ジャンル別映画ランキング「10ジャンルのトップ10」+α

【セブン(1995)】あらすじと観た感想。ラストのブラピよ

【セブン】モーガン・フリーマンとブラッド・ピット ミステリー・サスペンス

1995年/アメリカ/監督:デヴィッド・フィンチャー/出演:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、R・リー・アーメイ、リチャード・ラウンドトゥリー、リチャード・シフ、ケヴィン・スペイシー

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

揺れる楽しい我が家

©seven/セブンより引用

ネタバレしてます!未視聴の人は絶対に読まないでください!「初見」は一回しかないのです!

 

人間を罪に導く可能性がある欲望や感情を指す“七つの大罪”を扱った映画。

この記事を書くにあたって今ちゃんと調べるまで知りませんでしたけど、“七つの大罪”ってキリスト教における“考え方”であるだけで、聖書に載ってるわけではないんですね。へえ~。

 

連続猟奇殺人事件を追う厭世的なベテラン刑事と血気盛んな新人刑事を描いたミステリー、【セブン】です。

 

 

 

スポンサーリンク

映画【セブン(1995)】のあらすじザックリ

とある大都会。退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事サマセットと、血気盛んな新人刑事ミルズは、ある死体発見現場に急行した。死体は信じられないほど肥満の男で、サマセットは犯人が書いたと思われる「GLUTTONY(暴食)」の文字と事件の始まりを示唆するメモを発見する。

 

 

雨が降り止まない大都会の刑事2人

とりあえずデヴィッド・フィンチャー監督っぽい特徴あるオープニング大好きです。カッコよすぎ。

舞台背景として“雨ばっかり降ってて誰もが他人に無関心な大都会”の描写も完璧。

サマセット(モーガン・フリーマン)とミルズ(ブラッド・ピット)が通りを歩きながら話している間にも、何人もの人が足早に通り過ぎて行きます。肩がぶつかろうが警察がウロウロしていようがお構いなし。結構な雨が降っているのに誰も傘なんてささずにただ歩いてる。

空一面を分厚い雨雲が覆っているんでしょう、薄暗い周囲の様子からは今現在が朝なのか夕方なのかもよく分からない。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

…観るの止めようかな…。

そう思わせてしまうほど、暗くて息苦しい雰囲気を瞬く間に観客に浸透させます。

自分の部屋を譲るサマセット

©seven/セブンより引用

冒頭の数分ですでにこの映画は勝ってますね。

何に勝ってるのか分からんけど。

絶対勝ってる。

 

ベテラン刑事サマセットと新人刑事ミルズ

そんな大都会の刑事サマセットとミルズ。

サマセットはあと1週間で定年を迎えるベテラン刑事。

ベテラン刑事サマセット

©seven/セブンより引用

仕事熱心な優秀な刑事ではありますが、犯罪を取り締まっても取り締まっても一向に良くならない世の中に失望してすっかり厭世的な人間になってしまっています。

もう重大事件なんて捜査する気力もなく、残りの一週間を平穏に過ごしたいと思っていたようですが、新人刑事ミルズとともに連続猟奇殺人事件を追ううちにかつての情熱を取り戻したのか、「最後まで捜査に協力させてくれ」と言ってくれます。

 

サマセットの相方が直情径行型人間のミルズ。

新人刑事ミルズ

©seven/セブンより引用

ペチャクチャよくしゃべるし言葉遣いが乱暴なので頭は良くなさそうですが、事件にかける情熱と行動力だけは一人前。

【セブン】の時のブラッド・ピットはホントにシビれる。ラストの演技なんて何回観ても鳥肌立ちますし。彼の歴代出演作の中で一番好きかも知れません。…いや、1位はあれか、【トゥルー・ロマンス】の時のラリパッパか。

【トゥルー・ロマンス】木琴風テーマ曲と豪華キャストに感激!
【トゥルー・ロマンス】/1993年/アメリカ/青春/一夜にして恋に落ちた男女が偶然手に入れたコカインを持って逃亡する痛快なロードームービーのネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

殺人なんて常態化してるようなこの街で、2人はにわかには信じがたい猟奇殺人に出くわします。

 

“七つの大罪”になぞらえた猟奇殺人

“七つの大罪”とは以下の7つを指す言葉。

大食gluttony」「強欲greed」「怠惰sloth」「肉欲lust」「高慢pride」「嫉妬envy」「憤怒wrath

ああ~。全部思い当たるわ~。

巨漢が殺された現場には大食gluttonyの文字が、弁護士が殺された現場には強欲greedの文字が残されていて、サマセットは犯人が“七つの大罪”になぞらえて殺人を繰り返していることを突き止めます。

猟奇殺人の捜査に乗り出すミルズとサマセット

©seven/セブンより引用

この殺害方法についてはね、私みたいに怖がりな人は完全に閲覧視聴注意ですよ。

まあ映像は暗くて一瞬しか映らないんで遠い目してたらあんまりよく見えないんですけど、目からだけでなく耳から入ってくる情報もシャットアウトしないとダメです。

「ちょうど1ポンド分の贅肉を切り落とされていた」
「手首を切り落とされ舌を噛み切っていた」
「顔面を切り裂かれて鼻をそぎ落とされてた」

などなど。

こんなもん素直に聞いても想像してもダメですよ。夜眠れなくなるからさあ。無理。やめて。言わなくていい。

「刃物のついた器具を股間にはめたまま性行為を強要されていた」

黙れ。

 

 

ジョン・ドゥに物申す

5人を殺害したあと警察に出頭してきた“ジョン・ドゥ”(ケヴィン・スペイシー)。残る罪は嫉妬envy憤怒wrath

参考 ジョン・ドゥ=日本語でいう「名無しの権兵衛」のような「明らかな偽名」。

ケヴィン・スペイシー

©seven/セブンより引用

サマセットとミルズがジョン・ドゥの指定した場所まで車を走らせるシーンは、雨の都会の雑然とした印象とは対極にある不気味な静けさに包まれています。

3人の男が車内でただ話しているだけのこの数分にやたら時間を割いていて、これまでの吐き気を催すほどの殺人現場よりも恐怖心が煽られる。

 

そして雨の都会の雑踏と打って変わった乾いた大地にやってきた3人。

相変わらずやたらと「間」を取るもんだから、遠くからゆっくりとバンがやってくる場面なんかは心臓飛び出しそうでした。

荒野に跪くジョン・ドゥとミルズ刑事

©seven/セブンより引用

しかしよ?ジョン・ドゥ。

お前さ、結構な罠張り巡らせて猟奇殺人繰り返してた割にはさ、動機おかしないか?

誰ぞ
ジョン・ドゥ

「大食」のデブは太りすぎや!

あんな奴が往来を歩いとったら他の人間が食欲なくすわ!

誰ぞ
ジョン・ドゥ

弁護士は金の亡者やし、汚らわしい娼婦に同性愛者に…あいつらみんな殺されて当然や!

いやあ~…。

信じられへんくらい太った奴とか汚い金にまみれた政治家とか弁護士とか、結構おるけど?

“七つの大罪”を犯した人間全員浄化しようと思ったら大規模バイオテロでもしないと追いつかないのでは。

無茶苦茶やで自分。

 

ああそうか。

異常者やから動機なんてあってないようなもんで、だからこその猟奇殺人か。

真剣に動機について考えてしまいましたわ。

 

 

映画【セブン(1995)】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

「食い過ぎた腹を蹴られて内蔵破裂」…。

 

おえ…。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

セブン [Blu-ray]
ブラッド・ピット
¥ 952(2019/03/26 11:40時点)
名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

ミステリー・サスペンス
関連記事とスポンサーリンク



天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました