【ゴーストバスターズ2】

【ゴーストバスターズ2】あらすじと観た感想。今度は自由の女神かい

【ゴーストバスターズ2】

1989年/アメリカ/監督:アイヴァン・ライトマン/出演:ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、シガニー・ウィーバー、リック・モラニス、アニー・ポッツ、アーニー・ハドソン、ピーター・マクニコル

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【ゴーストバスターズ2】
©Ghostbusters2/ゴーストバスターズ2より引用

前作【ゴーストバスターズ(1984)】から5年。

関連記事

1984年/アメリカ/監督:アイヴァン・ライトマン/出演:ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、シガニー・ウィーバー、リック・モラニス、アーニー・ハドソン、アニー・ポッツ、ウィリアム・アザートン注※このサイ[…]

【ゴーストバスターズ】

ほぼ同じスタッフ・キャストで挑み、見事なまでにスケールダウンした迷走映画。

 

主要キャラクターのオタクっぷりもダメ人間っぷりも使う武器も一緒。

ゴーストが現れた途端に手の平返す権力者も一般市民も一緒。

悪の化身が狙うターゲット(=ディナ・バレット)も一緒。

クライマックスで映画を象徴するような巨大生物(建造物?)が出てくるのも一緒。

 

もうちょっと…、もうちょっと何とかならんかったんかいな…(苦渋)!

 

【ゴーストバスターズ2】です。

 

 

 

映画【ゴーストバスターズ2】のあらすじザックリ

ゴーストバスターズが破壊神からニューヨークを救ってから5年。破壊した建物などの賠償金を市と州より請求された会社は破産し、依頼もぱったりと来なくなっていた。しかし裁判所で暴れるゴーストを退治した4人は再び「ゴーストバスターズ」を設立、数々のゴースト事件を解決していくようになる。

 

 

一作目とまったく同じ展開をみせるコピー映画

酷いよホントにもうこの映画ったら。一作目から5年が経ったニューヨークが舞台なんですけどね。

前作【ゴーストバスターズ(1984)】の破壊神ゴーザとの戦いでニューヨークのビルの屋上を吹っ飛ばしてしまったゴーストバスターズは、市やら州やらから訴えられて廃業してしまっています。

4人はバラバラになり、相変わらず心理学の研究に没頭してるイゴン(ハロルド・ライミス)はまだマシで、レイ(ダン・エイクロイド)とウィンストン(アーニー・ハドソン)は“かつての人気者”ゴーストバスターズの衣装を着てドサ回りで小銭を稼ぎ、ピーター(ビル・マーレイ)は胡散臭い低視聴率の超能力番組の司会者で食いつないでるような体たらく。

【ゴーストバスターズ2】
©Ghostbusters2/ゴーストバスターズ2より引用

しかしまたしてもこのニューヨークになぜか悪の化身ヴィーゴの怨念が乗り移った絵画が運び込まれ、怪現象が頻発するようになります。

困った市長はあっさりゴーストバスターズ 幽霊退治屋の営業を許可し、再び彼らは街の人気者になるのでした。

【ゴーストバスターズ2】税理士ルイス
©Ghostbusters2/ゴーストバスターズ2より引用

 

…じゃあまあこの辺りの展開は許すとしましょうか。

やっぱりいくら前歴があっても「ゴーストを退治する」なんて得体の知れない職業の人を市長や一般市民がおいそれと信じるなんて設定は無理があるし、でも実際霊現象が起こってみたら彼らにしか退治できないから頼るしかないんだし。こういう運びにならざるを得ないと。

 

でもよ?

前作のラストでくっついたと思ってたピーターとディナシガニー・ウィーバー別れちゃってるってのは一体どういうことなん。

【ゴーストバスターズ2】ビル・マーレイとシガニー・ウィーバー
©Ghostbusters2/ゴーストバスターズ2より引用

何やったらディナはこの5年でピーターと別れて別の男性と結婚して出産して離婚してシングルマザーになってる。

…すごいな。
朱縫shuhou
朱縫shuhou

いやね、この2人が別れちゃってたら、結局何から何まで一作目と一緒なんですよ。ディナに付属品(ベビー)ができただけ。別れたとは言えピーターは相変わらずディナにちょっかいかけるしね?

もとに戻してどないすんねんな。

余計に展開一緒ですやん。

 

ネタが尽きたんで「自由の女神」

前作の“マシュマロマン”のポジションにはアレですよ、“自由の女神”ですよ。

【ゴーストバスターズ2】自由の女神
©Ghostbusters2/ゴーストバスターズ2より引用

自由の女神を動かした時にこの映画の終わりを確信しましたね。

責任者呼んで来い。

 

 

垣間見えるあの映画のあの人のあの表情

多分製作側的には「映画の目玉」であるダダスベリの自由の女神よりよっぽど興味深いのは、ヴィーゴにさらわれた息子のオスカーを助けに行く時のディナの表情。

【ゴーストバスターズ2】シガニー・ウィーバー
©Ghostbusters2/ゴーストバスターズ2より引用

ちょっとちょっと、【エイリアン(1979)】のエレン・リプリーの時の表情 かおになってんで!

関連記事

1979年/アメリカ/監督:リドリー・スコット/出演:トム・スケリット、シガニー・ウィーバー、ヴェロニカ・カートライト、ハリー・ディーン・スタントン、ジョン・ハート、イアン・ホルム/第52回アカデミー視覚効果賞受賞注※このサ[…]

【エイリアン】で戦うリプリー

 

 

映画【ゴーストバスターズ2】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
ここまで書いておいて信じてもらえないかも知れませんけど、私、【ゴーストバスターズ2】も含めた「ゴーストバスターズシリーズ」が大好きです(マジ)。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ゴーストバスターズ2】
いいね!もフォローもご感想もごっつ喜びます
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG