【ゴーストバスターズ】

【ゴーストバスターズ(1984)】初代ね。マシュマロマン出てくるやつのあらすじと感想。

【ゴーストバスターズ】

1984年/アメリカ/監督:アイヴァン・ライトマン/出演:ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、シガニー・ウィーバー、リック・モラニス、アーニー・ハドソン、アニー・ポッツ、ウィリアム・アザートン

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【ゴーストバスターズ】ピーターとレイ
©Ghostbusters/ゴーストバスターズより引用

ひょろひょろの長身に薄い頭髪、半閉じの目、女ったらしで調子がいいだけの三枚目。

当時こんなキャラクターが主役の映画があっていいのかと度肝抜かれたもんです。

 

私が初めてビル・マーレイを目にすることになったこのキャスティングがまさか、薬物の過剰摂取で亡くなった【ブルース・ブラザーズ】ジョン・ベルーシが演じるはずだったってのはずっとあとになってから知るんですけど。

観てみたかった気もしますけどね、ジョン・ベルーシ版。でも彼が仲良しのダン・エイクロイドと並ぶとやっぱり【ブルース・ブラザーズ】みたいになっちゃうんじゃない?

 

ダン・エイクロイドとハロルド・ライミスが脚本を書き上げ、ジョン・ベルーシのポジションに彼の影響を受けるビル・マーレイを迎え、アイヴァン・ライトマンがメガホンを取り、世界中で大ヒットした映画、【ゴーストバスターズ(1984)】です。

 

 

 

映画【ゴーストバスターズ(1984)】のあらすじザックリ

大学で超常現象や幽霊・霊体の研究を行っているピーター・ベンクマン博士、レイモンド・スタンツ博士、イゴン・スペングラー博士の冴えない研究者3人。一方的に研究費を打ち切られ大学を追い出された彼らは、超常現象全般を扱い幽霊退治を行う会社「ゴーストバスターズ」を開業する。

 

 

大学のお荷物教授から“幽霊退治屋”に

ニューヨークのとある図書館で図書カードや本が勝手に舞い踊る怪事件が発生。

調査に呼ばれたのはコロンビア大学で怪しげな超常現象の研究ばっかりしているピーター・ベンクマン博士(ビル・マーレイ)、レイモンド・スタンツ博士(ダン・エイクロイド)、イゴン・スペンクラー博士(ハロルド・ライミス)の教授3人衆。

【ゴーストバスターズ】ピーター、レイ、イゴン
©Ghostbusters/ゴーストバスターズより引用

奇怪機械(ぷっ)で調べた結果、事件は霊によるものと判明。

さっそく研究室に戻って調査を開始しようとした矢先、以前からワケの分からん研究ばっかりしている彼らを煙たがっていた大学側の決定により、3人は大学を追い出されてしまいます。

そしてレイの借金で設立した会社がゴーストバスターズ 幽霊退治屋

 

最初は客の一人も訪れず閑古鳥が鳴く事務所でしたが、なぜか次第にニューヨークの街はゴーストで溢れ、3人は休む間もなく働く羽目になります。

 

しかしアレだね、ゴーストバスターズが開業した途端こんなに街にゴーストが溢れちゃうと、少なからず「コイツらが金儲けのためにゴーストを解き放ったんちゃうか」と自作自演を疑う声も聞こえてくるでしょうね当然。

【ゴーストバスターズ】
©Ghostbusters/ゴーストバスターズより引用

この辺りがゆる~く【ゴーストバスターズ2】への伏線になってます。

関連記事

1989年/アメリカ/監督:アイヴァン・ライトマン/出演:ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、シガニー・ウィーバー、リック・モラニス、アニー・ポッツ、アーニー・ハドソン、ピーター・マクニコル注※このサイト[…]

【ゴーストバスターズ2】

 

実はみんなかなり長身でカッコいい

改めて観てみると、最初のお客さんでヒロインのディナ・バレット(シガニー・ウィーバー)も、途中でゴーストバスターズに就職するウィンストン(アーニー・ハドソン)も含めて、メインキャスト全員180オーバーの長身で、並ぶとかなりカッコいい。

【ゴーストバスターズ】
©Ghostbusters/ゴーストバスターズより引用
【ゴーストバスターズ】シガニー・ウィーバー
©Ghostbusters/ゴーストバスターズより引用

小男のルイス(リック・モラニス)だけが浮いてるのも良い感じだったし、やっぱりピーターのキャスティングはジョン・ベルーシでなくて良かったのかも知れない(ジョン・ベルーシは小柄のデブです)。

 

 

ミシュランとは関係ないマシュマロマン

【ゴーストバスターズ】と言えば最後にニューヨークを破壊する“マシュマロマン”が有名ですが、時々ミシュランタイヤのキャラクターと勘違いしている人がいらっしゃいます。

ミシュランのキャラクターは“ビバンダム”と言いまして、タイヤをモチーフにした「人型タイヤ」です。

 

一方本作でレイの頭によぎった“マシュマロマン”とは、【ゴーストバスターズ】の中だけの架空のキャラクター

その容姿は似ても似つ…

【ゴーストバスターズ】マシュマロマン
©Ghostbusters/ゴーストバスターズより引用

似てるけども。

 

 

映画【ゴーストバスターズ(1984)】の感想一言

朱縫shuhou

怪しげな機械を使って「霊的エネルギー」とかを測定するくらいまでは何となく分かるんですけど、中盤でイゴンが「もうすぐ飛んでもなくデカいのがくる!」って言った時はさすがに笑いますね。

 

「ただの科学者になんでそんなことまで分かるんや!」ってね。

 

突拍子もなくて楽しい映画です。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ゴーストバスターズ】
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG