歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【欲望という名の電車】あらすじ感想。ブランチの過去もラストもオブラートに包みすぎ!

文芸

1951年/アメリカ/監督:エリア・カザン/出演:ヴィヴィアン・リー、マーロン・ブランド、キム・ハンター、カール・マルデン/第24回アカデミー主演女優・助演男優・助演女優・美術監督(白黒)賞受賞

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ヴィヴィアン・リー

©A Streetcar Named Desire/欲望という名の電車より引用

【風と共に去りぬ】のスカーレット・オハラ役で有名なヴィヴィアン・リーがアカデミー主演女優賞を始めとする数々の演技賞を獲得した同名戯曲の映画化作品。

そしてこれが銀幕デビューとなるマーロン・ブランドが作中でラフに着こなしたことで、当時は下着扱いだった「Tシャツ」が広く普段着として普及するきっかけとなった映画としても有名。

 

もう怖い。

ガチでプッツンしてそうなヴィヴィアン・リーがとにかく怖い。

そして常にTシャツに汗染みがついてるマーロン・ブランドは死ぬほど臭そうなのにどうしようもなくかっこいい。

 

【欲望という名の電車】です。

 

【風と共に去りぬ】メラニー最強説とスカーレットの名言を考察
【風と共に去りぬ】/1939年/アメリカ/文芸/原作はマーガレット・ミッチェルの世界的ベストセラーとなった同名小説で、アカデミー賞9部門を受賞した映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

映画【欲望という名の電車】のあらすじザックリ

「欲望という電車に乗って、墓場に乗り換え、エリジアン・フィールドで降りるのだけど…」田舎の農園を手放した未亡人ブランチは妹夫婦を頼ってニューオーリンズへやってくる。情緒不安定な言動を繰り返しお嬢様気取りで自宅に居座るブランチと粗野な義弟のスタンリーはたびたび衝突するようになる。

 

 

ニューオーリンズに降り立った未亡人ブランチ

誰ぞ
ブランチ

「欲望」という電車に乗って、

「墓地」に乗り換え、

「エリジアン・フィールド」で降りるのだけど…

きょろきょろと周囲を見渡しながら、若い駅員に「desire(欲望)」という電車の場所を尋ねる一人の女性…。

欲望という名の電車を探すブランチ

©A Streetcar Named Desire/欲望という名の電車より引用

のっけから何となく不安になる挙動を見せるこの女性の名はブランチ(ヴィヴィアン・リー)。

度重なる悲劇の末に生まれ育った田舎に居場所がなくなり、嫁いだ妹ステラ(キム・ハンター)を頼ってニューオーリンズのうらぶれた町へやってきます。

 

タイトルは【欲望という名の電車】だけど、電車自体が出てくるのも「欲望」という単語が出てくるのも最初のこのシーンのみ(電車の汽笛やガタンゴトンと走る音は聞こえる)。

でもこの「欲望」という電車に乗ってたどり着いた場所こそが、「欲望」から逃れようとやってきたブランチをさらなる「欲望」の淵へとたたき落とす舞台となるのです。

 

ヴィヴィアン・リーの過剰な演技に違和感???

観ていて最も気になるのはヴィヴィアン・リーの不自然極まりない演技

そもそも「ブランチ」というヒロインが神経不安症というか、笑っていると思ったら突然激昂したり、普通に話していても目は常にきょろきょろと動いていたり、見ているこっちがソワソワしてしまう。

それほどトラウマを抱えた変わった女性という設定ではあるのですが、それを差し引いても、です。

かつては仲の良かった姉妹

©A Streetcar Named Desire/欲望という名の電車より引用

そもそもヴィヴィアン・リーが「映画より舞台こそ女優の真骨頂」という考えを持つ人であったことをおもんぱかると、これほどオーバーリアクションになっているのも頷けますますが…、それにしたっていや~…笑えてくるレベルよホント。

 

カール・マルデンに無理やりキスされる場面の、完全にカメラを意識した手や顔の角度には吹き出しました。

そんなに優雅に力づくの男のキスは拒めません。

 

舞台ではねえ~、この演技で100点満点なんでしょうけどねえ~。

ただしラストでブランチがホントに頭イカれちゃった時の演技だけは息を呑むほどうまいです。こういった演技は少々過剰な方がリアリティありますもんね。

 

 

ブランチの過去を暴いたスタンリー

ブランチは田舎の農園を手放しここへ来た理由も詳しく話さないまま、妹のステラの家に何ヶ月も滞在します。

2間しかない狭いアパートには当然夫のスタンリー(マーロン・ブランド)もいるし、ステラは妊娠しているというのに。

家でカードを楽しむスタンリー

©A Streetcar Named Desire/欲望という名の電車より引用

人の家に厄介になっておいてお嬢様気取りの横柄な態度を崩さないブランチをよく思わないスタンリーは、知人のネットワークを駆使してブランチの過去を調べ上げます。

 

ちょっと乱暴な面はあるものの、「ブランチ」という女性を直視しているのはこのスタンリーだけ。

スタンリーが何を言おうがステラは「昔は優しい姉だったのよ」とブランチの肩を持ち、親友のミッチ(カール・マルデン)は美しいブランチにのぼせ上って結婚を決意します。

匂い立つ色気、マーロン・ブランド

©A Streetcar Named Desire/欲望という名の電車より引用

若い頃のマーロン・ブランドは「『野生の勘』みたいな特殊能力を持つ乱暴者」を演じさせたらホントやばい。うますぎ。マーロン・ブランドは【欲望という名の電車】が映画デビューのはずやけど…。

マーロン・ブランドの演技が自然体すぎてヴィヴィアン・リーの「舞台向き過剰演技」が余計際立ってしまった結果、大根女優にさえ見えてしまいます。

しかし前述のとおり、この映画でヴィヴィアン・リーが数々の演技賞を獲得したにもかかわらず、マーロン・ブランドは大きな賞は獲っていません。

 

当時はヴィヴィアン・リーのような「見て見て!演技してるのよ私!」って感じの演技の方がウケたんですかね?

 

なぜステラが怒っているのか意味不明…原作のままの映像化求む

【欲望という名の電車】は原作が分かっていないと理解するのが難しいと思います。

前知識なしに観た私は、最後にステラがなぜスタンリーに怒っているのか全然分かりませんでした。

原作の戯曲のあらすじはこうです。

スタンリーはブランチが故郷を離れた理由が、同性愛者だった夫の死後に精神の安定を失い、多くの男たちと淫蕩な生活を送った挙句、少年を誘惑したことで街にいられなくなったことを知り、ミッチにそれを暴露する。ブランチはミッチに罵られて捨てられ、スタンリーにレイプされる。そしてブランチは発狂し、施設に入れられる。

出典:Wikipedia

まだまだ保守的だった当時、衝撃的な題材を扱って話題となった【欲望という名の電車】を面白くしている要素は以下の4つな訳です。

①ブランチの元夫が同性愛者
②ブランチがヤリマン化
③ヤリマンが未成年者に手を出す
④ヤリマンが義理の弟にレイプされる

さらにもうひとつ、ブランチに求婚までしてくれたミッチ(カール・マルデン)が、原作ではブランチがヤリマンだったと知った途端に「俺にも一発ヤラせろ!」と襲い掛かってくるそうです。

映画版ではなんとこの5つのうちほぼすべてがスルー、もしくはかなりオブラートに包まれてしまっています。

このあとブランチはレイプされる…の?

©A Streetcar Named Desire/欲望という名の電車より引用

原作を読んだことも観たこともない人に、スタンリーに無理矢理はがい締めにされているブランチが映った鏡が割れたことだけで「『レイプされたんだ』と読み取ってね」って演出は余りにも不親切。

せめて引きちぎられた下着でも床に転がしておいてくれたらよかったのに。

 

エリア・カザン監督始め製作陣は原作通り作りたかったものの、許可が下りなかったみたいですね。

ガッデム映倫。

 

 

映画【欲望という名の電車】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

【欲望という名の電車】の撮影当時、ヴィヴィアン・リーは不眠症や躁鬱病の症状に悩まされていました。

レイプシーンや乱交、同性愛といった刺激的な内容を含んだこの映画・舞台への出演は周囲から自殺行為に等しいと言われていたそうです。

 

彼女の(今では少々大げさに見えても)鬼気迫る演技に納得ですね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【欲望という名の電車】を観たくなったら

欲望という名の電車 オリジナル・ディレクターズカット [DVD]
ヴィヴィアン・リー
¥ 1,112(2019/02/02 14:29時点)
名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

文芸
関連記事とスポンサーリンク



天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました