ジャンル別映画ランキング「10ジャンルのトップ10」+α

【ブルーベルベット】あらすじと観た感想。映倫大丈夫だったのか

ブルーベルベットを歌うドロシー ミステリー・サスペンス

1986年/アメリカ/監督:デヴィッド・リンチ/出演:カイル・マクラクラン、イザベラ・ロッセリーニ、デニス・ホッパー、ローラ・ダーン、ジョージ・ディッカーソン

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ベンとフランクとドロシー

©Blue Velvet/ブルーベルベットより引用

“カルトの帝王”デヴィッド・リンチ監督の代表作のひとつ。

腐りかけの耳とか性倒錯者とか好奇心を抑えられない若者とか林業が盛んな田舎町の陽気なDJとか直立で脳みそ出て死んでる奴とか、なんか変なもんがいっぱい出てくる。

いいね、うん。

いい。

そない好きちゃうけど。

【ブルーベルベット】です。

 

 

 

スポンサーリンク

映画【ブルーベルベット】のあらすじザックリ

父親の入院を機にジェフリー・ボーモントは生まれ故郷の田舎町に帰郷した。ある日通りかかった野原で切断された人間の片耳を発見し、刑事の元に届ける。後日刑事に口外も詮索もしないように言われたジェフリーだったが、好奇心を止めることはできなかった。

 

 

何ごとにもある「光と影」や「上辺と本質」が怖い

ある日野原で切断された人間の耳を見つけた大学生のジェフリー・ボーモント(カイル・マクラクラン)。

野原に落ちていた耳

©Blue Velvet/ブルーベルベットより引用

朱縫shuhou
朱縫shuhou

ぎゃあ~~っ!

(怖いのダメ)

ひょいと耳をつまみ、そこらへんにあった袋に入れて警察に持って行くジェフリー。

耳は何か重要な事件と関連があるものだったらしく、刑事からこの耳については忘れるように忠告されます。しかし父親の会話を盗み聞いた刑事の娘サンディ(ローラ・ダーン)から、あるクラブ歌手がこの事件に関与していることを聞かされたジェフリーは、好奇心に逆らうことができず密かに真相を探ろうとします。

事件について話合うジェフリーとサンディ

©Blue Velvet/ブルーベルベットより引用

 

イカれたデニス・ホッパーとのぞき見大学生

ジェフリーは大胆にも耳の手がかりとなるかもしれないクラブ歌手のドロシー・ヴァレンズ(イザベラ・ロッセリーニ)のアパートに侵入。

しかしあっけなくドロシーに見つかり、包丁突きつけられた上で素っ裸にさせられます。パンツも。全裸。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

おやおや…?

官能映画みたいになってきたじゃないの…

すると今度はフランク(デニス・ホッパー)なる人物が訪ねてきて、慌てたドロシーに言われるまま隠れさせられたジェフリーは、クローゼットの隙間からドロシーがおかしなプレイで犯される様子を目撃。

フランクのイカれたレイプシーンは演じているのがデニス・ホッパーであることを考慮すると意外と通常運転。

それよりもクラブで切々と歌い上げるドロシーを見ながら青いベルベットのガウンの切れ端を握りしめて感動の嵐が押し寄せているらしいフランクの方が不気味。

ブルーベルベット握りしめてるフランク

©Blue Velvet/ブルーベルベットより引用

大体【ブルーベルベット】は美しい芝生の下にうごめく虫の大群とか、林業が盛んな平和な田舎町に潜む犯罪社会の闇とか、あらゆる事象についての表と裏を描いていることでも知られていて、フランクにしてもその枠の中のひとつであって。

 

歌や、もしかしたら絵画とかでもそうなのかも知れませんが、フランクは一方では本当に純粋に芸術を愛する心も持っているのでしょう。

でも一方では大好きなクラブ歌手を自分の言いなりにさせるためなら誘拐も耳の切断も辞さない残忍さも持っている。

 

刑事やサンディが止めるのも聞かず事件に首を突っ込んで深みにはまっていくジェフリーだって、一見親孝行で正義感の強い好青年であっても、ドロシーに誘われるまま彼女を殴りつける激しいセックスをし、その快楽に身をゆだねてしまう。

 

ああなんなんだこれは。

怖いよね「人」って。

 

平和な田舎町の高校生の普通の反応

ジェフリーが警察に通報したことを知ったフランク一味によってボコボコにされたドロシーが、またも素っ裸で路上に飛び出してくる場面は何度観ても衝撃。丸出し。完全に。「ギリギリ」とかじゃなくて「丸出し」。ドロシー体張ってます。(しかもそのあとしばらく誰にも(ジェフリーにも)上着すら貸してもらえない)

「うわあ…!」と思った瞬間サンディの彼氏がアホなこと聞いてくるんで目が覚める。

ボロボロにされたドロシー

©Blue Velvet/ブルーベルベットより引用

誰ぞ
彼氏

…あれお前のオカン?

んなワケないやろ。

 

ちなみにこの体張ってる女優イザベラ・ロッセリーニは、【カサブランカ】【誰が為に鐘は鳴る】イングリッド・バーグマンの娘です。面影ありますよね、鼻筋とかそっくり。

この頃監督のデヴィッド・リンチと付き合ってたみたい。

【カサブランカ】あらすじと観た感想と名言「君の瞳に乾杯」
【カサブランカ】/1942年/アメリカ/クラシック/プロパガンダ要素がふんだんに盛り込まれた今なお色褪せない不滅のラブロマンス映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【誰が為に鐘は鳴る】鐘の意味は?ヘミングウェイ原作映画の感想
【誰が為に鐘は鳴る】/1943年/アメリカ/文芸/原作はアーネスト・ヘミングウェイの同名小説。スペイン内戦を舞台としてロベルトとマリアの愛を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

何度観ても意味不明で分からない部分

警察の強制捜査が入ったため誘拐されていたドロシーの夫と“黄色いジャケットの男”が「始末」されますが、この人なんで立ったまま死んでんの?

“黄色いジャケットの男”とドロシーの夫

©Blue Velvet/ブルーベルベットより引用

紐?

紐で吊られてんの?

 

そんで無線の通信が入った瞬間左腕が跳ね上がるのはどうしてなの?

ねえねえどうして?

 

さらにドロシーの夫と息子が監禁されていたゲイバーみたいな酒場の店主ベン(ディーン・ストックウェル)は、なんでジェフリーの腹に一発いれたの?

てへぺろベン

©Blue Velvet/ブルーベルベットより引用

ベンはまああれか、ノリか。

存在感やばいよねベン。

 

 

映画【ブルーベルベット】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

意外と平和でハッピーな結末があんまり好きじゃないです。

ここはもっと後味悪い感じで行ってほしかったかなあ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

ブルーベルベット (オリジナル無修正版) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,000(2019/07/12 10:53時点)
名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

ミステリー・サスペンス
関連記事とスポンサーリンク



天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました