ジャンル別映画ランキング「10ジャンルのトップ10」+α

【七年目の浮気】あらすじと観た感想。スカートがめくれる名シーン

【七年目の浮気】名シーン5秒前 ラブストーリー

1955年/アメリカ/監督:ビリー・ワイルダー/出演:マリリン・モンロー、トム・イーウェル、イヴリン・キース、ソニー・タフツ、オスカー・ホモルカ

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ストーリーうんぬんかんぬんと言うよりは、地下鉄の通風口から吹き上げる風でまくれ上がったスカートを抑えるマリリン・モンローが有名な映画。

ポスタ- A4 パターンA 七年目の浮気 光沢プリント

最っ高。

マリリン・モンローの代名詞的なこのシーンは、「巨大なモンロー像」となってシカゴ美術館前に展示されていたほど。(2012年撤去)

マリリン・モンロー シカゴ美術館
検索

このまま「検索」ボタンを押すと別ウィンドウが開いて、検索結果を見ることができます。

 

マリリン・モンローがマリリン・モンローに要求される、「美人だけどオツムが足りないセクシーなブロンド」を力いっぱい体現してみせた映画、【七年目の浮気】です。

 

ちなみに「ププッピドゥ♪」は【お熱いのがお好き】ね。

【お熱いのがお好き】あらすじと感想。マリリン・モンロー代表作
【お熱いのがお好き】/1959年/アメリカ/コメディ/マフィアに追われる2人の楽士が、女装して潜伏した女性楽団の歌手に恋してしまうコメディ映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

 

映画【七年目の浮気】のあらすじザックリ

ニューヨークの出版社に勤める中年のリチャードは、妻と息子を避暑に送り出す。その後一人でアパートに戻ったリチャードは、偶然にも若いブロンド美女が自宅の真上の部屋を間借りしていることを知り、人懐っこく魅力的な彼女を自宅に招待してしまう。

 

 

まるでハニー・トラップ!“独身”男性の前に現れたマリリン・モンロー

クッソ暑いニューヨークから、夏の間妻と息子を避暑に送り出したリチャード・シャーマン(トム・イーウェル)。

妻子を避暑に送り出したリチャード

©The Seven Year Itch/七年目の浮気より引用

周囲の既婚男性がそろいもそろって妻の留守に「ひと夏の恋」を満喫するなか、リチャードだけは「禁酒!禁煙!浮気はしない!」と固く心に誓っています。

 

偉いなあと思う反面、私がリチャードの妻の立場だったら、これほど「浮気はしないぞ!」って力を込められると逆に気持ち悪い。

こういうタイプは一旦浮気してしまうと浮気で済まなくなって、浮気相手の方に本気になってしまうんですよね。

リチャードのアパートの管理人みたいに、「妻がいない間の“ひと夏の恋”」と完全に割り切って、あっけらかんとどっかの誰かと楽しんでストレス発散してくれた方がいい。

 

そうすればいつもに増して帰ってきた妻を暖かく迎えることもできるでしょうに。

 

異常な妄想癖があるリチャード

とは言っても浮気だって相手がいなけりゃできない訳で。

今年39歳になるリチャードには異常な妄想癖があって、ちょっとシビアな角度から見ると完全に精神異常者。それも自分の妄想の中で避暑地の妻と浮気していた男性を殴り倒したりするという、逮捕されてもおかしくないレベルの異常さ。

 

そんなあなたと「ひと夏の恋」を楽しもうって女性もなかなかいらっしゃらないでしょうな。

バート・ランカスターとは似ても似つかない【地上より永遠に】の「波打ち際のキス」

妄想の中でのリチャードはバート・ランカスターなんですけどね。

波打ち際のキス

©From Here to Eternity/地上より永遠により引用

現実のリチャードの姿はこう。

【地上より永遠に】の妄想中のリチャード

©The Seven Year Itch/七年目の浮気より引用

朱縫shuhou
朱縫shuhou

ハラハラ!

ハラのお・に・く!

百歩譲って相手の女性がデボラ・カーであったとしても、お前だけは絶対バート・ランカスターに似ても似つかんぞい。

【地上より永遠に】あらすじと観た感想。シナトラがオスカー獲っちゃったよ
【地上より永遠に】/1953年/アメリカ/クラシック/原作は360万部を売り上げたベストセラー小説。太平洋戦争間近のハワイ米軍基地を描いた群像劇のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

冴えない中年男性の前に美女登場

ひとりになっても妄想くらいしかすることがないリチャードの前に、少々セクシーすぎて不謹慎な天使(マリリン・モンロー)が舞い降ります。

かわいいマリリン・モンロー

©The Seven Year Itch/七年目の浮気より引用

聞けばアパートの上階の住人が避暑旅行で留守にしているあいだ間借りしているという。

「浮気はしない」と固く誓っていたリチャードは、何かに操られるかのように口から誘いの言葉を紡ぎ出し、名前も知らない彼女をちゃっかり自宅に招いてしまうのでした。

 

大体マリリン・モンローが演じるブロンド美女ってのは色気しかないノータリンとして描かれることが多いものの、【七年目の浮気】では特にそれが顕著です。

バカ女満開。

今日知り合ったばかりの男性の自宅にシャンパンとポテチを持って上がり込み、「ごめんなさい、ドレスの後ろお願いできる?」と肩紐結ばせるわ、

ドレスの肩紐を結んでもらう美女

©The Seven Year Itch/七年目の浮気より引用

写真雑誌で最優秀賞を獲った自分がモデルのハレンチな写真を平気で見せるわ、

グランプリ撮った写真

©The Seven Year Itch/七年目の浮気より引用

地下鉄の通風口の上に立ってスカートに風を浴び、「ああ~涼しくて気持ちいい~」と悦に入るわ、

通風口の上に立つマリリン・モンロー

©The Seven Year Itch/七年目の浮気より引用

妄想癖がなくたって「私にむしゃぶりついてきて!」って言ってるとしか思えない言動を繰り返します。

 

彼女自身にそんなつもりは全然ないんですけど、これではホントに相手の男性が気の毒。

ごめんなさい、さっき「浮気もしないなんて気持ち悪い」って言ったの撤回します。

これほどの彼女の誘惑に耐えたリチャードは素晴らしい。

 

マリリン・モンローのまくれ上がるスカートと、美女の笑顔を振り切り息子のカイを持って妻の待つ避暑地に駆け出すリチャードが最高な映画です。

避暑地に駆け出すリチャード

©The Seven Year Itch/七年目の浮気より引用

 

 

映画【七年目の浮気】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

リチャードと美女がただ一度だけデートした時に観た映画は【大アマゾンの半魚人】

2015年の【ミニオンズ】に出てくる魚人ギョギョーンはこの映画の半魚人のオマージュじゃねえの?って密かに思ってます。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【七年目の浮気】を観たくなったら

七年目の浮気 [Blu-ray]
マリリン・モンロー
¥ 500(2019/04/27 13:53時点)
大アマゾンの半魚人 (2D/3D) [Blu-ray]
リチャード・カールソン
¥ 952(2019/04/27 15:34時点)
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました