ジャンル別映画ランキング「10ジャンルのトップ10」+α

【ローマの休日】あらすじと感想。解釈ひとつでラストが変わる

【ローマの休日】のオードリー・ヘップバーン ラブストーリー

1953年/アメリカ/監督:ウィリアム・ワイラー/出演:グレゴリー・ペック、オードリー・ヘップバーン、エディ・アルバート、ハーコート・ウィリアムズ、マーガレット・ローリングス/第26回アカデミー主演女優・原案・衣裳デザイン賞受賞

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ショートカットにするオードリー

©Roman Holiday/ローマの休日より引用

初老と呼ばれる年齢に突入し、ゴリラ(夫)と手をつないで外出することもなくなり、子供の成長と映画だけが生き甲斐になった今、こんな甘いラブロマンス観たって泣くどころかこっぱずかしくて笑ろてしまうわ、くらいに思ってたんです、観る前。

 

いやいや、あかんあかん泣く泣く。

こんなもん絶対あかんよ。

泣くでしょ普通。

 

いやあ~つくづくすごい映画です。

【ローマの休日】です。

 

 

 

映画【ローマの休日】のあらすじザックリ

某国の王女アンはローマを表敬訪問中、疲労の余りヒステリーを起こしてしまう。密かに城を抜けだしたアンは路傍のベンチで眠り込み、通りかかった新聞記者ジョーのアパートで一夜を明かす。翌日彼女の素性に気づいたジョーは、王女の秘密の外出をスクープするため王女を連れ歩くことに成功する。

 

 

王女が24時間だけ庶民の生活を満喫する物語

最後の会見場でのオードリー・ヘップバーン

©Roman Holiday/ローマの休日より引用

何時間も真っすぐ立ってるってだけでももうしんどいよ初老は。

その上愛想振りまいてさ。気の利いた言葉選んでさ。豪華な衣装も窮屈でしょう。高いヒールの靴も痛いでしょう。やりたいこともできないし、いつでも衆目にさらされて落ち着かないし…。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

王女なんかやってられるかゴルァ~!

そりゃこんな風になることだってありますよ。

 

ヨーロッパ諸国を親善旅行中の某国の王女アン(オードリー・ヘップバーン)がプッツン切れて、真夜中に大使館を抜け出してしまうことから物語は始まります。

 

道路で寝てるアン王女と王女を転がす新聞記者ジョー

改めて観ると結構酷い…というか色んな意味でギリギリの描写がありましたね。

まず大使館を出たアン王女はなんと、直前に打たれた鎮静剤のせいで道路で寝てます。

道路で眠りこけてるアン王女

©Roman Holiday/ローマの休日より引用

道路というか橋の欄干というかベンチというか。

幸いにもたまたま通りかかったグレゴリー・ペック扮する新聞記者ジョー・ブラッドリーに見つけてもらえて、彼が紳士だったから事なきを得たワケですけど、これ一歩間違えれば大事件ですよ。王女の強姦とか誘拐とか殺害とかシャレにならん。

 

王女を拾ったジョーもよく観るとまあまあ無茶な御仁でしたね。

自分の名前も住所も分からない状態の面倒な少女を自宅アパートに連れて帰ってくれるなんて優しい…!と思ったら大間違い。

ジョーは自分のベッドで寝てしまったアンを、布団ごとをバッサーってやって隣の長椅子に転がします。

下着をはいてるかどうか確認するアン

©Roman Holiday/ローマの休日より引用

そして自分がベッドでぬくぬく。

…あーそんな感じ?

なんか勝手に自分が固い長椅子で寝てあげてるイメージやったわ。

 

金のために王女をスクープに利用しようとしたことにしても、よく考えたら世界的ラブロマンスのヒーローとしてはあり得へんけどね。ギリギリ。ご愛敬。

 

ベスパに乗ってはしゃぐ姿や「真実の口」でのオードリーの可憐さは異常

翌日、ただの酔っ払っいだと思っていた少女が実は王女だと気づいたジョーは、アンをなんとか足止めし、スクープを狙って一緒にローマの街の散策に出ることに成功。

スペイン広場やコロッセオなど、ローマの有名観光地を回る2人を描いた名場面の数々。

ベスパ! ビバーチェ vol.13
スタジオタッククリエイティブ
¥ 2,052(2019/02/01 11:06時点)

中でも特に有名なベスパを運転するシーンや、「真実の口」でのジョーとのじゃれ合いのシーンでのアンは一瞬で万人を虜にしてしまう可愛らしさ。

その上全然飾らない。

発進したベスパの後ろに乗ったジョーが慌ててハンドルを握ろうとすると、その手をはたき落とすんですよアン。

「私が運転します!」って。

根性あります。よっぽど楽しかったのが伝わってくる。その後警察に捕まってシューンとしてるのも、あざとさを通り超して3周くらい回ってやっぱり信じられないくらい可愛い。

ベスパではしゃぐオードリー

©Roman Holiday/ローマの休日より引用

「真実の口」で手がなくなったジョーを見てアンが目ん玉ひんむく名シーンは、オードリー・ヘップバーンの自然な演技を引き出すためのウィリアム・ワイラー監督とグレゴリー・ペックの謀略であったことは有名ですね。

このシーンのオードリー・ヘップバーンは、演技じゃなくてホントにビックリしてるんです。

「いやいや!嫌い!」

©Roman Holiday/ローマの休日より引用

誰ぞ
アン王女

いやいや!嫌い!

ホントに手がなくなったと思ったじゃない!

しかし素でこんなセリフ出るかね?(原文知らんけど)

 

いいですか女子のみなさん。

男を虜にするには「いやいや!嫌い!」ですよ。

 

アービングのオイルライター型カメラは実在する

ちなみにジョーの相棒のカメラマン、アービング(エディ・アルバート)がアンの隠し撮りに使っているオイルライター型カメラは、実在する日本製の「エコー8」という製品。

映画と同じくホントに火も点くんですって。

エコー8で隠し撮りをするアービング

©Roman Holiday/ローマの休日より引用

【ローマの休日】で一躍有名になったようですけど、開発用途はなんだったんでしょうね?

諜報活動?

【博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて原爆を愛するようになったか】でソ連大使が懐中電灯に内蔵されたカメラでスパイ行為してたの思い出した。

【博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか】あらすじと感想
【博士の異常な愛情】/1964年/アメリカ、イギリス/近未来/米ソ冷戦を背景に、偶発的に核戦争が勃発し人類滅亡へと導かれる風刺劇的映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

結局ヤったのかヤってないのか

【ローマの休日】でよく取り沙汰されるのが「結局ジョーとアンはセックスしたのかしてないのか」ってことですけど。

グレゴリー・ペックとオードリー・ヘップバーン

©Roman Holiday/ローマの休日より引用

映画が公開された1950年前半頃は後期とはいえまだまだヘイズ・コードの規制が厳しかったため、さらっと観てたら2人がヤってるとは到底思えない。

キスをして、アパートに戻って服を乾かして、夢のような1日は、終わり。

 

でもその後の展開から言って、ここで2人が愛し合っていないと、別れる時の切なさの説明がつかない。最後の記者会見の時の締め付けられるような感情の理由付けができない。

二度と会えない人を好きになってしまっただけではあれほど切なくないでしょうよ。

生まれて初めて男性に身を任せたというのに、次の瞬間にはもう一生会えないという現実が待っている。

こうでなければあれほど切なくないでしょうよ。

参考 ヘイズ・コード(映画製作倫理規定、プロダクション・コード)=1934年から1968年まで導入されていたアメリカ合衆国の映画における検閲制度

 

「素敵なキッチンのある部屋へ引っ越そうかな」

大体、女が男に「何か作りましょうか?」なんて言うのはもうお互い知れた仲だってことですよ。

王室で料理の教育を受け一流コック並みの腕前を持つアンですが、それを披露する機会はないと言います。

ここで手料理を振る舞いたくてもジョーのアパートにキッチンはありません。

この時のジョーのセリフが一番泣けます。

誰ぞ
ジョー

そいじゃ、素敵なキッチンのある部屋へ引っ越そうかな…

「君の手料理を食べるために引っ越そうかな」?

こんなもん、プロポーズですよ。

貧乏新聞記者が一国の王女に精いっぱいのプロポーズをしとるんです。

キッチンつきのアパートに引っ越して一緒に暮らす…そんなこと不可能だって分かってるけど、愛してるんですよ。

結婚したいと思うほどに。

 

よく言われることですけど、思い出だけで人って生きていけるんですかね?

「忘却の生き物」って、ホントに?

 

そういえば名画【カサブランカ】ハンフリー・ボガートも、イングリッド・バーグマンと別れる時に「君と過ごしたパリの思い出がある」とか言ってましたね。

【カサブランカ】あらすじと観た感想と名言「君の瞳に乾杯」
【カサブランカ】/1942年/アメリカ/クラシック/プロパガンダ要素がふんだんに盛り込まれた今なお色褪せない不滅のラブロマンス映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

ホンマかいな?

思い出って美味しい?

つらくない?

 

スペイン広場でアイスクリームを食べ、ベスパに乗って街を滑走し、ギターで秘密警察の頭を殴り、川でずぶ濡れになりながらキスをした、一生に一度きりの思い出があれば、それだけで生きていけるもんなのでしょうか。

会見場をあとにするジョー

©Roman Holiday/ローマの休日より引用

ひとり物思いにふけりながら王女の会見場をあとにするジョーから漂う哀愁がたまりません。

 

とりあえずアービングと大家のジョバンニに借金返せよ。

 

 

映画【ローマの休日】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

これはあかん。

ホンマにあかん。

 

一家に1本【ローマの休日】!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ローマの休日】を観たくなったら

ローマの休日[AmazonDVDコレクション]
パラマウント
¥ 1,000(2019/01/23 14:36時点)
名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

ラブストーリー
関連記事とスポンサーリンク



天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました