【鳥】ティッピ・ヘドレン

【鳥(1963)】ヒッチコックのサスペンスのあらすじと感想

【鳥】ティッピ・ヘドレン

1963年/アメリカ/監督:アルフレッド・ヒッチコック/出演:ティッピ・ヘドレン、ロッド・テイラー、ジェシカ・タンディ、ヴェロニカ・カートライト、スザンヌ・プレシェット、エセル・グリフィス、チャールズ・マッグロー

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

映画【鳥(1963)】ティッピ・ヘドレン
©The Bird/鳥より引用

アルフレッド・ヒッチコック作品で私が一番最初に観た映画。

極度の怖がりである私は、ホラー映画や怖めのサスペンス映画を観ることができません。

朱縫shuhou

…ちょっと待って。あれやったら怖くないんちゃう?

だって相手幽霊とかちゃうもん、鳥やもん。

そう考え至って安易に観てみた結果意外と怖くてめっちゃ泡吹いた映画、【鳥(1963)】です。

 

 

 

映画【鳥(1963)】のあらすじザックリ

サンフランシスコのペットショップで「愛の鳥」を探すミッチと出会ったメラニー。自分に失礼な態度を取ったミッチの鼻をあかしてやろうと考えたメラニーは「愛の鳥」を手に入れ、カリフォルニアのミッチの実家までこっそり届けに行く。

 

 

「サスペンス映画の神様」アルフレッド・ヒッチコック

サスペンス・スリラー映画界で「神」と称されるイギリスの映画監督・映画プロデューサー、アルフレッド・ヒッチコック。映画に興味がない人でも名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

いやこの人の場合もしかしたら、名前よりその強烈なインパクトでもって完全にキャラクターアイコンとなっているルックスの方が周知されているのかも知れません。

アルフレッド・ヒッチコック
©Internet Movie Database

代表作は【サイコ】【レベッカ】【ダイヤルMを廻せ!】など数え切れず。

関連記事

1960年/アメリカ/監督:アルフレッド・ヒッチコック/出演:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ヴェラ・マイルズ、ジョン・ギャヴィン、マーティン・バルサム、ジョン・マッキンタイア注※このサイトは映画のネタバレしようが[…]

サイコ/ジャネット・リー
関連記事

1940年/アメリカ/監督:アルフレッド・ヒッチコック/出演:ジョーン・フォンテイン、ローレンス・オリヴィエ、ジュディス・アンダーソン、ジョージ・サンダース、レオナルド・デニー/第13回アカデミー作品・撮影(白黒部門)賞受賞[…]

自殺を唆すダンバース
関連記事

1954年/アメリカ/監督:アルフレッド・ヒッチコック/出演:レイ・ミランド、グレース・ケリー、ロバート・カミングス、ジョン・ウィリアムズ、アンソニー・ドーソン注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと[…]

ダイヤルMを廻せ!タイトル

自らの作品にチョロチョロとカメオ出演することでも知られています。

ちなみに【鳥】では、冒頭でペットショップへ入る主人公のメラニー(ティッピ・ヘドレン)とすれ違う犬を連れたおっさんがヒッチです。

ヒッチコックのカメオ出演
©The Bird/鳥より引用

 

【鳥】主演ティッピ・ヘドレンへのセクハラ問題

朱縫shuhou

そういえばティッピ・ヘドレンって、次作【マーニー】以降影を潜めちゃうよねえ?

それもそのはず、彼女は【マーニー】主演以後ほぼ休業状態にありました。

【鳥】ティッピ・ヘドレン
©The Bird/鳥より引用

彼女が第一線を退いた原因はヒッチコックのセクハラ。

2016年(当時86歳)に彼女自身が暴露しています。

もっとも有名な“ヒッチコック・ブロンド”として知られるグレース・ケリーがモナコ公国の王妃となりハリウッドを離れたのが1956年。【鳥】の公開は1963年。

想像するにかなり情緒不安定だったところへグレース・ケリー並みの煌めくプラチナ・ブロンドの美しい女優が現れたもんで、ヒッチコックの頭のネジは2~3本ぶっ飛んでしまったのではないでしょうか。

ヒッチコックは嫉妬深く多くのコンプレックスを抱えていと言われています。こういう人に執着されるってマジ気の毒。彼のセクハラ問題を扱うだけで映画の1本や2本撮れてしまいそう。

 

て思ってたら本当に映像化(TV映画)されてました!

 

その名も【ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女】

メディア化されてないみたいですけど、なんとかして観てみたい。

 

 

車でも屋内でも大群で襲い掛かってくるたかが鳥されど鳥

映画本編の話に移ります。

さて映画【鳥(1963)】の内容はと言えば、タイトルからして鳥が絡んだパニックサスペンス映画なのは想像がつきますよね。

ええ、「『鳥』で『サスペンス』って、なんか弱くね?って思うあなたの気持ちも分かります。私もそうでした。

【鳥】ティッピ・ヘドレン
©The Bird/鳥より引用

タイトルが「ツキノワグマ」とか「ベンガルトラ」とかだったら納得ですよね。実際【ジョーズ】【アナコンダ】は普通にタイトルだけで怖そうです。

関連記事

1975年/アメリカ/監督:スティーブン・スピルバーグ/出演:ロイ・シャイダー、ロバート・ショウ、リチャード・ドレイファス、ロレイン・ゲイリー、マーレイ・ハミルトン/第48回アカデミー作曲・音響・編集賞受賞注※このサイトは映[…]

ジョーズから見た美味しそうな人間

でもタイトルは【鳥】なのです。

ちゅんちゅん。

くどいですが、戦う相手はただの 鳥 なんですよ。

ぴよぴよ。

 

【鳥】ティッピ・ヘドレン
©The Bird/鳥より引用

「愛の鳥」を探していたミッチ(ロッド・テイラー)を驚かすため小さな田舎町へやってきたお嬢様のメラニー。湖の対岸にあるミッチの自宅へ行くためにボートに乗っていると、突然1羽のカモメが彼女めがけて飛んできます。

「あーびっくりした」では済みません。メラニーは鳥に小突かれて額から流血

平和な田舎町になんとなく不穏な空気が漂います。

 

その後、町で知り合ったアニー(スザンヌ・プレシェット)の家で話をしていると、玄関でゴトンッと物音が。

扉を開けるとそこにはドアに激突したカモメの死骸が転がっている。

【鳥】ティッピ・ヘドレン
©The Bird/鳥より引用

もう不気味極まりない。

 

こんな感じで「鳥」の恐怖(被害)は少しずつ膨れ上がり、最終的には鳥(カモメだけでなくカラスも雀もなんでもいる)の大群が町全体に襲いかかってくるのです。

【鳥】ティッピ・ヘドレン
©The Bird/鳥より引用

なにしろ50年以上前の映画ですから映像のチャチさはもう仕方ない。これでも当時は画期的な技術だったはず。て言うかヒッチの作品は今観ると結構合成がチャチいものが多い。

しかし鳥の大群に至近距離でバサバサされるともう合成のチャチさなんて気になりません。

 

気が付けば鳥相手に手に汗握っている

鬱陶しさは夏場に草むらに入った時のやぶ蚊の大群のそれと似ていますが、いかんせん鳥にはくちばしと爪があります。

バサバサつつかれるたびに血に染まっていく人間。

ついには死人がでるまでに…!

【鳥】ティッピ・ヘドレン
©The Bird/鳥より引用
死因:つつかれ死
朱縫shuhou
絶対嫌や!

はっ!

 

鳥相手やと思って油断してたら拳握りしめてるわ。

鳥ヤバイ。

 

 

「アメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100」悪役部門ノミネートの実力

また本編から話が逸れますが、「アメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100」というランキングに、この映画【鳥】からノミネートされている方がいらっしゃいます。

誰だと思いますか?

関連記事

おはこんばんちは、朱縫shuhouです。 アメリカの映画団体AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)が1998年から(ほぼ)1年毎に発表し始めた「アメリカ映画100年シリーズ」。ライン[…]

afiアメリカ映画ヒーローと悪役ベスト100

「ヒッチコック」?

ぶーっ!はずれ!

 

「鳥」です。

映画【鳥(1963)】ティッピ・ヘドレン
©The Bird/鳥より引用

……まあ「悪役ランキング」の方に「サメ」【ジョーズ】のね)が入ってたりするんで分からんでもないんですが。

しかし「鳥」て。

ちょっとおもろいけど。投票した人のセンスに脱帽。それともネタじゃなくて本気やったんかな。

てか「鳥」て。

「鳥」はノミネートのみで惜しくもランクインしていません!

 

 

映画【鳥(1963)】の感想一言

朱縫shuhou

ヒッチコックもまた何を思って鳥に襲われる人間を描こうと思ったのか…。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【鳥】ティッピ・ヘドレン
また来てちょんまげ
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG