【理由なき反抗】ジェームズ・ディーン

【理由なき反抗】あらすじと観た感想。チキンレースでヘタこいた

1955年/アメリカ/監督:ニコラス・レイ/出演:ジェームズ・ディーン、ナタリー・ウッド、サル・ミネオ、ジム・バッカス、アン・ドーラン、デニス・ホッパー

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

酔っ払いジェームズ・ディーン
©Rebel Without a Cause/理由なき反抗より引用

「親」になってから観たのは初めてです。

すると昔主人公たちと近い年齢の頃に観た時とは感じ方が少し変わっていました。

 

思春期ってしかし、どうしてあんなにあんなんだったんですかね。親としてはただただ以下のような気持ちに尽きますよ。

何が気に入らんねんな。
どないしたいねんな。
遊んどらんと早よ家帰らんかいな。

不良少年達に感情移入し憧れていた私もすっかり普通の人の子の親ですわ。

 

観ている自分の年代や立場で感想が変わってくる青春ドラマの金字塔、【理由なき反抗】です。

 

 

 

映画【理由なき反抗】のあらすじザックリ

17歳の少年ジムは泥酔して道路に倒れていたところを警察に補導され、同じように補導されていたジュディやプレイトーと出会う。それぞれは迎えに来た身元引受人と共に帰って行った。翌日、新しい高校に登校したジムは、ジュディも一員である不良グループに目をつけられる。

 

 

反抗期って何が気にいらないんだろうね

道路に転がるお猿さんおちゃるちゃんの人形を見つけ、ご機嫌で駆け寄ってくる酔っ払い。

彼の名はジム・スターク(ジェームズ・ディーン)。ただいま反抗期真っただ中の17歳。

【理由なき反抗】ジェームズ・ディーン
©Rebel Without a Cause/理由なき反抗より引用

道路でゴロゴロしてるジムは当然警察に補導されます。

 

その日の警察署にはたまたま3人の未成年がいました。

どエライ赤い口紅で「反抗期」を体現している美少女ジュディ(ナタリー・ウッド)と、この場には似つかわしくない地味で気の弱そうな少年プレイトー(サル・ミネオ)です。

補導されてるプレイトー
©Rebel Without a Cause/理由なき反抗より引用

ここで運命的な出会いを果たすこの3人に限らず、【理由なき反抗】に出てくるティーンネイジャーらはみんな、仲間といても何をしていてもどこか落ち着かず、みなぎる若いパワーを持て余しています。

反抗期の少年少女について、本人の意思とは関係なく急速に成長していく外側(体)に対して内側(心)の成長が追い付かないからうんたらかんたら…とか学校で習ったよね。

要するに心と体のバランスが取れない。

 

野犬のように牙をむき、ジムに一方的に喧嘩を売ってくるバズ(コリー・アレン)でさえ、本心ではジムのことを好きだと言います。

でも(一騎打ちを)やらなければならない」と。

不良グループに絡まれるジム
©Rebel Without a Cause/理由なき反抗より引用

好きだ嫌いだだけで仲良しこよししていた子供時代を過ぎ、大人みたいな使命感抱いてみたりしてね。

初老から見れば下らない意地の張り合いでしかない彼らのいさかいも、彼らにしてみれば避けて通れない大事な「儀式」。

 

ティーンネイジャーの一生懸命さがまぶしい。

 

ジュディこそが「理由なき反抗」

しかしね、タイトルを言葉のままの意味に受け取って屁理屈をこねてみますと、実は主人公の3人のうち、ジムとプレイトーに関しては反抗している理由が分からなくもないんですよね。

ちゃんと理由がある。

 

ジムの場合は、母親のひらひらエプロンをつけて祖母に作った食事を落としてしまって必死で拾っている父親を見た瞬間、ズドンときます。

地面にはいつくばって後片付けをする父親
©Rebel Without a Cause/理由なき反抗より引用

ジムの望みは一貫して「父に強くあって欲しい」。ただそれだけなのに、この親父はこんな体たらくなんですよ。誰だって(男なんてなおさら)父親のカッコ悪い部分なんか見たくないわ。

親ってのはそれほどの重責を担ってるのね。

 

運命の出会いを果たす三人
©Rebel Without a Cause/理由なき反抗より引用

プレイトーは両親に放置されていて、問題行動(子犬を撃つ!)で警察に保護された時でさえ、迎えにきたのはメイドだけ。離れて暮らす父親は定期的に養育費だけを送りつけてくる。

典型的な親の愛に飢えた少年です。

 

どうしてわざわざ親に反抗しているのか分からないのはジュディ。

ジムとジュディ
©Rebel Without a Cause/理由なき反抗より引用

こじつけるなら父親から「大人扱い」されるようになり、気持ちが追い付かなくてとまどっている、って感じ?

でも父親も母親も特に常識はずれなことは言ってないので、これで反抗されてしまうと親としてはホントに「どないせえっちゅーねん!」ってなりますよ。

 

うん、ジュディこそが「理由なき反抗」

 

 

ジェームズ・ディーンが一番カッコイイシーン

【理由なき反抗】は前作【エデンの東】同様、ジェームズ・ディーンの代表作であると同時に役柄自体が当たり役であったこともあって、基本的には全幕カッコいいんですけど、私が一番好きなのは最後のここですここ。

親友とも息子とも思える無二の存在プレイトーを撃たれた時の、ここ

「弾は抜いたのに」
©Rebel Without a Cause/理由なき反抗より引用
ジム
ジム
弾は抜いたのに!!

冷静に観ると芝居がかってて大袈裟すぎる演技なんですけど、ドバッと涙が吹き出るんですよね。

孫悟空の元気玉みたいに、ここまで少しずつ溜めて溜めて溜めて…巨大化した見えないエネルギーの球体が、このシーンで一気にジムの体からはじけ散ったような感じがします。

思春期玉。

 

 

チキンレース(チキンラン)の元祖?

一説によると【理由なき反抗】はチキンレースの元祖らしいですが、真偽は謎。

チキンレースとは本来、ジェームスディーン主演の映画『理由なき反抗』に見られる度胸試しのためのレース(又はゲーム)のことで、壁や崖に全速力で向かい、どちらが壁(崖)近くまでブレーキを踏まずにいられるかを競うものである(チキンゲームともいう)。

出典:日本語俗語辞書

【理由なき反抗】で大衆に広まっただけで、もっと起源は古いんじゃないの?って個人的には思っています。

アル・カポネの時代(1930年代前後)とかはなかったのかね?

…ないか、禁酒法時代に正々堂々とレースとかゲームとかしてる場合じゃないもんね。邪魔者は普通に蜂の巣にされてたんだし。

チキンレースをするジムとバズ
©Rebel Without a Cause/理由なき反抗より引用

まあとりあえず、チキンレースで勝負しようと言い出した本人がまさかのドアノブに袖が引っ掛かって逃げられずそのまま崖に真っ逆さまというオチはスーパーエクセレントですよ。

プライドをかけて袖のせいで死ぬ。

oh,No~……。

 

 

映画【理由なき反抗】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

ジムを敵視している不良グループのひとりグーンを演じているのは【イージー・ライダー】デニス・ホッパーです。(←好き)

 

ええそうです、「いいこと思いついたぜ!」と言ってジムの家の玄関に鶏をぶら下げるという小学生レベルの嫌がらせを楽しむ不良グループのひとりです。

 

お前らだけは思春期以下。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

理由なき反抗 [Blu-ray]
ワーナーホームビデオ
参考価格:¥ 2,619
OFF: 61%
¥ 1,010
【理由なき反抗】ジェームズ・ディーン
更新情報ひたすらつぶやいてます。