歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【ベイビー・トーク】マイキー産まれて第一声「中に戻してえ~っ!」

コメディ

 

映画の概要と注意事項

1989年/アメリカ/監督:エイミー・ヘッカーリング/出演:ジョン・トラボルタ、カーズティ・アレイ、ブルース・ウィリス(声)、ジョージ・シーガル、オリンピア・デュカキス

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ジェームズとモリー

©Look Who’s Talking/ベイビー・トークより引用

おめめクリクリのきゃわゆい赤ちゃんが野太いおっさんの声(ブルース・ウィリス)でしゃべる様がキュートすぎると話題になった映画。

その割には赤ちゃんがしゃべるシーンは意外と少ない…。もうちょっとしゃべってもよかったかも。

 

まあえっか、

【サタデーナイト・フィーバー】【パルプ・フィクション】で一世を風靡したジョン・トラボルタのイクメンぶりも観られますんで。

 

【ベイビー・トーク】です。

 

 

映画【ベイビー・トーク】のあらすじザックリ

会計士として働くモリーは取引先の社長と不倫愛を育んでいた。妻とは離婚するという約束だったが、社長はモリーが妊娠したと知るや別の愛人を作ってしまう。シングルマザーとして子供を育てる決心をしたモリーは街なかで突然産気づき、荒っぽい運転のタクシーに乗ってしまう。

 

 

映画【ベイビー・トーク】はオープニングが超露骨

33歳・バリキャリのモリー(カースティ・アレイ)は取引先の社長アルバート(ジョージ・シーガル)と絶賛不倫中

不倫中のモリーとアルバート

©Look Who’s Talking/ベイビー・トークより引用

「妻とは別れる」を信じてしまう典型的な不倫体質の女性で、こーゆータイプは「(妻との)離婚」「(愛人との)結婚」をチラつかせると絶対別れられないのを知ってるアルバートにいいようにもてあそばれてます。

大体子供ができたって認知もできひんくせに容赦なく体内射精するアルバートに愛なんて欠片もないでしょうに。

卵子にたどり着いた精子たち

©Look Who’s Talking/ベイビー・トークより引用

モリーの体内に放たれた精子達は

誰ぞ
精子
奥まで泳ぐぜ!俺が一番だぜ!
誰ぞ
精子
目標が見えてきたぜ!みんなついてきな!ひゃっほー!

とワーキャー言いながら卵子を目指します。

このB級SFみたな受精の映像は露骨でめっちゃ好きですけどね。

 

「精子の時点から意思がある」って発想が、面白いを通り越して意味不明。

 

 

産気づいた妊婦にその運転はあり得ません

妊娠が分かった途端に新しい愛人を作ったアルバートに別れを告げられるモリー。意地になったモリーは精子提供を受けたことにしてシングルマザーの道を選びます。

 

(すでにお腹の胎児には意思があり、なにやらブツブツ独り言つぶやいてます)

 

街なかで突然産気づいたモリーが慌てて乗り込んだタクシーを運転していたのは、子供好きの青年ジェームズ(ジョン・トラボルタ)。

タクシー運転手ジョン・トラボルタ

©Look Who’s Talking/ベイビー・トークより引用

病院へ超特急で送ってくれるのはいいけど運転粗すぎ

コメディなんでこんなとこに文句言ってもしゃあないんですけど、産気づいた時にこんな運転されたらマジコロス

いや殺せない、こっちが死ぬ。

てか出てまうから。

 

実際私は陣痛が来て夫の運転で病院に向かう時、ちょっと車が揺れただけで

朱縫shuhou
朱縫shuhou
もっと静かに走ってよ!!!

と阿修羅のごとく怒り狂ったもんです。

 

ついでにあの時の痛みも思い出して震えあがりました。

いやほんと、壮絶なんですって陣痛ってさあ…。

優しくして~。

 

 

なぜか大人の声でしゃべる赤ちゃん達

赤ちゃんが産まれた時に発した第一声は笑いましたね。

中に戻してえ~!

©Look Who’s Talking/ベイビー・トークより引用

誰ぞ
赤ちゃん
中に戻してえ~っ!

そうかも!そうやろなあ!

羊水の海はさぞかし気持ちいいんやろうなあ!

素敵なアテレコですよね。

 

産まれた赤ちゃんはマイキーと名付けられ、ここから【ベイビー・トーク】の本領を発揮して面白おかしくおっさんの声でしゃべり倒してくれます。

 

 

井戸端会議と運転はサブい

ネンネの頃のおしゃべりは

朱縫shuhou
朱縫shuhou

そっかあ~…

うんうん、こんなこと考えてたのかも知れへんなあ~…

と微笑ましく観られるものが多かったんですけど、少し成長してからの赤ちゃん達の井戸端会議の場面とレッカーされた車を運転する場面は正直 狙いすぎてスベってます。

スベってる井戸端会議

©Look Who’s Talking/ベイビー・トークより引用

 

そしてラストはマイキーがジェームズに向かって「ぱぱ!」と言って終わる訳ですが、こうしてマイキーが成長しておしゃべりできるようになっていくと、今までしゃべっていたブルース・ウィリスの声の人格は一体どうなるの?消えてしまうの?

という、

無茶な設定への浅い疑問が残る楽しい映画のご紹介でした。

 

 

映画【ベイビー・トーク】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
やっぱりオープニングで精子が卵子に向かって競泳してる映像がシュールでおもろかったなあ

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ベイビー・トーク】を観たくなったら

かわいいだけじゃ絶対ない…でもあなたのためなら頑張れる

妊娠・出産・かわいい赤ちゃんとの生活、子供の教育から親子の絆、さらにはひとりで子供を育てることを決断するに至るまで…

子育てをテーマとした映画をまとめました。

コメディ
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る