【シックス・センス】ブルース・ウィリスとハーレイ・ジョエル・オスメント

【シックス・センス】あらすじと観た感想。すっかりどんでん返しの代名詞に

1999年/アメリカ/監督:M・ナイト・シャマラン/出演:ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント、オリヴィア・ウィリアムズ、トニ・コレット、ドニー・ウォルバーグ、ミーシャ・バートン、M・ナイト・シャマラン

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【シックス・センス】ブルース・ウィリス
©The Sixth Sense/シックス・センスより引用

ネタバレしてます!未視聴の人は絶対に読まないでください!「初見」は一回しかないのです!

 

映画自体も「どんでん返し映画」であるし、監督・脚本のM・ナイト・シャマラン自身を指してをも「どんでん返しの代名詞」として広く世に知らしめた映画。

ラストの「どんでん返し」ももちろんすごいけど、作中の登場人物同様、視聴者も何度となく凍り付くような謎の「寒気」に襲われる静かで不気味なストーリー展開もお見事です。

 

M・ナイト・シャマラン監督と同じくこの映画で一躍人気に火が付いたのが子役のハーレイ・ジョエル・オスメント君ですけどね、実は私、当時から余り好きじゃありませんでした。何となく「困り眉毛」が鬱陶しくて。

そりゃあもう子役と言えば【ホーム・アローン】マコーレー・カルキン【ターミネーター2】エドワード・ファーロングに敵う者はないですよね。

って全員めっちゃ劣化してるし!
朱縫shuhou
朱縫shuhou

恐るべしハリウッド人気子役の末路。

関連記事

1990年/アメリカ/監督:クリス・コロンバス/出演:マコーレー・カルキン、ジョー・ペシ、ダニエル・スターン、ジョン・ハード、キャスリン・オハラ注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視[…]

【ホーム・アローン】マコーレー・カルキン
関連記事

1991年/アメリカ/監督:ジェームズ・キャメロン/出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロング、ロバート・パトリック、ジョー・モートン、マイケル・ビーン/第64回アカデミー音響編集・録音・メ[…]

ターミネーター2

 

【シックス・センス】です。

 

 

 

映画【シックス・センス】のあらすじザックリ

ある夜、小児精神科医のマルコム・クロウの自宅に、かつてカウンセリングを施した青年が現れる。青年は「自分を救ってくれなかった」と言ってマルコムを銃で撃ち、その後頭を撃ち抜いて自殺した。1年後、マルコムは妻との間に隔たりが生まれていると感じながら、新たな患者と接していた。

 

 

シカトされまくりのマルコム、でも良い奴ばっかり

最低でも2回は観た方がいい映画。

最後のどんでん返しを知らずに観るのと、最初から「マルコムブルース・ウィリスは死んでいる」と認識して観るのとでは、全然別の映画を観ているくらいの違いがあります。…言い過ぎか?

 

「別の映画」ほどではないにしろ、かなり おもむきが変わってくることは確実。

例えば1年前の家宅侵入事件以降、初見では妻アンナ(オリヴィア・ウィリアムズ)との仲がこじれてシカトされまくりで可哀想だったマルコムは、2回目以降の視聴では文字通り「死んでも愛されてる」幸せ者だったことが分かります。

【シックス・センス】マルコムとアンナ
©The Sixth Sense/シックス・センスより引用

間男みたいにマルコムの目を盗んでアンナの元を訪れていた浮気相手も、実は最愛の夫を亡くしたアンナの心の傷が癒えるのを気長に待ってるいい男。

「死んだ人が見えるんだ」とマルコムに告白するコール少年(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は、自分を守って欲しい一心で相談したのかと思いきや、実はマルコムを傷付けないようにそっと真実(マルコムが死んでいること)を伝えようとしてくれている。

【シックス・センス】ハーレイ・ジョエル・オスメント
©The Sixth Sense/シックス・センスより引用

銃を持ってマルコム宅に押し込んだヴィンセント(ドニー・ウォルバーグ)ですら、ただの精神疾患をこじらせた異常者ではなく、自分にだけ幽霊が見えるのが怖くて怖くて、必死に誰かに助けを求める被害者だった、と。

 

真実さえ明かされてみれば、恐怖のホラーではなく暖かいヒューマンドラマのような映画なんですよね。

だから極度の怖がりの私でも割と平気で観ることができます。

 

そこら中に溢れる「赤」の意味は?

【シックス・センス】の作中にはそこここに「」が散りばめられています。

【シックス・センス】赤色
©The Sixth Sense/シックス・センスより引用

コールが駆け込む教会のドアが(こんなドぎつい赤のドアの教会あるかしかし)。

マルコムの書斎のドアノブが

コールの部屋の隠れ家の ほろ

コールが友達の誕生日会に行った時の服が

その誕生日会で飛んで行く風船が

マルコムの結婚記念日にアンナが着ているドレスが

アンナが家で好んで使うひざ掛けが

娘のキラ(ミーシャ・バートン)を殺害した母親が葬式で来ている服が(どんな服で葬式出とんねん)。

ついでに葬式の日に自宅に飾っているバラの花も真っ赤っかだからどんなけ不謹慎やねんて

【シックス・センス】シカトされまくりのマルコム
©The Sixth Sense/シックス・センスより引用

これは「」が霊界と通じる色とされているためM・ナイト・シャマラン監督が効果的に使ったと言われています。

 

マーク・ウォルバーグの兄ドニー・ウォルバーグの怪演

ちなみにマルコムを射殺後、自身も自殺したかつての患者ヴィンセントを演じたドニー・ウォルバーグは【ディパーテッド】でディグナム巡査部長を演じたマーク・ウォルバーグ実兄です。

【シックス・センス】ドニー・ウォルバーグ
©The Sixth Sense/シックス・センスより引用

ほんの数分だけの出演なのにインパクト半端なかったよね。兄弟揃って演技派とは、やっぱり「芸術肌」とか才能の遺伝とかあるもんなんでしょうか。

 

あ、アルフレッド・ヒッチコックばりに自分の映画にちょろちょろカメオ出演してくるM・ナイト・シャマランですか?

もちろん出てますよ。

【シックス・センス】ヒル医師(演:M・ナイト・シャマラン監督)
©The Sixth Sense/シックス・センスより引用

今回の役どころはコールを看るヒル医師です。

 

 

映画【シックス・センス】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
「怖くないから平気で観られる」って書きましたけど、最後の方の、母親に洗剤盛られて死んだキラがベッドの下からコールの足を掴むシーンだけは全然ダメです。

 

ビクッ!

ってなります。

 

なんで幽霊の皆さんっていつもああいう出方するんですかね?

 

もっとビートルジュースみたいに陽気に出て来たらんかい。

関連記事

1988年/アメリカ/監督:ティム・バートン/出演:マイケル・キートン、アレック・ボールドウィン、ジーナ・デイヴィス、ウィノナ・ライダー、キャサリン・オハラ、ジェフリー・ジョーンズ、グレン・シャディックス/第61回アカデミーメイクア[…]

【ビートルジュース】マイケル・キートン

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

シックス・センス Blu-ray
ポニーキャニオン
参考価格:¥ 2,750
OFF: 15%
¥ 2,334
【シックス・センス】ブルース・ウィリスとハーレイ・ジョエル・オスメント
更新情報ひたすらつぶやいてます。