【アフリカの女王】ハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘップバーン

【アフリカの女王】あらすじと観た感想。船上のバカップル

1951年/アメリカ・イギリス/監督:ジョン・ヒューストン/出演:ハンフリー・ボガート、キャサリン・ヘップバーン、ロバート・モーレイ、ピーター・ブル、セオドア・ビケル、ウォルター・ゴテル/第24回アカデミー主演男優賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

チャーリーにうっとりするロージー
©The African Queen/アフリカの女王より引用

面白いですよ~【アフリカの女王】

いろんな意味で。

監督はジョン・ヒューストン、主演はハンフリー・ボガートキャサリン・ヘップバーン

 

ハンフリー・ボガートは、この映画でようやくオスカーの栄冠を手にするんですけど、どうして彼が生涯で唯一アカデミー主演男優賞を獲得したのが【カサブランカ】のリックや【マルタの鷹】のスペードじゃなくて【アフリカの女王】のチャーリーやねんって疑問は常につきまといますよね。

関連記事

1942年/アメリカ/監督:マイケル・カーティス/出演:ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン、ポール・ヘンリード、クロード・レインズ、コンラート・ファイト/第16回アカデミー作品・監督・脚色賞受賞注※このサイトは映[…]

【カサブランカ】ハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマン
関連記事

1941年/アメリカ/監督:ジョン・ヒューストン/出演:ハンフリー・ボガート、メアリー・アスター、グラディス・ジョージ、ピーター・ローレ、バートン・マクレーン注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書[…]

マルタの鷹のハードボイルドなハンフリー・ボガート

だって【アフリカの女王】でのハンフリー・ボガートはこれまでのハードボイルドな紳士とはかけ離れたただのきったないおっさんだからさあ。

まあこれまでと違ったキャラクターを華麗に演じたことが評価されたんでしょうけども。

 

 

 

映画【アフリカの女王】のあらすじザックリ

イギリス人女性ローズが宣教師の兄とともにドイツ領東アフリカの奥地で布教活動をしていたある日、第一次世界大戦が勃発。住民たちはドイツ軍に連れ去られ、宣教師の兄は死亡、村は焼き討ちされる。残されたローズは、しばしば村に郵便を届けにきていたチャーリーに助けられ、小型貨物船アフリカの女王号に乗り込む。

 

 

アフリカの奥地で布教活動中、第一次世界大戦勃発!

文明開化の音もしていないアフリカの奥地。

イギリス人女性ローズ(キャサリン・ヘップバーン)は、この地で宣教師の兄とともに布教活動をしていました。

文明社会との接点といえば時折郵便を届けにやってくる小型貨物船“アフリカの女王号”の船長チャーリー(ハンフリー・ボガート)のみ。

アフリカの村にやってきたチャーリー
©The African Queen/アフリカの女王より引用

ローズたちはある日、いつものように手紙を届けにやってきたチャーリーから第一次世界大戦が始まったことを聞かされます。

そしてその直後、突然村にやってきたドイツ兵によって村人たちは連れ去られ、村は焼き払われてしまいます。

 

こんなアフリカの奥地にあってまるまると肥えていた兄は、この時のショックが原因であっけなく死亡(結構メンタル強そうなのに)。

兄の死を看取るローズ
©The African Queen/アフリカの女王より引用

誰もいないドイツ領のアフリカの村にひとり取り残されたローズは、兄妹を気にかけて戻ってきてくれたチャーリーの船に乗り込むのでした。

 

 

小型貨物船“アフリカの女王号”でドイツ軍に立ち向かうバカップル

“アフリカの女王号”に乗って村を脱出したと言っても問題は何一つ解決していません。

ドイツ領のど真ん中に放り出された今や“敵国の人間”となってしまった2人は、行くも地獄戻るも地獄の究極の選択を迫られます。

アフリカの女王号に乗り込んだローズと船長チャーリー
©The African Queen/アフリカの女王より引用

チャーリーは冗談混じりに「戦争が終わるまでこのまま“アフリカの女王号”に乗って隠れているしかない」なんて言ってる。

だって前に進んでも誰も超えたことのない急流が待っているし、途中にはドイツ軍?(よく分からん)の砦の真ん前を通過しなければならないし、運よく下流にたどり着けたとしてもドイツ軍の巡視船?潜水艦?(よく分からん)ルイザ号が目を光らせているし、とにかくにっちもさっちも行かない状況なんですよ。

アフリカの女王号
©The African Queen/アフリカの女王より引用

ところがお嬢様育ちのオールド・ミスであるローズは、突如としてたぎり始めた野生の血の指し示すままに、手先の器用なチャーリーにお手製爆弾を作ってもらい、自分たちが乗っている“アフリカの女王号”自体を動力とする簡易魚雷でルイザ号を爆破しようと言い出します。

 

“大自然”と“ドイツ軍”を相手に、たった2人の民間人が奮闘する冒険譚であるわけなんですけど、【アフリカの女王】の面白さはそんなベタな部分にとどまりません。

 

「ロージー」「あなた」ちょっと待てどないしたんや

2人して“アフリカの女王号”に乗り込んだ当初、自分たちの置かれた状況と川を知り尽くしたチャーリーと、急流やドイツ軍を強行突破しようなどと無謀なことばかり言い出すローズは、衝突ばかりしていました。

しかし力を合わせて急流と敵国の砦を超えた時、喜びの余り思わずキスしてしまうんですよね。

困難を乗り越え愛が芽生える2人
©The African Queen/アフリカの女王より引用

こっからですよ本気でおもろいの。

これまでロクに恋愛経験もなかった人間が一旦恋に目覚めると、ここまでイカれてしまうものなのか。

 

これまでチャーリーのことを「オールナットさん」と他人行儀に呼んでいたローズは、突然彼を

ローズ

ねえ、オールナットさ…

あな…あなた!

と呼び、同じく浮かれポンチのチャーリーは

チャーリー
なんだい?ロージー?

と答える。

 

朱縫shuhou
朱縫shuhou
急にどないしたんや君ら!

 

挙句の果てには魚雷作戦が失敗してルイザ号に捕まり、あわや処刑されようかという局面で、

チャーリー
死ぬ前に結婚式を挙げたい。

なんて寝言を言い出す始末。

 

すがすがしいほどのバカップルを描いた名画なんですね。

 

 

映画【アフリカの女王】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
【アフリカの女王】の見どころの一つである急流を下る場面のクロマキー合成(緑のスクリーンで人物を撮影して背景を合成する技術)は、現代となってはかなり雑に見えてしまうので、付き合いたての中学生のような中年同士の恋愛模様に大いに魅了されましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【アフリカの女王】ハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘップバーン
更新情報ひたすらつぶやいてます。