歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【手錠のまゝの脱獄】鎖でつながれた白人と黒人を観た感想

クラシック
©The Defiant Ones/手錠のまゝの脱獄より引用
映画の概要と注意事項

1958年/アメリカ/監督:スタンリー・クレイマー/出演:トニー・カーティス、シドニー・ポワチエ、セオドア・ビケル、ロン・チェイニー・ジュニア、チャールズ・マッグロー/第57回アカデミー脚本・撮影(白黒)賞受賞

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

柱に縛られるジョーカーとカレン

©The Defiant Ones/手錠のまゝの脱獄より引用

2人の人間が手錠で繋がれている…

「手錠」って一見すると、手錠の長さ分しか動けないことが最も不便な気がしますが、違うんですよね。まず重く硬く冷たい鉄の輪っかの部分で、手首がイカれますわな。自分の思わぬ方向へ不意に手首が引っ張られるたび「うひっ」と顔をしかめてしまいます。

ジョークグッズのプラスチックの手錠しか見たことないけど、本作に出てくる手錠は近年のそれより遥かに重そうで、遥かに破壊できなさそう…。

 

重い手錠をはずす術もないまま、協力し合って逃げる他に道はない2人の白人と黒人を描いた映画、【手錠のまゝの脱獄】です。

 

 

映画【手錠のまゝの脱獄】のあらすじザックリ

豪雨の中を走行していた囚人護送車が転倒し、鎖でつながれた白人ジョーカーと黒人カレンの2人が自由の身となってしまう。囚人を追跡する保安官の「間もなくお互いを殺し合うだろう」という予想を裏切り、2人は争いつつも協力し合い手錠をしたまま逃亡を続ける。

 

 

囚人護送車の横転によって自由の身に

ワイパーも追っつかないほど視界の悪い豪雨の中を疾走する囚人護送車。

そもそもこんな悪天候で護送なんて、日程変更とか何とかならんかったんかいな。

 

案の定運転を誤った護送車は盛大にスリップしてスッ転び谷底へ。運転手も囚人達も死んだり大怪我したりする中、2人の囚人の姿が見当たりません。

白人ジョーカートニー・カーティス
罪状:武装強盗(懲役10年)、公務執行妨害で5年追加、仮出獄禁止
黒人カレンシドニー・ポワチエ
罪状:加重暴行・殺人未遂(懲役20年)、独房、仮出獄禁止

逃げた2人が手錠でつながれた白人と黒人だと分かると、警察署長は「追跡には及ばない。間もなく殺し合うはずだから」と軽視します。

自滅してくれってことでしょコレ、職務怠慢もええとこ。

 

猟犬たちがいい味出し過ぎ

しかし保安官マックス(セオドア・ビケル)は2人の追跡を開始します。

警察に協力しようと地元の猟師が猟犬連れてやってきますが、この人達が本編に直接関係ない上に主人公の2人とは一切絡まないというのにめっちゃええ味出してきます。

猟犬連れてきたよ~

©The Defiant Ones/手錠のまゝの脱獄より引用

犬の体調ばかり気遣い、ラジオ片手にカントリーソング聴きながら捜索する猟師たちの緊張感のないことないこと。

追手から逃れるため昼夜兼行走り続けるジョーカーとカレンの描写との緩急が通快。「犬に水を!」「犬に休憩を!」ばっかり言ってる猟師と、ストイックに2人を追い続けるマックスとの温度差もいい感じ。

 

 

要領のいい白人、頭のいい黒人

川を渡るにしても、巨大な穴から抜け出すにしても、とりあえず自分が助かるためには手錠でつながった相手も助けるか片手を切り落とすしかないんで、やっぱりお互い協力するしかないですよね。

落とし穴から抜け出せない

©The Defiant Ones/手錠のまゝの脱獄より引用

序盤はそんな風に口論しながらも助け合えてのに、「人間」が絡んだ途端そうはいかなくなります。

 

小さな村の商店に忍び込もうとして捕まってしまい、2人揃ってリンチされそうになった時、黒人であるカレンを実質売るような言動をするジョーカーに失望…。

リンチされそうになる2人

©The Defiant Ones/手錠のまゝの脱獄より引用

この映画は実は、「自分の保身が一番」である白人をディスってんのかなって最初思ったんですけど、どうやら違うであろうことがこの後のある女性のセリフから推察されます。

 

時代が反映されてるセリフ

村人達のリンチをまぬがれた2人がたどり着いたのは、美しい母親と幼い息子が暮らす人里離れた一軒家。

人里離れた一軒家

©The Defiant Ones/手錠のまゝの脱獄より引用

ここでようやく手錠を破壊することができ、夫に逃げられた母親(カーラ・ウィリアムズ)と自由の身になったジョーカーは恋に落ち、車で一緒に逃げることにします。

母親からもうすぐ近くを汽車が通ると聞いたカレンはここでジョーカーと別れることに。最後に母親はカレンに「沼地を通ると近道よ」と教えてくれます。

 

しかしカレンを送り出した後、ジョーカーはいそいそと荷造りをする母親から驚きの真実を告げられます。

母親
沼に近道なんてないわよ?

底なし沼だから死ぬわ

ジョーカー
なんだと?!

どうしてそんなウソをついた!

母親
…だって!

あの黒人が捕まったら私達のことを警察に言うわよ?!口封じよ!

ここまでのセリフもびっくりですけど、ホントに驚くのはさらにこのあと。

 

一気に恋の熱も冷め、家を飛び出そうとするジョーカーを止めようとして放たれた母親のセリフ。

母親
待ってよ!

私何か悪い事した?!

めっちゃ怖くないですかこのセリフ。

黒人なんておとりに使おうが口封じに殺そうが、何にも悪くないのが(一部の人達の中では)当たり前の時代なんです。ホントに何が悪いか分かってないんですよこの人。

 

ここから分かるのは、黒人をリンチにかけようとした村人や、黒人相手なら平気で生死にかかわる嘘をつく母親の方がスタンダードなのであって、カレンと対等に接しようとしているジョーカーの方が少数派で異質だってこと。

だからリンチの時にジョーカーを一瞬見損ないそうになったけど、声を大にして

ジョーカー
俺はなんにも悪くない!

この黒人に騙されたんだ!

と言い切らないだけでもむしろすごいことなんでしょうね。

 

手錠も鎖も取れましたけど

止める母親を振り切ったジョーカーは、カレンが底なし沼にはまる前に追いつき真実を告げます。

家を出る時に息子に撃たれた傷のせいで「もう俺は逃げられない」と弱音を吐くジョーカーに、カレンは 手錠のない腕 を見せて言います。

俺たちは手錠で繋がってる

©The Defiant Ones/手錠のまゝの脱獄より引用

カレン
立て

俺たちは手錠で繋がってる

朱縫shuhou
………っっ!!(バタバタ!)

(カッコよくて悶絶)

 

カレンはなんとか走る汽車に乗り込み、ジョーカーを引き上げようと手を伸ばしますが、負傷したジョーカーは力尽きてしまってもう走れません…。

カレンは右手で汽車の取っ手をしっかりつかんでいるので落ちるはずもないのに、ジョーカーの手が離れると同時に見えない手錠に引きずられるように一緒に落ちてしまいます。

見えた。手錠。

©The Defiant Ones/手錠のまゝの脱獄より引用

いやいや。私には見えましたよ。2人を繋ぐ手錠が。

 

猟犬の鳴き声が聞こえ、追手の到着を待ちながら、「この逃走劇はなんやったんやろなあ~…」と力なく呟くジョーカーに言ったカレンのセリフがすごく好きです。

カレン
頑張ったさ

うん、いいじゃんもう。

頑張ったよ、頑張った。

「結果がすべて」なんて、ブラック企業の社長がブツブツ言うとったらええねん。

 

白人と黒人、2人で頑張ったからもういいよ。

 

 

映画【手錠のまゝの脱獄】の感想一言

朱縫shuhou
映画としては爽快なラストですが、2人(特にカレン)のその後については想像したくないなあ…

絶対刑期延びたりとかムチで打たれたりとか、酷い扱いされてる…こわっ

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【手錠のまゝの脱獄】を観たくなったら

名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

無冠であっても名作映画は埋もれない

輝かしい米アカデミー賞の歴史の中で理解に苦しむ選考なんて何度もあります。最優秀作品賞に輝いた作品が必ずしもその年最も優れた映画であるとは限りません。

アカデミー賞ワースト10とその年本来獲るべきだった名作をまとめました。

クラシック
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る