【魔人ドラキュラ】ベラ・ルゴシ

【魔人ドラキュラ】あらすじと観た感想。ドラキュラ城にはアルマジロ

1931年/アメリカ/監督:トッド・ブラウニング/出演:ベラ・ルゴシ、ヘレン・チャンドラー、デヴィッド・マナーズ、ドワイト・フライ、エドワード・ヴァン・スローン

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【魔人ドラキュラ】タイトル
©Dracula/魔人ドラキュラより引用

1897年発刊のブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」を原作とする、ユニバーサル・スタジオが巻き起こしたホラー映画ブームの先駆的作品。

「吸血鬼ドラキュラ」はこれまで何度も舞台化・映画化されてきましたが、もっとも有名でスタンダードなものとしてベラ・ルゴシ版とクリストファー・リー版が双璧をなします。

本日の映画はその一端を担う、ベラ・ルゴシ版【魔人ドラキュラ】です。

 

 

映画【魔人ドラキュラ】のあらすじザックリ

事務弁護士レンフィールドはドラキュラ伯爵に招かれてトランシルヴァニアのドラキュラ城を訪れた。しかしドラキュラの正体は吸血鬼であり、レンフィールドは下僕にされてしまう。イギリスに渡ったドラキュラは修道院を棲家とすると、隣家に居住するセワード博士一家に接触する。

 

 

1931年の「吸血鬼ドラキュラ」

まあスタンダードなやつですよ。

ごくスタンダードな吸血鬼ドラキュラ伯爵を扱ったホラー映画です。

髪はオールバック、目は燃えるような赤(白黒やけど)、襟を立てた黒いマントをバサバサ羽織った紳士が美女の生き血を吸うって言うね。

ルーシーの血を吸うドラキュラ伯爵
©Dracula/魔人ドラキュラより引用

一応トーキーではあるのですが、1931年なんてまだまだサイレント映画も作られてるような時代。

だからあからさまに竹竿で吊って動かしてる蝙蝠 こうもりとか、俳優のサイレント映画向けの大仰な演技とかには寛容になってください。

ドラキュラ伯爵が首筋に噛みつくすべてのシーンにおいて、噛みつく寸前で暗転してしまうのもまあよしとしましょう。今みたいに噛んだらへっこんで血が出るような牙の小道具もなかったんでしょうよ。

大体ベラ・ルゴシ版ドラキュラには牙ないし。

 

しかしね、せめて美女がドラキュラ伯爵に噛まれた「跡」くらいは首筋につけて欲しかったねえ。

 

【魔人ドラキュラ】と同年に【フランケンシュタイン】が公開されてるんで、この時代でもあれほどのメーキャップ技術はあったはずなんですよね。

関連記事

1931年/アメリカ/監督:ジェイムズ・ホエール/出演:ボリス・カーロフ、コリン・クライヴ、ヴァレリー・ホブソン、メイ・クラーク、ジョン・ボリス、エドワード・ヴァン・スローン注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気に[…]

ボリス・カーロフ

 

なんかね、色んな人がドラキュラ伯爵の被害者らを見て「首に二つの穴が開いている!」とか言って大騒ぎするんですけど、実際映らないから白けちゃう。

ドラキュラ伯爵に噛まれたミナ
©Dracula/魔人ドラキュラより引用
朱縫shuhou
朱縫shuhou
どんなんどんなん?!
見せて!
見せてよ!

みたいなね。

おばちゃん気質。

 

ドラキュラ城に巣くうネズミ、蜘蛛、蝙蝠、アルマジロ

撮影技術が現代より低いのは当たり前の事実として、逆にどれだけ技術が発達しようともこの時代の映画には絶対敵わないのは、ゴシックホラーの醸し出すおどろおどろしいこの“味”、“匂い”。

ゴシックホラーによく出てきたこういった“古城”ってまだあるんですかね?

それともこれらもすべて映画セットなの?

