【マイ・フェア・レディ】オードリー・ヘップバーン

【マイ・フェア・レディ】あらすじと観た感想。ガラの悪いオードリー

【マイ・フェア・レディ】オードリー・ヘップバーン

1964年/アメリカ/監督:ジョージ・キューカー/出演:オードリー・ヘプバーン、レックス・ハリソン、スタンリー・ホロウェイ、ウルフリッド・ハイド=ホワイト、グラディス・クーパー/第37回アカデミー作品・監督・主演男優・編曲・録音・撮影・美術・衣裳デザイン賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【マイ・フェア・レディ】オードリー・ヘップバーンとレックス・ハリソン
©My Fair Lady/マイ・フェア・レディより引用

オードリー・ヘプバーンのファンってちょいちょい偏執的な人がいませんか?

特に女性に多いような気がします。私はこれまでの人生で少なくとも3人はそういう人に会ったことがあります。

中でも中学の時の同級生にオードリーオタクみたいな女の子がいて、ブロマイドやポストカードやビデオを収集し、晩年の彼女の慈善活動を熱く語り、それはもう熱狂的だったのをよく覚えてます。

 

当時オードリー・ヘプバーンに全く興味がなかった私は「へえ~…」って白けてたもんですけど、やっぱりオードリー・ヘプバーンは観れば観るほど、知れば知るほど凄い人でしたよね。

 

そんなオードリー・ヘプバーンがただ美しいだけのお人形さんではない確かな演技力を見せつけたミュージカル映画、【マイ・フェア・レディ】です。

 

 

 

映画【マイ・フェア・レディ】のあらすじザックリ

言語学専門のヒギンズ教授は、粗野で下品な言葉遣いの花売り娘イライザをレディに仕立て上げられるかどうかをめぐってピカリング大佐と賭けをすることになる。コツをつかみみるみるうちにレディらしい発音と所作を身に付けたイライザは、やがて王族と間違われるほどにまで変貌する。

 

 

花売り娘イライザの品のなさが最高な映画

後半、どこぞの王族かと見紛うほどレディ然として振る舞うオードリー・ヘプバーンももちろん素敵ですけどね。

【ローマの休日】の時の王女アンを観ちゃうとね、あっちは「まるで王女みたい」じゃなくて本物の王女ですから。

関連記事

1953年/アメリカ/監督:ウィリアム・ワイラー/出演:グレゴリー・ペック、オードリー・ヘプバーン、エディ・アルバート、ハーコート・ウィリアムズ、マーガレット・ローリングス/第26回アカデミー主演女優・原案・衣裳デザイン賞受賞[…]

【ローマの休日】のオードリー・ヘップバーン

それよりも【マイ・フェア・レディ】におけるオードリー・ヘプバーンの魅力は、下品で粗野な花売り娘を演じてる時に大爆発してると思っています。

 

花売り娘イライザ・ドゥーリトルに扮したオードリー・ヘプバーンは、「これがあのオードリー?!」と目を疑うほどの変貌ぶりを見せるんです。特殊メイクでもしてるんでしょうか、ボロを着てよろよろと猫背で花を売り歩く姿は老女さながら。

【マイ・フェア・レディ】オードリー・ヘップバーン
©My Fair Lady/マイ・フェア・レディより引用

オードリー・ヘプバーンのイメージからかけ離れているのはその見た目だけではありません。

 

降り出した雨を避けて全力疾走で通行人に激突したイライザは、「中身」がオードリーであることを見失ってしまうくらい衝撃的なひと言を発します。

イライザ
どこ見て歩いとんじゃこら!
朱縫shuhou
「どこ見て歩いとんじゃこら」?!

我が耳を疑うあまり一言一句復唱せずにはいられない。

外見がみすぼらしければ心も貧しい花売り娘。

 

お~い。

“銀幕の妖精”オードリー・ヘプバ~ン。

どこや~。

 

そんなイライザに興味を持った紳士が一人。

【マイ・フェア・レディ】オードリー・ヘップバーンとレックス・ハリソン
©My Fair Lady/マイ・フェア・レディより引用

言語学者のヒギンズ教授(レックス・ハリソン)は友人のピカリング大佐(ウィルフリッド・ハイド=ホワイト)と賭けをします。

お題は「イライザを一人前のレディにすることができるかどうか」

誰にも疑われることなく「レディ」として舞踏会に参加できればヒギンズ教授の勝ち。ホントはガラが悪いのがバレちゃったらピカリング大佐の勝ち。

イライザ

習ったるから教えんかい。

でも1ペンスしか払わへんからな!

しかし当のイライザは「言葉遣い教えてあげよう」というヒギンズ教授にもこの態度。

【マイ・フェア・レディ】オードリー・ヘップバーンとレックス・ハリソン
©My Fair Lady/マイ・フェア・レディより引用

あの外見から繰り出されるこのガラの悪い言葉が新鮮で面白く、私はレディに変貌してからのイライザよりこっちのイライザの方が好きです。何となく親近感沸くし。

 

よし、教養はあとにしようか

元があんなんなものですから当然苦労はするものの、一度コツをつかむとみるみる なまりを克服していくイライザ。

ヒギンズ教授は舞踏会の前哨戦として、紳士淑女が集まる競馬場へイライザを連れて行ってみることにします。

【マイ・フェア・レディ】オードリー・ヘップバーン
©My Fair Lady/マイ・フェア・レディより引用

透明感抜群の美しい外見とエレガントな振る舞いは合格点。

ただし会話の内容はやっぱりトンチンカン。

 

…うん、よし。いっぺん帰ろ。

教養はちょっと、な。

ぼちぼちな。

 

この辺りになってくるとさすがに「下町の花売り娘」はすっかり影を潜め、オードリー・ヘプバーンの安定の名コメディエンヌっぷりが炸裂してきます。他の作品でもよく見られる定番のあの感じです、あの感じ。

 

 

レディだろうが花売りだろうが変わらないこと

舞踏会で誰にも怪しまれないほどのレディに成長したイライザは、別れが近くなって初めてヒギンズ教授に惹かれていることに気付きます。

 

でもヒギンズ教授は自分がレディになっても喜んでも褒めてもくれない。

どんな大勢の高貴な人達に認められようと褒められようと、レディだろうが花売りだろうが「女性」として自分を見て欲しいのは一人だけ。

【マイ・フェア・レディ】オードリー・ヘップバーンとレックス・ハリソン
©My Fair Lady/マイ・フェア・レディより引用

頑張って言葉遣いを治したのも、美しく着飾り所作を学んだのも、すべてはたった一人に喜んで欲しいから。

 

コメディタッチに描かれる本編からラスト数分の甘く切ない乙女心まで、完璧に演じ抜く妖精オードリー。

そりゃ熱狂的ファンも生み出すわ。

 

 

映画【マイ・フェア・レディ】の感想一言

朱縫shuhou

ちなみに作中のオードリー・ヘプバーンの歌声は(ほぼ)吹替です。歌っているのは【王様と私】デボラ・カー【ウエスト・サイド物語】ナタリー・ウッドの吹替も行った“稀代のゴーストシンガー”マーニ・ニクソン。

【ティファニーで朝食を】の“ムーン・リバー”で見事な歌声を披露してくれたオードリーなら吹替なしで行ってくれても良かったような気もしますけど、全幕歌唱となるとやっぱりプロじゃないと厳しいんだね。

関連記事

1961年/アメリカ/監督:ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンズ/出演:ナタリー・ウッド、リチャード・ベイマー、ジョージ・チャキリス、リタ・モレノ、ラス・タンブリン/第34回アカデミー作品・監督・助演男優・助演女優・脚色・撮影・編[…]

【ウエスト・サイド物語】

 

 

>> 翌年(第38回)のアカデミー最優秀作品賞はこれ!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【マイ・フェア・レディ】オードリー・ヘップバーン
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG