【旋風の中に馬を進めろ】ジャック・ニコルソン

【旋風の中に馬を進めろ】あらすじと感想。主演・脚本ジャック・ニコルソン!

【旋風の中に馬を進めろ】ジャック・ニコルソン

1966年/アメリカ/監督:モンテ・ヘルマン/出演:ジャック・ニコルソン、キャメロン・ミッチェル、ミリー・パーキンス、キャサリン・スクワイア、ハリー・ディーン・スタントン、ジョージ・ミッチェル、ルパート・クロス

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【旋風の中に馬を進めろ】ジャック・ニコルソン
©Ride in the Whirlwind/旋風の中に馬を進めろより引用

すでに何本かの映画に出演していたものの、まだまだハリウッドで“頭角を現す”とは言い難かった頃のジャック・ニコルソンの初々しい演技が観られる映画。珍しく主演のみならず脚本も手掛けています。

余り知られていない作品ですけど、妙な味わい深さがあってクセになる。

 

ジャック・ニコルソンとモンテ・ヘルマン監督がタッグを組んだ同年公開の【銃撃(1966)】と同時進行で撮影が行われ、2つ合わせて6週間で完成させた低予算映画、【旋風の中に馬を進めろ】です。

関連記事

1966年/アメリカ/監督:モンテ・ヘルマン/出演:ミリー・パーキンス、ウィル・ハッチンス、ジャック・ニコルソン、ウォーレン・オーツ、チャールズ・イーストマン注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書[…]

【銃撃】ジャック・ニコルソン

 

 

 

映画【旋風の中に馬を進めろ】のあらすじザックリ

カウボーイの3人組、バーン、ウェス、オーティスは、首領ディックが率いる強盗団の隠れ家に辿り着き、そこで一夜を明かす。翌朝、自警団がディック一味を取り囲み銃撃戦になったため、3人のカウボーイも山岳地帯への逃亡を余儀なくされる。

 

 

無実なのに逃げなきゃ吊り首になる気の毒なカウボーイ

新天地を求めて旅する3人のカウボーイが、駅馬車から金庫を奪った(その時に人も殺してる)ギャング団のアジトを訪れます。

【旋風の中に馬を進めろ】
©Ride in the Whirlwind/旋風の中に馬を進めろより引用

ギャング団はしばらく3人の出方をうかがい、彼らが無害であると確信するや歓待。バーン(キャメロン・ミッチェル)、ウエス(ジャック・ニコルソン)、オーティス(トム・ファイラー)の3人のカウボーイはアジトの脇で一晩野営することにします。

ところがこれが運の尽き。

翌朝にはギャング団のアジトを突き止めた自警団が押し寄せ、周辺を包囲されてしまいます。

 

実は3人はここへ辿り着くまでに吊り首にされた死体を見ていて、それが(罪を犯した者に対しては)血も涙もない自警団の仕業であることは分かっていました。ここで今「俺たちは仲間じゃない!」と申し開きをしてみたところで無駄であることは明らかです。

バーン
…どないする?
オーティス

捕まったら吊り首や。

 

山や。

山へ逃げるしかない。

「正直に弁解したらええやん!」ってちょっと思うとこではありますけど、まあやっぱりこの状況で「たまたま通りかかっただけでえ~す」って言ってみたって信じてはもらえなかったかなって感じですかね。

【旋風の中に馬を進めろ】ジャック・ニコルソン
©Ride in the Whirlwind/旋風の中に馬を進めろより引用

山に向って逃走する途中、オーティスは自警団に撃たれて死亡。

バーンとウエスは2人で過酷な山越えに挑むのでした。

 

だんだん気になってくるのは切り株のこと

山頂付近にはどうやって生活しているのかよく分からない一家が住んでいます。夫婦に、若い娘アビゲイル(ミリー・パーキンス)の3人家族。

バーンとウエスはここに押し入り、食事と馬を要求します。

【旋風の中に馬を進めろ】
©Ride in the Whirlwind/旋風の中に馬を進めろより引用

この時の食卓の飯はめちゃくちゃ美味そう。

すっかりくつろいだ2人は何やらオセロみたいなボードゲームまでやっちゃいます。

普段通りのことをしろと言われた母親とアビゲイルは家事をして、父親は切り株に斧を入れに庭先(?)に出て行きます。

 

バーンとウエスが追われていて、捕まったら間違いなく吊り首にされるひっ迫した状況であることを忘れそうになる不思議な空間。

聞こえるのは切り株を叩く“カーンカーン”という音だけ。

 

視聴者もウエスも、だんだん父親が斧を入れている切り株のことが気になってきます

ウエス
あれいつからやってんの?
母親
昨日の朝からよ。
朱縫shuhou

よもや「手伝おう」とか言い出すまいな…。

【旋風の中に馬を進めろ】ジャック・ニコルソン
©Ride in the Whirlwind/旋風の中に馬を進めろより引用

ウエスとアビゲイルが結婚でもしてここで平和に暮らす…とか言う突拍子も無いオチを一瞬疑ってしまうほど平和でのん気な数分間。からの、スピード感溢れるクライマックスに向けての緩急は、近年で言えばクエンティン・タランティーノ(以下、タラちゃん)の作風に少し似ているような気がします。

そういえばモンテ・ヘルマン監督はタラちゃんの初監督作【レザボア・ドッグス】の製作総指揮も務めているくらいですから、タラちゃんが少なからずモンテ・ヘルマンの影響を受けていることはあり得ない話ではないかもね。タラちゃんは影響受けてる人多過ぎるからワケ分かんないんだけども。

関連記事

1992年/アメリカ/監督:クエンティン・タランティーノ/出演:ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、クリス・ペン、スティーヴ・ブシェミ、ローレンス・ティアニー、エディ・バンカー、クエンティン・タランティーノ[…]

レザボア・ドッグスタイトル画面

 

 

映画【旋風の中に馬を進めろ】の感想一言

朱縫shuhou

3人のカウボーイがどうして自分の牧場を出て旅をしているのかは最後まで謎。

ウエスと“ケイン”という人物の間に何かひと悶着あったような感じですけど、それも結局教えてくれない。

 

えっ?!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【旋風の中に馬を進めろ】ジャック・ニコルソン
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG