歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【ムーンライト・マイル】あらすじと観た感想。可哀想な一家ではない

ダスティン・ホフマンとジェイク・ギレンホール ヒューマン

 

映画の概要と注意事項

2002年/アメリカ/監督:ブラッド・シルバーリング/出演:ジェイク・ギレンホール、ダスティン・ホフマン、スーザン・サランドン、ホリー・ハンター、エレン・ポンペオ

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ジョーとバーティー

©Moonlight Mile/ムーンライト・マイルより引用

ダスティン・ホフマンスーザン・サランドンホリー・ハンターという、3人のオスカー俳優に周りを固められながらも存在感を失わないジェイク・ギレンホールエレン・ポンペオが凄い映画。

 

出てくるみんなが結構支離滅裂

ラストの法廷でのジェイク・ギレンホールのセリフも、良いこと言ってるようで実は何が言いたいんだかよく分からない。

でも近しい親族の誰かが急逝した遺族なんてそんなもんでしょう。

気も狂わんばかり、理性なんて吹っ飛びますよね。

何言ってるか何してるか自分でもさっぱり分からなくなりますよね。

 

1989年に恋人で女優のレベッカ・シェイファー(当時21歳)をストーカーにより殺害されたブラッド・シルバーリング監督の実体験を基にしています。

そういった意味でも綺麗にまとまりすぎておらずリアリティがあって、本当に誰か実在の人物の人生を見つめているみたい。

【ムーンライト・マイル】です。

 

 

映画【ムーンライト・マイル】のあらすじザックリ

1973年、マサチューセッツ州。結婚式を3日後に控えたダイアナは、発砲事件に巻き込まれて死ぬ。婚約者のジョーはダイアナの両親の元に一人残される。2人の力になることで悲しみを紛らわそうとしていたジョーだったが、どうしても言い出せない秘密を抱えていた。

 

 

結婚式の3日前に死んだ花嫁とその家族

ジョー(ジェイク・ギレンホール)と婚約中だったダイアナは、結婚式の3日前にまったく関係のない銃撃事件に巻き込まれて死んでしまいます。

のっけからニタニタ笑ってテンションがおかしいダイアナの父親のベン(ダスティン・ホフマン)と、他人に気を遣われても遣われなくても気に入らない母親ジョージョー(スーザン・サランドン)。

ベンとジョージョー

©Moonlight Mile/ムーンライト・マイルより引用

ベンは心配する周囲の人間にも丁寧に接しやたらに明るく、こんな時だと言うのに仕事にも意欲的。反対に誰もが偽善者にしか見えなくなってるジョージョーは人との関わりを避け仕事も放棄しています。

2人が精神崩壊寸前で耐えられているのはダイアナの死後もジョーがこの町に、家に留まってくれているから。

ジョーは一緒に暮らすはずだったダイアナの部屋に寝泊まりし、ベンの不動産会社を手伝いながら過ごしています。

 

上辺は平和そうに見えるけど、「娘はいなくなったけどまだ息子は残ってる!頑張らないと!」とばかりに見えないプレッシャーをかけている両親にジョーが押しつぶされていく音が聞こえてきそうで怖い…。

 

言い出せなかったジョーの秘密

このままジョーさえいれば両親は立ち直っていくのかも…とも思えますが、実はジョーとダイアナは生前すでに婚約を解消していました。

殺された当日、どうやらダイアナはベンにそのことを打ち明けようとしていたみたい。

 

それを知ってますます真実を言えなくなるジョー。

誰ぞ
ジョー

俺たちが別れていなければ、

ダイアナは死なずにすんだ…

 

結婚式の招待状を回収しに行った郵便局で知り合ったバーティー(エレン・ポンペオ)に「どうしてすぐに別れてたことを言わないの?!」って言われますけど、そりゃ言えないでしょうよ。

 

ダイアナ死んだ。→ 俺もう別れてたんで関係ないっす。

 

いや、言えないでしょうよ…。

 

彼女は「殺された花嫁」じゃない

検事(ホリー・ハンター)からダイアナを殺した犯人の裁判で、判決を有利にするためダイアナを「悲劇の花嫁」とする証言を求められるジョー。

検事ホリー・ハンター

©Moonlight Mile/ムーンライト・マイルより引用

…しかしホリー・ハンター綺麗やな…。

もとい。

法廷で証言するジョー

©Moonlight Mile/ムーンライト・マイルより引用

ここでね、検事の意に反してジョーが何やら「真実のダイアナ」を語り始めるんですけど、その内容が、冒頭にも書いた通りなんだか的を射ないんですよ。

 

要するにダイアナは「可哀想な悲劇の花嫁」なんかではない、と言おうとしてるみたいです。

犯人がどうなろうとダイアナは戻ってこないし、両親も自分も救われない。

ダイアナは正直な人間だったから、嘘のイメージを作り上げて犯人が有罪になってもそれを喜ばないだろうと。

 

こうやってまとめて書けば分かりますけど、法廷でのジョーはダイアナの思い出やベンやジョージョーのことも頭に浮かべながら、全然まとまらない内容を思いつくまま口に出しているので、何だか雑然としてしまってる。

でもそのセリフ回しが逆にリアリティを出してるんです。

ホントに、、思いついて、自分の言葉を紡いでる感じがするし、逆にダイアナへの思いが痛いほど伝わってきて、私が裁判長だったら絶対犯人に死刑言い渡す。(だからそれをやめろって)

 

裁判後、見え透いた綺麗ごとしか言わない他人に反発していたジョージョーは「真実のダイアナ」と向き合うため、嬉々としてダイアナの悪口をまとめ始めます。

スーザン・サランドン

©Moonlight Mile/ムーンライト・マイルより引用

もともと父娘関係がうまくいっておらず、唯一ダイアナとの思い出が残る事務所に固執していたベンは会社をたたむ決心をして、ダイアナとの接点でもあったジョーを「解放」してくれます。

ジョーにキスをするベン

©Moonlight Mile/ムーンライト・マイルより引用

家族が1人増えると喜んでいたのも束の間で、理不尽な事故によって結果的に2人の家族を失うことになってしまった初老の夫婦。

 

でも本当に故人のことを思うなら、悲しみすぎることなく「真実」から目を背けずに月灯りに照らされたその後のはるかな人生Moonlight Mileを歩まなければならないんですかね。

 

ちなみにジョーとバーティーが初めてダンスを踊るシーンでジョーがジュークボックスで選んだのが、「ムーンライト・マイル」という映画と同名の曲です。

ザ・ローリング・ストーンズの名曲のひとつ。

 

 

映画【ムーンライト・マイル】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

ジョーが証言した判決の結果は映画の中では語られません

だって犯人が無罪であろうが死刑であろうが、彼らのその後の人生に影響はないんでしょうから

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ムーンライト・マイル】を観たくなったら

かわいいだけじゃ絶対ない…でもあなたのためなら頑張れる

妊娠・出産・かわいい赤ちゃんとの生活、子供の教育から親子の絆、さらにはひとりで子供を育てることを決断するに至るまで…

子育てをテーマとした映画をまとめました。

ヒューマン
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る