【追憶(1973)】バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード

【追憶(1973)】あらすじと観た感想。主題歌がウリです

【追憶(1973)】バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード

1973年/アメリカ/監督:シドニー・ポラック/出演:バーブラ・ストライサンド、ロバート・レッドフォード、ブラッドフォード・ディルマン、ロイス・チャイルズ、パトリック・オニール、ジェームズ・ウッズ/第46回アカデミー劇映画作曲・歌曲賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【追憶(1973)】バーブラ・ストライサンド
©The Way We Were/追憶より引用

いやあ分からん

終始分からん映画なんですよね、これ。

 

何が分からんのかと聞かれて色々ある中からひとつ挙げるとするならコレやね。

昔の恋人に会って涙目になる?

私は120%涙目になんかならない自信があります。会っても「元カレや」と認識できない可能性なら大いにある。だって別れたってことはもう今後の自分の人生にソイツは不要ってことでしょ?別れた瞬間メールも手紙も記憶も棄てますやん。え?未練?未練ってナニ?どれほど複雑な別れ方したとしても未練なんてタレたことないわ、そんなん次の恋人に失礼やん。

 

まあ所詮私ごときに純愛系ラブストーリーなんて理解できひんのですよ。

本日の映画【追憶(1973)】を一生懸命鑑賞してみたところで「ロバート・レッドフォードかっこええなあ…」くらいの浅い感想しか残らへんもんね。

 

 

 

映画【追憶(1973)】のあらすじザックリ

理想主義的な左翼思想に傾倒する頑固なケイティーと、政治的主義にとらわれない考えを持つ人気者のハベル。信条が正反対の2人は大学で出逢い、卒業後それぞれの道を進む。第二次世界大戦の最中、ケイティーは偶然ニューヨークで軍人となったハベルと再会、恋人同士になる。

 

 

まったく伝わってこなかったケイティーの恋心

学生運動に熱を上げる強い意志を持った天然パーマの女の子ケイティー(バーブラ・ストライサンド)。

【追憶(1973)】バーブラ・ストライサンド
©The Way We Were/追憶より引用

いつもしかめっ面で校内を走り回っている彼女に「今日も頑張ってんなあ!」と声を掛けるのは、同じ大学に通うハベル・ガードナー(ロバート・レッドフォード)。ありとあらゆるスポーツをこなすうえに物書きの才能も持つ人気者。

別の意味で大学の有名人だった2人は、当然互いの存在は知ってるものの取り立てて親しくなることもなく、ついに卒業の日を迎えます。

【追憶(1973)】バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード
©The Way We Were/追憶より引用

数年後。世の中は第二次世界大戦の真っただ中。

ケイティーはニューヨークの酒場で軍服に身を包んだハベルと再会します。

ケイティー

久しぶりね。

コーヒーでも飲みに、うちに来ない?

あ、なに?

自分もしかしてハベルのこと好きやったん?

【追憶(1973)】バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード
©The Way We Were/追憶より引用

なんやねんな急に。

全然そんな感じやなかったやん。

 

「親友」と呼ぶならセックスはすな

政治にしか興味がなさそうに見えたケイティーが実はハベルに恋をしていて、人気者で才能あるハベルもなぜか頑ななケイティーに惹かれ、めでたく2人が結婚するにいたるという展開は、彼らの中で一体どんな化学反応が起こっているんだかよく分かりません。

ラブストーリーって視聴者の共感を呼ばないとダメなんじゃないの?

ケイティーとハベル、どちらの立場に立って考えても、どうして彼らが惹かれ合ったのかが全く伝わってきません。

【追憶(1973)】バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード
©The Way We Were/追憶より引用

2人の気持ちに寄り添えなくて困惑しているところへ、ハベルから距離を置かれたケイティーがハベルに向かってひと言、「あなたは唯一の親友よ」なんて抜かしよる。

いやないって。

【恋人たちの予感】ビリー・クリスタルも言うてたやろ?「セックスが絡んでくる限り男女の友情はない」って。

関連記事

1989年/アメリカ/監督:ロブ・ライナー/出演:ビリー・クリスタル、メグ・ライアン、キャリー・フィッシャー、ブルーノ・カービー、スティーブン・フォード注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてま[…]

【恋人たちの予感】ビリー・クリスタルとメグ・ライアン

この場合にしても「親友なの!」って言うたあとに堂々とご結婚されてますからね、ケイティーとハベル。ほれみろ結局そうなるんやん。

一度でも「男」と「女」になってしまったらもう「親友」の線は消えたと思った方がいいよ。

【追憶(1973)】バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード
©The Way We Were/追憶より引用

何の話ししてるか分からへんなってきた。

 

 

映画【追憶(1973)】の感想一言

朱縫shuhou

もうひとつ、ケイティーの言動で胸くそ悪いシーンがあるんですよね。

ケイティーの妊娠中、ハベルは元カノと浮気をしてしまいます。風の噂で夫の浮気を知ったケイティーはすっかりやさぐれ、妊娠中にもかかわらずパッカパッカタバコを吸い始めるんですよ。

ちょっと待てと。

お前が浮気されようが離婚しようが知ったこっちゃないけどお腹の子供に罪はないやろ。

 

とどのつまり私にとって【追憶(1973)】は、バーブラ・ストライサンドが歌うアカデミー歌曲賞を獲った主題歌“The Way We Were(追憶)”以外の魅力がよく分からない映画だということです(あとロバート・レッドフォードはカッコええ)。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG