ジャンル別映画ランキング「10ジャンルのトップ10」+α

【北北西に進路を取れ】あらすじと観た感想。架空の男と人違い

北北西に進路を取れの名場面 ミステリー・サスペンス

1959年/アメリカ/監督:アルフレッド・ヒッチコック/出演:ケーリー・グラント、エヴァ・マリー・セイント、ジェームズ・メイソン、ジェシー・ロイス・ランディス、マーティン・ランドー

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

偉人のモニュメント登るケーリー・グラントとエヴァ・マリー・セイント

©North by Northwest/北北西に進路を取れより引用

人違いによって命の危険にさらされどんどん追い詰められていく不幸な男を描いた「勘違いもの」

静かに迫る恐怖をおどろおどろしく描くことが多いアルフレッド・ヒッチコック監督作にしては珍しく、アクション色が濃くハリウッドっぽい映画。

 

それにしても「人違いで殺されそう」とかマジで腹立つし考えられへん。

【北北西に進路を取れ】です。

 

 

 

映画【北北西に進路を取れ】のあらすじザックリ

広告会社社長ロジャー・ソーンヒルは、カプランという人物に間違えられ広壮な邸宅に連れていかれる。そこで待っていた男は彼をスパイと決めつけ、人違いだと訴えても受け付けない。辛くも逃れたロジャーだったが、その後も執拗に追い回されることになってしまう。

 

 

その“カプラン”とか言うのは誰やねん

円熟した魅力を放つバツ2の中年社長ロジャー・ソーンヒル(ケーリー・グラント)は、ある日突然見知らぬ男たちに銃を突き付けられ、白昼堂々誘拐されます。

白昼堂々誘拐されるソーンヒル

©North by Northwest/北北西に進路を取れより引用

大胆ですよ、ええ。

そしてお屋敷に連れて行かれたロジャーの前に現れたのは誘拐犯のボス、バンダム(ジェームズ・メイソン)。

カプランだと思って話し続けるバンダム

©North by Northwest/北北西に進路を取れより引用

誰ぞ
バンダム

探したでえ~…カプラン

誰ぞ
ロジャー

は?

誰それ?

言葉が通じない(釈明を聞いてくれない)勘違い系の物語って観ているこっちもヤキモキして腹立たしいものですけど、【北北西に進路を取れ】も例に漏れず。

 

そもそもロジャーを誘拐する前に、実行犯の手下どもがコソコソ隠れて「奴だ」とか言うてるワケですよ。

いやいや、「奴だ」ちゃうやろ。

人違いで誘拐って、どんなけ無能やねんお前ら。ちゃんと完璧に調べ上げてこんかい。

 

しかも普通はロジャーとカプランの顔や背格好が似ているから間違えられたんだと思いますよね?

実際はカプランと言う人物は国家機密専門の密輸業者であるバンダムをはめるためにCIAアメリカ中央情報局が作り上げた「架空の人物」

そうです、カプランは実在しないんです。

 

…いやだからちょっと待てって。

どうやったら実在しない人間と間違うなんてしょーもないチョンボできるんや。

バカか。果てしない地平線バカかお前らは。(パワハラ)

 

そしてCIAの対応も無茶苦茶。

カプランが架空の人物であることがバレてバンダムのそばにいる本物のスパイ、イヴ・ケンドール(エヴァ・マリー・セイント)に危害が及ぶことを恐れたCIAは、バンダムと警察に追われているロジャーの方は放置。

ロジャーは放置するCIA

©North by Northwest/北北西に進路を取れより引用

誰ぞ
教授

ロジャーは気の毒やけどまあ、しゃあない

朱縫shuhou
朱縫shuhou

……。

(絶句)

 

一緒に逃げ道を考えてみよう

誰が敵でどうなったら勝利なのかよく分からんままあれよあれよと事件に巻き込まれていく可哀想なロジャー。

北北西に進路を取れの時のケーリー・グラント

©North by Northwest/北北西に進路を取れより引用

殺人の罪まで着せられ全国に指名手配され、新聞にデカデカと男前の顔写真が掲載されます。こうなってくるともう八方ふさがり。

一応手持ちのお金くらいはあったみたいですけど、汽車に乗るのも電話するものドッキドキやし。

しかしこんな根拠のない勘違いって誰にでも起こりうることだから、「自分だったらどうやって逃げようかな…」とかシミュレーションしながら観とくと後々何かの役に立つかも。

ロジャーに接触するスパイのイヴ

©North by Northwest/北北西に進路を取れより引用

ネット回線や防犯カメラが充実している現代だと逃げるのも至難の業でしょうが、今はそもそもこんなアホな勘違い起こり得ないけどね。

ホンマバンダムの部下無能やわ~。

 

 

映画【北北西に進路を取れ】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

立派な中年の粋に達しているケーリー・グラントが全力で飛行機から逃げる有名なシーンはちょっと笑える

 

バスに乗り遅れてふくれっ面(もともとか)してるヒッチコックも面白い

北北西に進路を取れのヒッチコック

©North by Northwest/北北西に進路を取れより引用

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【北北西に進路を取れ】を観たくなったら

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

ミステリー・サスペンス
関連記事とスポンサーリンク



天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました