ジャンル別映画ランキング「10ジャンルのトップ10」+α

【バットマン(1989)】ティム・バートン版のあらすじと感想

【バットマン(1989)】 ファンタジー

1989年/アメリカ/監督:ティム・バートン/出演:マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガー、ロバート・ウール、ジャック・パランス、マイケル・ガフ/第62回アカデミー美術賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

バットマンとビッキー

©BATMAN/バットマンより引用

読んだことないんですけどね、原作。

バットマン・キャラクター事典 (ShoPro Books)
マシュー・K・マニング
¥ 3,240(2019/03/26 20:37時点)

てか素朴な疑問なんですけど、今DCとかマーベルの実写版に熱狂してる人達って、原作コミック読んでるの?

最近のはスーパーマンとかスパイダーマンとか有名ドコロだけじゃなくて、マイティ・ソーとかキャプテン・アメリカとか、日本では認知度が低かったヒーローも出てるみたいだけど、意味分かるの?

その上各キャラクターの誕生秘話とか繋がりとか絡められたら初老の私にはもうとてもついていけませんよ、トホホ…。

 

そういった意味ではティム・バートン監督の【バットマン(1989)】なんかはね、原作読んでなくても楽しむことができてましたよ。

まあ~今やすっかり古い映画になってしまいましたが、このくらいのスケールがいいよマジで。

 

 

 

スポンサーリンク

映画【バットマン(1989)】のあらすじザックリ

犯罪都市ゴッサム・シティ。ギャングやチンピラが闊歩し、犯罪と暴力がはびこるこの街に一人の怪人が現れた。闇に紛れて犯罪者を次々と倒していく異形のボディスーツを纏った黒い怪人、その名はバットマン。彼は制裁を加えた犯罪者たちに「仲間に自分のことを話せ」と言い残しては闇へと消えていく。

 

 

暗すぎて何が何だかよく分からない

2000年代以降のDCフィルムズ・ユニバースが主流になった今、改めて考えると、【バットマン】をあのティム・バートンが監督してるってなんだか変な感じがしますね。

恐らく2000年代以降のDC映画が好きな人はこれを観たら最初ビックリするんじゃないでしょうか。

めっちゃ画面暗いんですよ。

ティム・バートンの映画は画面が暗い

©BATMAN/バットマンより引用

バットマン自体が影のあるヒーローですし、ティム・バートン監督作としては平常運転ではあるんですけど、“ヒーローもの”と呼ぶにはあまりにも暗い映像に思う存分面食らってください。

 

分からないなりにカッコいい描写

原作知らんわ画面暗いわええことないやんけって思わないでください。そこは言うてもアメリカが世界に誇るDCヒーロー。

ビジュアルの近未来感はすごいけど普通の乗用車よりよっぽど取り回しが悪そうなバットモービルと、バットマンを呼び出す時のバットシグナルが出た時は、とりあえず「おお~っ!」ってなると思います。

バットシグナルとバットモービル

©BATMAN/バットマンより引用

繰り返しますけど、画面暗くてよく見えないんですけどね。

 

ティム・バートンの趣味の描写

自身の作品に大好きな映画へのオマージュを盛り込むことで知られるティム・バートン。

“サスペンスの神様”アルフレッド・ヒッチコックのファンでもある彼は、クライマックスで【めまい】のワンシーンを完璧に再現したりしてます。

【めまい】あらすじと観た感想。どこらへんが最高傑作なの?
【めまい】/1958年/アメリカ/サスペンス/犯人追跡中の事故で高所恐怖症になってしまった刑事が、何かに憑かれたかのような友人の妻の調査に乗り出す映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

好きなんだからもう~。

【めまい】へのオマージュを披露するティム・バートン

©BATMAN,vertigo/バットマン,めまいより引用

しかし繰り返します。

画面暗くてよく見えないんですけどね。

 

 

マイケル・キートンを食ってしまったジャック・ニコルソン

主人公バットマンことブルース・ウェイン(実写二代目)に抜擢されたのはティム・バートンの前作【ビートルジュース】でも主演だったマイケル・キートン

ブルース・ウェイン(演:マイケル・キートン)

©BATMAN/バットマンより引用

本国アメリカでは原作キャラクターのイメージと余りにもかけ離れたこのキャスティングに賛否が巻き起こったと言いますが、そこは原作を読んでない私にとってはどうでも良かったね。

今でも普通に、“バットマン”といえばマイケル・キートン、“スーパーマン”といえばクリストファー・リーヴだもん(さすがにTVシリーズ「バットマン」のアダム・ウェストとかシーザー・ロメロの世代ではない)。

 

しかし気の毒なのはマイケル・キートン。

キャスティングの段階から「おめえじゃねえよ!」だのなんだのと難癖つけられ、いざ映画が公開されると今度は宿敵ジョーカーことジャック・ネーピアを演じたジャック・ニコルソンに話題を全部かっさらわれてしまう悲劇の主人公と化してしまいますんでね。

ジョーカー(演:ジャック・ニコルソン)

©BATMAN/バットマンより引用

まあ仕方ないですよ、そもそも“ジョーカー”ってキャラクターが強烈だってのに、演じたのがジャック・ニコルソンではね。(私はジャック・ニコルソンの熱狂的ファンです)

金をばらまくジョーカー

©BATMAN/バットマンより引用

華麗に舞いながらボスのグリソム(ジャック・パランス)を撃ちまくり、「…あ~スッキリした~」と去っていく姿が好き。

「毒ガス風船作戦」をバットマンに阻止されたことに逆ギレして、なぜか自分の部下を殺す姿が好き。

殺す相手に捧げるセリフ「月夜に悪魔と踊ったことが?」も好き。これ大好き。

 

そりゃグリソムの愛人アリシア(ジェリー・ホール)もグリソムを捨ててジョーカーとねんごろになっちゃいますよ。

ジャックとアリシア

©BATMAN/バットマンより引用

私ともねんごろになってください。

 

 

映画【バットマン(1989)】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

【ダークナイト】でみせたヒース・レジャーの演技のお陰で、最近はもっぱら「ジョーカーといえばヒース・レジャー」となってしまいましたが、ジャック・ニコルソンのジョーカーもかなりイカれててすごかったんですよ~。

 

そのうち歴代バットマンの比較記事でも書こう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

バットマン [Blu-ray]
マイケル・キートン
¥ 952(2019/03/25 16:31時点)
名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

ファンタジー
関連記事とスポンサーリンク



天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました