歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【スカーフェイス(1983)】あらすじと感想。世界は俺の…もの?

トニー・モンタナ ギャング・マフィア

 

映画の概要と注意事項

1983年/アメリカ/監督:ブライアン・デ・パルマ/出演:アル・パチーノ、スティーブン・バウアー、ミシェル・ファイファー、ロバート・ロッジア、メアリー・エリザベス・マストラントニオ、F・マーリー・エイブラハム

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

マシンガンをぶっ放すトニー・モンタナ

©Scarface/スカーフェイスより引用

この映画って、やたらに評価が高いみたいだけど(特にアメリカで)、アル・パチーノがマシンガンぶっ放すラストがカッコいいだけだよね?

 

そうか、まあ、こういった映画には派手な勢いとクールな名場面さえあれば内容なんて二の次なのか。

【ランボー3】とか。

【ロボコップ】とか。

 

実在のギャング、アル・カポネをモデルにしたハワード・ホークス監督、ポール・ムニ主演の映画【暗黒街の顔役(1932)】のリメイク作品、【スカーフェイス(1983)】です。

 

 

映画【スカーフェイス(1983)】のあらすじザックリ

1980年、キューバから追放されフロリダ州マイアミの難民隔離施設に収容された犯罪者トニー・モンタナは、相棒のマニーらと共に麻薬王フランクの依頼で殺人を実行し永住権を手に入れる。フランクに気に入られたトニーは大きな取引を任され裏社会で成り上がって行く。

 

 

暗黒街でのし上がろうとするキューバからの難民トニー・モンタナ

反カストロ主義者としてキューバからマイアミに送られてきたトニー・モンタナ(アル・パチーノ)。

トニーは相棒のマニー(スティーブン・バウアー)らと共に、いとも簡単に元キューバ政府要人の暗殺をやってのけ、麻薬王フランク(ロバート・ロッジア)の組織の一員となります。

難民キャンプのトニーとマニー

©Scarface/スカーフェイスより引用

 

 

オリジナル版【暗黒街の顔役(1932)】との相違点

フランクの配下となったトニーはそれだけでは飽き足らず、それ以上の地位と一目で恋に落ちたフランクの情婦エルビラ(ミシェル・ファイファー)をも手に入れようとします。

ほとんど不機嫌な顔してるかコカインやってラリってるかだってのに、パッツンおかっぱのミシェル・ファイファーがめちゃめちゃ美しい。

フランクとエルビラ

©Scarface/スカーフェイスより引用

大筋はオリジナル版と同じなんですけど、オリジナル版が92分なのに対し余計なエピソードが足されたり大きく改変されたりして、リメイク版は170分にものぼるんで、具体的な相違点について言及したいと思います。

 

チェーンソーで切り刻むのはお止めなさい

序盤でいきなりコロンビア人との取引の罠にはめられるトニー達。

仲間の一人エンジェルは生きたままチェーンソーで体を切り刻まれてお亡くなりになられます。ちびりそうです。こんな残虐描写必要なのでしょうか。

 

コカインに溺れるのはお止めなさい

1932年公開のオリジナル版から時代は流れ、ギャングの収入源も大きく変わったので仕方ないのでしょうが、オリジナル版で組織が扱っていたのが密造酒だったのに対し、リメイク版でトニー達が扱うのはコカイン。

さばくと同時に自分もコカイン常習者となっていくトニーが実に粉粉しい。

粉粉しい取引現場

©Scarface/スカーフェイスより引用

酒を扱っていると言ってもオリジナル版の主人公トニー・カモンテ(ポール・ムニ)がアルコール中毒になるようなことはなく、最後まで意識はしっかりしていて健康的な野心を持った悪党でしたが、リメイク版のトニーはもうダメダメ。

ラリぱっぱで世界を狙うってそれ、もう、お止めなさいよ。

 

女子供に情けをかけるのはお止めなさい

リメイク版のトニーが自滅するきっかけとなってしまったのはなんと、女子供に情けをかけたこと

殺らなければならないターゲットに予想外に妻と子供がくっついていたため殺害を躊躇するというもの。

突然出してくる筋の通ったヒーロー感。

エルビラに「俺の子供を産んでくれ」なんて言ってたこともあったけど、唐突感は否めないし実際このエピソードが必要だったのかどうか疑問。

 

ええお兄ちゃんヅラするのはお止めなさい

オリジナル版でのトニーは実の妹に近親相姦に近い感情を持っていて、それが仇となって盟友を死に追いやり自滅していきます。

ところがどっこいリメイク版ではこの設定はかなりライトに描かれていて、近親相姦どころかトニーは妹ジーナメアリー・エリザベス・マストラントニオを心配するただのええ兄貴。

ジーナと母親とトニー

©Scarface/スカーフェイスより引用

取って付けたように最後にジーナが「お兄ちゃん、私のこと抱きたいんでしょ?」なんて言ってきますけど、発狂したにしてもなんでそんな発想に至ったのか意味が分からん。

 

マシンガンに頼るのはお止めなさい

総じてやっぱり、ラストのマシンガンぶっ放すシーンがカッコいいだけなんですよ、ええ。

マシンガンがカッコいいトニー

©Scarface/スカーフェイスより引用

 

 

映画【スカーフェイス(1983)】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
かなり前にリメイク版のリメイク版【スカーフェイス(※タイトル未定)】の製作が発表されましたが頓挫している模様です

監督すら決まってないような状況みたいですけど、それよりもポール・ムニやアル・パチーノに匹敵するような若手俳優なんて今いますかね?そっちの方が心配だわよ

参考 『スカーフェイス』リメイク版、アントワーン・フークア監督と再交渉!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【スカーフェイス(1983)】を観たくなったら

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

ギャング・マフィア
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る