【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド

【ゴッドファーザー】馬の生首怖!え、本物?!あらすじと感想

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド

1972年/アメリカ/監督:フランシス・フォード・コッポラ/出演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュバル、ジョン・カザール、タリア・シャイア、ダイアン・キートン、リチャード・カステラーノ、モーガナ・キング、スターリング・ヘイドン、ジョン・マーリー、リチャード・コンテ/第45回アカデミー作品・主演男優・脚色賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

3回目か、4回目くらいです。

たぶん、観るの。

 

だから内容もバッチリ覚えてるし、DVDを流し見しつつサラっとレビュー記事を書こうとしてたんですけど、もう全然ダメでしたね。

引き込まれちゃってTVにかぶりついて観ずにはいられませんでした。

どの辺りから引き込まれちゃったかと言うと、あそこです、あのセリフの、ほら、「アメリカはいい国です」っておっさんが言うとこ。

朱縫shuhou

ってそれ、

最初のセリフや~ん!

そうなんです。そのくらいガッツリ冒頭から引き込まれてダメでした。

速攻流し見は止めてTVの前へ移動。かぶりつき。

 

いやあ~観れば観るほど面白いねえ。こんなにおもろかったっけ?前観た時よりもさらにおもろなってる気がする。

パラリパラリラパララリラ~♪

「ゴッドファーザー愛のテーマ」

 

【ゴッドファーザー】です。

 

関連記事

1974年/アメリカ/監督:フランシス・フォード・コッポラ/出演:アル・パチーノ、ロバート・デュヴァル、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ、タリア・シャイア、ジョン・カザール、リー・ストラスバーグ、マイケル・V・ガッツォ、G・[…]

【ゴッドファーザーPARTⅡ】

 

 

 

映画【ゴッドファーザー】のあらすじザックリ

第二次世界大戦終戦直後のアメリカ、ニューヨーク郊外にあるイタリア系アメリカ人のコルレオーネ家ではドン・ヴィトー・コルレオーネの末娘コニーの結婚式が盛大に行われていた。めでたい席であるにもかかわらず、今日もドンのもとには忠誠と引き換えに救いを求める人々が後を絶たない。

 

 

観れば観るほど面白くなる不朽の名作【ゴッドファーザー】

馬?!馬の生首?!おやめなさいよ!

「こんなおもろかったっけ?」と書きましたが、今覚えている限り、私が最初に観た時の【ゴッドファーザー】の印象ってこうでした。

朱縫shuhou

馬怖い…。

この一言に尽きる。

 

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

序盤、“ゴッドファーザー”ドン・ヴィトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)がどれほど「力」を持っているかをうかがい知る描写の一つとして、コルレオーネ・ファミリーの一員である歌手ジョニー・フォンテーン(アル・マルティーノ)のエピソードが映し出されます。

人気に陰りが見られるジョニーはある戦争映画の主演をもって起死回生をはかりますが、有望な新人女優に手を出したことで映画プロデューサーから干されてしまっていて叶いません。そこでジョニーが「何とかしてよお~ド~ン!」と泣きついた相手がドン・ヴィトー・コルレオーネ。

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

ファミリーの人間を我が子のように可愛がるドン・コルレオーネは「よっしゃよっしゃ」と映画プロデューサーに「お願い」をしてくれる訳なんですが。

プロデューサー

絶対ジョニーなんかに役はやらん!

大事な女優をダメにしやがって!

