【つばさ】

【つばさ】あらすじと観た感想。第一回アカデミー賞受賞作

1927年/アメリカ/監督:ウィリアム・A・ウェルマン/出演:クララ・ボウ、チャールズ・ロジャース、リチャード・アーレン/第1回アカデミー作品・技術効果賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

航空機に乗るジャック・パウエル
©Wings/つばさより引用

私が最初に観たサイレント映画はチャーリー・チャップリン【モダン・タイムス】だったと思います。

関連記事

1936年/アメリカ/監督:チャールズ・チャップリン/出演:チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード、ヘンリー・バーグマン、チェスター・コンクリン、アラン・ガルシア、スタンレー・サンドフォード注※このサイトは映画のネタ[…]

【モダン・タイムス】チャールズ・チャップリン

チャップリンのコミカルな動きとテンポよく繰り広げられるストーリー展開で、まるでサイレント映画であることを忘れてしまうほどでしたが、今日記事にするこの映画だってなんら引けを取りません。100年近くも前の映画だとはとても思えない仕上がりに脱帽。

 

記念すべき第1回アカデミー最優秀作品賞受賞作品【つばさ】です。

 

ちなみに【つばさ】には【真昼の決闘】他西部劇で有名なゲイリー・クーパーが一瞬だけ出演しています。

関連記事

1952年/アメリカ/監督:フレッド・ジンネマン/出演:ゲイリー・クーパー、グレイス・ケリー、トーマス・ミッチェル、ケティ・フラド、ロイド・ブリッジス/第25回アカデミー主演男優・ドラマコメディ音楽・歌曲・編集賞受賞注※この[…]

 

 

映画【つばさ】のあらすじザックリ

1917年、アメリカのとある小さな町。そこに住むジャック・パウエルはいつの日か航空機で大空高く舞い上がることを夢見ている。ほどなくしてジャックは幼馴染のメリーと愛しいシルヴィアを故郷に残し、恋敵のデビッドと共に空軍に入隊し功績を挙げてゆく。

 

 

「THE・サイレント映画!」感が逆に面白い

現代ではコントにでも使われてしまいそうな字幕が逆に面白いです。

登場人物が口をパクパクと動かした後、セリフだけが画面に映し出されます。

(ズバリ)退屈そう…。

こんなん最後まで観られるかな…。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

のっけからちょっと心配になりましたが、観始めてしまうと意外と違和感ないんですよね、サイレント映画って。現代っ子の私でも最後まで飽きずに観ることができましたよ。

 

ゲイリー・クーパー登場!…てあれ?戦死?

【つばさ】にはまだ駆け出しの頃の名優ゲイリー・クーパーが出演していることは前述のとおりですが、いやまあ出演時間はホントに一瞬ですので、注意してご覧ください。

…注意して…っていうか…

一瞬のくせにすごい存在感はあります。

ゲイリー・クーパー
©Wings/つばさより引用

この時点では格上の俳優であったであろう主人公のジャック(チャールズ・ロジャーズ)もその親友のデビッド(リチャード・アーレン)も、普通に食ってしまってます。

カッコいいなあ。

 

 

戦争映画だけどジャンルとしてはラブコメより

【つばさ】というタイトルから察しがつくように(つくか?)、【つばさ】は第一次世界大戦時のアメリカ空軍のパイロットのお話なんですけど、設定の割にはストーリーが実にコミカル。

 

まず主人公のジャックからしてどうにも真剣味がないというか、ピーターパン・シンドローム患ってるというか、常に楽観的でニヤついてて、戦時中の悲壮感みたいなのが一切ないです。

だってこのジャック、軍隊での訓練中にもヘラヘラふざけてるんですよ?

 

さらにジャックに恋をしている幼馴染でヒロインのメリー(クララ・ボウ)が、ジャックに輪をかけた楽天家。少しくらい落ち込むようなことがあってもあっという間に立ち直ってしまうという、すんごい魅力的な女性です。

幼馴染のメリー
©Wings/つばさより引用

…元祖ラブコメ?

正直こんなに観やすい映画だとは思ってなかったです。もっと重~いテーマの作品だと思ってました。

 

軽い気持ちで観て全然大丈夫。

 

酔っぱらうジャックが笑える

ドイツ軍との戦闘機同士の空中戦は当時の技術としては画期的な映像だったのでしょうが、製作されてから100年近くが経過した「今や」、多少の物足りない感は否めません。

しゃあないですよねそんなん。こういった先駆的な作品があったからこそ映像技術も発達してきたわけですから、それはもうしゃあない。

 

公開当時は一番の見どころであったであろう空中戦よりも、現代っ子の私が観て一番面白かったのは、ジャックが酔っ払ってシャボン玉の幻影を見るシーン

テーブルのお酒やバーの踊り子の衣装から、ふわふわとシャボン玉が浮き出てくるんです。

すごくかわいい演出で、思わず笑ってしまいました。

僕酔っちゃったよー!
©Wings/つばさより引用

 

 

映画【つばさ】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

つばさ】はただの戦闘機というつばさを手に入れたパイロット達の戦争映画ではありません。

 

恋をし、親友との信頼関係を築き、青春を謳歌し祖国を愛する若者達の壮大な ラブコメです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【つばさ】
更新情報ひたすらつぶやいてます。