歴代アカデミー賞ランキングBEST90

鉄板!名作洋画ランキング90!歴代アカデミー賞でおすすめの絶対観るべき最高傑作は?

映画ランキング・まとめ

おはこんばんちは、朱縫shuhouです。

 

アカデミー賞は2018年で90回目を迎えました。実に90作もの映画がその年の最優秀作品賞の栄冠を手にしているわけです。

かつて第40回アカデミー作品賞を獲得した【夜の大捜査線】の監督ノーマン・ジュイソンが「オスカーはノミネートされることにこそ意味がある」と発言し、

朱縫shuhou
ノミネートまでは実力だけど、賞を獲得しようと思ったら映画そのものの評価より金とかコネとかが重要になってくるってこと…?

と、なんだかハリウッドの闇の権力を空恐ろしく感じたもんですが、後世に語り継がれてしまうのはやっぱり「ノミネート作」ではなく「受賞作」だったりするんですよね。

 

賞レースにまったく縁のない無冠の名作なんて星の数ほど存在すること、逆にちっともおもろない凡作も紛れ込んでいることは百も承知で、差しあたって「歴代アカデミー作品賞受賞作」だけを面白かったおすすめ順にランキングしてみました。

しかし言うても名作揃いなもんで甲乙つけ難く、主観だけでは10段階評価するのが精一杯…。

これじゃランキングにならんってことで、10点満点の私の評価に大手映画レビューサイト「映画.com」と「Filmarks」のそれぞれ5点満点の評価(2018年4月現在)を加算して、20点満点でランキングしています。

 

ランキングではなく年代順の一覧はこちら。

米アカデミー賞歴代最優秀作品賞とノミネート一覧(第1回~第90回)
映画に詳しくなる近道のひとつは「歴史的名作を観てみる」ことです。しかし世の中には無数の映画がある訳で、何を観るか迷った時にはとりあえず歴代アカデミー最優秀作品賞受賞映画を観てみましょう!

ワースト10の作品に文句タレて本来受賞すべきだった映画を勝手に提案している記事はこちら。

過大評価映画10作品!歴代アカデミー賞ワースト10とその年敗れた名作!
「アカデミー賞受賞作」と言っても受賞理由はその時代の流行があったり選考委員の好みがあったり様々です。そんな歴代オスカー受賞作の中でも「この映画過大評価されてるやろ!」と思った作品ワースト10と「こっちのがおもろいやろ!」と思った良作を紹介します。

無冠の名作だって無数にあります。

旧作映画過ぎるが絶対おすすめの洋画100選!AFI「アメリカ映画ベスト100」
アメリカの映画団体AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)が1998年から発表し始めたランキング「アメリカ映画100年シリーズ」の内、初年度の1998年に公表された「アメリカ映画ベスト100」を一覧にしました。

 

各ランキングにワープしたい方はこちらからどうぞ。

70位~51位へ
50位~31位へ
30位~11位へ
10位~1位へ

 

 

あなたが今日観る映画の参考になれば幸いです。

 

 

歴代名作洋画ランキング90位~71位!評価がつかない映画も…

90位 【トム・ジョーンズの華麗な冒険】

出典:TSUTAYAショッピングサイト

私的評価:-
映画.com:3.0
filmarks:3.2
総合評価:6.2
原題:Tom Jones(allcinema
公開年:1963年(第36回アカデミー作品賞受賞作)
製作国:イギリス
上映時間:128分
監督:トニー・リチャードソン
キャスト:アルバート・フィニー、スザンナ・ヨーク他
同年ノミネート:【クレオパトラ】【野のユリ】他
メディア:トム・ジョーンズの華麗な冒険 [DVD]

メディア入手困難の為いまだに視聴できていません。量産されていないせいかVHSもDVDもプレミア価格になっちゃってる模様…。

アカデミー賞4部門、英国アカデミー作品賞、ゴールデングローブ賞他数々の賞を獲得しているにもかかわらずマイナーの域を出ないイギリス映画。詳しいあらすじすらよく分かりません。

 

89位 【オリバー!】

出典:Amazon

私的評価:-
映画.com:3.2
filmarks:3.7
総合評価:6.9
原題:Oliver! (Wikipedia
公開年:1968年(第41回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:153分
製作国:イギリス
監督:キャロル・リード
キャスト:マーク・レスター、オリヴァー・リード他
同年ノミネート:【冬のライオン】【ロミオとジュリエット】他
メディア:オリバー! [DVD]

【トム・ジョーンズの華麗な冒険】同様、メディア入手困難により視聴できていない作品。

でも原作が何度も舞台化・映画化されているチャールズ・ディケンズの小説「オリバー・ツイスト」なので内容は想像つきます。

出生に秘密を持つ孤児のオリバー・ツイストが救貧院を抜け出し窃盗団に捕まり数々の事件に巻き込まれるお話。この【オリバー!】はミュージカルの映画化作品。ロマン・ポランスキー監督の【オリバー・ツイスト】(2005年)の方が有名なのではないでしょうか?

 

88位 【巨星ジーグフェルド】

🄫The Great Ziegfeld/巨星ジーグフェルドより引用

私的評価:4.0
映画.com:-
filmarks:3.4
総合評価:7.4
原題:The Great Ziegfeld(レビュー記事へ
公開年:1936年(第9回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:185分
製作国:アメリカ
監督:ロバート・Z・レナード
キャスト:ウィリアム・パウエル、マーナ・ロイ他
同年ノミネート:【オペラハット】【ロミオとジュリエット】他
メディア:巨星ジーグフェルド [DVD]ネット宅配レンタル

19世紀末にアメリカのミュージカルの母体を築き上げたレヴュー王、フローレンス・ジーグフェルド・ジュニア(ウィリアム・パウエル)の半生を描いた映画。

モノクロだし3時間超えの長い作品ですが、ジーグフェルドが作り出したレヴューは今観ても圧巻です。現代より娯楽の少なかった当時の人々はステージにかぶりつき熱狂したことでしょう。

パブリック・ドメインの映画は探せば数百円でDVD入手できます。後学のためにも(?)是非観てみてください。

 

私的にはまずまずの評価だったんですが…「映画.com」の評価が無かったため(私が視聴した映画の中で)最下位となってしまいました。

【巨星ジーグフェルド】ブロードウェイ興行王の半生のあらすじと感想
【巨星ジーグフェルド】/1936年/アメリカ/クラシック/アメリカのレヴュー界第一人者であるフローレンス・ジーグフェルドの半生を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

87位 【シマロン】

オーセージの町に移住したクラバット一家

🄫Cimarron/シマロンより引用

私的評価:4.0
映画.com:-
filmarks:3.5
総合評価:7.5
原題:Cimarron(レビュー記事へ
公開年:1931年(第4回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:131分
製作国:アメリカ
監督:ウェズリー・ラッグルズ
キャスト:リチャード・ディックス、アイリーン・ダン他
同年ノミネート:【犯罪都市】【スキピイ】他
メディア:シマロン [DVD]ネット宅配レンタル

開拓時代のアメリカを描いた壮大な小説が原作の映画。スケール感が半端ないのに原作者はなんと女性(エドナ・ファーバー)。

迫力満点の土地獲得レース「グレート・ラン」や、馬車で何日もかけて荒れ地を進み新天地を目指すクラバット一家、荒野に人が集まり家を建て一つの「町」が出来上がって行く様子など、気分が高揚してくる描写がたくさん盛り込まれています。

【シマロン】あらすじと感想。開拓時代のアメリカを壮大に描く
【シマロン】/1931年/アメリカ/クラシック/まだ州でもなかったオクラホマ地方で生活を始めるクラバット一家を主軸にアメリカの開拓史を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

86位 【シェイプ・オブ・ウォーター】

出典:シェイプ・オブ・ウォーター公式サイト

私的評価:-
映画.com:3.7
filmarks:3.9
総合評価:7.6
原題:The Shape of Water(20世紀フォックス公式サイト
公開年:2017年(第90回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:123分
製作国:アメリカ
監督:ギレルモ・デル・トロ
キャスト:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン他
同年ノミネート:【ダンケルク】【スリー・ビルボード】他
メディア:シェイプ・オブ・ウォーター オリジナル無修正版 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]ネット宅配レンタルAmazon prime video

発話障害を持つ女性イライザ(サリー・ホーキンス)が「半魚人」のような生物と心を通わせるお話。

私が視聴して評価をつければもっと上位に食い込むと思われます。

 

84位 【ミニヴァー夫人】

空襲の轟音に怯えるミニヴァー一家

©Mrs. Miniver/ミニヴァー夫人より引用

私的評価:1.0
映画.com:3.3
filmarks:3.5
総合評価:7.8
原題:Mrs. Miniver(レビュー記事へ
公開年:1942年(第15回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:134分
製作国:アメリカ
監督:ウィリアム・ワイラー
キャスト:グリア・ガースン、ウォルター・ピジョン他
同年ノミネート:【ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ】【打撃王】他
メディア:ミニヴァー夫人 [Blu-ray]ネット宅配レンタル

第二次世界大戦中にいくつも製作されたプロパガンダ映画の一つ。

陽気にショッピングを楽しみ、建築家の夫と3人の子供達と共に何不自由ない生活を送るミニヴァー夫人(グリア・ガースン)の目を通して、戦時中のとある田舎町の様子が描かれます。

ドイツ兵に脅されようが空襲で家を焼かれようが、いつでも前向きな姿勢を崩さないミニヴァー夫人が印象的。

【ミニヴァー夫人】あらすじと観た感想。超難解なプロパガンダ映画
【ミニヴァー夫人】/1942年/アメリカ/クラシック/ロンドン郊外に住むミニヴァー一家を中心に、とある村の日常を描く第二次世界大戦中に作られたプロパガンダ映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

84位 【ブロードウェイ・メロディ】

新曲を披露するエディ

🄫The Broadway Melody/ブロードウェイ・メロディより引用

私的評価:3.0
映画.com:2.0
filmarks:2.8
総合評価:7.8
原題:The Broadway Melody(レビュー記事へ
公開年:1929年(第2回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:127分
製作国:アメリカ
監督:ハリー・ボーモント
キャスト:チャールズ・キング、アニタ・ペイジ他
同年ノミネート:【懐かしのアリゾナ】他
メディア:ブロードウェイ・メロディー [DVD]ネット宅配レンタル

世界初の全編トーキーによるミュージカル映画。

ちなみに「サイレント映画(無声映画)」に対して「トーキー映画」という言葉が使われることがあるようですが、「トーキー」自体が「発声映画」を指しているので、厳密には「トーキー映画」では「頭痛が痛い」「もっとも最悪」等と同じ重言になっちゃうのでご注意を。

【ブロードウェイ・メロディー】あらすじと感想。世界初全編トーキー
【ブロードウェイ・メロディ】/1929年/アメリカ/クラシック/ある歌手と姉妹の三角関係を描いた世界で初めての全編トーキーによるミュージカル映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

82位 【カヴァルケード(大帝国行進曲)】

語りかけるマリヨット夫妻

🄫Cavalcade/カヴァルケード(大帝国行進曲)より引用

私的評価:1.0
映画.com:4.0
filmarks:3.0
総合評価:8.0
原題:Cavalcade(レビュー記事へ
公開年:1933年(第6回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:110分
製作国:アメリカ
監督:フランク・ロイド
キャスト:ダイアナ・ウィンヤード、クライヴ・ブルック他
同年ノミネート:【四十二番街】【若草物語】他
メディア:カヴァルケード [DVD]ネット宅配レンタル

