afiアメリカ映画スターベスト100

アメリカ映画スターランキングベスト25の男優女優50人/AFI「映画スターベスト100」

afiアメリカ映画スターベスト100

おはこんばんちは、朱縫shuhouです。

 

アメリカの映画団体AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)が1998年から(ほぼ)1年毎に発表し始めた「アメリカ映画100年シリーズ」

ラインナップ

この記事は「アメリカ映画100年シリーズ」のひとつ、1999年に発表された「映画スターベスト100」の一覧です。

 

「ベスト100」って言うからには、男優と女優に分けてもそれぞれ50人ずつ選出されてるんだと思うでしょ?

ところがどっこいなぜかこのランキングには男優25人+女優25人の合計50人しか選出されていません。

 

あと25人ずつ選んで本当の「ベスト100」にしてくれたら、少なくとも男優ではジャック・ニコルソン(←大ファン)やポール・ニューマンロバート・デ・ニーロ、女優ではメリル・ストリープジョディ・フォスターくらいはランクインすると思うんですけどね。無理?

百年以上に及ぶ映画史上の大スターをたったの50人に絞っているもので、若い人なんて聞いたこともない(増してや出演作なんて観たこともない)であろう超往年の俳優ばかりが並んでいます。

知らない俳優が多いかも知れませんが現在“大御所”と呼ばれる人達が目標にした世代の、「正真正銘大スター」一覧です。

 

あなたがこれから観る映画の参考になれば幸いです。

 

 

 

 もくじ

映画スターベスト25【男優編】

第1位 ハンフリー・ボガート

ハンフリー・ボガート
©Casablanca/カサブランカより引用

主な出演作

リンクは当サイト内のレビュー記事に飛びます。画像を引用した映画は太字黄色マーカーを引いておきました。

 

第2位 ケーリー・グラント

ケーリー・グラント
©North by Northwest/北北西に進路を取れより引用

主な出演作

 

第3位 ジェームズ・ステュアート

ジェームズ・ステュアート
©Vertigo/めまいより引用

主な出演作

 

第4位 マーロン・ブランド

マーロン・ブランド
©On the Waterfront/波止場より引用

主な出演作

 

第5位 フレッド・アステア

フレッド・アステア
©Top Hat/トップ・ハットより引用

主な出演作

 

第6位 ヘンリー・フォンダ

ヘンリー・フォンダ
©12 Angry Men/十二人の怒れる男より引用

主な出演作

 

第7位 クラーク・ゲーブル

クラーク・ゲーブル
©It Happened One Night/或る夜の出来事より引用

主な出演作

 

第8位 ジェームズ・キャグニー

ジェームズ・キャグニー
©The Public Enemy/民衆の敵より引用

 

第9位 スペンサー・トレイシー

スペンサー・トレイシー
©Boys Town/少年の町より引用

主な出演作

 

第10位 チャーリー・チャップリン

チャールズ・チャップリン
©The Great Dictator/独裁者より引用

主な出演作

 

第11位 ゲイリー・クーパー

ゲイリー・クーパー
©High Noon/真昼の決闘より引用

 

第12位 グレゴリー・ペック

グレゴリー・ペック
©Roman Holiday/ローマの休日より引用

主な出演作

 

第13位 ジョン・ウェイン

ジョン・ウェイン
©The Searchers/捜索者より引用

主な出演作

 

第14位 ローレンス・オリヴィエ

ローレンス・オリヴィエ
©Hamlet/ハムレットより引用

主な出演作

 

第15位 ジーン・ケリー

ジーン・ケリー
©Singin’ in the Rain/雨に唄えばより引用

 

第16位 オーソン・ウェルズ

オーソン・ウェルズ
©Citizen Kane/市民ケーンより引用

主な出演作

 

第17位 カーク・ダグラス

カーク・ダグラス
©Spartacus/スパルタカスより引用

 

第18位 ジェームズ・ディーン

ジェームズ・ディーン
©East of Eden/エデンの東より引用

主な出演作

 

第19位 バート・ランカスター

バート・ランカスター
©Gunfight at the O.K. Corral/OK牧場の決斗より引用

 

第20位 マルクス兄弟

マルクス兄弟
©A Night at the Opera/オペラは踊るより引用

主な出演作

 

第21位 バスター・キートン

バスター・キートン
©SEVEN CHANCES/キートンのセブン・チャンスより引用

主な出演作

 

第22位 シドニー・ポワチエ

シドニー・ポワチエ
©In the Heat of the Night/夜の大捜査線より引用

主な出演作

 

第23位 ロバート・ミッチャム

ロバート・ミッチャム
©The Enemy Below/眼下の敵より引用

主な出演作

 

第24位 エドワード・G・ロビンソン

エドワード・G・ロビンソン
©Little Caesar/犯罪王リコより引用

主な出演作

 

第25位 ウィリアム・ホールデン

ウィリアム・ホールデン
©The Bridge on The River Kwai/戦場にかける橋より引用

主な出演作

 

 

映画スターベスト25【女優編】

第1位 キャサリン・ヘプバーン

キャサリン・ヘプバーン
©The Philadelphia Story/フィラデルフィア物語より引用

主な出演作

リンクは当サイト内のレビュー記事に飛びます。画像を引用した映画は太字黄色マーカーを引いておきました。

 

第2位 ベティ・デイヴィス

ベティ・デイヴィス
©All About Eve/イヴの総てより引用

主な出演作

 

第3位 オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーン
©Breakfast at Tiffany’s/ティファニーで朝食をより引用

主な出演作

  • 1953年【ローマの休日】
  • 1954年【麗しのサブリナ】
  • 1956年【戦争と平和】
  • 1957年【昼下りの情事】
  • 1960年【許されざる者】
  • 1961年【ティファニーで朝食を】
  • 1963年【シャレード】
  • 1964年【マイ・フェア・レディ】
  • 1966年【おしゃれ泥棒】
  • 1967年【暗くなるまで待って】

 

第4位 イングリッド・バーグマン

イングリッド・バーグマン
©Casablanca/カサブランカより引用

主な出演作

 

第5位 グレタ・ガルボ

グレタ・ガルボ
©Grand Hotel/グランド・ホテルより引用

主な出演作

  • 1927年【アンナ・カレニナ】
  • 1931年【マタ・ハリ】
  • 1932年【グランド・ホテル】
  • 1935年【アンナ・カレニナ】
  • 1936年【椿姫】
  • 1939年【ニノチカ】

 

第6位 マリリン・モンロー

マリリン・モンロー
©The Seven Year Itch/七年目の浮気より引用

主な出演作

 

第7位 エリザベス・テイラー

エリザベス・テイラー
©Giant/ジャイアンツより引用

主な出演作

 

第8位 ジュディ・ガーランド

ジュディ・ガーランド
©The Wizard of Oz/オズの魔法使より引用

主な出演作

 

第9位 マレーネ・ディートリヒ

マレーネ・ディートリヒ
©Witness for the Prosecution/情婦より引用

主な出演作

 

第10位 ジョーン・クロフォード

ジョーン・クロフォード
©Grand Hotel/グランド・ホテルより引用

主な出演作

 

第11位 バーバラ・スタンウィック

バーバラ・スタンウィック
©Double Indemnity/深夜の告白より引用

主な出演作

 

第12位 クローデット・コルベール

クローデット・コルベール
©It Happened One Night/或る夜の出来事より引用

 

第13位 グレース・ケリー

グレース・ケリー
©Dial M for Murder/ダイヤルMを廻せ!より引用

主な出演作

 

第14位 ジンジャー・ロジャース

ジンジャー・ロジャース
©Swing Time/有頂天時代より引用

主な出演作

 

第15位 メイ・ウエスト

メイ・ウエスト
©She Done Him Wrong/わたしは別よより引用

主な出演作

  • 1933年【わたしは別よ】
  • 1970年【マイラ】

 

第16位 ヴィヴィアン・リー

ヴィヴィアン・リー
©Gone With the Wind/風と共に去りぬより引用

主な出演作

 

第17位 リリアン・ギッシュ

リリアン・ギッシュ
©The Birth of a Nation/國民の創生より引用

主な出演作

  • 1915年【國民の創生】
  • 1916年【イントレランス】
  • 1919年【散り行く花】
  • 1920年【東への道】
  • 1960年【許されざる者】
  • 1987年【八月の鯨】

 

第18位 シャーリー・テンプル

シャーリー・テンプル
©Internet Movie Database

主な出演作

  • 1933年【歓呼の嵐】
  • 1934年【可愛いマーカちゃん】

 

第19位 リタ・ヘイワース

リタ・ヘイワース
©The Lady from Shanghai/上海から来た女より引用

主な出演作

  • 1944年【カバーガール】
  • 1946年【ギルダ】
  • 1947年【上海から来た女】

 

第20位 ローレン・バコール

ローレン・バコール
©To Have and Have Not/脱出より引用

主な出演作

 

第21位 ソフィア・ローレン

ソフィア・ローレン
©El Cid/エル・シドより引用

主な出演作

  • 1960年【ふたりの女】
  • 1961年【エル・シド】
  • 1967年【伯爵夫人】
  • 2009年【NINE】

 

第22位 ジーン・ハーロウ

ジーン・ハーロウ
©Hell’s Angels/地獄の天使より引用

主な出演作

 

第23位 キャロル・ロンバード

キャロル・ロンバード
©My Man Godfrey/襤褸と宝石より引用

主な出演作

  • 1934年【特急二十世紀】
  • 1936年【襤褸と宝石】

 

第24位 メアリー・ピックフォード

メアリー・ピックフォード
©The Little Princess/小公女より引用

主な出演作

  • 1917年【小公女】
  • 1929年【コケット】

 

第25位 エヴァ・ガードナー

エヴァ・ガードナー
©Earthquake/大地震より引用

主な出演作

  • 1951年【ショウ・ボート】
  • 1953年【モガンボ】
  • 1974年【大地震】

 

 

「映画スターベスト100」改め「往年の洋画スターベスト50」のまとめ

こうして画像つきで並べてみると、ランクインしているスターの代表作のほとんどがモノクロ映画であることが一目瞭然。それほど本当に往年のスターだらけだと言うことですね。

ケーリー・グラントジェームズ・ステュアートも一番脂が乗ってた時期はモノクロ映画の頃ですが、カラー画像を載せたかったので中年期の作品からチョイスしました。

 

さすがに超有名なスターばかりですから一応全員名前くらいは聞いたことがあると思いますけど、古い洋画が大好きな私でも映像作品を観たことない俳優もランクインしています。

メアリー・ピックフォードです。

アカデミー賞の選考などをする団体「Academy of Motion Picture Arts and Sciences 映画芸術科学アカデミー」の初代会長ダグラス・フェアバンクスの元嫁はんで、サイレント期の大スター。チャールズ・チャップリンバスター・キートンの活躍した時期も似たようなもんですが、彼らの場合「DVD喜劇大全」のように未だにメディアが流通しているので視聴しやすい。メアリー・ピックフォードの動画なんて、はてさてどうやって手に入れればいいものやら。

 

蛇足ですが、男優1位のハンフリー・ボガートと女優20位のローレン・バコール、男優7位のクラーク・ゲーブルと女優23位のキャロル・ロンバード、男優14位のローレンス・オリヴィエと女優16位のヴィヴィアン・リー、男優16位のオーソン・ウェルズと女優19位のリタ・ヘイワース元夫婦、男優9位のスペンサー・トレイシーと女優1位のキャサリン・ヘプバーン長年のパートナーです。

セレブのカップルっていつの時代も良いものですよね、煌びやかで。

©Getty Images, Aflo/ELLE online「破局済セレブカップル50年史」より引用

ジャック・ニコルソンとアンジェリカ・ヒューストンとかね(古い)。ブラッド・ピットジェニファー・アニストンとかね(古い)。ティム・バートンヘレナ・ボナム=カーターとかね(情報が全部古い)。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

afiアメリカ映画スターベスト100
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG
// 20200615ブロックエディター遅延読み込み