 

どちらにしても現代の技術で撮影してしまったら色々粗が見えてしまうんだろうし、ゴシックホラーのこの“味”や“匂い”を再現するのは無理なんでしょうね。

食べられないのに“味わい深い”

匂えないのに“かぐわしい”

【魔人ドラキュラ】ベラ・ルゴシ
©Dracula/魔人ドラキュラより引用

見るからに吸血鬼が住んでいそうなドラキュラ城。

不動産取引のために訪ねてきたレンフィールド(ドワイト・フライ)がそこで目にするのは、地面を這うネズミ、巣で餌を待つ蜘蛛、闇夜にはばたく蝙蝠、うろちょろしているアルマジロ…。

【魔人ドラキュラ】アルマジロ
©Dracula/魔人ドラキュラより引用

アル…

アルマジロ?!(二度見)

 

(地味にかわいくて二度見した後ほっこりする)

 

怖すぎる奇病「レンフィールド症候群」

ところで、作中で真っ先にドラキュラ伯爵に血を吸われ操り人形にされてしまう、怖いもの知らずのレンフィールド君ですが、彼はその後吸血鬼と同じように生き血を欲するようになってしまいます。

ドラキュラ城を訪ねるレンフィールド君
©Dracula/魔人ドラキュラより引用

彼にちなんで「レンフィールド症候群」と名付けられた奇病があるそうです。

レンフィールド症候群の人は血を飲むことで、エネルギーを確保できると考えている人たちで、自分で自分を切り、血を流しその血を飲むことで精神の落ち着きを取り戻しています。

中には恋人と自分の血を分け合って飲む人たちもいたそうです。

出典:お医者さんは見た!「ヴァンパイア」「ゾンビ」は歴史上存在していた

怖いですねえ~。

生き血を欲するレンフィールド君
©Dracula/魔人ドラキュラより引用

 

 

ヴァン・ヘルシング教授はモンスター・ハンターではありません

ヒュー・ジャックマン主演で2004年に公開された【ヴァン・ヘルシング】って映画がありましたよね。ご存知でしょうか。

主人公のヴァン・ヘルシングは不死身の二枚目モンスターハンター

カッコ良かったですよね~。吸血鬼やらモンスターやらバッサバッサとやっつけてね~。意外と続編なかったね~。

 

【魔人ドラキュラ】には、かのヴァン・ヘルシングの元ネタとなる人物が出演しておられます。

 

それはこの方。

【魔人ドラキュラ】のヴァン・ヘルシング
©Dracula/魔人ドラキュラより引用

ヴァン・ヘルシング教授エドワード・ヴァン・スローンです。

 

いやいや、単に同姓同名の別人とちゃいますって!

ホントに!元ネタなの!(の、はず)

 

【魔人ドラキュラ】でのヴァン・ヘルシング教授はモンスターハンターではなく、ただの生物学者かなんかなんです(忘れた)。

ただし人生を賭けて吸血鬼の研究をしているので、割と早い段階からドラキュラ伯爵の正体を見破って周囲の人々に注意を促します。吸血鬼には銃弾が効かないことも、トリカブトと十字架と朝日に弱いことも、殺すには寝ているところに杭を刺すしかないことも知っています。血を吸われた人間は吸血鬼の傀儡 かいらいになってしまうことも知っています。

つまり最強。

実は元々結構ヒーロー要素たっぷりなんですよ。

 

そこに目を付けて大胆に「本物のヒーロー」に改変してしまった【ヴァン・ヘルシング】、最高やね。

 

 

映画【魔人ドラキュラ】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
て言うか信じられない事実だけど、「吸血鬼ドラキュラ」にはモデルがいたんですってよ。

15世紀のトランシルヴァニアに実在し、「串刺し公」と呼ばれたヴラド・ツェペシュがその人です。

 

ぶるぶる…。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

魔人ドラキュラ [Blu-ray]
Nbcユニバーサル エンターテイメント
参考価格:¥ 2,075
OFF: 53%
¥ 983
【魔人ドラキュラ】ベラ・ルゴシ
更新情報ひたすらつぶやいてます。