全90作!歴代アカデミー賞ランキングはこちらから

【エリン・ブロコビッチ】脚色過多だけど実話!その後現在の彼女は…

ヒューマン
20秒で読める概要とあらすじ

2000年/アメリカ/監督:スティーブン・ソダーバーグ/出演:ジュリア・ロバーツ、アルバート・フィニー、アーロン・エッカート、マーグ・ヘルゲンバーカー、トレイシー・ウォルター/第73回アカデミー賞主演女優受賞

3人の子供を持つシングルマザーのエリン・ブロコビッチは青信号での追突事故に遭う。絶対に勝てる裁判だったはずなのに結果は敗訴。何の保障も得られなかったエリンは弁護を請け負ったエドワードに、お詫びに自分を事務所で雇うように詰め寄る。

※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

2人の子供と映るエリン・ブロコビッチ

©Erin Brockovich/エリン・ブロコビッチより引用

今の夫は二人目です。年齢的な出産のリミットに焦ってそこら辺に転がってたゴリラと適当に再婚したもんで、目的を達成した今やゴリラは完全に不要。こそこそ足場固めて子供が小学校上がるまでに出ていこうと暗躍してますけど、この映画観るとそんな離婚願望がますます激しくなるんですよね。

なんか一人でもやってけるような気がする。

 

いやいや、こんな映画みたいな(映画やけど)サクセス・ストーリーに騙されてはいかん。

後述しますけど結婚生活なんてやっぱり耐えられる部分は耐えないと、ロクなことにならへん。

 

女性が頑張ってる姿に元気と勇気をもらうことができますが、自分もできると勘違いして大それた行動にでない方が良い映画らしい映画、【エリン・ブロコビッチ】です。

 

 

3人の子を持つシングルマザー、「エリン・ブロコビッチ」

3人の子持ちバツ2無職のイケイケ姉ちゃんエリン・ブロコビッチ(ジュリア・ロバーツ)。

電話かけまくるエリン

©Erin Brockovich/エリン・ブロコビッチより引用

末の娘は1歳にも満たないしロクに職務経験もないしで職探しが難航してる上、交通事故に遭って健康保険に入っていなかったため多額の治療費を支払うことに…。

学生時代はミスに選ばれたこともある派手な見た目のシングルマザーは人生の苦境に立たされていました。

 

ジュリア・ロバーツよりもアルバート・フィニーでしょうが!

交通事故の裁判を請け負ってくれた縁でエドワード(アルバート・フィニー)が構える小さな弁護士事務所に(半ば強制的に)就職するエリン。

そこでアメリカの大手企業PG&Eの水質汚染に関する書類のおかしな点に気づき、調査を開始します。

エリン・ブロコビッチとアルバート弁護士

©Erin Brockovich/エリン・ブロコビッチより引用

【エリン・ブロコビッチ】の演技でジュリア・ロバーツはアカデミー主演女優賞を始め数々の賞を獲得しています。

まあ確かに胸の谷間下品なジョークはトレビアンでしたが。

 

エドワード弁護士を演じたアルバート・フィニーがノミネートすらされてないのが残念でなりません。

ええ年した弁護士が学のない小娘に「あんたセックスしたことないじゃねーの?!」とタンカ切られて目を丸くする場面や、自分のホラに騙されてポカンとしてるエリンを見て満足気にステップを踏む場面なんて最高よ?

名優アルバート・フィニー

©Erin Brockovich/エリン・ブロコビッチより引用

 

アメリカ史上最高額の和解金

大手企業PG&Eの汚染された工場排水によってすでに何らかの病気に罹患している、または体調不良を訴えている周辺の住民は引っ越した人も含めて約600人

彼らとともに挑んだ裁判でエリンは見事勝利を収め、3億3300万ドルというアメリカ史上最高額の和解金を手にします。

朱縫shuhou
えっと~…。

「3億3300万じゃ原告600人や弁護士料や経費で割ったらそんなに大した取り分にはならへんよな。

当時の日本円に換算したらどのくらいなん?

 

…えっ!?

400億円?!

マジでえ~!!!

そらエリン一人で2億円の臨時ボーナスもらうわ!

 

…まあね、

実際現地の方の中には汚染水のお陰で一生不自由な体の人や末期癌患者やすでに死んでしまった人もいるわけで…健康はお金では換算できませんけど、それでもお金の心配せずに治療に専念できるのが一番ですもんね。

和解金ゲット!!!

©Erin Brockovich/エリン・ブロコビッチより引用

3人の子供を持つエリンの

エリン
あの人たちはお金が欲しいんとちゃうねん

ただ綺麗な水を張った家のプールで子供たちを遊ばせてあげたいだけやねん

というセリフが心に染みます。

 

 

映画のその後…エリン・ブロコビッチの現在は?

さてこのエリン・ブロコビッチご本人様、映画では「バツ2」となっていますが、公開後また再婚・離婚し、現在は「バツ3」

なんかすげー迫力。

「バツ3」

 

大金を手に入れたとたんに元夫や映画にも出てくるバイカーの恋人ジョージ(アーロン・エッカート)(映画では無償でベビーシッターを買って出ますが、実際は報酬を貰っていたそうです)に金をせびられ裁判沙汰にまでなっています。

バイカーのジョージ

©Erin Brockovich/エリン・ブロコビッチより引用

 

さらに多感な時期に家を空けて仕事に没頭していたためか、エリンの子供たちは10代からドラッグ漬けになり、その治療に多額の費用と歳月を要したとか…。

 

映画の中で多忙を極め子供たちと触れ合う時間もなくなっていくエリンに対し、ジョージがたしなめる場面があります。

ジョージ
もうちょい傍におったれよ
エリン
大丈夫やって、きっと分かってくれるから

我が子を過剰に信じているのか、あっさりと返すエリン。

 

映画の中では「たくさんの不幸な人々のためにママは戦っている」と息子が理解したかのような描写がありますが、実際にはそうではなかったってこと。

ホント、女が一人で子供抱えて男並みに仕事もこなすって、至難の業ですわ。

ママはたくさんの人たちのために戦っている

©Erin Brockovich/エリン・ブロコビッチより引用

 

現実は映画のようには行かないからこそ、また今日も映画を観てしまうんですよね。

やっぱり離婚は先送りにします。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【エリン・ブロコビッチ】を観たくなったら

トップへ戻る