歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【明日に向って撃て!】あらすじとネタバレ感想。雨にぬれても最高

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード 西部劇

 

映画の概要と注意事項

1969年/アメリカ/監督:ジョージ・ロイ・ヒル/出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス、ストローザー・マーティン、ジェフ・コーリー、ジョージ・ファース/第42回アカデミー脚本・撮影・作曲・主題歌賞受賞

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

冒頭のセピアのシーンでのザ・サンダンス・キッド

©Butch Cassidy and the Sundance Kid/明日に向って撃て!より引用

無数にある映画の中、私が俳優そのものとその時演じた役柄込みで一番カッコいいと思っているのは【カッコーの巣の上で】でランドル・パトリック・マクマーフィを演じた時のジャック・ニコルソンです。

ピン部門での一位、単体ね。

 

古くは「シャーロック・ホームズシリーズ」のシャーロック・ホームズとジョン・H・ワトソン博士のような、日本のドラマで言うたら「噂の刑事 トミーとマツ」や「あぶない刑事」に代表される「バディもの」として映画史上最もカッコいいコンビは【明日に向って撃て!】ポール・ニューマンロバート・レッドフォードで間違いないでしょう。

 

久しぶりに再視聴して相変わらずのカッコよさに震えております。

観るんじゃなかった…しょっぼいレビューぐらい記憶で書けたやろうに…。

 

私にはまだまだ観たい映画がたくさんあるのです。

もう一回観たくなってる場合ではないのです。

 

…もう一回観ようかな…。

 

西部に行きたい…。

あの時代のアメリカ西部に行きたいのよ…。

 

 

映画【明日に向って撃て!】のあらすじザックリ

1890年代の西部。新時代の波が現れ始めた頃、機転の利くブッチ・キャシディと早撃ちのザ・サンダンス・キッドは銀行強盗で名を馳せていた。しかしある時、列車強盗を働いた鉄道会社が雇った最強の刺客ピンカートン探偵社の猛追に、死さえも覚悟する羽目になる。

 

 

実在の強盗ブッチ・キャシディとザ・サンダンス・キッドを描いた実話

「ワイルドバンチ」と呼ばれる無法者集団の構成員であった実在の人物ブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)とザ・サンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード)の晩年を描いたアメリカン・ニューシネマの傑作。

泳げないキッド

©Butch Cassidy and the Sundance Kid/明日に向って撃て!より引用

一応アメリカン・ニューシネマに分類されるんですけど、他の作品とは一味違ってます。

まずアメリカン・ニューシネマ独特の全体に漂う鬱屈とした雰囲気はありません。共通項としては反社会的で壮絶な最期を遂げるってとこくらい?

 

どっちかってーとヒーローアクションみたいな印象ですけどね私。ちょっとライトなコメディよりの。

 

まあでもブッチとキッドの「全盛期」を描いた映画ではないってとこもアメリカン・ニューシネマっぽいっちゃあぽいのか。

作中2人は何度も何度もお互いに語り掛けてます。

誰ぞ
ブッチ
腕、落ちたな
誰ぞ
キッド
俺らももうオッサンやからな

のっけから同じ強盗団の仲間に代替わりしろと迫られたりするしね。

 

年老いて強盗稼業も行き詰まり、堅気になろうとするけどうまくいかず、かといって牧場経営なんてキツイ仕事はやってられない…。

そんな行き場を失った彼らが人生の終焉の地を求めてもがく様が描かれています。

誰ぞ
ブッチ

次行く場所考えたわ

聞いて驚け…

 

オーストラリアや…

オーストラリアで一旗あげるで…

オーストラリアに行くと言い出すブッチ

©Butch Cassidy and the Sundance Kid/明日に向って撃て!より引用

参考 アメリカン・ニューシネマ=1960年代後半から1970年代頃までにハリウッドで製作された、主に主人公の壮絶な死によって幕を閉じる反体制的な若者を中心とした作品群

 

潔くカッコ良すぎるわ!ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード

さっき「ヒーローアクションみたい」って書きましたけど、ヒーローアクションにつきものなのってやっぱり強大な敵だったりするじゃないですか?

敵が強ければ強いほどヒーローの魅力も増す、みたいなね?

ピンカートン探偵社に追われるブッチとキッド

©Butch Cassidy and the Sundance Kid/明日に向って撃て!より引用

ところが【明日に向って撃て!】には具現化された「敵」って出てこないんですよね。

逃げても逃げても無尽蔵に追いかけてくるピンカートン探偵社や、逃げ場のない2人を包囲する何十人にも及ぶボリビアの警察隊など、出てくるには出てくるものの「敵」に個性は一切ありません。

せいぜいピンカートン探偵社の一人が白い麦わら帽子をかぶってるってことくらい。

 

要するに「敵」なんて正体が分からないまま、手強かろうが雑魚だろうがどないでもええんですよ。

ただポール・ニューマンとロバート・レッドフォードがカッコよければええ映画なんです。

 

邦題ブラボー【明日に向って撃て!】

このブログ「天衣無縫に映画をつづる」で、私はよく

朱縫shuhou
朱縫shuhou
変な邦題付けんじゃねー!

ってキレたりしてますけど、【Butch Cassidy and the Sundance Kid】に関しては【明日に向って撃て!】って邦題考えてくれた人に謹んでお礼の言葉を述べたいと思います。

ありがとうございます。

 

先の見えない未来に向かって、とにかく撃って撃って撃ちまくる映画の内容を端的に捉えたエクセレントな邦題ですよね。

撃ちまくるキッド

©Butch Cassidy and the Sundance Kid/明日に向って撃て!より引用

実際撃って撃って撃ちまくるのは早撃ちのキッドだけで、映画の最後の方でようやく、(キッド曰く)「参謀」で(ブッチ曰く)「頭が良すぎる」ブッチは今まで人を撃ったことがないと判明するのもシャレが効いてる。

 

 

チャリで遊ぶ中年と美女、そして名曲「雨にぬれても」

ブッチが手に入れたばかりの「未来の馬」自転車でエッタ(キャサリン・ロス)とデートする場面は拳銃ガンガン撃ち合うイメージの西部劇とは程遠い平和で清々しい名場面。

なんぼほどカバーされてんねんってくらいカバーされまくってるB・J・トーマスによる挿入歌「雨にぬれてもRaindrops Keep Fallin’ On My Head」の、まるでブッチ自身を歌っているかのような歌詞もメロディも最高。

「雨にぬれても」に合わせてデートするお二人

©Butch Cassidy and the Sundance Kid/明日に向って撃て!より引用

大好きなんで、字幕のままの日本語歌詞残しておこう。

Raindrops are falling on my head

頭に雨が降りかかる

And just like the guy whose feet are too big for his bed

Nothing seems to fit

足のはみ出るベッドの様に世間は住みにくい

Those raindrops are falling on my head, they keep falling

ひっきりなしに落ちる雨粒

So I just did me some talking to the sun

だから太陽に言ってやった

And I said I didn’t like the way he got things done

Sleeping on the job

仕事をさぼる奴は嫌いだと

Those raindrops are falling on my head, they keep fallin’

雨は止みそうにもない

But there’s one thing I know

でも俺は平気さ

The blues they send to meet me

Won’t defeat me, it won’t be long

これ位じゃへこたれない

‘Till happiness steps up to greet me

幸せは目の前に来てるんだ

 

Raindrops keep falling on my head

頭に雨が降りかかる

But that doesn’t mean my eyes will soon be turning red

Crying’s not for me

でも俺は泣かないぜ 涙は似合わない

‘Cause I’m never gonna stop the rain by complaining

雨を恨んだりしない

Because I’m free Nothing’s worrying me

何が起ころうと平気さ

出典:【明日に向って撃て!】字幕

 

 

映画【明日に向って撃て!】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

ダメですねえ~

好きすぎる映画って逆に客観的な考察とかできなくてロクなレビュー書けないわ…

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【明日に向って撃て!】を観たくなったら

明日に向って撃て! [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

西部劇
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る