レビューを読んでみたい映画随時募集中★お気軽に♪

【風と共に去りぬ】映画レビュー:スカーレットの漲る生命力

文芸
 20秒で読める概要とあらすじ

1939年/アメリカ/監督:ヴィクター・フレミング/出演:ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード、オリヴィア・デ・ハヴィランド、トーマス・ミッチェル、ハティ・マクダニエル/第12回アカデミー賞作品・監督・主演女優・助演女優・脚色・撮影・室内装置・編集・特別賞受賞

1860年代のアメリカ南部。上流階級の美しい娘スカーレット・オハラは紳士達を虜にしていた。密かに想いを寄せるアシュレーが別の女性と婚約したことを知り自暴自棄になったスカーレットはアシュレーに思いの丈をぶちまけ、偶然その場に居合わせたレット・バトラーは情熱溢れるスカーレットに強く惹かれる。

※このブログはネタバレしようがしまいが気にせずただ映画について書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

戦火の中タラへ向かうスカーレットとレット

©Gone With the Wind/風と共に去りぬより引用

朱縫shuhou
若い頃の私からみると意地悪なお姉さんやったスカーレットも、今の私からみればただの負けん気の強い小娘やろ?

はは。

と訳の分からんナメ方をしながら久しぶりに観ました。序盤のスカーレットと私なんてもう母娘と言ってもいいくらいの年齢差があるはずなのに喧嘩したら勝てる気がしません。

まあ~スカーレットの気の強いこと強いこと!そして性格の悪いこと!生命力の凄まじいこと!

 

そんな「美しく強い女性の代表」スカーレット・オハラを始めとする魅力的な登場人物の半生を、背景にある南北戦争とともに描いた不朽の名作、【風と共に去りぬ】です。

 

 

園遊会の女王スカーレット・オハラ

アメリカ南部の豊かな農園で美しい三姉妹が暮らしていました。中でも長女のスカーレット・オハラ(ヴィヴィアン・リー)の美しさはとびきりで、持ち前の社交性と小悪魔的魅力も相まって出会う若者はみんな彼女の虜になるほどでした。

オーク屋敷で開かれたバーベキュー・パーティの時も逆ハーレムのごとく殿方に群がられています。

バーベキュー・パーティ

©Gone With the Wind/風と共に去りぬより引用

男とすれ違っては

スカーレット
いや~ん!

会いたかった~!

どこ行ってたん?寂しかったや~ん!

と猫なで声で甘え(ボディタッチつき)、立ち去った後には

スカーレット
ちっ。

ホンマ冴えへん男やな~。 

と悪態をつく…。

 

典型的な男たらしの嫌な女。

それでも群れる男は後を絶ちません。「スカーレットって、もしかしたら俺のこと好きなんかな…」「あと一押しで付き合えるかも知れん…」と期待を持たせる業が天才的です。

 

意外にも一途にアシュレーだけを思い続けてる

男を弄ぶプレイガールを決め込んでいるかと思いきや、幼い頃からずっと想いを寄せているのは同じ上流階級の青年アシュレーレスリー・ハワードだけ。これは映画のラストでレット・バトラー(クラーク・ゲーブル)を心から愛していると気付くまで一貫して変わりません。

要は男っぽいんですよね、スカーレットって。外では遊んでるけど心根はたった一人だけを愛してるってね。

かっこいいです。憧れますね。

 

アシュレーとメラニー

©Gone With the Wind/風と共に去りぬより引用

そのスカーレットが愛しているアシュレーの妻となるメラニー(オリヴィア・デ・ハヴィランド)という女性がまた面白いくらいスカーレットと正反対の、まるで聖母マリアのように慈悲深く愛情豊かで優しい女性なのですが、そんなメラニーより魅力的なのはやっぱりわがままで自己中で生命力みなぎるスカーレットです。

観ていると時々意地っ張りすぎてイラっとはしますけど、基本的にはスカーレットの生き方って爽快です。

 

アシュレーがメラニーと結婚すると知った時も実に爽快。

スカーレット
 アシュレーは私がアシュレーのことを好きって知らんからメラニーみたいなアバズレと結婚するなんて言うんや!

告ろ。

もう婚約しとるっちゅうのに大胆な思い込みでたくさんの人が集まっているパーティの席でこっそりアシュレーに愛を告白します。返事はもちろんNO。

スカーレット
ばかばか!

アシュレーなんて大嫌い!!!

…もー無茶苦茶ですこのシト。

 

アシュレーにフラれた現場で運命の出会い

アシュレーが部屋から出て行った後、

広い部屋に一人ポツンと残されたスカーレットは、机の下から這い出てきた謎の男と運命の出会いを果たします。

失礼、お嬢さん。

タバコを吸っていたらお二人が入って来られたもので。

男の名はレット・バトラー

名家のボンボンとして生まれたものの自由な思想と言動で実家から勘当されている変わり者の有名人。レットはフラれた瞬間愛する人に悪態をつく威勢の良いスカーレットを一目で気に入ります。

 

 

負けん気だけで何でも(野良仕事でも)やってのける気迫

その後南北戦争が始まりアシュレーも戦地へ赴き、世の中は混沌としていきます。開戦前から南軍の敗北を予言していたレットは軍隊には入っておらず、神出鬼没にスカーレットの前にちょろちょろと姿を現します。

携帯もない時代に、なんか、すごいな…これが運命かって思うとこではありますけど。

ちょろちょろとスカーレットの前に姿を現すバトラー様

©Gone With the Wind/風と共に去りぬより引用

男をはべらせるだけが才能と思うなかれ、スカーレットの魅力はまだまだ尽きません。

攻め入った北軍に荒らされ枯れてしまった故郷タラの大地を一から耕し再び食物が育つまでに復活させ、商人と政略結婚するや商才を発揮し、夫を事業から締め出し経営の実権を握って会社を大きくします。

 

まあだからやっぱり、度胸があって負けん気が強くて…女にしておくのは惜しい訳ですよ。

レットに金の無心をするスカーレット

©Gone With the Wind/風と共に去りぬより引用

 

 

3度目にしてようやくバトラー様とご結婚

スカーレットは3度結婚します。

アシュレーへのあてつけで結婚した最初の夫は戦死、金と商売のために結婚した次の夫は浮浪者との抗争で事故死

 

2番目の夫が死ぬやもう我慢できんと言わんばかりのレットの強引なプロポーズを受け入れ、3度目にしてようやくこれまでただの腐れ縁状態だったレットと夫婦となるのでした。

豪華客船で新婚旅行中のスカーレットとバトラー様

©Gone With the Wind/風と共に去りぬより引用

 

スカーレットにぞっこんのバトラー様とてお手上げ

新婚旅行くらいまででしたかね~2人が平和に過ごしたのは~。

破局はや。

 

レット自身も作中で分析していますが、似すぎているんですよねこの2人って。どっちも結局自分が一番大事だし、最終的な部分ではどちらも譲らないし、いくら強く惹かれ合っていたとてこれでは結婚生活なんてうまくいくはずもありません。

それでも「スカーレットは今まで出会ったことない程どうしても惹かれてしまう女性だから…」とこれまでは譲歩してきたレットでしたが、メラニーの死の床でいまだにアシュレーに色目を使っているスカーレットを見てついに堪忍袋の緒が切れ、大邸宅にスカーレットを残して出て行ってしまします。

「もう無理。俺出て行く」

©Gone With the Wind/風と共に去りぬより引用

 

どこまでも自分の気持ちに正直に生き抜く

本当に自分が愛しているのはレットだけだと気付いたスカーレットはレットに愛想を尽かされようがまだまだめげません。

ひとしきり泣き崩れたあとおもむろに顔を上げ

スカーレット
まあえっか。

レットは必ず取り戻す。

でもどうやって戻ってもらうかは…

また明日考えよ。

さすがです。

 

ある意味最強だったのは…

こんなけスカーレットはすごいすごいって書いておいて何ですけど、実は私が【風と共に去りぬ】で最強だと思っている人物は他にいます。

レットじゃないです。彼にはスカーレットだったり娘のボニーだったり、弱点もありますから。

 

アシュレーの妻のメラニーです。

メラニー最強伝説

©Gone With the Wind/風と共に去りぬより引用

「性善説」が服着て歩いているような女性で、恋敵であるはずのスカーレットにも寛大に接し、この世に心の底から悪い人なんていないと思っているようです。

悪人が神の前でひれ伏すように、彼女の前では誰もが赤子同然。浮浪者や娼婦、敗戦兵など、多くの人に分け隔てなく愛情を注いでいるので彼らからの信頼も厚く、実際メラニーが困った時には力になってくれています。紛れもなく最強女子やと思います。

 

ただメラニーは完璧すぎて、彼女視点で記事を書くといつも以上に面白くない仕上がりになるんですよねきっと…。

影の主人公(?)メラニーにも注目してご覧ください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【風と共に去りぬ】を観たくなったら

トップへ戻る