頑として首を縦に振らない映画プロデューサーに対してドン・コルレオーネは、プロデューサーが大事にしているお馬タンの首をちょん切ってこっそりベッドに忍ばてあげるという衝撃のサプライズプレゼントを贈り、お陰でジョニーは見事に戦争映画の主演を勝ち取るんですね。

【ゴッドファーザー】
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

ストーリーうんぬん名優マーロン・ブランドうんぬん以前に、観終わった後思い出せるのはお馬タンの首のことばっかりっていうくらい、小娘だった私にとってこの場面は衝撃でした。

余談:【ゴッドファーザー】に絡んだ有名なフランク・シナトラのお話

この歌手兼俳優ジョニーのモデルは、実在の大歌手フランク・シナトラであると言われています。

【地上より永遠に(ここよりとわに)】フランク・シナトラ
©From Here to Eternity/地上より永遠により引用

特に有名なのは、人気復活から最盛期突入への契機となった『地上より永遠に』への出演のエピソードである。

その頃は人気に陰りが見えていたシナトラにとって、このオファーはカムバックの貴重なチャンスであったが、何と直前に女性スキャンダルを起こしてしまっていた。そんな中でこの映画に出演できたのは、困ったシナトラが、マフィアの超大物(サム・ジアンカーナ)に泣きついたためであった。

このエピソードは後に『ゴッドファーザー』でネタにされてしまった。

基本的にマフィアとの繋がりは全般的にタブーな話題であったが、この映画でネタにされたことについては特にシナトラは気に入っていなかったらしく、知人が原作者をシナトラに紹介しようとしたところ、「Fuck off(うせろ)!!」と怒鳴ったのは有名な話である。

出典:黒い噂を常に持ちながらも、空前絶後のモテ男&敬意を持たれた米国の歌手・俳優のフランク・シナトラとはどんな人物だったのか?

関連記事

 1953年/アメリカ/監督:フレッド・ジンネマン/出演:バート・ランカスター、モンゴメリー・クリフト、デボラ・カー、フランク・シナトラ、ドナ・リード、アーネスト・ボーグナイン、ジャック・ウォーデン/第26回アカデミー作品・監督・助[…]

【地上より永遠に(ここよりとわに)】波打ち際のキス

 

誤解を招いた名優マーロン・ブランド

あと私、最初に観た時ってマーロン・ブランドを知らなくて、ドン・ヴィトー・コルレオーネのことを「組織を引退した元マフィアの人」だと本気で思ってました。

朱縫shuhou

このリアリティー…この人絶対本物のマフィアや。友情出演(?)してるんや。

いくら何でもただの俳優がこんなに マフィア感 出せる訳ない…。

不朽の名作映画を観たところでお馬タンの首くらいしか脳裏に刻まれないような小娘にさえ「この人只者やないな」と思わせるマーロン・ブランドの迫真の演技が光ります。

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

お馬タンの首を始め、初見の時は次から次へと容赦なく人が殺されていく展開が衝撃すぎてそれ以外の細かい部分をあんまり覚えていないというみっともないことになっていましたが、「このお馬タンは首をちょん切られる」「コイツはここで殺される」とあらかじめ先の展開が分かっている2回目の視聴以降、ヘタレの私にもようやく余裕が出てきました。

1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と、回を追うごとに作品の濃さが染みてきて、何度観ても前回の視聴よりも面白く感じることができる数少ない映画です。

【ゴッドファーザー】アル・パチーノ
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

「【ゴッドファーザー】の感想」=「お馬タンの首怖い」で終わらなくてよかった…。

 

 

個性豊かなドン・ヴィトー・コルレオーネの子供達

「短気は損気」を地で行く長男ソニー

ドン・コルレオーネには4人の子供がいます。

個人的に一番好きなのは「鳴かぬなら殺してしまえ」の信長系男子、長男ソニー(ジェームズ・カーン)。

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランドとジェームズ・カーン
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

れっきとしたコルレオーネ・ファミリーの跡継ぎですが、怖いもの知らずが過ぎるのと異常に気が短いのが玉にきず。

残念ながら短気が災いして跡を継ぐことなくこの世を去りますが、それでなくともいつも冷静沈着なドン・コルレオーネの相談役でソニー自身の友人でもあるトム・ヘイゲン(ロバート・デュバル)の手助けがなければドンとなるのは難しかったでしょう。

【ゴッドファーザー】ロバート・デュヴァル
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

その散り方も実にソニーらしくて華々しい。殺され方に「華々しい」とかないですけど、いや壮絶。もしソニーが殺されるならこんな殺され方してほしいって誰もが思うであろう理想の殺され方(?)をしてくれます。

 

お笑い担当に収まるしかなかった次男フレド

きょうだいの中で一番のミソッカス、次男フレド(ジョン・カザール)。

【ゴッドファーザー】ジョン・カザール
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

でもまああの兄貴とあの弟に挟まれちゃあ次男がふわふわとしたこんな感じになるのも分からなくもないような。

長男ソニーは生粋のマフィア肌で跡取りとして申し分ないし、三男マイケルは大学へ進んだのち海軍で功績を挙げるなど組織以外でいち目おかれる存在。

残るポジションはお笑い担当しかないじゃないの。

こういう人ってひょうきん者然としつつも人知れず「俺ってなんなんやろう…」と葛藤してたりするんですよね。

 

大学進学、海軍入隊…家業と無縁の三男マイケル

そして組織とは一切関わっていない三男マイケル(アル・パチーノ)。

冒頭の末娘コニーの結婚式に恋人のケイ(ダイアン・キートン)を連れてきますが、どうしてもチンピラ臭を隠せないきょうだいの中でただ一人、ええとこのボンボン臭が漂っています。

【ゴッドファーザー】アル・パチーノ
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

ドン・コルレオーネもマイケルだけはカタギの世界で生きて欲しかったと言ってたのにね。

 

情緒不安定なヒステリー、末娘コニー

末娘のコニー(タリア・シャイア)はそのヒステリックさがまるで“女版ソニー”。「この兄妹すぐブチ切れるとこがそっくりやな…」っていつも思います。

【ゴッドファーザー】タリア・シャイア
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

ブチ切れると言っても彼女の中で振り切るのはソニーみたいな「怒り」のベクトルではなく、「嘆き」のベクトルです。

感情のキャパシティーが少ないのか沸点が低いのか、脆すぎて色々と不安になる人(数年後にはまたコロッとキャラが変わってる)。

 

 

「商談」を断ったことが血で血を洗う大抗争へ発展

この数十年間大きな抗争が起こることはなかったコルレオーネ・ファミリーの周辺がにわかにざわつき始めたきっかけは、ソロッツォ(アルフレッド・レッティエリ)という麻薬密売人の麻薬ビジネスをドン・コルレオーネが断ったことでした。

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

だってしょうがねえじゃん、コルレオーネ・ファミリー うちじゃ麻薬はやらねんだよ(ファミリーの一員になった気持ちで言ってみる)。

 

ほどなくして、買い物中の無防備なドン・コルレオーネが狙撃されます。

そればかりかコルレオーネ・ファミリーの殺し屋ルカ(レニー・モンタナ)は殺され、相談役のトムはソロッツォに誘拐され麻薬ビジネスに手を貸すようファミリーを説得しろと脅される。事態はコルレオーネ・ファミリーが属するニューヨーク五大ファミリーを巻き込んでの大抗争へと発展してしまいます。

 

5発の弾丸を受けるもかろうじて一命を取り留めたドン・コルレオーネ。

立場が立場なだけに収容された病院には連日警察官が警護に当たっていましたが、マイケルが立ち寄ったその晩はなぜか無人。

【ゴッドファーザー】アル・パチーノ
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

すぐに敵の策略だと悟ったマイケルがドン・コルレオーネのベッドを別室に移している時、カタギだけど顔なじみのパン屋がドンのお見舞いにやって来ます。しめたとばかりにパン屋にひとつお願いをするマイケル。

マイケル
協力して欲しい。玄関で待っといてくれ。
朱縫shuhou

なんで?

マイケルの意図が全然分からなかった私にはきっとファミリーで生きて行くことは不可能でしょう。

 

ボスの資質を持つのは家業と無縁の三男マイケル

別室に移したドン・コルレオーネに声をかけるマイケル。

マイケル

僕がついとるから。

ついとるからね。

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

家業とは無縁であった三男が頼りれる言葉を口にして動けない自分を護ってくれるだなんて、これほど嬉しいこともないでしょうよ。意識混濁状態のドン・コルレオーネの頬を涙が伝う。「俺が護る!」と固い決意が込められたマイケルのこのセリフは、護ってもらう対象じゃない私だってもらい泣きしちゃうくらいシビれます。

 

ドン・コルレオーネを別室に移し終えて病院の玄関へ降りてきたマイケルは、待っていたパン屋と自分のコートの襟を立て「マフィアっぽい」風貌を装います。

【ゴッドファーザー】アル・パチーノ
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用
マイケル
ポケットにピストルがあるフリをして。
朱縫shuhou

ああ~っ!!!

ハッタリでドン・コルレオーネを護ろうとしてんのね!

ここでやっと気付くマフィアの素質ゼロの私。

 

マイケルの予想は的中、無人となった病院の前を通りかかった怪しげな1台の車がこちらをうかがいながら停車しようとしています。すかさずマイケルは何も持っていない懐に手をやり無言で“チャカ出すぞ”と威嚇

マイケルとパン屋…カタギの2人のハッタリ演技によって、敵の車は何も仕掛けてくることなく退散。

マイケル
ようやった。

マイケルにそう言われ安心したパン屋は引きつった笑みを浮かべ大きく息をして、タバコに火をつけ一服…

 

できません。

手が震えてライターの火がつけられません。

マイケルが代わってライターで火をつけます。

難なく着火するライター。

震えていない手。

カタギならパン屋のような反応が普通であるはずなのに、全っ然震えていない手。

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用
マイケル
(あれ俺…震えてへん…

マイケルは不思議そうにライターをつけた自分の手と震えながらタバコを吸うパン屋の手を見比べる。その表情はどことなく愕然としているようにも見えます。

 

こうして今まで家業とは無縁だったマイケルは、初めて自分に「マフィアのドンとしての資質」が遺伝しちゃってることに気付くのでした。

 

 

ヴィトー・コルレオーネが退き新たなドンが生まれるまでの物語

壮大ですよ。

父が狙撃されたことによって内なる資質に目覚め、次第にボンボン臭が薄くなり新たなドンへ変貌していくマイケルと、まるでマイケルの成長ぶりに反比例するかのようにみるみる年老いて行くドン・コルレオーネ。

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランドとアル・パチーノ
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

ドン・コルレオーネとマイケルだけでなく、時代も変わり、組織の在り方もファミリーを取り巻く人々もめまぐるしく変わって行きます。

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド
©The Godfather/ゴッドファーザーより引用

【ゴッドファーザー】はこのあと【ゴッドファーザー PARTⅡ】【ゴッドファーザー PARTⅢ】と続く、コルレオーネ・ファミリーの繁栄と衰退を描いた一大サーガです。

一作ずつプチプチと途切れ途切れに観るよりは、たっぷり時間を作ってぶっ通しで全作観てしまうのがおすすめ。

 

 

映画【ゴッドファーザー】の感想一言

朱縫shuhou

鑑賞後しばらくは例外なく「ゴッドファーザー 愛のテーマ」を口ずさんでしまう私です。

 

 

>> 翌年(第46回)のアカデミー最優秀作品賞はこれ!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

関連記事

1974年/アメリカ/監督:フランシス・フォード・コッポラ/出演:アル・パチーノ、ロバート・デュヴァル、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ、タリア・シャイア、ジョン・カザール、リー・ストラスバーグ、マイケル・V・ガッツォ、G・[…]

【ゴッドファーザーPARTⅡ】
【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド
また来てちょんまげ
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG