【ナッシュビル】ロバート・アルトマン

【ナッシュビル】あらすじと観た感想。ロバート・アルトマン作品の解説は無理

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン

1975年/アメリカ/監督:ロバート・アルトマン/出演:ヘンリー・ギブソン、スコット・グレン、ジェラルディン・チャップリン、ジェフ・ゴールドブラム、グウェン・ウェルズ、ロニー・ブレイクリー、ティモシー・ブラウン、キース・キャラダイン、マイケル・マーフィ、シェリー・デュヴァル、ネッド・ビーティ、リリー・トムソン/第48回アカデミー歌曲賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

1970年の映画【M★A★S★H マッシュ】で戦争の愚かさを笑いに変え、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞(アカデミー作品賞にもノミネート)した“反ハリウッドの巨匠”ロバート・アルトマン監督による地味で奇怪な群像劇。

関連記事

1970年/アメリカ/監督:ロバート・アルトマン/出演:ドナルド・サザーランド、トム・スケリット、エリオット・グールド、ロバート・デュヴァル、サリー・ケラーマン、ルネ・オーベルジョノワ、ロジャー・ボーエン、ジョー・アン・フラッグ、G[…]

【M★A★S★H】エリオット・グールドとドナルド・サザーランドとトム・スケリット

数あるロバート・アルトマン作品の中でも最高傑作との呼び声高い名作。

でも大衆受けするかと聞かれれば、彼が手掛けた他の多くの映画と同じく「なんとも言えません」と答えざるを得ませんね。試しにご覧になってみて「あ、これあかん」と思ったら素直に彼の作品(他のも全部)を観るのは止めた方が良いんじゃないかな。

 

私ですか?

ふふふ…上の文章をよくご覧になってくださいな。ちゃんと本日の映画を指して「名作」って書いてるでしょ?

大好きですよ【ナッシュビル】

 

 

 

映画【ナッシュビル】のあらすじザックリ

大統領予備選挙まであと5日。大統領候補ウォーカーのキャンペーン・カーがカントリー音楽の聖地ナッシュビル中を走り回る。一流カントリー歌手ヘヴンはスタジオでアメリカ建国200周年記念曲を収録していた。その後、売れっ子カントリー歌手のバーバラ・ジーンがナッシュビル空港へ到着する。

 

 

「ハリウッドの異端者」ロバート・アルトマン

【ナッシュビル】にはなんと、総勢24名ものメインキャストがいらっしゃいます。アホでしょ?群像劇にもほどがあるやん。

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

そんなにたくさんメインキャストがいるなら中身もさぞかし重厚なことでしょうと思ったら大間違い、ストーリーゼロ

かと言って大勢のキャストが全員で何かを訴えかけている訳でもない、テーマゼロ

たまたまテネシー州にある音楽業界の中心都市ナッシュビルに集まった、ただそこら辺に転がってる有象無象の5日間を描いた映画です。

アメリカ建国200周年で浮かれるアメリカ政府を皮肉っているなどの説もありますが、私は関係ないと思います。

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

いやあそれにしてもロバート・アルトマンって凄いと思いますよ正味。

普通ここまで「中身のない映画」撮れます?

助手
…「中身のない映画」くらいすぐ撮れるんじゃあ…。

いやいや、無理無理、逆逆。

試しに自分が小説家だとして考えてみてください。

あなたは新しい物語を生み出さなければなりません。となると、導入部か結末かクライマックスかは分かりませんけど、とりあえず大まかなストーリーライン、若しくは読み手や世間に訴えかけるテーマなどから考えませんか?

「南北戦争に翻弄されるアメリカ南部の女性の半生を描こう!」とか。

関連記事

1939年/アメリカ/監督:ヴィクター・フレミング/出演:ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード、オリヴィア・デ・ハヴィランド、トーマス・ミッチェル、ハティ・マクダニエル/第12回アカデミー作品・監督・主演女優・[…]

【風と共に去りぬ】スカーレットとバトラー様

「メガロドン級の巨大なサメが人を襲って海水浴場がパニックになるのってどうやろ?」とか。

関連記事

1975年/アメリカ/監督:スティーブン・スピルバーグ/出演:ロイ・シャイダー、ロバート・ショウ、リチャード・ドレイファス、ロレイン・ゲイリー、マーレイ・ハミルトン/第48回アカデミー作曲・音響・編集賞受賞注※このサイトは映[…]

ジョーズから見た美味しそうな人間

他にも「恋に破れたすべての人に届けたい」や「あっと驚く展開が待っている」など、ある程度の骨子を固めてから肉付けしていくでしょ?

反対に「なんのドラマ性もない日常を描く」って作業は、かなり厄介じゃないですか?それも群像劇でよ?

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

映画でもそれは一緒で、キャラクターばっかりアホほどいるのはいいけどそんなにいたところで一体何をどないしてひとつの作品にまとめ上げたらええねんってなりますやんか。

だって【ナッシュビル】を表にするとこんな感じになるんですよ?

普通の映画【ナッシュビル】
ストーリー×
テーマ×
事件×
キャラクター

作品を構成する要素が「キャラクター」しかない。

 

「この表みたいな映画撮ってみて」って言われても絶対無理。

しかしこの難題を普通にやってのけるのが「ハリウッドの異端者」ロバート・アルトマン。いっぺん脳内がどうなってんのか覗いてみたい偉人のうちのひとりです。

 

 

メインキャストは24人!カメオ出演多数!

とにかく初見の時は登場人物を把握するだけでもひと苦労しますから、ここに画像付きでメインキャスト24人をご紹介しておきます。ロバート・アルトマン監督本人ほか、カメオ出演者についても(分かった人だけ)画像を貼っておきました。

【ナッシュビル】視聴の際の予習復習にご活用下さい。

メインキャスト24人一挙公開

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

①ヘヴン・ハミルトンヘンリー・ギブソン):カントリー歌手のおっさん。めっちゃちっさい。

②パール夫人(バーバラ・バクスレー):ヘヴンの嫁はん。政治の話は止まらない。

③バディ・ハミルトン(デイヴ・ピール):ヘヴンの息子。なぜか背が高い。ヘヴンは「デキる息子」だと思ってるけど実態はヘヴンの隣でニヤニヤ笑ってるだけ。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
④オーパルジェラルディン・チャップリン):自称BBCのリポーター。その正体は新手のグルーピー。
⑤リネアリリー・トムソン):聴覚障害の息子を持つゴスペル歌手。慈愛の精神に満ちている。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
⑥バーバラ・ジーンロニー・ブレイクリー):人気歌手。虚弱体質な上に精神状態も不安定。でも人気歌手。時々歌うことより思い出が優先する。でも人気歌手。特技は鶏のモノマネ。
⑦バーネットアレン・ガーフィールド):彼女がどうしてここに落ち着いたのか分からないけど正真正銘人気歌手バーバラ・ジーンの夫、兼マネージャー。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
⑧トミー・ブラウン(ティモシー・ブラウン):中途半端な歌手。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
⑨トムキース・キャラダイン):フォークトリオ“ビルとマリーとトム”(←そのまんま)のメンバー。グルーピーと寝まくり、ついにはメンバーの一員でビルの妻であるマリーにも手を出す。
⑩マリー(クリスティナ・レインズ):フォークトリオ“ビルとマリーとトム”のメンバー。「トムと愛し合って人生変わった」と思いこんでるビルの妻。
⑪ビル(アラン・ニコルズ):フォークトリオ“ビルとマリーとトム”のメンバー。妻マリーの不倫相手がトムだとは夢にも思っていないおめでたいロン毛。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
⑫デル・リースネッド・ビーティ):ヘヴン・ハミルトンの弁護士で、リネアの夫。キャラクターがつかめない。
⑬ジョン・トリプレットマイケル・マーフィー):次期大統領候補ハル・ウォーカーのキャンペーン主催者。仕事ができるようには見えない。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
⑭スーリーン・ゲイ(グウェン・ウェルズ):壊滅的に歌が下手な歌手志望の美女。その美貌でモデルでもやったらいい。
⑮ウェイドロバート・ドクィ):空港のレストランで働くコック。スーリーンに気があるけど特に相手にはされてない。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
⑯グリーン氏キーナン・ウィン):入院中の妻に姪っ子マーサの顔を見せてやりたいだけの好々爺。見てるとなんだか泣けてくる。
⑰マーサシェリー・デュヴァル):グリーン氏の姪っ子。何度もパンチの利いた衣装(ほぼ裸)に着替える。
⑱米兵スコット・グレン):バーバラ・ジーンのストーカー。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
⑲ケニー・フレイザー(デヴィッド・ヘイワード):車がオーバーヒートして動かなくなってしまったので大きなヴァイオリンケースを抱えてひたすら歩く変な人。キーマンかと思ったらそうでもない。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
⑳スター(バート・レムゼン):ええ歳こいて真っ赤な4WDピックアップに乗ってる粋なオッサン。
㉑ウィニフレッド(バーバラ・ハリス):スターの幼妻。歌手志望の自分を売り込む方法を模索している。スーリーンと違って歌唱力は抜群。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
㉒コニー・ホワイトカレン・ブラック):絶賛売出し中の歌手。バーバラ・ジーンとはお互いにいがみ合う仲。バーバラが体調不良で空けた穴を埋めるためステージで歌う。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
㉓ノーマン(デイヴィッド・アーキン):おしゃべりなタクシー運転手。個性がないから勤務時間外も赤い制服と帽子着用。
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用
㉔三輪バイクの男ジェフ・ゴールドブラム):超長いフロントフォークの三輪バイク、笑福亭笑瓶仕様の黄色い眼鏡、所かまわず繰り出される呪術みたいな手品の数々。24人のメインキャストのうち唯一セリフがなく、個性のみで勝負してくる謎の男。

