【ダイ・ハード】ブルース・ウィリス

【ダイ・ハード】ドウェイン、ハリー、リチャードのアホ3人衆!

1988年/アメリカ/監督:ジョン・マクティアナン/出演:ブルース・ウィリス、アラン・リックマン、アレクサンダー・ゴドノフ、ボニー・ベデリア、ウィリアム・アザートン、ハート・ボックナー

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

無線で応援を呼ぶマクレーン
©Die Hard/ダイ・ハードより引用

「髪がある!ふさふさの!!」

近年のつるつる頭ブルース・ウィリスしかご存知ない若い方なんかは、本作を観てびっくりするんじゃないでしょうか。

髪ふさふさの時のブルース・ウィリス、めっちゃかっこよかったんですよお~。

ブルース・ウィリスはハゲでもかっこいいわって思ってたけど、改めて髪がある若き日の彼を見るとやっぱり見劣りしますね…。(おーい)

 

DVDも持ってて何回も観てるのにTVで放送してるとまた観てしまう、世界一運が悪い男の有意義なクリスマスを描いた映画、【ダイ・ハード】です。

 

 

 

映画【ダイ・ハード】のあらすじザックリ

別居中の妻が重役を務める会社のクリスマス・パーティーにやってきたニューヨーク市警のジョン・マクレーン。しかし突如会場となったビルがテロリスト達に占拠され、その場にいた全員が人質となってしまう。運良く1人難を逃れたマクレーンは、運悪く1人でテロリスト達と戦うこととなる。

 

 

「世界一不運な男ジョン・マクレーン」他、魅力的なキャラクター

【ダイ・ハード】には魅力的でかっこいいキャラクターがたくさん出てきて観客を飽きさせません。

 

一介の刑事の域を超える勘の良さ・洞察力・身体能力・運の悪さを誇る主人公のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)を筆頭に、

卓越した状況分析力と適応力に加え常に冷静な判断力を持つ元テロリストで【ダイ・ハード】のラスボス、ハンス・グルーバー(アラン・リックマン)はジョンの相手にとって不足はありません。

ハンス・グルーバー
©Die Hard/ダイ・ハードより引用

女性の出世が難しい(当時)日系企業で重役の椅子に座っているジョンの妻ホリー・マクレーン(ボニー・ベデリア)も、

ビルの中でたった1人で戦うジョンの唯一の理解者となる黒人警察官パウエル(レジナンド・ヴェルジョンソン)も、

言葉を発せずともジョンの状況を推察し、離れた場所から援護します。

ホリーのデスク
©Die Hard/ダイ・ハードより引用

陽気なリムジンの運転手アーガイル(デヴロー・ホワイト)だって、ゲラゲラ笑ってるだけのお笑い担当かと思いきや最後に重要な役割を果たしますし。

 

しかし【ダイ・ハード】には、

そんな彼らとは対局のアホも存在するのです!

 

 

ドウェインとハリーとリチャード!ヒーローを際立たせるアホ3人衆

クリスマス・パーティで盛り上がるナカトミ・ビル。

しかしパーティー会場は突如としてハンス・グルーバー率いる数人のテロリストに占拠され、たまたまその場に居合わせるも1人逃げおおせたニューヨーク市警のジョン・マクレーンがたった一人でテロリスト達に立ち向かう…というストーリー。

占拠されるパーティ会場
©Die Hard/ダイ・ハードより引用

ホントに、何回観ても面白いんで、観てない人は絶対観て欲しいし、観たことある人はストーリーなんて脳裏に焼き付いてると思うんで敢えてそこは書かず、アホさを存分に発揮することで【ダイ・ハード】にメリハリをつけてくれている愛すべきアホどものアホさ加減を書いてみようと思います。

 

権力を持たせたらあかんアホ(ドウェイン・ロビンソン)

最初のアホは、戦場と化したナカトミ・ビルの周囲に群がるロサンゼルス市警の現場責任者ドウェイン・ロビンソン(ポール・グリーソン)。

自分の狭い了見に基づく高圧的な意見しか口にしない典型的な「嫌でアホな上司」

ドウェイン・ロビンソン
©Die Hard/ダイ・ハードより引用

しかしドウェインはまだまだ小物級のアホなんで、序盤で無線を通じてジョンに文句言うものの5倍くらいになって返ってきて反論することもできずあっけなく敗退。

その後FBIがやってきて現場を仕切られてからはすっかりお笑い担当に。

ドウェインのアホ名言集

●パウエル「僕の勘ではビルの中にいるのは恐らく警官です!」
ドウェイン「何言うとんねん!頭のイカれたバーテンかも知れんやろ!」●パウエル「死体が落ちてきたのはどう説明するんです!」
ドウェイン「株で大損して自殺したんちゃうか?」

●(FBIのヘリが墜落した時)「FBI人員足りるかな」●(ハンスがビルから落下してきた時)「アレ人質ちゃうかったらええな」

見事に的をはずれた素っ頓狂なことをのたまっておられますねぇ~。

アホですねぇ~。

 

意識高い系のアホ(ハリー・エリス)

さて続きましてこちらは、「俺仕事できるし」と勘違いしているよくいるタイプの「意識高い系」のアホ、ハリー・エリス(ハート・ボックナー)。

なぜかホリーと同じナカトミ商事の重役ではあるのですが、持てるコネを余すところなく駆使して出世したとしか思えないアホっぷり。

ハリー・エリス
©Die Hard/ダイ・ハードより引用

その上忍耐すら欠けていて、人質となってテロリスト達に拘束されることに我慢できなくなったハリーは無い知恵ふり絞ってテロリストと交渉しようとします。

ジョンが「やめとけってアホかお前は!」て本気で言ってるのに「大丈夫大丈夫俺に任せとけってー」と言わんばかりにニタニタしながらハンスに交換条件を持ちかける様は失笑もの。

 

偉そうにハンスの前に座ってる場合ちゃうでぇ~。

そこバリバリ射程距離やからぁ~。

アホですねぇ~。

 

未来を推測できないアホ(リチャード・ソーンバーグ)

そして「影のアホ」とでも言いましょうか、直接ジョンやテロリストと関わる訳ではないのですが、事件の騒動に紛れてこそこそとスクープを嗅ぎまわるアホジャーナリスト、リチャード・ソーンバーグ(ウィリアム・アザートン)です。

ジョンが身分を隠し「お邪魔虫君」と名乗ってテロリスト達に立ち向かっているというのに、ハリーとアホタッグを組んで身分も家族も洗いざらい敵にバラしてしまうことになる大たわけ者。

リチャード・ソーンバーグ
©Die Hard/ダイ・ハードより引用

ジョンの家族がロサンゼルスにいてホリーが妻であるとテロリストにバレたらどうなるか…など推測することもできないこのアホは、ただスクープのためだけに事件の渦中にあるジョンの妻ホリーの自宅へ押しかけ、移民であるお手伝いさんに「移民局に密告すんぞコラ」と脅しをかけて取材を強行。

ジョンの子供達のインタビュー映像がハンスの手元のTVに映ってしまい、ホリーがジョンの妻だとバレてしまいます。

 

このリチャードのスクープ映像のお陰で死ぬ目にあったホリーが、無事解放された後強烈なパンチをお見舞いしてくれてちょっとはスッキリしますけど、正直…

朱縫shuhou
朱縫shuhou
もっといったれ!

ガチで死ぬとこやったやんけ!

て感じ。

 

ジャーナリズムの追求もええけど、人命を第一に考えろよぉ~。

アホですねぇ~。

 

 

アホありきの映画【ダイ・ハード】

パウエルに出会ったジョン
©Die Hard/ダイ・ハードより引用

アホアホ言うてますが、このアホ達の協力(?)なくしては【ダイ・ハード】は【ダイ・ハード】たりえないのです。

 

「なかなか死なない者(不死身)」という意味のある「Die Hard」

 

【ダイ・ハード】はこのアホどもに華麗に邪魔されることによってジョンの「九死に一生を得る」感が増幅されています。

単純にこのアホどものお陰で最初に挙げたアホじゃない人達のかっこよさも倍増されていますし、まあまあの人数が死んでるというのに陽気なクリスマス・ミュージックが流れてサラッと幕を閉じるというラストにも違和感を感じません。

 

そんな愛すべきアホどもにも着目してお楽しみください。

ヒーローアクションジャンルで近年稀に見る名画です。

 

 

映画【ダイ・ハード】の感想というか思い出

余談ですが今みたいにスマホを取り出してGoogle先生に訊ねればなんでもかんでもすぐに判明する時代ではなかった公開当時、中学生だった私はタイトルを「大ハード」やと思っていました。

「そんな勘違いしてる奴おらへんやろ!」ってツッコまれそうですが、いやホンマなんですって、盛ってない盛ってない。

クラスの男子とかもみんな「なんで海外の映画やのに『大』ってついてんねやろな!」って真剣に言うてましたもん。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

平和ですよ昭和は。

あギリギリ昭和は終わってたかな。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ダイ・ハード】ブルース・ウィリス
更新情報ひたすらつぶやいてます。