【地上最大のショウ】あらすじと観た感想。ヘストンとステュアートの無駄遣い

1952年/アメリカ/監督:セシル・B・デミル/出演:チャールトン・ヘストン、ジェームズ・ステュアート、ベティ・ハットン、コーネル・ワイルド/第25回アカデミー作品・原案賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ピエロショーは大爆笑
©The Greatest Show on Earth/地上最大のショウより引用

1952年のアカデミー作品賞と脚本賞を受賞しているが、この年には他に『真昼の決闘』、『静かなる男』など玄人受けする名作映画がひしめいていた為、票が割れた結果、この作品に賞が転がりこんだとする見方がされることがある。当時のマスコミも「受賞理由=不明」などと結果を皮肉っている。

出典:Wikipedia

そうなんです。

チャールトン・ヘストンジェームズ・ステュアートなどのビッグ・スターが出演している上、テントや空中ブランコを始めとする大セットから煌びやかな衣装、犬・猿などの小動物、ライオン・トラなどの猛獣、象・キリン・カバなどの大型動物といった動物たちまで、本物のサーカス団さながらに忠実に再現されてるにもかかわらず、批評家からの評価は低いんです。

アカデミー最優秀作品賞受賞作といってもその受賞理由についてかくの通り皮肉られちゃう始末。

 

確かに…面白いのは面白いけど【真昼の決闘】よりおもろいかって聞かれると正直………。

朱縫shuhou

??

関連記事

1952年/アメリカ/監督:フレッド・ジンネマン/出演:ゲイリー・クーパー、グレース・ケリー、トーマス・ミッチェル、ケティ・フラド、ロイド・ブリッジス/第25回アカデミー主演男優・ドラマコメディ音楽・歌曲・編集賞受賞注※この[…]

 

第82回アカデミー賞の時の【ハート・ロッカー】VS【アバター】でも似たような現象が起こっていたし、まあ100年にも及ぼうかという歴史あるアカデミー賞ですので、色んなことが起こっていますわな。

 

一応アカデミー最優秀作品賞獲得してます。

【地上最大のショウ】です。

 

 

映画【地上最大のショウ】のあらすじザックリ

サーカスのことを第一に考える経営者としての模範のようなブラッドは、年間興行を勝ち取るためプレイボーイだが並外れた知名度と実力を備えた空中ブランコ乗り、ザ・グレート・セバスチャンと契約する。1400人ものサーカス団員と動物たちを乗せた列車はサーカスを待つ人々のもとへ走り出す。

 

 

とにかく圧巻のサーカスの描写

とんにかくサーカスがすごい!

全編通してナレーターが「いやもう、そんなに結構です」って逆に恐縮するくらい文芸的に美しく、サーカスの内側を説明してくれます。

風雨にも負けずにテントを張る作業はスピードが肝心なのだ。どんな災厄が襲い掛かっても跳ね返せるものでなければならない。
サーカス列車はあらゆる動物と団員の夢を乗せて走り出すのであった。

てな感じ。

団員の苦労と楽し気な興行の情景が思い浮かびますねえ。

 

サーカス列車GOGO!
©The Greatest Show on Earth/地上最大のショウより引用

チャールトン・ヘストンの真後ろをデカい象が平然とのっしり歩いてたり、ネットなしの120m上空でアクロバティックな空中ブランコショーが繰り広げられたり…もちろんちょいちょい合成丸出しシーンは出てきますが、それもまた醍醐味。

 

ところで「サーカス」といえば、私は人生で一度だけしか見たことがありません。日本でです。テントは大きなのがひとつだけで、動物はと言えば縄跳びするプードル犬と火の輪くぐりのライオンくらいしかいなかったような…。

 

しかし【地上最大のショウ】では無数のテントが設置され、敷地内には屋台も出店していて活気満点。

満員のテントの中では売り子がポップコーンや綿菓子を持って練り歩き、美女を乗せた象たちが上手に芸をしてみせ、馬の背に猫を乗せた犬が乗り狭いステージを疾走し、おもちゃのような車からは体をくにゃくにゃに丸めたピエロが出てきて会場を沸かせます。

象さんたっち!!
©The Greatest Show on Earth/地上最大のショウより引用

ショーのクライマックスともなれば団員は豪華絢爛な衣装に着替えテントの内外を盛大にパレード。

「サーカス見に来ましてん」という軽いノリでも十分楽しめる映画です。

 

 

団員達の人間模様は完全におまけ

しかし【地上最大のショウ】のストーリーについてですが、発想の順番としてはどんな感じで思いついたんでしょうねえこれは?

①サーカスを舞台にした映画を作りたい!サーカスの場面はリアリティー溢れる豪華なものに!
②サーカスだけじゃあれやな…ちょっと人間関係適当にくっつけてみるか。

絶対実はこんな感じやったと思うんですよ。

【地上最大のショウ】では、後付けだとしか思えない人間模様がついでのように描かれます。

 

ボスと2人の花形空中ブランコ乗りの三角関係

サーカス団の責任者ブラッド(チャールトン・ヘストン)は空中ブランコ乗りのホリー(ベティ・ハットン)と恋人同士でしたが、団のために雇った凄腕の空中ブランコ乗りザ・グレート・セバスチャン(コーネル・ワイルド)が一目でホリーを気に入りちょっかいをかけてきます。

腕を負傷したセバスチャンとブラッドとホリー
©The Greatest Show on Earth/地上最大のショウより引用

この記事を書いている私は女性ですが、どう考えてもこの恋愛においてはホリーがトラブルメーカーで間違いない。

責任者としてごくごく正当なことを言っているブラッドのことを理解しないし、セバスチャンがショーでケガをすればセバスチャンに「愛してる!」とすり寄り、ブラッドが列車事故で瀕死の状態になればブラッドに「やっぱりあなたを愛してる!」と駆け寄り…。

何なんこの女。

 

決してメイクを落とさないピエロの過去

四六時中メイクを落とさないピエロのバトンズ役はジェームズ・ステュアート。ピエロのメイクや風体がめっちゃハマってます。

知る限りのジェームズ・ステュアートが演じた役柄の中で、【ハーヴェイ】の時の次に好きです。

ジェームズ・ステュアート
©The Greatest Show on Earth/地上最大のショウより引用
関連記事

1950年/アメリカ/監督:ヘンリー・コスタ―/出演:ジェームズ・ステュアート、ジョセフィン・ハル、ペギー・ダウ、チャールズ・ドレイク、セシル・ケラウェイ、ヴィクトリア・ホーン/第23回アカデミー助演女優賞受賞注※このサイト[…]

実態化したらこんな感じのハーヴェイ

しかし惜しい。

「実はお尋ね者であるバトンズは、誰にも不審がられることなくピエロの姿でいられるサーカスを隠れ蓑にしている」…この設定めっちゃユニークなのに、回収の仕方がすごい雑

誰でもすぐに「あーこいつが犯人か」ってオチが分かってしまうし、あのおかしな女(ホリー)が原因の三角関係追うくらいなら、もっとバトンズの過去を詳細に描いて欲しかったなあ~。

 

 

映画【地上最大のショウ】の感想一言

朱縫shuhou

ともかくサーカスの豪華絢爛さ若きチャールトン・ヘストンの完成された美しさだけでも一見の価値はあると思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG
// 20200615ブロックエディター遅延読み込み