【白鯨(1956)】グレゴリー・ペック

【白鯨(1956)】あらすじと観た感想。神に歯向かう人類の縮図?

【白鯨(1956)】グレゴリー・ペック

1956年/アメリカ/監督:ジョン・ヒューストン/出演:グレゴリー・ペック、リチャード・ベースハート、レオ・ゲン、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、ハリー・アンドリュース、バーナード・マイルズ、ノエル・パーセル、フレデリック・レデブール、オーソン・ウェルズ

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【白鯨(1956)】グレゴリー・ペック
©Moby Dick/白鯨より引用

自分の足を食いちぎった雪山のごとく白い巨大な鯨“モビー・ディック”を狂ったように追い続けるエーハブ船長(グレゴリー・ペック)と、その復讐心の渦に呑み込まれていく乗組員らを描いた物語。

興行的にも振るわなかったし、全編を通して暗澹 あんたんな雰囲気ばかりが漂ってるし、その物静かで堅実なイメージとあまりもかけ離れた狂気の船長を演じたグレゴリー・ペックにしても、総じて評価の高くない無情の映画なんですけど、私はなぜか昔から大好きです。

楽天家だと思い込んでたけど意外とネクラなのかな?

 

【マルタの鷹】【黄金(1948)】などのハンフリー・ボガートとのコンビで知られるジョン・ヒューストン監督作、【白鯨(1956)】です。

関連記事

1941年/アメリカ/監督:ジョン・ヒューストン/出演:ハンフリー・ボガート、メアリー・アスター、グラディス・ジョージ、ピーター・ローレ、バートン・マクレーン注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書[…]

マルタの鷹のハードボイルドなハンフリー・ボガート
関連記事

1948年/アメリカ/監督:ジョン・ヒューストン/出演:ハンフリー・ボガート、ウォルター・ヒューストン、ティム・ホルト、ブルース・ベネット、バートン・マクレーン、ジョン・ヒューストン/第21回アカデミー監督・助演男優・脚色賞受賞[…]

【黄金】ハンフリー・ボガート

 

 

映画【白鯨(1956)】のあらすじザックリ

1841年、イシュメルと親友のクイークェグは、捕鯨船ピークォド号に乗り込み大海原へ出た。船長は鯨の歯でできた白い義足に肩幅の広い体を支えられたエーハブだった。彼は自分の足を食いちぎった宿敵“モビー・ディック”を仕留めることを船乗りたちに誓わせる。

 

 

グレゴリー・ペックといえば【白鯨(1956)】

そりゃあグレゴリー・ペックっつったらあれでしょ?大多数の人が【ローマの休日】を思い浮かべるんでしょ?

関連記事

1953年/アメリカ/監督:ウィリアム・ワイラー/出演:グレゴリー・ペック、オードリー・ヘプバーン、エディ・アルバート、ハーコート・ウィリアムズ、マーガレット・ローリングス/第26回アカデミー主演女優・原案・衣裳デザイン賞受賞[…]

【ローマの休日】のオードリー・ヘップバーン

もうちょっと言うたらオスカー獲った【アラバマ物語】か、せいぜい【大いなる西部】くらいのもんでしょう。

関連記事

1962年/アメリカ/監督:ロバート・マリガン/出演:グレゴリー・ペック、メアリー・バダム、フィリップ・アルフォード、ロバート・デュヴァル、ブロック・ピーターズ/第35回アカデミー主演男優・脚本・美術(白黒)賞受賞注※このサ[…]

グレゴリー・ペック
関連記事

1958年/アメリカ/監督:ウィリアム・ワイラー/出演:グレゴリー・ペック、ジーン・シモンズ、チャールトン・ヘストン、キャロル・ベイカー、バール・アイヴス、チャールズ・ビックフォード/第31回アカデミー助演男優賞受賞注※この[…]

【大いなる西部】グレゴリー・ペック

そんな中、私が「グレゴリー・ペック」と聞いて真っ先に思い出す映画はこの【白鯨(1956)】

【白鯨(1956)】グレゴリー・ペック
©Moby Dick/白鯨より引用

嘘みたいでしょ?でも本当なんです。

なぜ「グレゴリー・ペックといえばコレ」というほど印象に残っているのか。

単に映画の内容が面白かったのもあるにはありますけど、何よりグレゴリー・ペック“らしくない”役柄が強烈に脳裏に焼き付いて離れないのです。

助手
やっぱりイメージに合わないと思ってるんやん。

そこはそりゃ当たり前ですよ、「正義」が服着て歩いてるようなイメージのグレゴリー・ペックが、神をも畏れぬ狂気に憑りつかれたエーハブ船長だなんて、本来ならミスキャストも甚だしいってブチギレちゃう案件ですよ。

ところがその「これまでのペックのイメージじゃない」ことを当然の前提として、いざ本編を観てみるとコレが全然違和感ないんですよね。違和感がないどころか、これはこれで見事に「グレゴリー・ペックの新境地」が開拓されているとさえ思えます。

単にイメージと役柄のギャップが新鮮なだけの“ギャップ萌え”とも違うんです。“ギャップ萌え”はその“ギャップ”に対して萌えるものですが、私の脳裏に焼き付いたのはその「“あるはずのギャップ”を綺麗さっぱり無くしてみせたグレゴリー・ペック」な訳です。

【白鯨(1956)】グレゴリー・ペック
©Moby Dick/白鯨より引用
朱縫shuhou
ペックってこんな役も(違和感なく)できるんや!

こう悟った時の感動が余りにも大きかったため、私にとって【白鯨(1956)】は「グレゴリー・ペックの代表作」くらいの位置づけになったんだと思います。

 

でもこれは本当に私だけの意見であって、ほとんどの人には「【白鯨(1956)】のペックはそのイメージのギャップを乗り越えられていない」と捉えられているみたいです。

良い意味で“らしくない”素晴らしい演技してると思うんだけどなあ。

 

 

巨大な白い鯨“モビー・ディック”と闘う男達

捕鯨が盛んな港町ニューベッドフォードで暮らすエーハブ船長は、鯨に食いちぎられた片足に鯨の骨で作られた義足をはめた男。その足を食いちぎったとされるのが島の様に巨大な白い鯨“モビー・ディック”。

モビー・ディックに足を食いちぎられてからというもの、エーハブ船長は通常の鯨漁そっちのけでモビー・ディックばかりを追い続けています。

【白鯨(1956)】
©Moby Dick/白鯨より引用

当然「モビー・ディックへの復讐心」に憑りつかれたエーハブ船長とてひとりで復讐を遂げることは不可能ですから、自身の船“ピークォド号”の乗組員たちを上手に懐柔して こころざしを共にして行くんです。

さすが荒れる海を何度も航海してきた捕鯨船の船長。船員をノせるのも超一流。

【白鯨(1956)】リチャード・ベースハート
©Moby Dick/白鯨より引用

かくして船長船員が一丸となり、モビー・ディックを目指して大海原へ漕ぎ出すピークォド号。

巨大なモビー・ディックとの戦いを映し出した合成映像も当時としてはそれなりに迫力があるし、アドベンチャー・アクションの秀作だと思います。

 

無駄に出てきたと思えないオーソン・ウェルズ神父

【白鯨(1956)】の評価が低い一因のひとつには宗教的要素が強すぎることが挙げられます。自分で書いておいて何ですけど、「アドベンチャー映画」みたいな軽い感じで観ちゃうと、本当の主題の深さに段々嫌になってくるかも知れません。

それはもう原作小説「白鯨」がそうなってるから仕方ないんですけども。この重いテーマの小説を映画化して万人に受け入れられようとしたこと自体が軽く失敗だったと言うか。

序盤でオーソン・ウェルズ扮する村の神父が結構な時間を割いて教会で説教をしますしね。

【白鯨(1956)】オーソン・ウェルズ神父
©Moby Dick/白鯨より引用

関係ないけどこの教会の説教台は捕鯨の町の教会らしく船の舳先のデザインになっていて素敵です。

【白鯨(1956)】オーソン・ウェルズ神父
©Moby Dick/白鯨より引用

オーソン・ウェルズ神父が長々とたれる説教の内容は、「人間が神にも等しい海に挑んだとて100%敵うわけないんやからな」という半ば脅しに近いようなもの。

そして【白鯨(1956)】には彼の説教が示した通り、イシュメル(リチャード・ベースハート)がクイークェグ(フレデリック・レデブール)の棺桶に救われたのも、ガーデナー船長(フランシス・デ・ウルフ)が息子の代わりにイシュメルを拾ったのも、すべては神の思し召しであって、人間の努力も情熱もすべては徒労に終わることを象徴するかのようなラストが待っています。

 

普通に考えたらこんな映画ウケへんわな。

 

 

映画【白鯨(1956)】の感想一言

朱縫shuhou

グレゴリー・ペックが本来のイメージを くつがえす渾身の演技を見せています!

私のおすすめ映画のひとつではありますが、視聴の際には観ているこっちまで意義のない復讐心に憑りつかれてきそうな陰鬱な映画であることをご承知おきください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【白鯨(1956)】グレゴリー・ペック
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG