歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【ディープエンド・オブ・オーシャン】ネタバレあらすじと観た感想

ベンと抱き合うベス ヒューマン

 

映画の概要と注意事項

1999年/アメリカ/監督:ウール・グロスバード/出演:ミシェル・ファイファー、トリート・ウィリアムズ、ウーピー・ゴールドバーグ、ジョナサン・ジャクソン、ライアン・メリマン、アレクサ・ヴェガ

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

カッパドーラ家の記念撮影

©The Deep End of the Ocean/ディープエンド・オブ・オーシャンより引用

私ってたぶん子供に関してはめちゃめちゃ心配性だと思います。

公園に行ってもすべり台やアスレチックで遊ぶ時はついて回るし、車に乗る時は絶対ベルトさせてるし、駐車場ではどれだけ荷物持っても絶対手を繋ぎますし。

子供から完全に目を離してスマホを注視できる親がちょっと羨ましくなることもありますが(心配でそんなことできない)、でもホントにさあ、誘拐とか他人事じゃないんですって。

 

フィクションです。

実話じゃないです。

でもこんなことが万が一にも現実に起こらないように、私は子供達が小さいうちは絶対外出先で目を離しません。目を離してなるものか。

【ディープエンド・オブ・オーシャン】です。

 

 

映画【ディープエンド・オブ・オーシャン】のあらすじザックリ

夫パットと2人の息子、生まれたばかりの娘の5人で幸せに暮らす写真家のベス。しかしある日、子供達と一緒に参加した高校の同窓会で次男のベンが行方不明になってしまう。9年後、家族でシカゴに移り住んだベスは、近所に住む少年がベンにそっくりであることに気付く。

 

 

実話ではない、が、怖すぎる映画

3人の子持ちのベス・カッパドーラ(ミシェル・ファイファー)は子連れで高校の同窓会へ出かけます。

まだ赤ちゃんの末っ子ケリーはベビーシッターに預け、残った長男ビンセントと次男ベンに少しだけ待ってるように言いつけて会費を払いに行くベス。

同窓会にやってきた母子

©The Deep End of the Ocean/ディープエンド・オブ・オーシャンより引用

ほんの一瞬です。

ちょっとお金払ってきただけ。

周りは昔の同級生でみんな知った顔ばかりだし、安心しきって子供から目を離した、ほんの一瞬で、まるで神隠しのようにベンは姿を消してしまいます

残されたのは「どこ行ったか分かんな~い」とのん気に言ってるビンセントだけ。

 

ちょっとスーパーで迷子になるにしても、実際子供がいなくなる瞬間ってこんなんなんでしょうね。親は静かにスーッと血の気が引いていくという…。

ホントにこんな事件があったかのようなリアリティですけど、繰り返しますが実話ではありません。

 

ウーピー・ゴールドバーグの無駄遣い

【ディープエンド・オブ・オーシャン】には行方不明事件の担当刑事キャンディ・ブリスとして【天使にラブ・ソングを…】ウーピー・ゴールドバーグが出てるんですけど…。

“スーパー刑事”の異名を取ったり、同性愛者って設定だったり、キャラクターの個性も演じたウーピー・ゴールドバーグの個性も抜群だってのに、存在感を示せるだけ示して全然役に立ちません。

キャンディ刑事(演:ウーピー・ゴールドバーグ)

©The Deep End of the Ocean/ディープエンド・オブ・オーシャンより引用

ウーピー・ゴールドバーグを配役した意図がまったくわからん。こんな濃いキャラここには不要。

もったいねー。

 

 

9年後、ベンに似た少年を見つけたベス

子供が誘拐されようが生きて行かなきゃならないなんてね。人生って苦行よ。

残された2人の子供のためにも幸せになろうっていう夫のパット(トリート・ウィリアムズ)の気持ちも分かるし、じゃあベンを忘れろって言うのかと反発するベスの気持ちもわかります。

 

それでも家族4人で支え合い、9年の歳月が経とうとしていました。

 

引っ越した先で、偶然ベスは「ベンが成長した姿」にそっくりな少年を見つけます。

 

キャンディにも色々と裏を取ってもらって調べた結果、ベンは同窓会の日にベスの同級生のイカれた女に誘拐されていたことが判明します。しかしそのイカれ女は5年前に自殺、今は「サム・カラス」としてイカれ女の再婚相手を「パパ」と呼び仲良く暮らしていました。

ベンの奪還が結構あっけらかんとうまくいくのでちょっと面食らいますけど、ベンと再会できて真実が分かるまでのこの描写は余り重要ではないんですよね。

問題はその後。

 

そりゃ他人と同じですもんね

すべての手続きが終わり、カッパドーラ家で暮らすことになっても、何度も何度も夜中に抜け出し元の家に帰ってしまうベン。

そりゃ3歳から9年間離れていた親兄妹といきなり家族のように暮らせって言われても、12歳の多感な少年「サム」には何のこっちゃかワケ分からんでしょう。

無断外泊していたベン

©The Deep End of the Ocean/ディープエンド・オブ・オーシャンより引用

そんなベンをただ怒鳴りつけるパットや、なんとかしてベンの気を引こうとするベス。そんな両親の振り回され、ベンがいなくなったことにずっと罪悪感を抱いて生きてきたビンセントの苛立ちはマックスに。

しまいには「サム」の「パパ」に、「あんなにつらそうな息子の顔は見たことがない」とまで言われてしまう「血の繋がった家族」。

 

離れていた期間が幸せであればあるほど、元の生活を壊さなければならない双方がつらい思いをしなければならないなんて、なんだか矛盾してるような…。

 

だってこの映画を観ていると、何よりまず無事であったことを喜ぶのは大前提として、もしかしたらベンが誘拐されてる間劣悪な環境にいた方が見つかった時にもっと幸せを感じてくれるのかも知れないとか、不謹慎なことを考えてしまいます。

「ママ!つらかったよ!やっぱり本当のパパとママは最高だ!」って、単純な構図で終わることができてたのかも。

 

せっかく見つかったのに、こちらに引き取っても、向こうに引き渡しても、息子につらい思いをさせてしまうなんてつらすぎ。

 

私がベスの立場だったら、まだ12歳のベンに何をしてあげられるんだろうと考えて考えて考えて…頭から煙が噴き出す系の映画です。(結局何も思いつかなかった)

 

 

映画【ディープエンド・オブ・オーシャン】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
ベンがいなくなって数時間後、それまで放心状態だったベスがベンの写真を見て精神崩壊する場面がヤバイ…

【オリエント急行殺人事件(2017)】でもやられたんですけど、私ってミシェル・ファイファーの「泣き」の演技に弱いらしい

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ディープエンド・オブ・オーシャン】を観たくなったら

かわいいだけじゃ絶対ない…でもあなたのためなら頑張れる

妊娠・出産・かわいい赤ちゃんとの生活、子供の教育から親子の絆、さらにはひとりで子供を育てることを決断するに至るまで…

子育てをテーマとした映画をまとめました。

ヒューマン
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る