ロンドンに住む夫婦と息子2人のマリヨット家。彼らを主軸とした1899年大晦日からの30余年が、イギリスの歴史と共に描かれます。

動画配信なんてもちろんないし、レンタルビデオショップの店頭にも並んでないし、宅配レンタルTSUTAYA DISCASに入会してまでようやく視聴できた作品でしたが、

ビックリするくらいおもろなかったです。

【カヴァルケード(大帝国行進曲)】あらすじと観た感想
【カヴァルケード(大帝国行進曲)】/1933年/アメリカ/クラシック/1899年、19世紀最後の大晦日。あるイギリスの上流階級一家の30年を追った映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

82位 【恋の手ほどき】

まあまあのご自宅にお住まいのジジ

©Gigi/恋の手ほどきより引用

私的評価:1.0
映画.com:3.6
filmarks:3.4
総合評価:8.0
原題:gigi(レビュー記事へ
公開年:1958年(第31回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:116分
製作国:アメリカ
監督:ヴィンセント・ミネリ
キャスト:レスリー・キャロン、モーリス・シュヴァリエ他
同年ノミネート:【手錠のまゝの脱獄】【旅路】他
メディア:恋の手ほどき [DVD]ネット宅配レンタル

お転婆娘のジジ(レスリー・キャロン)が淑女へと変貌していくミュージカル・ラブ・コメディ。

どうしても【マイ・フェア・レディ】と比べてしまって物足りなさが残ります。

【恋の手ほどき】あらすじと感想と「マイ・フェア・レディ」との比較!
【恋の手ほどき】/1958年/アメリカ/ミュージカル/無邪気な少女ジジが淑女へと成長していく姿を描いたコレット原作のミュージカル『ジジ』の映画化作品のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

81位 【恋に落ちたシェイクスピア】

出典:Amazon

私的評価:1.0
映画.com:3.5
filmarks:3.6
総合評価:8.1
原題:Shakespeare in Love(Wikipedia
公開年:1998年(第71回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:137分
製作国:アメリカ
監督:ジョン・マッデン
キャスト:グウィネス・パルトロウ、ジョセフ・ファインズ他
同年ノミネート:【プライベート・ライアン】【ライフ・イズ・ビューティフル】他
メディア:恋におちたシェイクスピア [DVD]ネット宅配レンタルAmazon prime video

若かりし日のウィリアム・シェイクスピア(ジョセフ・ファインズ)とお芝居が好きな資産家の娘ヴァイオラ(グウィネス・パルトロウ)との恋愛を、「ロミオとジュリエット」の公演を背景として描くラブストーリー。

映画に貪欲な私が途中で視聴を拒否するほど面白くなかった映画。なんでこれが作品賞獲ったのか理解不能

 

てかこの【恋におちたシェイクスピア】の受賞の裏には、2017年に長年に亘る女性達への性的暴行やセクシャル・ハラスメントが明るみに出て米国映画界を追われた映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが絡んどるんですよ。

しかしこの映画を受賞に導く手腕は凄いわ、どんなけ金と権力振り撒いたらこれでオスカー獲れんねん。

 

同年公開の名作、【プライベート・ライアン】【ライフ・イズ・ビューティフル】がオスカーの栄冠を手にできなかったことが悔やまれます。

過大評価映画10作品!歴代アカデミー賞ワースト10とその年敗れた名作!
「アカデミー賞受賞作」と言っても受賞理由はその時代の流行があったり選考委員の好みがあったり様々です。そんな歴代オスカー受賞作の中でも「この映画過大評価されてるやろ!」と思った作品ワースト10と「こっちのがおもろいやろ!」と思った良作を紹介します。

 

80位 【ハート・ロッカー】

爆発の瞬間

🄫The Hurt Locker/ハート・ロッカーより引用

私的評価:1.0
映画.com:3.6
filmarks:3.6
総合評価:8.2
原題:The Hurt Locker(レビュー記事へ
公開年:2009年(第82回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:131分
製作国:アメリカ
監督:キャスリン・ビグロー
キャスト:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー他
同年ノミネート:【アバター】【イングロリアス・バスターズ】他
メディア:ハート・ロッカー [Blu-ray]ネット宅配レンタルAmazon prime video

ジェームズ・キャメロン監督の【アバター】と、キャスリン・ビグロー監督の【ハート・ロッカー】が奇しくも同年のオスカーにノミネートされ、「元夫婦対決」はどちらに軍配が上がるのかと言った意味でも注目されました。

イラクを舞台としたアメリカ軍爆弾処理班の活躍と爆弾処理に携わる軍人の心理に迫ります。

【ハート・ロッカー】意味するところは「苦痛の極限地帯、棺桶」
映画【ハート・ロッカー】/2008年/アメリカ/戦争アクション/ブラボー中隊に派遣されたの「命知らず」の軍曹と爆弾処理班の活躍を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

79位 【ガンジー】

©Gandhi/ガンジーより引用

私的評価:1.0
映画.com:3.6
filmarks:3.7
総合評価:8.3
原題:Gandhi(レビュー記事へ
公開年:1982年(第55回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:188分
製作国:イギリス、インド
監督:リチャード・アッテンボロー
キャスト:ベン・キングズレー、マーティン・シーン他
同年ノミネート:【E.T.】【トッツィー】他
メディア:ガンジー [Blu-ray]ネット宅配レンタル

「非暴力・不服従」を掲げインド独立のためにその人生を捧げたマハトマ・ガンジーの半生を描いた伝記映画。

若き日の健康的なガンジーから断食により痩せ細った晩年のガンジーまでを完璧に模倣したベン・キングズレーの役者魂に脱帽。

【ガンジー】あらすじと感想。ベン・キングズレーがすごいだけ?
【ガンジー】/1982年/イギリス、インド/伝記/イギリス領インド帝国の独立運動を率いた人物、マハトマ・ガンディーの青年時代から暗殺までを描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

77位 【ブレイブハート】

🄫Braveheart/ブレイブハートより引用

私的評価:1.0
映画.com:3.7
filmarks:3.8
総合評価:8.5
原題:Braveheart(レビュー記事へ
公開年:1995年(第68回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:177分
製作国:アメリカ
監督:メル・ギブソン
キャスト:メル・ギブソン、ソフィー・マルソー他
同年ノミネート:【アポロ13】【いつか晴れた日に】他
メディア:ブレイブハート(2枚組) [Blu-ray]ネット宅配レンタル

スコットランドの独立のために戦った実在の人物ウィリアム・ウォレス(メル・ギブソン)の生涯を描いた歴史映画。

大逆罪で捕まったウォレスが当時の最も重い死刑の一つ、「首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑」に処される場面が怖すぎて私は涙目です。

【ブレイブハート】メル・ギブソン監督&主演作のあらすじと感想
【ブレイブハート】/1995年/アメリカ/史劇/13世紀末スコットランドの独立のために戦った実在の人物ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

77位 【わが命つきるとも】

民からの信頼の厚いトーマス・モア

©A Man for All Seasons/わが命つきるともより引用

私的評価:2.0
映画.com:3.0
filmarks:3.5
総合評価:8.5
原題:A Man for All Seasons(レビュー記事へ
公開年:1966年(第39回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:120分
監督:フレッド・ジンネマン
キャスト:ポール・スコフィールド、ロバート・ショウ他
同年ノミネート:【バージニア・ウルフなんかこわくない】【アルフィー】他
メディア:わが命つきるとも [DVD]ネット宅配レンタル

愛人アン・ブーリンと結婚するため世継ぎを産まない正妃キャサリンとの離婚を望むイングランド国王ヘンリー8世(ロバート・ショウ)。当時のカトリックでは離婚は許されておらず、ヘンリー8世はローマ法王を説得できる唯一の人物トマス・モア(ポール・スコフィールド)の力を借りようとします。

豊かな暮らしを奪われ命の危険にさらされようとも断固として「信仰」を曲げないトマス・モアには平身低頭する他ありません。

【わが命つきるとも】あらすじと観た感想。「信仰」ってすごいよ?
【わが命つきるとも】/1966年/イギリス/史劇/理想的な社会を描いた『ユートピア』を著した偉大な思想家トマス・モアが反逆罪で処刑されるまでを描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

76位 【ラストエンペラー】

©The Last Emperor/ラストエンペラーより引用

私的評価:1.0
映画.com:3.8
filmarks:3.8
総合評価:8.6
原題:The Last Emperor(レビュー記事へ
公開年:1987年(第60回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:163分(オリジナル全長版219分)
製作国:イタリア、中華人民共和国、イギリス
監督:ベルナルド・ベルトルッチ
キャスト:ジョン・ローン、ピーター・オトゥール他
同年ノミネート:【ブロードキャスト・ニュース】【危険な情事】他
メディア:ラストエンペラー [DVD]ネット宅配レンタルAmazon prime video

清朝最後の皇帝で後に満州国皇帝となった愛新覚羅溥儀(ジョン・ローン)の生涯を描いた歴史映画。

妖怪じみた西太后に喰われてしまいそうなプチ溥儀の無邪気な可愛らしさ、そして俗世間と隔絶されそこだけ時が止まってしまったかのような紫禁城の、時代遅れの豪華さが記憶に残ります。

【ラストエンペラー】ぷち溥儀かわいっ!紫禁城からの景色は圧巻
【ラスト・エンペラー】/1987年/イタリア、中華人民共和国、イギリス/伝記/清朝最後の皇帝・愛心覚羅溥儀の波乱に満ちた生涯を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

75位 【パットン大戦車軍団】

演説するパットン1

©Patton/パットン大戦車軍団より引用

私的評価:2.0
映画.com:3.1
filmarks:3.6
総合評価:8.7
原題:Patton(レビュー記事へ
公開年:1970年(第43回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:170分
製作国:アメリカ
監督:フランクリン・J・シャフナー
キャスト:ジョージ・C・スコット、カール・マルデン他
同年ノミネート:【ある愛の詩】【M★A★S★H マッシュ】他
メディア:パットン大戦車軍団 [Blu-ray]ネット宅配レンタル

「大胆不敵であれ!」がモットーのアメリカ陸軍軍人ジョージ・パットン(ジョージ・C・スコット)を描いた、これでもかと言うくらい男臭い戦争映画。

【パットン大戦車軍団】あらすじと観た感想。戦争賛辞?闘争愛?
【パットン大戦車軍団】/1970年/アメリカ/戦争/「大胆不敵であれ!(Be audacious!)」がモットーのアメリカ軍陸軍ジョージ・パットン将軍を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

74位 【我が道を往く】

野球を教えるように歌を教える

©Going My Way/我が道を往くより引用

私的評価:1.0
映画.com:4.0
filmarks:3.8
総合評価:8.8
原題:Going My Way(レビュー記事へ
公開年:1944年(第17回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:130分
製作国:アメリカ
監督:レオ・マッケリー
キャスト:ビング・クロスビー、バリー・フィッツジェラルド他
同年ノミネート:【深夜の告白】【ガス燈】他
メディア:我が道を往く [DVD]ネット宅配レンタル

財政難のセント・ドミニク教会に派遣されてきた若い神父オマリー(ビング・クロスビー)が、偏屈の老神父フィッツギボン(バリー・フィッツジェラルド)だけでなく暇を持て余す町の悪ガキや家出少女とも心を通わせ、教会を再建する物語。

少々退屈ではありますが観終わった後には暖かい気持ちになります。かのフランク・シナトラが憧れ目指したビング・クロスビーの心地よい歌声にも聴き入りましょう。

【我が道を往く】あらすじと感想とビング・クロスビーの歌唱力!
【我が道を往く】/1944年/アメリカ/クラシック/財政難の古い教会に派遣された陽気で人当りの良い副神父が、頑固な老神父や町の人々と交流していく映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

73位 【炎のランナー】

🄫Chariots of Fire/炎のランナーより引用

私的評価:2.0
映画.com:3.5
filmarks:3.5
総合評価:9.0
原題:Chariots of Fire(レビュー記事へ
公開年:1981年(第54回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:124分
製作国:イギリス
監督:ヒュー・ハドソン
キャスト:ベン・クロス、イアン・チャールソン他
同年ノミネート:【黄昏】【レイダース/失われた聖櫃《アーク》】他
メディア:炎のランナー [Blu-ray]ネット宅配レンタルAmazon prime video

走ることによって栄光を勝ち取り真のイギリス人になろうとするユダヤ人のハロルド・エーブラムス(ベン・クロス)と、神のために走るスコットランド人宣教師エリック・リデル(イアン・チャールソン)という、二人の実在のランナーを描いたスポーツドラマ。

聴けば誰もがランナー達がスローモーションで浜辺を走る冒頭のシーンを思い浮かべるほど、テーマ曲も有名になりました。

【炎のランナー】あらすじと観た感想。その後の続編も作られてる実話
【炎のランナー】/1981年/イギリス/スポーツ/ユダヤ人とスコットランド人の実在する2人のランナーが1924年のパリオリンピックで勝利するまでを描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

72位 【わが谷は緑なりき】

壮大なロンダの谷

🄫How Green Was My Valley/わが谷は緑なりきより引用

私的評価:1.0
映画.com:4.3
filmarks:4.0
総合評価:9.3
原題:How Green Was My Valley(レビュー記事へ
公開年:1941年(第14回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:118分
製作国:アメリカ
監督:ジョン・フォード
キャスト:ウォルター・ピジョン、モーリン・オハラ他
同年ノミネート:【市民ケーン】【断崖】他
メディア:わが谷は緑なりき [Blu-ray]ネット宅配レンタル

炭鉱の町に生まれ育った7人きょうだいの末っ子ヒュー(ロディ・マクドウォール)の回顧録。

賑やかだった頃の町を思い出せば出すほど湧き上がる郷愁の念。ノスタルジックな気分に浸りたい時にどうぞ。

【わが谷は緑なりき】あらすじと感想。炭鉱の町のフィルム・ノワール
【わが谷は緑なりき】/1941年/アメリカ/クラシック/炭鉱の町に暮らす9人家族のモーガン一家と一家を取り巻く町の人々を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

71位 【英国王のスピーチ】

緊張の面持ちのアルバート王子

🄫The King’s Speech/英国王のスピーチより引用

私的評価:2.0
映画.com:3.7
filmarks:3.7
総合評価:9.4
原題:The King’s Speech(レビュー記事へ
公開年:2010年(第83回アカデミー作品賞受賞作)
上映時間:118分
製作国:イギリス、オーストラリア
監督:トム・フーパー
キャスト:コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター他
同年ノミネート:【ブラック・スワン】【ソーシャル・ネットワーク】他
メディア:英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray]ネット宅配レンタルAmazon prime video

吃音症に悩まされたイギリス王ジョージ6世(コリン・ファース)と、その治療にあたった言語療法士(ジェフリー・ラッシュ)の友情を描いた作品。

「吃音症を克服する」というテーマを2時間かけて描く…

と、

やっぱり多少の無理は出てきますよね。むしろレビューサイトの評価が割と高めな事に驚き。コリン・ファース人気かな?

【英国王のスピーチ】あらすじと観た感想。吃音症の英国王の実話
【英国王のスピーチ】/2010年/イギリス・オーストラリア/史劇/人前で話すことが苦手な英国のアルバート王子が吃音症の克服に奮闘する映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
トップへ戻る