歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【アダムス・ファミリー2】ウェンズデーでなくてもサマーキャンプはご免!

アダムス家 コメディ

1993年/アメリカ/監督:バリー・ソネンフェルド/出演:ラウル・ジュリア、アンジェリカ・ヒューストン、クリスティーナ・リッチ、ジミー・ワークマン、クリストファー・ロイド

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

アダムス夫妻とベビーシッター

©Addams Family Values/アダムス・ファミリー2より引用

ない。

ない。

どこに行ってもない。

 

たまーに急に観たくなるんですけど、第一作目【アダムス・ファミリー】のメディアがどこに行ってもないんです。

てな訳で観るのはいっつも続編のコチラ、【アダムス・ファミリー2】になっちゃうわけです。

 

面白いしこの続編はクリストファー・ロイド扮するフェスターの恋模様がメインなんで、これはこれで楽しんで観られるんですが、余りに長い歳月観てないから一作目の内容忘れちゃいましたよ…。

なんでDVDないんかなぁ~。

2017年9月追記:見つけました【アダムス・ファミリー】のDVD!

一作目の記事はこちらからどうぞ。

【アダムス・ファミリー】手首のハンドの本職は?母モーティシアは妖艶すぎ
【アダムス・ファミリー】/1991年/アメリカ/コメディ/不吉なものを好むモンスターのアダムス一家に起こる騒動を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

映画【アダムス・ファミリー2】のあらすじザックリ

原作はアメリカの一コマ漫画だったが映画化され大ヒットした作品の続編。不気味な洋館に住むアダムス一家は実は不吉なものを好むモンスター一家。続編では一家の財産を狙った女結婚詐欺殺人犯の魔手が伸びる…

 

 

テーマ曲はホンダ・オデッセイのCMに起用

若い人たちは知らないでしょうが、【アダムス・ファミリー】のテーマ曲とキャラクターは、その昔ホンダ・オデッセイのCMに起用されてたのです。

 

今でも私なんかはオデッセイを見るとディディディディッ♪とテーマ曲口ずさんじゃいます。

ファミリーでも乗れちゃう」ってコンセプト、からの、「アダムス・ファミリー」つながりだとお察ししますが。

当時流行した映画とは云え、モンスター一家をどどんとCMに起用しちゃう奇抜な発想のホンダ、サスガです。

 

 

縁起悪いの大好きアダムス・ファミリー

アダムス・ファミリー。

まあモンスター一家なんですが、「父が吸血鬼」で「母が魔女」とか、具体的な「種類」は出てきません。強いて言うなら使用人のラーチ(カレル・ストルイケン)がフランケンシュタインの怪物?ってくらい。

全部オリジナルキャラっちゅーか。

【フランケンシュタイン(1931)】名前すらもらえなかった怪物の悲劇
【フランケンシュタイン】/1931年/アメリカ/モンスター/ヘンリー・フランケンシュタイン博士が造り出した人造人間の哀しい運命を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

手首から先だけで生きてるモンスター(?)ハンド(クリストファー・ハート)とかはこの映画で市民権を得た新種のモンスターのような感じですし。

 

ハンド以外はただの「不吉や不幸や縁起の悪いもの・残酷な事が好きな変わった人間の一族」とみることもできんでもないですが、なんかこの一族不死身っぽいので、やっぱりモンスターみたいですね。

フェスターは冒頭で月に吠えてるし、狼男的な感じなのかも?

月に吠えるフェスター

©Addams Family Values/アダムス・ファミリー2より引用

原作の漫画読んでみたいけど一体どこで入手すればいいのやら。

 

妖怪人間ベラともちょっと被るモーティシア

好きなキャラはミセス・アダムス、モーティシア(アンジェリカ・ヒューストン)。

フェスタ―のぶっ飛んだ演技もいいけど、モーティシアの妖しい色気が妙に好きで…。

アダムス夫妻

©Addams Family Values/アダムス・ファミリー2より引用

貞子みたいな長~い陰気な黒髪に漆黒のロングドレスを引きずって、唇と長い爪だけがやけに真っ赤っか。

どう見ても血も涙もない非情の連続殺人犯のような風貌なのに、夫のゴメズ(ラウル・ジュリア)とはラブラブで、子供や一族も心底愛してるというキャラのギャップが私の目にはとってもかわいく映ります。

 

 

赤ちゃんがやってきた!

【アダムス・ファミリー2】はこのモーティシアの出産から始まります。

赤ちゃんの誕生をよく思わない姉のウェンズデー(クリスティーナ・リッチ)と兄のパグズリー(ジミー・ワークマン)は赤ちゃんを亡きものにしようと画策します。

全力で。

過激。

 

それを知った父ゴメズと母モーティシアは赤ちゃんを守るためにベビーシッターを募集。

結果、不気味な一家にやたらニコニコと好意的なお姉さんデビー(ジョーン・キューザック)を招き入れることになるのですが、そのお姉さんは実は、ゴメズの兄で独身のフェスターと結婚してアダムス家の財産を奪おうとする結婚詐欺師の連続殺人犯だったワケ(ちなみに普通の人間)。

誰ぞ
ウェンズデー
このお姉ちゃん、なんかおかしい…

いち早くデビーがただ者ではないことに気付いたウェンズデーは、デビーの策略にハマり弟と共にサマーキャンプに送られてしまいます。

物語はアダムス家とキャンプ場の二極に分かれます。

 

地獄絵図のようなサマーキャンプ場

キャンプ場の描写はウェンズデーでなくとも恐怖を覚える…。蕁麻疹出そう。

憮然としているウェンズデー

©Addams Family Values/アダムス・ファミリー2より引用

焼けつくような太陽。

澄み切った水。

爽やかな風。

小鳥さえずる大自然の中、

 

あんな暑苦しい指導員おったら

暑苦しいキャンプの指導員

©Addams Family Values/アダムス・ファミリー2より引用

マジコロス。

 

おるおる、自分が楽しいと思ってる事は世界中の誰もが楽しいと思ってる奴。

 

「まぶしい青春の1ページ」を強要するキャンプ指導員に姉弟は完全にアレルギー状態。

熱い、いや暑苦しいキャンプの参加者と対照的に、終始仏頂面のウェンズデー。

あのバカテンション共とキャンプしようもんなら誰でもあんな表情になるわ。

 

最後には暑苦しい連中も豚の丸焼きみたいに棒にくくりつけられて直火でこんがり焼かれてたからスッキリするけど。

もっとホットになっちゃいなよ。

 

アダムス邸ではフェスタ―が恋をする

一方邪魔者のいなくなったアダムス邸では、デビーとフェスターのヘンチクリンな恋模様が描かれます。

しかしあんなデビーの胸の谷間反則。誰だってコロッと行かれちゃうわ。

デビーがふと見せる殺人犯の表情がこれ見よがしに怖いのに、恋したフェスタ―は気付く素振りもありません。

朱縫shuhou
朱縫shuhou
 フェスター逃げてぇぇぇぇ

祈りも虚しく生まれて初めての恋に髪の先まで(ハゲやけど)どっぷり浸かっちゃったフェスターは、のんきに鼻に棒を突っ込んで

誰ぞ
フェスタ―
見て見て~♪
ウケ狙ってる場合か!

©Addams Family Values/アダムス・ファミリー2より引用

とデビーのために渾身のボケをかます。

おい。

そんなんが年頃の女性にウケると思ったら大間違…………

 

朱縫shuhou
朱縫shuhou
ぶーっ!!

 

ウケる。

 

おもろいもんは年頃だろうが年増だろうがおもろい。

 

 

映画【アダムス・ファミリー2】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

オチがバレバレのエンディングだけがちょっと残念なんですよね~。もう一回くらい爆笑したかった感じ。

エンディングはベタな方がええのかも知らんけど。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【アダムス・ファミリー2】を観たくなったら

アダムス・ファミリー2[AmazonDVDコレクション]
パラマウント
¥ 1,000(2019/02/28 07:53時点)
【アダムス・ファミリー】手首のハンドの本職は?母モーティシアは妖艶すぎ
【アダムス・ファミリー】/1991年/アメリカ/コメディ/不吉なものを好むモンスターのアダムス一家に起こる騒動を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
コメディ
関連記事とスポンサーリンク



天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました