ダイヤルMを廻せ!タイトル

【ダイヤルMを廻せ!】“M”の意味とあらすじと観た感想

1954年/アメリカ/監督:アルフレッド・ヒッチコック/出演:レイ・ミランド、グレース・ケリー、ロバート・カミングス、ジョン・ウィリアムズ、アンソニー・ドーソン

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

首を絞められるグレース・ケリー
©Dial M for Murder/ダイヤルMを廻せ!より引用

この映画を観ていつも疑問に思うこと。

それは、「首を絞められて息も絶え絶えの女性がハサミで背中を刺したくらいで健康な成人男性が死にいたるのか」ってこと。

斧を力いっぱい振りかぶるとか、ハンマーで頭殴るとかなら分かるけど、裁縫用の普通のハサミで背中を一回刺したくらいですぐ死ぬなんてありえないよね?

 

まあアルフレッド・ヒッチコックの映画は結構あっさり人が死ぬけどね。

 

【ダイヤルMを廻せ!】です。

 

 

 

映画【ダイヤルMを廻せ!】のあらすじザックリ

プロテニスプレーヤーだったトニーは資産家である妻のマーゴとロンドンのアパートに住んでいる。マーゴが自分の留守中にアメリカ人の推理作家マイクと浮気していることを知ったトニーは、妻を殺害して資産を手に入れようと考え、緻密な殺害計画を練り上げる。

 

 

タイトルにある“ダイヤルM”の意味は?

若い人はダイヤル式の黒電話の実物なんて見たことないかも知れませんね。公衆電話もどんどん撤去されていくしね。

黒電話はプッシュ式じゃないんでもちろんメールなんて送れません。ポケベルが流行していた高校時代、家が黒電話だった私はメッセージを送信するために近くの公衆電話まで走って行ってたのを覚えています。

メッセージ送って家に帰ってきたら返事が来てるからまた公衆電話に行く…みたいなね、はは。

ダイヤル式黒電話に書かれたアルファベット
©Dial M for Murder/ダイヤルMを廻せ!より引用

さてこのダイヤル式電話、日本の場合はそれぞれのダイヤルにはただ数字が書かれているだけですが、英語圏では数字+アルファベットが振り分けられています。

配列は現在の携帯電話やスマホに書かれているものとほぼ同じ。

どうしてこんな仕様になっているのかと言うと、英語圏の電話番号にはアルファベットが入っているものがあるから。

例えばスティーブ・ジョブズやiPhoneで有名なアップル社の米国サポート窓口の番号は“1-800-MY-IPHONE”で、数字に直すと“1-800-694-7466”になります。(スマホで見てみてください)(最後の“E”は語呂合わせっぽいですけど)

 

【ダイヤルMを廻せ!】では、妻の殺害を謀る夫が作戦実行の合図として自宅に電話をかけます。その時夫が最初にダイヤルするのが数字の“6”であり、奇しくもそこに充てられたアルファベットは「殺人」を意味する“Murder”の頭文字“M”である、どうよ、怖いやろが、ということです。

スワンに殺人を強要するトニー
©Dial M for Murder/ダイヤルMを廻せ!より引用

さらに殺しのターゲットの妻の名はマーゴ(グレース・ケリー)、浮気相手の名はマイク(ロバート・カミングス)で、どちらもイニシャルが“M”って偶然にも引っ掛けてあります、たぶん。

マーゴ’(グレース・ケリー)とマイク
©Dial M for Murder/ダイヤルMを廻せ!より引用

 

 

ほぼ密室劇の倒叙ミステリー

【ダイヤルMを廻せ!】は言うなれば「殺人(未遂)犯が主人公の『刑事コロンボ』」です。

犯人もその企みも事件の一部始終も、すべてを視聴者にバラしておいてから、事件を解決する刑事が現れる。それを犯人側目線で描いています。

 

レイ・ミランドの演技がおもしろい

物語のほとんどが、殺人現場となったアパートの一室で繰り広げられる密室劇の【ダイヤルMを廻せ!】。視覚的変化が少ないのに退屈に感じられない理由は、心が離れてしまったつれない夫を見限って浮気に走る妻マーゴを演じたグレース・ケリーの美しさと、妻の殺害を大学時代の先輩に強要する狂気の夫トニー役のレイ・ミランドの 面白い演技 にあります。

面白い演技を見せるレイ・ミランド
©Dial M for Murder/ダイヤルMを廻せ!より引用

真面目に演じれば演じるほど面白い、「メン・イン・ブラックシリーズ」のK(トミー・リー・ジョーンズ)にも通じるものがあるような気がしますが、こちらだけが何が嘘で何が真実か分かった状態でシレっと嘘の上塗りを繰り返されると、しらばっくれればしらばっくれるほどなんだか笑えてくる。

しらばっくれる演技を続けるトニー
©Dial M for Murder/ダイヤルMを廻せ!より引用

バレバレやで~…

どこまで嘘つくんですかあ~…ぷぷ。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

【ダイヤルMを廻せ!】でのコロンボ刑事に当たるハバード警部(ジョン・ウィリアムズ)がひと芝居打って、みんなで隠れてトニーの行動をうかがう場面なんてもうドッキリカメラですよ。

まんまとトニーが罠にかかってくれた日にゃあ「(テッテレー!)大~成~功~!」って脳内に流れますもん。

 

色んな意味で面白い映画です。

大学の同窓会の写真にドヤ顔で混じってるヒッチコックにも吹き出しましたし。

ダイヤルMを廻せ!のヒッチコック
©Dial M for Murder/ダイヤルMを廻せ!より引用

初期の作品だとどこに出てるのか探すのが大変だったヒッチコック名物のカメオ出演も、この頃にはかなり分かりやすくネタ的に自分を押し出してきている。

そしてドヤ顔が結構カッコいいからまた笑える。

 

 

映画【ダイヤルMを廻せ!】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

ちなみに事件解決のポイントとなる部屋の鍵ですが、この鍵は「閉める時は自動で閉まる」ようになっています。

鍵が必要なのは「開ける時」だけ。

 

だからトニーは警察署に行く時、鍵が違っていることには気付かず出て行き、自宅に戻って鍵を開けようとした時にようやく鍵が違っていることに気付いたんですね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

ダイヤルMを廻せ!タイトル
更新情報ひたすらつぶやいてます。