【宇宙戦争(1953)】

【宇宙戦争(1953)】あらすじと観た感想。H・G・ウェルズが原作だけど爆笑

【宇宙戦争(1953)】

1953年/アメリカ/監督:バイロン・ハスキン/出演:ジーン・バリー、アン・ロビンソン、レス・トレメイン、ボブ・コーンスウェイト、ルイス・マーティン/第26回アカデミー特殊効果賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【宇宙戦争(1953)】
©The War of the Worlds/宇宙戦争より引用

めっちゃ面白い映画見~つけた!

 

トム・クルーズ主演でスティーブン・スピルバーグが監督した【宇宙戦争(2005)】じゃないですよ。

あっちはリメイク版で、この記事はオリジナル版の【宇宙戦争(1953)】について記述しています。

 

いやあ~、それにしても久しぶりにSF映画で爆笑しましたわ。【マーズ・アタック!】以来ちゃうかな。

関連記事

1996年/アメリカ/監督:ティム・バートン/出演:ジャック・ニコルソン、グレン・クローズ、アネット・ベニング、ピアース・ブロスナン、ダニー・デヴィート、マーティン・ショート、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・J・フォックス、ジャ[…]

【マーズ・アタック!】

 

 

 

映画【宇宙戦争(1953)】のあらすじザックリ

ある日、世界各地に隕石が降り注いだ。科学者のフォレスター博士は、カリフォルニアに落下した隕石の分析を依頼される。その夜、落下現場の隕石の中から突如アームのようなものが伸びて光線を放ち、監視の男達を焼き殺してしまう。フォレスター博士は軍隊の出動を要請する。

 

 

宇宙の彼方から地球を狙ってる火星人

かねてから宇宙の彼方の火星人たちは移住する惑星を探してました。冥王星もダメ、天王星もダメ、水星も、木星もダメ……移住先候補として最後に残ったのはやっぱり地球。

密かに何年も何十年も下調べをして、いよいよ移住(地球人にとっては侵略)するその日がやってきました。

 

【宇宙戦争(1953)】
©The War of the Worlds/宇宙戦争より引用

ある時、地球のいくつかの地点で赤い鯨のような落下物が発見されます。

調査を依頼されたのは科学の権威フォレスター博士(ジーン・バリー)。

落ちたてほやほやの落下物には熱くて近づくこともままならず、フォレスター博士は翌日調査することにして、牧師の姪っ子であるシルビア(アン・ロビンソン)らとともに町でダンスパーティを楽しみます。

 

その頃、山火事の危険があるので見張り番をしていた3人の農夫は、落下物からニョキニョキとアームのようなものが伸びてくるのを目撃。

「俺たち友達だよ~敵意はないよ~」と白旗を振りながら近づいた3人でしたが、このアームから発射された光線によって一瞬にして“黒い影”にされてしまいます。

【宇宙戦争(1953)】伸びてくるアーム
©The War of the Worlds/宇宙戦争より引用

火星人が問答無用に地球を侵略しようとしていることに気付いたフォレスター博士らは軍隊の出動を要請、かくしてここに火星人VS地球人の全面戦争の幕が切って落とされたのでした。

 

火星人が脅威であることは分かったけど…

のっけから色々と面白い映画でしてね、ホントに。

まず人物の構図が面白い。

例えばフォレスター博士とコリンズ牧師(ルイス・マーティン)とシルビアが3人で話してるこの場面。

【宇宙戦争(1953)】
©The War of the Worlds/宇宙戦争より引用

カメラ側向いて立つ3人が不自然すぎ。

助手
まあ…古い映画だし…。

いやいや、古いって言っても、1953年ですよ

【ローマの休日】【シェーン】【地上より永遠に】だって同年公開映画です。

少なくとも今挙げた3作に関してはこんな不自然な構図あり得ませんよ。演劇じゃないんだからさあ。

関連記事

1953年/アメリカ/監督:ウィリアム・ワイラー/出演:グレゴリー・ペック、オードリー・ヘプバーン、エディ・アルバート、ハーコート・ウィリアムズ、マーガレット・ローリングス/第26回アカデミー主演女優・原案・衣裳デザイン賞受賞[…]

【ローマの休日】のオードリー・ヘップバーン
関連記事

1953年/アメリカ/監督:ジョージ・スティーブンス/出演:アラン・ラッド、ジーン・アーサー、ヴァン・ヘフリン、ブランドン・デ・ワイルド、ジョン・ディークス、ジャック・パランス/第26回アカデミー撮影賞受賞注※このサイトは映[…]

シェーン(演:アラン・ラッド)
関連記事

 1953年/アメリカ/監督:フレッド・ジンネマン/出演:バート・ランカスター、モンゴメリー・クリフト、デボラ・カー、フランク・シナトラ/第26回アカデミー作品・監督・助演男優・助演女優・脚本・撮影・録音・編集賞受賞注※この[…]

【地上より永遠に】波打ち際のキス

 

立ってしゃべっているだけの構図もおかしければアクションシーンもいちいちおかしい。

明らかに監督が「アクション!」って言ってから動き出しているのがバレバレの俳優の動きがいくつも収められている。

編集下手クソか!

 

そして落下物から出てくる宇宙船(戦闘機?)がもうショボい!

【宇宙戦争(1953)】火星人の操る戦闘機
©The War of the Worlds/宇宙戦争より引用

この宇宙船は当然フワフワ浮遊して移動するんですけど、船体の頭上には絶対観客に見えてはいけないであろうキラキラ光る吊り糸が、映ってしまっている。

何なら見てしまったこっちが申し訳ない気持ちになってしまうほどに、映ってしまっている。

 

もっと隠して、頼む。

 

もしかしたらこの2年前に公開されたSF映画【地球の静止する日】の方が精度は高かったかも知れない。

関連記事

1951年/アメリカ/監督:ロバート・ワイズ/出演:マイケル・レニー、パトリシア・ニール、ヒュー・マーロウ、サム・ジャッフェ注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意くださ[…]

地球から飛び立つクラトゥとゴート

【地球の静止する日】は白黒映画ですしね。クリアなカラー映像である【宇宙戦争(1953)】は皮肉にも、白黒映画であれば隠せていたような見えてはいけないアラまでくっきり映し出しちゃっています。

 

前知識なしで【宇宙戦争(1953)】を観た人はどのように感じるのか

(ある意味で)すごい映画を見つけてしまったと内心ウハウハしながら【宇宙戦争(1953)】を観ている時、シアタールーム(ただのリビング)にゴリラ(夫)がやってきました。

ふとTVの画面をのぞいた彼はこう言いました。

昭和の特撮映画でも観てんの?

多分「ゴジラ」とか「ガメラ」のこと言ってる。

朱縫shuhou
(…まあそんな感じやわなあ)

 

 

映画【宇宙戦争(1953)】の感想一言

朱縫shuhou
地球規模で狙ってるはずなのになぜかフォレスター博士だけを執拗に追ってくる火星人とか、結構至近距離で原爆投下してるのにちょっと灰をかぶるだけで事無 ことなきを得る人類とか、随所に突っ込みドコロが盛り込まれていて爆笑間違いなしです!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【宇宙戦争(1953)】
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG
// 20200615ブロックエディター遅延読み込み