【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】ハリソン・フォード

【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】あらすじと観た感想

1981年/アメリカ/監督:スティーヴン・スピルバーグ/出演:ハリソン・フォード、カレン・アレン、ポール・フリーマン、ロナルド・レイシー、ジョン・リス=デイヴィス、ヴォルフ・カーラー/第54回アカデミー録音・美術・編集・視覚効果賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

インディとマリオンのちょっとだけロマンス
©Raiders of the Lost Ark/レイダース/失われたアーク《聖櫃》より引用

あんまり好きじゃないです。

「好みじゃない」って言った方が正しいかな。

大体アドベンチャー系って、観てるその時は楽しいけど記憶にはあんまり残らないよね。「ハムナプトラシリーズ」とか【トゥームレイダー】にしてもね。

 

私の好みはさておいて、シリーズ4作目まで作られている大ヒット映画です。

強いて言うならショーン・コネリーリヴァー・フェニックスが出てる三作目の【インディ・ジョーンズ/最後の聖戦】が好き(ミーハーか)。

 

【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】です。

 

 

 

映画【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】のあらすじザックリ

1936年。大学で教鞭を執る高名な考古学者インディアナ・ジョーンズ教授は、秘境や遺跡を探検する冒険家であり、凄腕のトレジャーハンターでもあった。ある日、陸軍諜報部よりナチス・ドイツが聖櫃(アーク)の発掘に着手したという情報が舞い込み、インディは争奪戦に臨むことになる。

 

 

「インディ・ジョーンズシリーズ」時系列

これまでに4作公開されている「インディ・ジョーンズシリーズ」の時系列は以下のとおり。

「インディ・ジョーンズシリーズ」時系列

1981年【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】

1984年【インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説】

1989年【インディ・ジョーンズ/最後の聖戦】

2005年【インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国】

2021年【インディ・ジョーンズ5】※公開予定

【インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国】まではジョージ・ルーカスの映画会社「ルーカスフィルム」が製作してましたが、ルーカスフィルムは2012年にウォルト・ディズニー・スタジオに買収されちゃってるんで、2021年公開予定の【インディ・ジョーンズ5】がどんな感じに仕上がるのかある意味楽しみではありますけど。

アーク(聖櫃)を狙うナチス
©Raiders of the Lost Ark/レイダース/失われたアーク《聖櫃》より引用

しかし2019年には20世紀フォックスも傘下に収めちゃうし、ハリウッドはウォルト・ディズニー・カンパニーの独占状態だね。「ビッグ6」と呼ばれた頃の力関係はとっくに崩壊してるしね。

ええのか悪いのか分かりませんけど。

 

 

「インディ・ジョーンズ」というキャラクターとテーマ曲で大成功!

「インディ・ジョーンズシリーズ」と一口に言っても、小説とかTVシリーズとかたくさんあってよく分かりません。

ここでは映画についてだけ記載してます。

鉄球(?)に追われるインディ・ジョーンズ
©Raiders of the Lost Ark/レイダース/失われたアーク《聖櫃》より引用

タイトルの「レイダース」ってのは「侵入者・盗賊」を意味しますが、シリーズ通してこのタイトルになっているのは一作目だけ。あとは全部主人公インディアナ・“インディ”・ジョーンズ(ハリソン・フォード)の名前を冠しています。

普段はプリンストン大学の著名な考古学教授で、その実態は世界を飛び回るトレジャーハンター、というインディ・ジョーンズのキャラクター設定と、誰もが口ずさむことができるであろうノリのいいテーマ曲はやっぱりすごい。

教鞭を執るインディ・ジョーンズ
©Raiders of the Lost Ark/レイダース/失われたアーク《聖櫃》より引用

まあね、スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスとハリソン・フォードが組んだらザっとこんなもんですよ。

ヒットするに決まっとる。

 

そこら辺は置いといて、私がこの映画を好きじゃない理由を書いておこう。

 

スピルバーグ・ジョークがサブい

【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】が好みでない、と言いますか、私、スピルバーグ監督の作品でよく見られるジョーク(便宜上スピルバーグ・ジョークと呼びます)がサブいんですよね。

【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】なんてもうこのスピルバーグ・ジョークが目白押してるからさあ…。

 

どんなのかって言うと例えば、ヒロインのマリオンカレン・アレンが大男に追われていて、フライパンを手に取り「かかってきなさい!」と威勢よく立ち向かうも、相手がナイフを出したのを見て「…あちゃ~…(にっこり笑って)ごめん遊ばせ!」って言って逃げ出す、みたいな。

ナイフを見て逃げ出すマリオン
©Raiders of the Lost Ark/レイダース/失われたアーク《聖櫃》より引用

絶対勝てなさそうな強面のアブドーラ・ザ・ブッチャーが出てきても余裕だったインディがコテンパンにやられる、とかね。

分かります?

アブドール・ザ・ブッチャーみたいな兵隊と戦うインディ
©Raiders of the Lost Ark/レイダース/失われたアーク《聖櫃》より引用

何となく70~90年代の香港映画っぽくないですか?

でもジャッキー・チェンとかサモ・ハン・キンポーとかがこのベタなジョークをやってても別にサブくないんですけどねえ。

サブくないどころか大爆笑やし。

 

関係ないけどジャッキー・チェンが好きすぎて子供の名前に「成龍」ってつけた知り合いがいましたわ。

 

 

映画【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
スピルバーグ・ジョークとジャッキー・チェンの違いはどこなんでしょう?

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】ハリソン・フォード
更新情報ひたすらつぶやいてます。