全90作!歴代アカデミー賞ランキングはこちらから

【タイタニック】昔話の発端となるローズのデッサンはキャメロン監督直筆!

ラブストーリー
 20秒で読める概要とあらすじ

1997年/アメリカ/監督:ジェームズ・キャメロン/出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、デビッド・ワーナー、フランシス・フィッシャー/第70回アカデミー作品・監督・歌曲・劇映画音楽・音響編集・録音・美術・撮影・衣裳デザイン・編集・視覚効果賞受賞

沈没したタイタニック号の調査をするトレジャー・ハンターが見つけたものは、世界最高峰のダイヤモンドを身に着けた女性の絵画だった。この発見をTVで報じたトレジャー・ハンターの元に自分は絵画のモデルだと名乗る女性から連絡が入る。

※このブログはネタバレしようがしまいが気にせずただ映画について書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

パーティで再会するローズとジャック

©TITANIC/タイタニックより引用

公開当時私は20歳そこそこ…
若い人達はご存知ないと思いますが、当時の大フィーバーたるや壮絶でした。

 

3時間を超える長編映画ですが、前半と後半で全く違ったストーリーが繰り広げられるので飽きることもダレることもなく一気に観ることができます。

 

興行収入もギネス級ですが上映期間も半端なかった。
調べてみも今やはっきりとした情報がなく分からないのですが、私の記憶では1年くらいは上映していたような…

 

だって私、

映画館で3回観ました。

 

 

VHSも買った。
(当時DVDは余り普及しておりませんでした)

 

最近は趣味嗜好の多様化が進んでいるのでこのような現象は余り見られなくなりましたね。
バブル経済が崩壊して数年後のエンタメ大フィーバーです。

「ヒットしただけで、実際中身はどうなんよ中身は~」と思う方もいるかも知れません。

公開後、遺族から抗議を受けたり色々と問題もあったようですが、それでも私は間違いなく【タイタニック】の大ヒットには大ヒットたる所以があったと思っています。

 

今までに何度観たか数知れません。

月並みですが書かないわけにはいきません、【タイタニック】です。

 

 

獲得した賞をおさらい

第70回アカデミー賞
作品賞、監督賞、歌曲賞、劇映画音楽賞、音響編集賞、録音賞、美術賞、撮影賞、衣裳デザイン賞、編集賞、視覚効果賞
ゴールデングローブ賞 映画部門
作品賞、監督賞
全米映画俳優組合賞助演女優賞
MTVムービーアワード
作品賞、最優秀男優賞

その他、もろもろ。

公開年の1997年と翌年の1998年の映画関連の賞レース総なめしてんちゃうんかって勢いで受賞してます。今やラブソングの代表曲となった主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」の大ヒットも忘れてはなりません。

 

メジャーすぎる映画は嫌悪して観ないというポリシーの方を稀に見かけますが、メジャーになるにはそれなりに理由がちゃんとあって、受賞についても獲るべくして獲ったと思います。

世の中には秀抜であるにもかかわらず世間の評価が低く、日の目を見ない作品などいくらもあります。そのような作品の方が多いのかも知れません。

反対に何か大きな裏のチカラが働いて、稚拙な作品が過大な評価を受けることもあります。

 

しかし【タイタニック】の評価は適切でしょう。

主演のレオナルド・ディカプリオが主演男優賞を獲れなかったことだけが悔やまれます。その後も彼はアカデミー主演男優賞と幾度も格闘をする運命になるので…。

 

 

ローズばあちゃんの100余年前の昔話

歴史に残る大記録を成し遂げた物語の幕開けは、現代から。

潜水マッスィーンを使って深海に沈むタイタニック号の財宝を見つけようとしているトレジャー・ハンティング集団。

やっとの思いで引き上げた金庫には宝石はなく、宝石だけを身にまとった裸体の女性のデッサン画が入っています。

 

その肖像の女性こそが【タイタニック】の主人公の一人、ローズ・デウィット・ブケイター(ケイト・ウィンスレット)。今では100歳を超える老婆(グロリア・スチュアート)です。

自身のデッサン画が見つかったことを知ったローズはトレジャー・ハンティング集団の元へ訪れ、ぽつりぽつりと昔話を始めるのでした。

ローズばあちゃんがやってきた

©TITANIC/タイタニックより引用

 

 

超豪華客船タイタニックに乗り込む人々

出発の日の港のシーンも超豪華です。

タイタニック出航日

©TITANIC/タイタニックより引用

何億?え?
このシーンだけでも億?億ドル?
って感じ。

 

エキストラに1人1000円払ったとして何人おる?


とか考えながら観る余裕がまだまだありますよねー。

この辺まではねー。

 

2,224人の乗客と見送りの人々や港の作業員などでごった返す中、主人公の二人は別々にこの世界最大級の豪華客船に乗り込むのです。

 

テンションが正反対の二人

どんなけ日光遮りたいねん、とツッコみたくなるツバのでっかい帽子を被って婚約者のキャル(ビリー・ゼイン)と母(フランシス・フィッシャー)に手を引かれ現れたローズ。

ローズは破産寸前のブケイター家を救うため、この航海の後キャルと財産目当ての結婚を強要される運命にありました。

登場して数秒後から悲壮感が半端ねえ。

日を遮りたいローズ

©TITANIC/タイタニックより引用

 

一方、本来であればタイタニックの乗船券など手に入るはずもなかった貧しい青年ジャック・ドーソン(レオナルド・ディカプリオ)は、幸運にもポーカーで乗船券を手に入れて友人と共に熱狂的興奮状態で出港直前の船に飛び乗るのです。

ポーカーで大勝利するジャック

©TITANIC/タイタニックより引用

 

 

明日を生きる心配か、明日生きていても仕方がないと憂うのか

息がつまる上流階級の暮らし

わかるわかる、私、あっち(上流)側の人種やから。

 

嘘です。

こっち(庶民)側です。

 

生きていくために必要な衣食住の心配はなくても、あっち(上流)側の生活にはやってはいけないことだらけ。

日々同じリズムで同じ会話を繰り返し、当たり障りなく単調な生活に甘んじる…

毎日同じことの繰り返し…

©TITANIC/タイタニックより引用

この結婚によってこの先の人生のすべてが見えてしまったローズは、進む船から飛び降りようと決意します。

 

二人の運命が交錯する

貧しくとも抜群の「生きる力」を持つジャックは、見事な機転を利かせて彼女を救います。

 

実はこの少し前に、ジャックは遠巻きにローズの姿を一度見ています。

「うーわ綺麗なねーちゃんやんけー…」と放心するほどに見とれますが、いやいや、あんたも相当かっこええからさあ。

 

 

ローズにとって初めて体験する世界

彼らは少しずつ運命の糸を手繰り寄せ、紡ぎ始めます。

まるで何年も前から一緒にいたかのようにお互いを理解し愛を深めるのです。

 

公開当時「タイタニックごっこ」をするカップルが続出

タイタニック名シーン

©TITANIC/タイタニックより引用

はい出ましたー。

ここで出てきまーす。名シーンでーす。画像が荒くてすみませーん。

ポストカードも持ってたし、彼氏と船に乗ればやってたし、何回観ても「ほえー…」っとなるシーンです。

 

今ではちょっとしたネタ的に使われることも多くなってきてしまったこのシーン、当時大真面目にマネしてたカップルは私だけではありません。

 

みんなやってたよ。(絶対)

 

 

「前方に氷山発見!!」

今までの甘いラブストーリーのムードは一変し崩れ去ります。

 

巨大なタイタニック号は、ほんの少し氷山に接触します。

船の上から見ると一体何が起こったかも分からないほどにほんの少し

 

乗客はまだ夢の中。

乗員にもまだ焦っている様子は見えない。

でも確実にこの瞬間から、大勢の人間の夢と希望を乗せたタイタニック号の深海への旅は始まったのです。

ゆっくりと、しばらくは誰も気づかないまま、ゆっくりと。

 

船内は大パニックに

©TITANIC/タイタニックより引用

ハナの利くジャックは船員の表情や状況からすぐに異変に気付き行動を起こします。

この時点ですでに映画が始まって2時間くらいは経っているはずですが、全然時間の長さを感じません。ここからは息つく間もなく物語が進みます。

 

沈没寸前のタイタニック号に様々なドラマが

重責を背負って死を選ぶ人々

豊かな白髭を蓄えたタイタニック号の経験豊富な船長は、操舵室で静かに最後を迎えます。

ローズが信頼を置くタイタニック号の設計士アンドリュースは緻密な設計の全責任を請け負っていただけあって誰よりも早く船の危機を察知し、乗客の避難を促したのち自身の設計した船と共に沈みます。

 

最後まで音楽を奏でた音楽隊

沈みゆく船の甲板でパニックが少しでも鎮まるようにと最後の最後まで演奏し続けた音楽隊
最後にバンドマスターの男性が「君らと演奏できたことを誇りに思う」と言い残すシーンにぐっときます。

最後まで演奏した音楽隊

©TITANIC/タイタニックより引用

 

救命ボートから沈みゆく船を見つめるしかできない人々

初期の段階で救命ボートに乗ることができたジャックの恩人マーガレット・“モリー”・ブラウンキャシー・ベイツ)は、海の上から船の惨状を呆然と見つめます。
ボートの上から海に投げ出された乗客を助けに戻れと船員に詰め寄ったのは彼女だけでした。

「あんたらそれでも人間か!」

©TITANIC/タイタニックより引用

 

海に投げ出されても懸命に生きようとする人々

そしてジャックとローズは沈んでいくタイタニック号から海に投げ出され…

ここにいます。

 

 

ジャックの「生きる力」

「生命力」とはまた少しニュアンスが違いますよね。

「生きる力」。

 

私は【タイタニック】を通じて、ジャックと云うキャラクターからこの「生きる力」をバシバシ感じます。

 

 

彼は何があろうと絶対に諦めない。

ローズ
凍えそう…。
ローズ
愛してるわ。

もう最後だからと言わんばかりに弱音と別れの言葉を口にするローズに、何度も何度も言い聞かせる。

ジャック
生き延びて子供をたくさん作ろう。

死ぬのはこんなところじゃない、暖かいベッドの上だ。

ジャック
絶対に諦めるな。

俺のために絶対に生き抜くと約束してくれ。

最後の約束をするジャック

©TITANIC/タイタニックより引用

 

公開当時、二十歳やそこらの私にはこのジャックの言動は実は理解しがたいものがありました。

私だけが助かる?いやや。私やったらジャックと一緒に深海へ沈みたい、と。

安っぽいですねー私の愛ときたら…

 

 

ローズもまたジャックを理解し想いを汲んで、凍死したジャックの腕を引き剥がし、沈む彼を見送ったあと、死に物狂いで(懸命に、なんてものじゃない。死に物狂いで)助けを求め生き長らえるのです。

 

その後のローズの人生は詳細に語られる訳ではありませんが、彼女が肌身離さず持ち歩いている思い出の写真がクローズアップされるカットがあります。

「人生」を映した写真と眠るローズばあちゃん

©TITANIC/タイタニックより引用

写真に映るのは窮屈なドレスを脱ぎ捨て馬にまたがり笑顔を見せる彼女の姿

結婚もし、子供にも孫にも恵まれ100歳を超える長寿を全うしています。

 

ローズはジャックとの約束を守ったのです。

 

 

ローズばあちゃんの回想であったことを忘れてた

美しい碧い瞳の輝きは同じであれ、瞳からズームアウトするとそこにはローズばあちゃんがいて、はっと気づきます。

 

「回想やったっけ…」

 

3時間超えの時間も、回想であったことも、すべて忘れてしまうほど没頭できるほど心に残る名画であることをお約束します。

タイタニック号

©TITANIC/タイタニックより引用

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【タイタニック】を観たくなったら

トップへ戻る