 

カメオ出演(分かった奴だけ)公開

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

ノーマンが運転するタクシーでヘヴン・ハミルトン主催のパーティにやってくるのは【M★A★S★H マッシュ】のエリオット・グールド

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

グランド・オール・オープリーの打ち上げでヘヴン・ハミルトンやトリプレットらに挨拶に立ち寄るのは【ドクトル・ジバゴ】ジュリー・クリスティ

関連記事

1965年/アメリカ・イタリア/監督:デヴィッド・リーン/出演:オマー・シャリフ、ジュリー・クリスティー、ジェラルディン・チャップリン、アレック・ギネス、ロッド・スタイガー、トム・コートネイ、ショブハン・マッケンナ、ラルフ・リチャー[…]

【ドクトル・ジバゴ】オマー・シャリフ
【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

冒頭、スタジオ録音中のヘヴンにコテンパンにこき下ろされるスタジオ・ミュージシャンのフロッグは、映画音楽作曲家のリチャード・バスキン。

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

フロッグと同様に、ロバート・アルトマン監督本人も冒頭のヘヴンのスタジオ収録場面に映り込んでいらっしゃいます。

ヘヴンから「ボブ」と呼びかけられるプロデューサーの男がそうです。声は聞こえるけど全然顔は見えません。

 

 

キース・キャラダインの「アイム・イージー」

【ナッシュビル】は音楽の聖地ナッシュビルが舞台なだけあって、作中多くの曲が流れます。そのうちキース・キャラダイン扮するトムが歌う「アイム・イージー」という曲がアカデミー歌曲賞を受賞。この曲は「AFIアメリカ映画主題歌ベスト100」の81位にもランクインしています。

参考 AFI=アメリカン・フィルム・インスティチュート。1967年に設立されたアメリカ合衆国において「映画芸術の遺産を保護し前進させること」を目的とする機関。

関連記事

おはこんばんちは、朱縫shuhouです。 アメリカの映画団体AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)が1998年から(ほぼ)1年毎に発表し始めた「アメリカ映画100年シリーズ」。ライン[…]

afiアメリカ映画主題歌ベスト100

さてではここで、「アイム・イージー」の歌詞の一部をご覧ください。

人目をはばからず君を愛したい

不安になっても手を握ったりしない

自分の内面をさらけ出しはしない

君は僕のものじゃないから

 

僕の想いに応える気がないなら気をひくそぶりはやめてくれ

ゲームに興味はないし苦手なんだ

自分で言うほど君は自由じゃない

 

でも君に任せて僕は従おう

まるで当然のようにゲームにも乗る

君に任せたいから

出典:【ナッシュビル】字幕

ミュージシャンって卑怯だよね。こんな歌をステージの上から自分だけを見つめながら歌ってくれたらどんな女もイチコロですやんか。トムの甘いマスクで歌われた日にゃあ尚更ですよ。

トム

この歌は最近作った。

今夜来ている“ある人”に捧げよう。

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

ところがトムは「アイム・イージー」の歌詞にあるような一途で繊細な心とは無縁の男。ただのヤリ○ン。「繊細」ではあるのかも知れないけど「一途」では絶対ない。

その証拠にライブハウスでこの曲を歌った時、観客席に少なくとも3人は彼と寝た女性がいらっしゃる(この直後に寝ることになる奴も含めて)。

 

トムが切なげに「アイム・イージー」を歌い始めた時、そいつら全員が「…もう。トムったら…」って表情をしているのが死ぬほど面白い。

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

お前やない。

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

お前やない。

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

お前でもない。

【ナッシュビル】ロバート・アルトマン
©Nashville/ナッシュビルより引用

言うとくけど絶対お前ではないからな。

 

誰とも受け取れる誰でもない・・・・・・・・・・・・・「君」 への塩梅が抜群。ミュージシャンはこうでなくっちゃ(偏見)。

ちなみにこのシーンもただ面白いだけであって特に意味があるワケではありません。

 

 

映画【ナッシュビル】の感想一言

朱縫shuhou

メインキャスト24人のエピソードを繋ぐ次期大統領候補ビル・ウォーカーの街宣車演説がとにかく耳障り。一応ビル・ウォーカーの選挙活動は物語の縦軸になっているはずなんですけどそんなことは知ったこっちゃない。

ただただウザい。

 

あそうか、こんな風に“街宣車が街を隅々まで走り回ったところで市井の人々にとっては「やかましい放送」くらいにしか捉えられてないよ”って皮肉が込められてるのかな。

…いやちゃうな。

たぶんやかましい街宣車にも特に意味はないんやろな。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG