ジャンル別映画ランキング「10ジャンルのトップ10」+α

【未知との遭遇】続編作らなくてよかったよ。あらすじと感想

【未知との遭遇】 ファンタジー

1977年/アメリカ/監督:スティーブン・スピルバーグ/出演:リチャード・ドレイファス、テリー・ガー、フランソワ・トリュフォー、メリンダ・ディロン、ボブ・バラバン、ケイリー・ガフィー/第50回アカデミー撮影・特別業績賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

UFOとの接触を覗くロイ達

©Close Encounters of the Third Kind/未知との遭遇より引用

私はスティーブン・スピルバーグ監督の映画が苦手です。

気に入った映画は何度も観てしまう性質たちですが、スピルバーグ監督の作品は一度きりでそれ以降観たくならないものが多いです(製作総指揮として絡んでたりするのは別)。

 

じゃあ観るなよってお思いですよね。

いや違うんですよ、例えば「AFIアメリカ映画100年シリーズ」のように、「名画ランキング」と名のつくものには何かしらランクインしてるんですよスピルバーグ監督作は。

有名ドコロのレビューは一通り残して行こうとしているもので、避けて通れないんですよね。大昔に観たけど全然覚えてないんで観ないワケには行かないし…。

 

ああ~今回も退屈だった。

何やったら最後の方早送りした(こら!)。

【未知との遭遇】です。

 

 

 

映画【未知との遭遇】のあらすじザックリ

行方不明になった戦闘機群や巨大な貨物船が砂漠に忽然と姿を現し、謎の発光体が米国内外で目撃される。発電所に勤めるロイ・ニアリーも、停電の復旧作業に向かう途中で不可思議な飛行物体に遭遇。その後から何かに憑かれたようにUFOの目撃情報を集め出す。

 

 

突拍子も無さ過ぎてズンドコドン

この映画面白いですか?

私は全然面白くないです。

もしかしたら何かもの凄い頑張って掘り下げて考察とかしたら面白いのかも知れないけどそこまでしなくちゃ面白く思えない映画ってのもどうよって感じなので初見の印象そのまんま。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

おもろな~…。

宇宙船にさらわれそうになってる少年

©Close Encounters of the Third Kind/未知との遭遇より引用

いきなり砂漠に行方不明だった戦闘機やら客船が現れたり、すんごい光度の発光体が飛び回ったり、無邪気な3歳の少年が連れ去られたり、脈絡とまとまりが無さ過ぎて困ったちゃん。

 

主人公はUFOに魅せられた(この設定もよく分からん)電気技師ロイ・ニアリー(リチャード・ドレイファス)。

ロイは宇宙人が地球人との交信の場所に選んだワイオミング州のデビルスタワーのイメージが(それとは気付かずに)頭から離れず、ゴミとか土とか庭木とかを集めて具現化し始めます。

それも家の中に。

デビルスタワー作ったロイ

©Close Encounters of the Third Kind/未知との遭遇より引用

朱縫shuhou
朱縫shuhou

そこまでせなひらめかへんのかい!

ロイが、って言うか、スピルバーグが何をしたかったのか全然分かんない。

 

「宇宙人」の描き方を変えたスピルバーグ

【タイタニック】ジェームズ・キャメロン監督が、2018年のスピルバーグ監督との対談でこんなこと言ってましたけどね。

キャメロン監督は『未知との遭遇』以前は宇宙人がモンスターとして扱われることが多かったと指摘し、スピルバーグ監督が「宇宙人の描き方を変えた」と話す。

出典:exciteニュース

朱縫shuhou
朱縫shuhou

………。

いや…。

「モンスター」ではないかも知れないけど、得体の知れない分不気味と言うか…、決して友好的なワケではないし、これまでと大差ないですよねえ?

不気味なリトルグレイたちに囲まれて(見方によっては「囚われて」)宇宙船に乗り込んだロイも、今頃は人体実験でバラバラにされてるかも知れないし…。

宇宙船に連れていかれるロイ

©Close Encounters of the Third Kind/未知との遭遇より引用

スピルバーグ監督は【未知との遭遇】の5年後に、改めて友好的な宇宙人を描いた映画【E.T.】を作ってるんで、自分でもホントは「【未知との遭遇】は失敗やったわあ~」とか思ってんちゃうの?

ふふっ。

【タイタニック】ネタバレレビュー!ディカプリオの最後のセリフ
【タイタニック】/1997年/アメリカ/ラブストーリー/1912年に実際に沈没した豪華客船タイタニック号の悲劇を題材にした映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【E.T.】自転車に乗って空を飛ぶ!地球外生命体がチョコ食べる!
【E.T.】/1982年/アメリカ/ファンタジー/探索にやってきた地球に取り残された宇宙人「E.T.」と人間の少年エリオットとの出会いと別れを描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

続編立ち消えの映画【未知との遭遇】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

【未知との遭遇】の何が怖いってあなた、スピルバーグ監督は続編の構想を抱いていたそうですよ?

 

実現しなかったってことはホラやっぱり!

誰ぞ
スピルバーグ監督

【未知との遭遇】は失敗やったわあ~!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【未知との遭遇】を観たくなったら

名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

ファンタジー
関連記事とスポンサーリンク



天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました