドフォード髭似合いすぎ!

関連記事

1969年/アメリカ/監督:ジョージ・ロイ・ヒル/出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス、ストローザー・マーティン、ジェフ・コーリー、ジョージ・ファース/第42回アカデミー脚本・撮影・作曲・主題歌賞受賞[…]

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード

 

第8位【ギャンブラー】

原題:McCabe & Mrs. Miller(レビュー記事へ
公開年:1971年
上映時間:122分
監督:ロバート・アルトマン
キャスト:ウォーレン・ベイティ、ジュディ・クリスティ他

カナダ国境の町が舞台の、常に雪が降ってるサブそうな映画。他にはない独特の雰囲気だけはピカイチ。

 

寂れた炭鉱の町にやってきた三流賭博師ジョン・マッケーブ(ウォーレン・ベイティ)。

男勝りで商才のあるミス・ミラー(ジュディ・クリスティ)を共同経営者にしたお陰で、経営する売春宿兼賭博場は連日繁盛していました。

しかし共同経営者であると同時に商売女でもあるミラーを愛してしまい、経営者としてのプライドにも目覚めたマッケーブは、一世一代の大博打に出て、惨敗。

自らが招いた最悪の事態の収拾をつけるため、なりふり構わず雪の中を奔走する姿は、これまでの西部劇の主人公には程遠いカッコ悪さ。

関連記事

1971年/アメリカ/監督:ロバート・アルトマン/出演:ウォーレン・ベイティ、ジュリー・クリスティ、ルネ・オーベルジョノワ、マイケル・マーフィー、バート・レムゼン、シェリー・デュヴァル注※このサイトは映画のネタバレしようがし[…]

【ギャンブラー】ウォーレン・ベイティ

 

第9位【駅馬車】

原題:Stagecoach(レビュー記事へ
公開年:1939年
上映時間:99分
監督:ジョン・フォード
キャスト:ジョン・ウェイン、トーマス・ミッチェル他

これが1位だと思ってました。

私なんかは「西部劇」といえば【駅馬車】ですけどね?

ちゃう?

【OK牧場の決斗】とか?

そういえば【OK牧場の決斗】は入ってないのねこのベスト10には。

 

アパッチ族、騎兵隊、馬、銃撃戦、復讐を誓う主人公、仇敵きゅうてきが強敵、影のある美女、お笑い担当キャラ、ジョン・フォードとジョン・ウェイン…西部劇になくてはならない要素がふんだんに盛り込まれた名作。

爆走する駅馬車とアパッチ族との銃撃戦のド迫力を表現するのは最新のCGでも絶対不可能。

馬の脚が、蹄がすごい!落馬して轢かれるインディアン!頬をかする矢!きしむ駅馬車の車輪!すごすぎ!やめて!もうやめてえ~!

関連記事

1939年/アメリカ/監督:ジョン・フォード/出演:ジョン・ウェイン、クレア・トレヴァー、トーマス・ミッチェル、ジョージ・バンクロフト、ジョン・キャラダイン、アンディ・ディバイン/第12回アカデミー助演男優・音楽賞受賞注※こ[…]

荒野を進む駅馬車

 

第10位【キャット・バルー】

原題:Cat Ballou(レビュー記事へ
公開年:1965年
上映時間:97分
監督:エリオット・シルヴァースタイン
キャスト:ジェーン・フォンダ、リー・マーヴィン他

名優ヘンリー・フォンダの娘ジェーン・フォンダ扮するお転婆お嬢様が主人公という異色のコメディ西部劇。

父親を殺されたキャサリン・“キャット”・バルー(ジェーン・フォンダ)は、仇を討つため往年の無敵のガンマン、キッド・シェリーン(リー・マーヴィン)を雇いますが、今やキッドはアル中でグッダグダの変わり果てた姿になっていました。

もうホントにどうしようもないくらいグッダグダ。

とりあえずキッドよ、馬上で寝るのはお止めなさい。

関連記事

1965年/アメリカ/監督:エリオット・シルヴァースタイン/出演:ジェーン・フォンダ、リー・マーヴィン、マイケル・カラン、ドウェイン・ヒックマン、レジナルド・デニー、ナット・キング・コール、スタッビー・ケイ/第38回アカデミー主演男[…]

また飲んでるキッド・シェリーン

 

 

 

選外★おすすめ西部劇映画

おすすめ①【七人の侍】

原題:七人の侍(レビュー記事へ
公開年:1954年
上映時間:オリジナル版207分(短縮版160分)
監督:黒澤明
キャスト:志村喬、三船敏郎他

全っ然西部劇ちゃうけど。

ハリウッドが西部劇【荒野の七人】としてリメイクしてくれちゃったもんで、まあここに入れときましょう。

面白過ぎて死にそうになるからくれぐれも注意してください。

関連記事

1954年/日本/監督:黒澤明/出演:三船敏郎、志村喬、津島恵子、木村功、加東大介、宮口精二、稲葉義男、千秋実、土屋嘉男注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください![…]

【七人の侍】三船敏郎

 

おすすめ②【荒野の七人】

原題:The Magnificent Seven(レビュー記事へ
公開年:1960年
上映時間:128分
監督:ジョン・スタージェス
キャスト:ユル・ブリンナー、スティーブ・マックイーン他

後学のためにおすすめというかなんというか…。オリジナル作の偉大さを実感するのに一役買ってくれる【七人の侍】のリメイク作。観て損はないだろうけど全然観なくてもいい映画(じゃあここに入れるな)。

ちなみに監督はおすすめ③の【OK牧場の決斗】と同じジョン・スタージェス。

関連記事

1960年/アメリカ/監督:ジョン・スタージェス/出演:ユル・ブリンナー、スティーブ・マックイーン、ホルスト・ブッフホルツ、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ヴォーン、ブラッド・デクスター、ジェームズ・コバーン、イーライ・ウォラック[…]

【荒野の七人】ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーン

 

おすすめ③【OK牧場の決斗】

原題:Gunfight at the O.K. Corralレビュー記事へ
公開年:1957年
上映時間:122分
監督:ジョン・スタージェス
キャスト:バート・ランカスター、カーク・ダグラス他

西部劇でたびたび取り上げられる題材のひとつ、「OK牧場の決闘」を描いた映画。好きかどうかはさておき、トップ10に入ってないのがちょっと意外。

まあでもワイアット・アープを扱うとどうしても嘘臭く陳腐になってしまいがちなんで仕方ないかも。

関連記事

1957年/アメリカ/監督:ジョン・スタージェス/出演:バート・ランカスター、カーク・ダグラス、ロンダ・フレミング、ジョー・ヴァン・フリート、ジョン・アイアランド、ライル・ベドガー、デニス・ホッパー注※このサイトは映画のネタ[…]

【OK牧場の決斗】カーク・ダグラスとバート・ランカスター

 

おすすめ④【大いなる西部】

原題:The Big Country(レビュー記事へ
公開年:1958年
上映時間:166分
監督:ウィリアム・ワイラー
キャスト:グレゴリー・ペック、ジーン・シモンズ他

“正統派紳士”グレゴリー・ペック主演の西部劇。

西部劇らしい埃っぽい戦いの場面は出てくるけど、なんと主人公は手を出さない。なんとも異色。

関連記事

1958年/アメリカ/監督:ウィリアム・ワイラー/出演:グレゴリー・ペック、ジーン・シモンズ、チャールトン・ヘストン、キャロル・ベイカー、バール・アイヴス、チャールズ・ビックフォード/第31回アカデミー助演男優賞受賞注※この[…]

【大いなる西部】グレゴリー・ペック

 

 

西部劇映画ベスト10★まとめ

は朱縫shuhouのおすすめ度です。

  1. 【捜索者】
  2. 【真昼の決闘】
  3. 【シェーン】
  4. 【許されざる者】
  5. 【赤い河】
  6. 【ワイルドバンチ】
  7. 【明日に向って撃て!】
  8. 【ギャンブラー】
  9. 【駅馬車】
  10. 【キャット・バルー】

選外

  • 【七人の侍】
  • 【荒野の七人】
  • 【OK牧場の決斗】
  • 【大いなる西部】

 

 

朱縫shuhou
朱縫shuhou

西部劇映画ランキングは以上です。

引き続きお好きなジャンルへどうぞ。

アニメーション映画
ファンタジー映画
ギャング映画
SF映画

 西部劇映画

スポーツ映画
ミステリー映画
ロマンティック・コメディ映画
法廷ドラマ映画
叙事詩的映画

afiアメリカ映画10ジャンルのトップ10
いいね!もフォローもご感想もごっつ喜びます
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG