【断絶】モンテ・ヘルマン

【断絶】あらすじと観た感想。ええ歳こいた迷子と終わりのないレース

【断絶】モンテ・ヘルマン

1971年/アメリカ/監督:モンテ・ヘルマン/出演:ジェームズ・テイラー、デニス・ウィルソン、ウォーレン・オーツ、ローリー・バード、ハリー・ディーン・スタントン

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【断絶】モンテ・ヘルマン
©Two-Lane Blacktop/断絶より引用

自らチューニングした車で静止状態から1/4マイル(約402.3m)を加速しタイムを競うドラッグレース

かつて日本でも“ゼロヨン(0-400mを競うから)という名で知られていましたが、最近はすっかり単語を耳にすることもなくなりました。サーキットではなく公道を走る競技(?)ですから、国土の狭い日本では「そういう場所」にわざわざ行かない限りはあまりお目にかからないかも知れませんね。ひと昔前は深夜の埠頭にマシンの爆音が響き渡ったりしてたもんです。

「頭文字D」とかね。「湾岸MIDNIGHT」とかね。懐かしいな。

 

ドラッグレースに憑りつかれた2人の若者を、シンガーソングライターのジェームズ・テイラーとビーチボーイズのデニス・ウィルソンが演じたモンテ・ヘルマン監督の代表作、【断絶】です。

 

 

 

映画【断絶】のあらすじザックリ

シボレーに乗ったドライバーとメカニックは、地元住民とのレースで日銭を稼ぎながら旅を続けている。国道66号線を東へ向かう道すがら、2人はヒッチハイカーの少女を同乗させる。その後、ポンティアック・GTOに乗った男と敵対した2人は、お互いの車両を賭けたレースに挑む。

 

 

「レースだけで日銭を稼ぐ」って可能なの?

薄い水色(か、汚過ぎて灰色にも見える)の55年式シボレーシェビーに乗ってる2人の若者。

【断絶】モンテ・ヘルマン
©Two-Lane Blacktop/断絶より引用

主人公の2人についてここは分かり易く、大好きな漫画「F」に例えて説明しましょう。

黒髪で背の高い方(ジェームズ・テイラー)が赤城軍馬 あかぎぐんまで、茶髪で目が細い方(デニス・ウィルソン)が“大石タモツ”です。

助手

全然分からんわ!

え?!

そうなの?!

 

“赤城軍馬”言うたら天才ドライバーで、“大石タモツ”言うたら天才メカニックでしょうが!

 

知らん?

めっちゃ面白いですよ「F」。なんやったら【断絶】よりおすすめです(おーい)。

ええまあその“ドライバー”と“メカニック”の2人がですね、行く先々でカモを見つけては決闘(レース)を申し込み、日銭を稼ぎながら方々行脚するだけの映画なんですよ。

【断絶】モンテ・ヘルマン
©Two-Lane Blacktop/断絶より引用

【イージー・ライダー】からの流れを汲んだロードムービーの傑作とされるんですけど、車でレースする映画だからって「ワイルド・スピードシリーズ」みたいなジャンル映画を頭に描いて視聴すると裏切られた感が半端ないことになるんで気を付けてください。

関連記事

1969年/アメリカ/監督:デニス・ホッパー/出演:1969年/アメリカ/監督:デニス・ホッパー/出演:ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン、アントニオ・メンドーサ、カレン・ブラック注※このサイトは映画[…]

【イージー・ライダー】

 

必要だったのか不要だったのかよく分からない女の子

ドライバーとメカニックの2人は、ほとんど会話もないまま、終始しかめっ面でシェビーを走らせています。

一体何が楽しいんやって?

うふふ、彼らの頭の中にあるのは「走ること」(または「速く走るようにチューニングすること」)だけ。車を走らせてるだけで楽しいんです。

 

なんの色気も無い2人の旅路に、大きな荷物を抱えたヒッチハイカーの少女(ローリー・バード)がいきなり割り込んで来ます。

【断絶】モンテ・ヘルマン
©Two-Lane Blacktop/断絶より引用

メカニックと寝て、ドライバーに好意を抱かれるこの少女。

「メカニックと寝る」と言ってもベッドシーンがあるわけじゃないし、「ドライバーが好意を抱く」と言っても愛の告白があるわけじゃないし、ともすればこの少女の存在価値を見失いそうになってしまうんですけど、鑑賞後によくよく考えてみるとやっぱり彼女がいないことには【断絶】は成立しないことに気付かされます。

【断絶】モンテ・ヘルマン
©Two-Lane Blacktop/断絶より引用

後半ドライバーの機嫌がどんどん悪くなっていくのはこの少女への恋心をこじらせているからなのか、はたまた単にレースが佳境に入ってきたからなのか、とか、想像を掻き立てられることと言えばこの少女にかかわる部分だけなんですよね。

ドライバーとメカニックは2人ですでに完結していますから。そこにはドラマは生まれません。

 

良いよこの娘。

一度だけドライバーが彼女の名前を出すけど恐らくほとんどの視聴者が忘れちゃうしね。

その微妙な存在感よ。

正解は確か“ヒギンズ”ちゃん?だったはず。

 

 

とっくに道に迷ってるおっさんウォーレン・オーツ

シェビーで疾走している3人に因縁をつけてくる真っ黄色のポンティアック・GTOに乗ったオッサン(ウォーレン・オーツ)は、脇役のはずなのに個性出し過ぎて無駄に輝いてる。いや脇役でもないんやけども。

【断絶】モンテ・ヘルマン
©Two-Lane Blacktop/断絶より引用

自慢のポンティアックに誰かを乗せたくて仕方ないと見えて、でも絶対友達いないから、ヒッチハイカーを片っ端から乗せてやってはA級の虚言を吐きまくります。乗せる人ごとに言ってることが違うところがこのオッサンの良いところ。

調子こいてうっかり乗せてしまうゲイの男は密かにハリー・ディーン・スタントン

 

【断絶】モンテ・ヘルマン
©Two-Lane Blacktop/断絶より引用

言うてもオッサンだって歳も歳ですから、一応自分が変な奴であることに自覚はあるようで、「早く居場所をみつけなきゃ、俺は永遠に道に迷う」と焦る気持ちを口にしています。

すでに道に迷いまくっていることにも気づかずに。

 

 

映画【断絶】の感想一言

【断絶】モンテ・ヘルマン
©Two-Lane Blacktop/断絶より引用
朱縫shuhou

町から町へ移動していく2人。

この時代のアメリカにはどこの町へ行っても何かしら車好きが集まるスポットが必ずあって、そこでボンネットを開ければ知らない人達がマシンのエンジンを見るためにわらわらと群れてきます。

 

ボロボロの中古車を持てる技術で最速のマシンへと改良するメカニック。

車の性能を最大限に活かす「加速」に命を懸けるドライバー。

 

そんな彼らの「若さ」を象徴するように、フィルムが一瞬で燃え尽きるラストがセンセーショナル。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【断絶】モンテ・ヘルマン
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG
// 20200615ブロックエディター遅延読み込み