ハビエル・バルデム

【ノーカントリー】アントン・シガーの武器は「家畜銃ピストル」!原題も考察

2007年/アメリカ/監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン/出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド/第80回アカデミー作品・監督・助演男優・脚色賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

店主と賭けをするアントン・シガー
©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用

暴力描写とか内蔵飛び出すスプラッターとか受け付けない私ですが、コーエン兄弟クエンティン・タランティーノの作品は観ることができます。

だってめっちゃ人が死んで血もダクダク流れてるのになんか笑えるんやもん。

 

まあ本作に限りましては、頭イっちゃってる殺人鬼アントン・シガー(ハビエル・バルデム)がおもろすぎたお陰で楽しく観ることができたわけですけども。

 

アカデミー最優秀作品賞他4冠に輝いたコーエン兄弟の映画、【ノーカントリー】です。

 

 

 

映画【ノーカントリー】のあらすじザックリ

1980年、メキシコにほど近いアメリカテキサス州の町。溶接工のルウェリン・モスは偶然麻薬取引の末路と思われる凄惨な殺人現場と残された大金の入ったブリーフケースを発見する。金を持って逃亡したモスは麻薬組織に雇われたアントン・シガーに追われる身となる。

 

 

アメリカとメキシコの麻薬取引に巻き込まれたモス

物語の大筋はルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)の逃亡劇で成り立っています。

ポロングホーンを狙ってたジョシュ・ブローリン
©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用

テキサスの荒野で鹿みたいな動物(プロングホーンってんだって)を撃っていたモスは、偶然数台のバンと積み荷に残された麻薬、その周囲にまるで銃撃戦の後のように転がるいくつかの死体を発見。

どうやら麻薬取引の交渉でも決裂した感じ…まだどっかに生存者がおるかも…と周囲を警戒しながらウロウロしているとさらに木の下に人影を見つけます。

 

近づいてみるとすでにこと切れてるギャングらしき死体と、傍には大金が詰まったブリーフケースが…。

モスは危険を承知でこの大金を奪って逃げます。

 

鹿らしき動物(プロングホーンやってば)を狙っている時の鋭さや、転がる死体を見ても動じないメンタルの強さ、この後ギャングや殺し屋に追われても常に冷静で機転が利く環境適応能力の高さ。

いやいや、モスって一体何者やねん。
朱縫shuhou
朱縫shuhou

中盤くらいでモス自ら明かしますが、実は彼は2回も出征しているベトナム帰還兵なんです。

言うたらジョン・ランボーよ。テレッテ~。

やっぱりベトナム帰還兵は戦場でも市街地でもサバイバル力が半端ない。頭のぶっ飛んだ殺人鬼が相手でも、ベトナム帰還兵やったら或いは勝てるのかも…。

 

 

アントン・シガー、その武器銃なの?

アメリカ側の麻薬組織に雇われたのが、金を奪ったモスを執拗に追うまともに会話することも不可能な頭のぶっ飛んだ殺人鬼、アントン・シガー(ハビエル・バルデム)。

画面に映った瞬間からインパクト満点。

髪型をなんとかしなさいアントン・シガー
©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用

もーまず見た目さあ~。

髪型!顔!さらに頭もだいぶんおかしい!!

マスコット人形があったら絶対買ってる!

 

しかし素朴な疑問なんですけど、この人「殺し屋」って言うか、「誰かに命令されて人を殺す」って成り立つの?

だって言葉が通じませんよ?

のっけから自分にかけられた手錠で保安官助手の首を絞めて殺しちゃうし。保安官助手とか殺しちゃったら追手が大変そうでしょ?ところがシガーは、深く考えずに次から次へとサクサク殺しちゃうんですよ。結局雇い主のボスも殺すし。

「殺し屋」というよりは、その時の気分で殺戮を繰り返すだけのただの猟奇殺人者のような…。

首を絞めるアントン・シガー
©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用

とは言っても基本的にはアントン・シガーは力技での殺人は行いません。

ちゃんと彼専用の武器があるんです。

 

アントン・シガーの武器の名は「家畜銃ピストル」

シガーが主に殺人に使う武器(?)は、一見酸素ボンベみたいに見える代物。

アントン・シガーの武器「家畜銃ピストル」
©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用

この武器の正体に関しては、作中でエド・トム・ベル保安官(トミー・リー・ジョーンズ)がモスの妻カーラ(ケリー・マクドナルド)に向けた世間話という形で明かしています。

家畜銃ピストルについて言及するエド・トム・ベル保安官
©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用
ベル保安官

昔は家畜の牛を一頭殺すのも大変やったんやで。逆に人間がケガさせられたりしてな。

 

でも最近は一撃で牛を仕留められる道具ができてんねん。

シガーの愛好する武器がまさしくこれ。

牛を一撃で安楽死させられる威力を持つ飛び道具で、「家畜銃ピストル」というそうな。

 

巨大な牛でも一撃で死に至るこの武器を、シガーは容赦なく人間に向けて発射します。撃たれた人間がどうなるかは推して知るべし。

空気銃みたいな原理になってて、50~60cmはあろうかというエアタンクをブラブラぶら下げて静かにモスを探し回るシガーの姿は異様。

 

しかもこの家畜銃ピストル、ドアの鍵穴に向けて発射すれば鍵穴ごと吹っ飛ばし、施錠の意味をまったく無くしてくれるという本来の使い方以外の用途でも大活躍します。

©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用

この方法で狙った獲物がどこに隠れようが籠城しようが次々と追い詰めていくシガーの無双感がおかしい。

こんな武器ありかしかし。

個人的にはライトセイバーより欲しい。用途わからんけど。なんか色々吹っ飛ばして遊びたいよね。

 

 

やっと主人公エド・トム・ベル保安官登場

アントン・シガーがインパクトたっぷりの存在感を見せつけ、そのシガーに対抗できるんちゃうんかっていうポテンシャルを持ったモスが金を持って逃亡したあと、ようやく冒頭で語りを披露してくれたエド・トム・ベル保安官が最初の麻薬取引の銃撃現場を訪れ、のっそりと捜査を開始。

捜査開始するエド・トム・ベル保安官
©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用

この辺りはコーエン兄弟の代表作【ファーゴ】の警察署長マージ(フランシス・マクドーマンド)の登場シーンと被りますね。

関連記事

1996年/アメリカ/監督:ジョエル・コーエン/制作:イーサン・コーエン/出演:フランシス・マクドーマンド、ウィリアム・H・メイシ―、スティーヴ・ブシェミ、ピーター・ストーメア/第69回アカデミー主演女優・脚本賞受賞注※この[…]

【ファーゴ】

ベル保安官は助手とともに、ウダウダ御託ごたくを並べながら事件を追います。

 

 

タイトル【ノーカントリー】の意味考察

コーエン兄弟の作品らしく、ラストはやっぱり突然訪れるので、私は

朱縫shuhou
朱縫shuhou
これで終わるんかーい!

とTVにツッコミながら自宅のソファに倒れ込みました。

映画館じゃこれができないんで、やっぱり自宅鑑賞はいいですよね。

自動車事故で殺人鬼瀕死
©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用

で結局、タイトル【ノーカントリー】ってどーゆー意味?

原作「血と暴力の国」も読んでおらず、他国の詩の知識もまったくない私は、【ノーカントリー】について以下のように思います。

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)
コーマック・マッカーシー
Out of stock

 

原題を理解していないと考察も不可能かも

ただの【ノーカントリー】だけでは祖国を追われた移民の話かしら?くらいになっちゃうので、やっぱり原題って大事ですよね。

原題は【No Country for Old Men】と続き、直訳は「老人のための国はない」。

 

老齢を迎えたベル保安官は、最終的に犯罪が若年化・凶悪化する世の中で、自分の無力さを痛感して引退を決意します。

自分より若い人間が男女問わず次々と殺されていくというのに、老いた自分は生き延びて結局誰も救うことができず、死に場所すらもなくおめおめと引退するしかなかったという悲しい現実を表現しているんですかね。

隠居生活を送るエド・トム・ベル保安官
©No Country for Old Men/ノーカントリーより引用

 

しかし【ノーカントリー】に関連するものでもっとも暴力的なのは、原題の「for Old Men」の部分をバッサリ切り捨てて、危うく移民の映画なのかしら?と観客に思わせてしまうような 邦題の略し方 だと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

ハビエル・バルデム
更新情報ひたすらつぶやいてます。