【隣人(1992)】ケヴィン・クライン

【隣人(1992)】あらすじ感想。うまい話と隣家の妻には乗ったらあかん

【隣人(1992)】ケヴィン・クライン

1992年/アメリカ/監督:アラン・J・パクラ/出演:ケヴィン・クライン、メアリー・エリザベス・マストラントニオ、ケヴィン・スペイシー、レベッカ・ミラー、E・G・マーシャル、フォレスト・ウィテカー

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【隣人(1992)】ケヴィン・クラインとケヴィン・スペイシー
©Consenting Adults/隣人より引用

誰かに騙されてショックを受けたことってありますか?

私はハナから他人を信用しないので、思い出せる限りでは人に騙されて大変な事態になった経験がありません。心から信頼していた人に裏切られるのってさぞかしつらいんでしょうね。想像の域を出なくて恐縮です。

「騙されるもんが悪い」なんて言われたりもするけどさあ、騙される人って無防備である以上に良い人が多いから、やっぱりそんなもんは騙す奴が悪いんですよ。

でも最低限の自衛はしっかりしましょうね。

 

金なんか貸したらあきませんで。

身体なんか許したらあきませんで。

個人情報教えたらあきませんで。

 

詐欺に加担するのもあきまへん。

夫婦交換するのもあきまへん。

 

【隣人(1992)】です。

 

 

映画【隣人(1992)】のあらすじザックリ

作曲家のリチャードは閑静な住宅地で妻と娘と一緒に幸せに暮らしていた。ある日、隣家に投資アドバイザーだというエディとその妻ケイのオーティス夫妻が引っ越してきた。両家が親しい間柄となった頃、エディはリチャードに夫婦交換の話を持ちかける。

 

 

あやしい隣人に要注意

夫を理解する理想の妻プリシラ(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)に、隔週末に帰ってくる下宿中のひとり娘のローリー(キンバリー・マックロー)。

【隣人(1992)】ケヴィン・クラインとメアリー・エリザベス・マストラントニオ
©Consenting Adults/隣人より引用

イラつく仕事のことも忘れさせてくれる愛しい2人に囲まれて幸せに暮らしていたCM音楽作曲家リチャード・パーカー(ケヴィン・クライン)でしたが、隣家に引っ越してきたオーティス夫妻とかかわったことでその人生は一変してしまいます。

 

ある朝リチャードがジョギングしていると、引っ越してきたばかりの隣家のご主人エディ・オーティス(ケヴィン・スペイシー)が気さくに話しかけてきます。

エディ
やあ!俺エディ!職業は経営コンサルタント投資アドバイザーってとこかな!ヨロシク!
朱縫shuhou
「経営コンサルタント」か「投資アドバイザー」……?

まあ私だったらこの時点で必要以上に親しくなるのは避けますけどね。大体明石家さんま以外でベラベラしゃべる男なんてロクなもんじゃありませんよ。

うちのゴリラ(夫)なんか見てください。普段は寡黙ながら口を開く時には要点を突く彼の言葉は信頼に値します。

今日の飯辛ない?
朱縫shuhou

(たまにしゃべったと思ったらそんなんばっかりか!!)

【隣人(1992)】ケヴィン・クラインとケヴィン・スペイシー
©Consenting Adults/隣人より引用

もしかしたらリチャードもエディに対して少なからず「軽薄そうで信用ならない」という感情くらいは持っていたのかも知れませんけど、とにかくこのエディが気さくな笑顔と巧みな話術でグイグイ来るもんだからあけすけに無下にもできない。

何よりプリシラがエネルギッシュなエディに好意を抱いているようだったし、リチャード自身も抜群の歌唱力を持つエディの妻ケイ(レベッカ・ミラー)に興味が湧いて、両家はみるみる親しくなって行きます。

 

保釈中ってこんなに動いていいの?

朱縫shuhou

どこや。

どこで本性を現すんやエディめ…。

両家の間に…というかリチャードとエディの間に不穏な空気が流れ始めたきっかけは、エディの突拍子もない提案でした。

プリシラのことを気に入ったらしいエディは、ケイを気にかけているっぽいリチャードに、「一晩だけ嫁はん取り換えっこしようぜ!」って言い出すんです。当然リチャードは怒って、2人は一時絶縁状態になってしまいます。

しかし両家の絶縁に対するプリシラの反応までも考慮に入れたかのようなエディの作戦は実に巧妙で、結局リチャードはまんまと愛する妻をエディに差し出し、自分はケイと一夜を共にするんですね。

思うツボやな自分。

【隣人(1992)】ケヴィン・クライン
©Consenting Adults/隣人より引用

さて、翌朝。

隣家にパトカーが停まっていることに気付いたリチャードがオーティス邸を訪ねてみると、昨夜ケイと愛し合った寝室には血だらけのバットとケイの遺体、そしてリチャードに向かって「きさま!」と怒鳴りつけるエディの姿がありました。

かくしてリチャードは隣人エディによって「ケイ殺し」の罪を着せられることになる訳です。

【隣人(1992)】メアリー・エリザベス・マストラントニオ
©Consenting Adults/隣人より引用

言ってしまえばよくある保険金殺人なんですけど、私は「ケイを殺した犯人はリチャード」とする決定的な証拠として体液を持ってくる発想が気に入っています。

現場か或いはもっと悪くすればケイの体内に体液が残されていた日にゃあ、ちょっとやそっとじゃ言い逃れできないもんね。これ以上ないほどの「動かぬ証拠」ですよ。いや顕微鏡で見たらまだ「動いてる」のかも知れへんけど。

 

その「動かぬ証拠」のお陰であっさりお縄をちょうだいしたリチャードが、保釈中に自分で事件を解決する無茶な展開もなかなか良い。

【隣人(1992)】ケヴィン・クラインとフォレスト・ウィテカー
©Consenting Adults/隣人より引用

ケイには多額の保険金がかけられていたため一応私立探偵のデヴィッド(フォレスト・ウィテカー)も調査に乗り出してはいるものの、リチャードはほとんど彼の手も借りずにひとりでエディを追い詰めるんですよ。

一介のCM作曲家がどんなけやねんって思いながら観ると笑いがこみ上げてくるんでおすすめです。

 

 

映画【隣人(1992)】の感想一言

朱縫shuhou
まあ必要以上に馴れ馴れしい他人を信用すんなっちゅうこっちゃな。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【隣人(1992)】ケヴィン・クライン
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG