【ザ・プレイヤー】ティム・ロビンス

【ザ・プレイヤー】あらすじと観た感想。アンビバレントなハリウッド

【ザ・プレイヤー】ティム・ロビンス

1992年/アメリカ/監督:ロバート・アルトマン/出演:ティム・ロビンス、グレタ・スカッキ、フレッド・ウォード、ウーピー・ゴールドバーグ、ピーター・ギャラガー、ブライオン・ジェームズ、シンシア・スティーヴンソン、ヴィンセント・ドノフリオ、シドニー・ポラック

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【ザ・プレイヤー】ティム・ロビンス
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

私は好きなんだけどねえ、ロバート・アルトマン監督の撮る映画。

まあねえ、映画産業も金儲けですから(これを皮肉ってか本編には主人公の映画会社副社長が繰り返し「映画は芸術だ」と言う場面があります)、あんな当たるかハズレるか全く読めない不可思議な映画ばかり撮るロバート・アルトマンをハリウッドの上層部が煙たがっていたであろうことは容易に想像がつきますわね。

 

「“ハリウッド的”ではない」と疎まれてきたロバート・アルトマン監督が“ハリウッド”そのものを風刺した痛快な映画、【ザ・プレイヤー】です。

 

 

 

 

映画【ザ・プレイヤー】のあらすじザックリ

多忙な日々を送るハリウッドの映画スタジオの重役グリフィン・ミルのもとに匿名の脅迫状が届くようになる。自分が却下した脚本を持ち込んだ脚本家の仕業だと見当を付けたミルはケヘインという脚本家に会いに行くが、そこで口論になりケヘインを殺害してしまう。

 

 

オチに吹き出すサスペンス(←?)

【ザ・プレイヤー】は、あからさまにオーソン・ウェルズの【黒い罠】を意識している超長回しから始まります(この時、警備主任のウォルター(フレッド・ウォード)が【黒い罠】の長回しについて話してもいる)。

【ザ・プレイヤー】
©The Player/ザ・プレイヤーより引用
関連記事

1958年/アメリカ/監督:オーソン・ウェルズ/出演:チャールトン・ヘストン、ジャネット・リー、オーソン・ウェルズ、マレーネ・ディートリヒ、ジョゼフ・キャレイア、エイキム・タミロフ、ジョアンナ・ムーア注※このサイトは映画のネ[…]

【黒い罠】オーソン・ウェルズ

ハリウッドの映画会社副社長グリフィン・ミル(ティム・ロビンス)は、一日平均125本にものぼる脚本家からの電話を受けストーリーを聞いて映画化するかどうかを決めるという、多忙でやりがいのある毎日を過ごしていました。

【ザ・プレイヤー】ティム・ロビンス
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

そんな彼のもとにたびたび不穏なメッセージが届くようになります。方法は様々で、ある時はスタジオのメール係経由で手紙が配達され、ある時はミルの自家用車のワイパーにハガキが挟まれ、ある時はFAXが送られてくる。

【ザ・プレイヤー】ハンフリー・ボガート
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

手段は違っても書かれている内容は毎回ほぼ同じ、「お前を殺す」というような過激な脅迫文。

 

最初は無視していたミルもいよいよ看過できなくなってきて、ついに犯人捜しに乗り出します。

脅迫文の内容から相手は何らかの映画関係者であることは間違いない。思い当たるのは自分が却下した脚本を持ち込んだ脚本家。

ミルは脅迫文が届き始めた時期から割り出して、昔脚本を読んでボツにしたことがあるデイヴィッド・ケヘイン(ヴィンセント・ドノフリオ)という脚本家が怪しいという結論に行きつくのでした。

【ザ・プレイヤー】ヴィンセント・ドノフリオ
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

 

【卒業 PARTⅡ】の企画は絶対通らない

タイトルの【ザ・プレイヤー】とは製作の鍵を握る映画スタジオの重役たちを指すハリウッドの隠語。「プロデューサー」よりも「プレイヤー」と呼ぶ方が「駒を操ってるゲーム感」が増しますよね。

ちなみに他に「プロデューサー」と冠する面白い映画としてはこんなのもございます。

関連記事

1968年/アメリカ/監督:メル・ブルックス/出演:ゼロ・モステル、ジーン・ワイルダー、ケネス・マース、リー・メレディス、エステル・ウィンウッド、アンドレアス・ヴシナス、ディック・ショーン/第41回アカデミー脚本賞受賞注※こ[…]

【プロデューサーズ】ジーン・ワイルダーとゼロ

 

ミルに脅迫文を送ったと疑われるケヘインのような「いつまでも陽の目を見ない三流脚本家」から見れば、座り心地の良い椅子にふんぞり返ってストーリーを聞いてはバッサバッサと取捨する映画スタジオのお偉いさん方なんて地獄の閻魔のような存在なのでしょうが、プロデューサー業も大変だと思いますよ実際。

【ザ・プレイヤー】
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

朝出社するなり怒涛のように押し寄せてくるプレゼンテーターたち。それらすべてに真剣に耳を傾けても使える企画は僅かでしょう。

 

本日の目玉企画は【卒業 PARTⅡ】

タイトルからしてまさかの1960~1970年代を代表するヒット作の抱き合わせ。

関連記事

1967年/アメリカ/監督:マイク・ニコルズ/出演:ダスティン・ホフマン、アン・バンクロフト、キャサリン・ロス、マーレイ・ハミルトン、ウィリアム・ダニエルズ、エリザベス・ウィルソン、ブライアン・エイヴリー、バック・ヘンリー/第40回[…]

【卒業(1967)】ダスティン・ホフマン
関連記事

1974年/アメリカ/監督:フランシス・フォード・コッポラ/出演:アル・パチーノ、ロバート・デュヴァル、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ、タリア・シャイア、ジョン・カザール、リー・ストラスバーグ、マイケル・V・ガッツォ、G・[…]

【ゴッドファーザーPARTⅡ】

内容はブラックコメディで、大学生になったベン(ダスティン・ホフマン)とエレーン(キャサリン・ロス)の娘にジュリア・ロバーツをキャスティング希望。自宅にはかつてベンと不倫関係にあったエレーンの母ミセス・ロビンソン(アン・バンクロフト)も同居していて、彼女には最近認知症の気配が感じられる。

朱縫shuhou

どんなんやねん!

そんなもんウケるかドアホ!

こんなアホな企画にもずーっと耳を貸さなければならないなんて、忍耐のいるキツイ仕事だと思いません?しょうもない脚本しか書かれへんくせしてボツにされたらされたで逆恨みするアホもいることですしね。

【ザ・プレイヤー】ティム・ロビンス
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

しかし実態はどうあれ【ザ・プレイヤー】でのプロデューサーたちは、「制作国がアメリカで、有名スターが出ていて、サスペンスとセックスがあって、ハッピーエンドであれば映画は当たる」という神話だけを頑なに信じている無能どものように描かれています。

【ザ・プレイヤー】ティム・ロビンス
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

ロバート・アルトマン監督のしたり顔が目に浮かぶ、究極のハリウッド風刺映画です。

 

 

ほぼノーギャラだったらしいカメオ出演者たち

ところで「映画監督に対する俳優からの人気度」というのはもしかしたら、カメオ出演の多さである程度は測れるのかも知れません。

だとしたらロバート・アルトマンなんか超人気だよね。わんさか出てます。1975年のヒット作【ナッシュビル】の時にも多くのカメオ出演者がいましたが、今回はその時よりはるかに多い。しかもほぼノーギャラだったというから驚きです。

関連記事

1975年/アメリカ/監督:ロバート・アルトマン/出演:ヘンリー・ギブソン、スコット・グレン、ジェラルディン・チャップリン、ジェフ・ゴールドブラム、グウェン・ウェルズ、ロニー・ブレイクリー、ティモシー・ブラウン、キース・キャラダイン[…]

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン

 

それではここで、ギャランティを受け取らずにカメオ出演してくれた殊勝なスターの皆様をご紹介しましょう(私が分かった人だけ)。以下に記載するカメオ出演者らは全員「本人役」で出演しています。

 

まずは映画スタジオ内のカフェ的なところで【マルコビッチの穴】ジョン・キューザック【アダムス・ファミリー】アンジェリカ・ヒューストンに遭遇。

【ザ・プレイヤー】アンジェリカ・ヒューストンとジョン・キューザック
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

ハリウッドのセレブと来たらホント、口を開けば「パーティ楽しかったね」だの「別荘においでよ」だの、頭の中遊ぶことばっかりですわ。

関連記事

1991年/アメリカ/監督:バリー・ソネンフェルド/出演:ラウル・ジュリア、アンジェリカ・ヒューストン、クリスティーナ・リッチ、ジミー・ワークマン、クリストファー・ロイド注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず[…]

【アダムス・ファミリー】手首のハンド君
関連記事

1993年/アメリカ/監督:バリー・ソネンフェルド/出演:ラウル・ジュリア、アンジェリカ・ヒューストン、クリスティーナ・リッチ、ジミー・ワークマン、クリストファー・ロイド、キャロル・ケイン、ダナ・アイヴィ、カレル・ストルイケン、ジョ[…]

【アダムス・ファミリー2】

 

同じようにスタジオ内でバート・レイノルズにも遭遇。なぜか終始不機嫌でプロデューサーらに悪態をつく。

【ザ・プレイヤー】バート・レイノルズ
©The Player/ザ・プレイヤーより引用
関連記事

2019年/アメリカ/監督:クエンティン・タランティーノ/出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、エミール・ハーシュ、マーガレット・クアリー、ティモシー・オリファント、オースティン・バトラー、ダコタ・フ[…]

【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド】レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット

 

なんともハリウッドらしい豪勢なホームパーティでは、「バナナボート」で有名な歌手のハリー・ベラフォンテ【夜の大捜査線】ロッド・スタイガー【お熱いのがお好き】ジャック・レモン(ちょっと自信ないけど多分そう)、【ザ・フライ】ジェフ・ゴールドブラムが出没。

【ザ・プレイヤー】シドニー・ポラックとジェフ・ゴールドブラムとロッド・スタイガーとジャック・レモンとハリー・ベラフォンテ
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

【トッツィー】【愛と哀しみの果て】シドニー・ポラック監督も映ってますけど彼はカメオ出演じゃなくて普通にキャスティングされています。製作にはかかわっておらず、純粋に俳優としての参加みたいですね。

関連記事

1988年/アメリカ/監督:ティム・バートン/出演:マイケル・キートン、アレック・ボールドウィン、ジーナ・デイヴィス、ウィノナ・ライダー、キャサリン・オハラ、ジェフリー・ジョーンズ、グレン・シャディックス/第61回アカデミーメイクア[…]

【ビートルジュース】マイケル・キートン
関連記事

1967年/アメリカ/監督:ノーマン・ジュイソン/出演:シドニー・ポワチエ、ロッド・スタイガー、ウォーレン・オーツ、リー・グラント、ラリー・ゲイツ、ジェームズ・パターソン、ウィリアム・シャラート、ピーター・ウィットニー/第40回アカ[…]

【夜の大捜査線】シドニー・ポワチエ
関連記事

1959年/アメリカ/監督:ビリー・ワイルダー/出演:マリリン・モンロー、トニー・カーティス、ジャック・レモン、ジョージ・ラフト、ジョー・E・ブラウン/第32回アカデミー衣裳デザイン(白黒)賞受賞注※このサイトは映画のネタバ[…]

【お熱いのがお好き】マリリン・モンロー
関連記事

1982年/アメリカ/監督:シドニー・ポラック/出演:ダスティン・ホフマン、ジェシカ・ラング、ビル・マーレイ、テリー・ガー、ダブニー・コールマン、シドニー・ポラック、ジョージ・ゲインズ、ジーナ・デイヴィス/第55回アカデミー助演女優[…]

写真撮影中のドロシー
関連記事

1985年/アメリカ/監督:シドニー・ポラック/出演:メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード、クラリス・マリア・ブランダウアー、マイケル・キッチン/第58回アカデミー作品・監督・脚色・作曲・録音・美術・撮影賞受賞注※こ[…]

最後にダンスを踊るデニスとカレン

 

脅迫文の主との待ち合わせ場所を訪れたミルの前に現れたのは、【時計じかけのオレンジ】マルコム・マクダウェルと、【恋はデジャ・ブ】アンディ・マクダウェル

誰かが「ロディ・マクダウェル(=マクドウォール)はおれへんのか」みたいなこと言ってボケてくるけど全然おもろない

【ザ・プレイヤー】マルコム・マクダウェルとアンディ・マクダウェル
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

さっき出てきたバート・レイノルズや、マルコム・マクダウェルもそうなんですけど、俳優たちがミルのような映画プロデューサーに対して明らかに敵意を持って接してくる描写に吹き出してしまいます。

関連記事

1962年/アメリカ/監督:スタンリー・キューブリック/出演:マルコム・マウダウェル、ウォーレン・クラーク、ジェームズ・マーカス、パトリック・マギー、エイドリアン・コリ、スティーヴン・バーコフ、マイケル・ベイツ注※このサイト[…]

コロボ・ミルク・バーで今夜の計画を練るドルーグ
関連記事

1993年/アメリカ/監督:ハロルド・ライミス/出演:ビル・マーレイ、アンディ・マクダウェル、クリス・エリオット、スティーブン・トボロウスキー注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴[…]

田舎のお祭りにやってきたフィル
関連記事

1968年/アメリカ/監督:フランクリン・J・シャフナー/出演:チャールトン・ヘストン、ロディ・マクドウォール、キム・ハンター、モーリス・エヴァンス、ジェームズ・ホイットモア注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気に[…]

【猿の惑星(1968)】ラストシーン

 

さて続いては、さきほどのホームパーティとは圧倒的に規模が違う著名人目白押しの豪華なパーティ。

ここでは【月の輝く夜に】シェール【イージー・ライダー】カレン・ブラック【ケープ・フィアー】ニック・ノルティが抜かれます。他にも何人か抜かれますが誰が誰だか分かりません。ニック・ノルティの隣にいる女性が【カッコーの巣の上で】ルイーズ・フレッチャーなような気がしないでもない。

【ザ・プレイヤー】シェールとカレン・ブラックとニック・ノルティ
©The Player/ザ・プレイヤーより引用
関連記事

1987年/アメリカ/監督:ノーマン・ジュイソン/出演:シェール、ニコラス・ケイジ、ヴィンセント・ガーディニア、オリンピア・デュカキス、ダニー・アイエロ/第60回アカデミー主演女優・助演女優・脚本賞受賞注※このサイトは映画の[…]

シェール:ロレッタ・カストリーニ
関連記事

1969年/アメリカ/監督:デニス・ホッパー/出演:1969年/アメリカ/監督:デニス・ホッパー/出演:ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン、アントニオ・メンドーサ、カレン・ブラック注※このサイトは映画[…]

【イージー・ライダー】
関連記事

1991年/アメリカ/監督:マーティン・スコセッシ/出演:ロバート・デ・ニーロ、ニック・ノルティ、ジェシカ・ラング、ジュリエット・ルイス、ジョー・ドン・ベイカー、ロバート・ミッチャム、グレゴリー・ペック、マーティン・バルサム、イリー[…]

【ケープ・フィアー】ロバート・デ・ニーロ
関連記事

1975年/アメリカ/原作:ケン・キージー/監督:ミロス・フォアマン/出演:ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー、クリストファー・ロイド、ダニー・デヴィート、ウィル・サンプソン、ウィリアム・レッドフィールド、ブラッド・ドゥー[…]

【カッコーの巣の上で】ジャック・ニコルソン

 

へんこの脚本家トム・オークリー(リチャード・E・グラント)が持ち込んだしょうもなさそうな映画の主演は、【ダイ・ハード】ブルース・ウィリス【エリン・ブロコビッチ】のジュリア・ロバーツ。

よう引き受けたなこんな映画の主演。

【ザ・プレイヤー】ブルース・ウィリスとジュリア・ロバーツ
©The Player/ザ・プレイヤーより引用
関連記事

1988年/アメリカ/監督:ジョン・マクティアナン/出演:ブルース・ウィリス、アラン・リックマン、アレクサンダー・ゴドノフ、ボニー・ベデリア、ウィリアム・アザートン、ハート・ボックナー、デヴロー・ホワイト、レジナルド・ヴェルジョンソ[…]

【ダイ・ハード】ブルース・ウィリス
関連記事

2000年/アメリカ/監督:スティーブン・ソダーバーグ/出演:ジュリア・ロバーツ、アルバート・フィニー、アーロン・エッカート、マーグ・ヘルゲンバーカー、トレイシー・ウォルター/第73回アカデミー賞主演女優受賞注※このサイトは[…]

 

無実の罪を着せられてガス室送りになったジュリア・ロバーツを、【ロッキー・ホラー・ショー】スーザン・サランドンとTVドラマ「刑事コロンボシリーズ」のピーター・フォークが見つめます。

【ザ・プレイヤー】スーザン・サランドンとピーター・フォーク
©The Player/ザ・プレイヤーより引用
関連記事

1975年/イギリス/監督:ジム・シャーマン/出演:ティム・カリー、スーザン・サランドン、バリー・ボストウィック、リチャード・オブライエン、パトリシア・クイン、ネル・キャンベル注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気[…]

フランクン・フルター登場!

 

絶対居るはずのロバート・アルトマン作品の常連エリオット・グールドがどうしても見つけられない…。

朱縫shuhou
「ここに出てるよ!」ってご存知の方がいたら教えてください。

 

 

映画【ザ・プレイヤー】の感想一言

朱縫shuhou

カメオ出演ではなくミルを追い詰める刑事スーザン役としてウーピー・ゴールドバーグも出演しています。

スーザンが後輩女性刑事のタンポン(レギュラーサイズ)を小粋にぐるぐる回しながらミルに聴取するシーンはシュールで最高。何を回しとんねん何を。

ちなみにスーザンのタンポンはジャンボサイズ。

【ザ・プレイヤー】ウーピー・ゴールドバーグ
©The Player/ザ・プレイヤーより引用

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG