全90作!歴代アカデミー賞ランキングはこちらから

【ポーラー・エクスプレス】屋根の上のホーボーって誰?幽霊?

ポーラー・エクスプレス アニメ
20秒で読める概要とあらすじ

2004年/アメリカ/監督:ロバート・ゼメキス/出演:トム・ハンクス、ジョシュ・ハッチャーソン、ノーナ・ゲイ、ピーター・スコラリ、マイケル・ジェッター

クリスマスイブの夜、サンタクロースを信じられなくなった少年のもとに大きな蒸気機関車が突如現れる。それは北極点へとむかう汽車だった。その蒸気機関車「ポーラーエクスプレス」は、少年のほかにもサンタを信じる少年少女を乗せて、さまざまな大陸、海上を走り続ける。

※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

最後の別れ

©The Polar Express/ポーラー・エクスプレスより引用

「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」【フォレスト・ガンプ/一期一会】などで知られるロバート・ゼメキス監督が1985年の同名絵本をフルCGアニメーションとして映画化した作品。

現実の人間の動きをデジタル化して再現するモーションキャプチャによる登場人物たちのリアルな表情や動きが特徴。

 

しかしリアル過ぎて合わない人は合わないかも。

キャラクターデザインも人間に近づけているので、リアリティの限界を超えた部分はどうしてもファイナル・ファンタジーを見ているようなモヤッとした気持ちになってしまいます。

CGアニメといってもイルミネーション・エンターテインメントの「ミニオンズシリーズ」や、ピクサー・アニメーション・スタジオの【トイ・ストーリー】【カーズ】のように、キャラクターが究極にデフォルメされていればこの違和感は皆無なんでしょうけどね。

風にはためく衣服や人物の関節の動きを完璧に表現するのは至難の業ですわね。

 

ちなみに知人の5歳の息子さんはこの映画にドはまりしているそうです。

やっぱり男の子はキャラクターの魅力よりも列車なんですかね。

 

クリスマスを信じられなくなった少年が列車に乗って北極まで旅をするファンタジー、【ポーラー・エクスプレス】です。

 

 

名前がついているのは列車だけ

【ポーラー・エクスプレス】で固有名詞で呼ばれるのは「ポーラー・エクスプレス」と「サンタクロース」だけ

あとはみんな「車掌」とか「あなた」とか「きみ」とか。

機関士は「スモーキー」と「スチーマー」と呼び合っているものの、これもなんだか職業柄のあだ名のような感じ…。「車掌」と大差ないねえ?

 

それで成立してるのがすごいですけど、まあこのお話のテーマは人間ドラマではないので個体の名前はどうでもええですけども。

車掌トム・ハンクス

©The Polar Express/ポーラー・エクスプレスより引用

ちなみにこの車掌は(誰の目にも明らかなように)トム・ハンクスがモデルです。

トム・ハンクスは作中で主人公の少年の父親、車掌、ホーボー(後述します)、サンタクロースの声を担当しています。

多芸ですなあ。

 

 

クリスマスを信じられなくなってきた少年

毎年クリスマスを楽しみにして、イヴの夜には寝ずにサンタクロースが来るのを待っていた少年。

でも今年のイヴは早々と就寝。

サンタクロースに出すおやつも妹まかせ、プレゼントのお願いを書いた手紙も出さずじまいでした。

 

そんなイヴの夜、窓の外に巨大な列車が現れます。

車掌
お乗りの方はお急ぎくださ~い

北極行き「ポーラー・エクスプレス」出発しま~す

車掌の声に促され乗車する少年。

疑心暗鬼の彼を乗せて、ポーラー・エクスプレスは北極へと旅立つのです。

ポーラー・エクスプレスに乗車する少年

©The Polar Express/ポーラー・エクスプレスより引用

 

ピーターパン症候群みたいでちょっと怖い

他にも数人の子供達を乗せたポーラー・エクスプレスは、野を越え山を越え北極を目指します。

ジェットコースターさながらの疾走感を表現できるのはCGアニメーションならでは。

疾走するポーラー・エクスプレス

©The Polar Express/ポーラー・エクスプレスより引用

がしかし。

実は私、この映画ちょっと怖いんです。ピーターパン症候群と言いますか…。

 

サンタクロースを信じられなくなるってことは、哀しいことかもしれないけれど「成長した」ってことでもあるわけで、せっかく大人の階段を上り始めた少年を夢の世界に引き戻す魔の列車と取ると…怖くないですか?

今はまだいいけど、少年があと20年経っても

少年(てか中年)
サンタクロースは北極に住んでるんだぜ

俺みてきたもん

って本気で言ってたらちょっとヤバいやつ認定されてしまう訳でしょ?

北極に住んでるサンタクロース

©The Polar Express/ポーラー・エクスプレスより引用

この列車に乗ったことが彼らにとって良かったのか悪かったのかとか、考えすぎてざわざわします。

こんなホラー映画も作れそうな気がするね。

参考 ピーターパン症候群=大人という年齢に達しているにもかかわらず精神的に大人にならない男性を指す言葉。成長する事を拒む男性。

 

 

列車の屋根の上で焚火?正体不明の「ホーボー」って何者?

ところで、少年の行く先々でちょろちょろしている浮浪者のようなおっさんはなんなんでしょうね?

ホーボー

©The Polar Express/ポーラー・エクスプレスより引用

おもにポーラー・エクスプレスの屋根の上で焚火をしながら堂々と無賃乗車している…そして「ホーボー」という呼称があるみたいです。

ホーボー

アメリカで19世紀の終わりから20世紀初頭の世界的な不景気の時代、働きながら方々を渡り歩いた渡り鳥労働者のこと。ホームレスのサブカルチャーの一員。
鉄道に無賃乗車を決め込みながら、時には追い立てられ、アメリカの自由なフロンティア・スピリットを自らに体現し、文学や音楽の世界で多くの人が彼らに憧れと共感を示した。

出典:Wikipedia

へえ~。

要するに「車掌」と同じく職業で呼ばれてる訳ですね。

でもホーボーは突然かき消えたり現れたりするんで、ただの人間ではないみたい。

 

原作となる絵本が作られた頃、アメリカでは列車と切り離せないほどの社会現象となっていたんですかね?「鉄道=ホーボー」的な?

よく分かんない幽霊みたいなキャラクターです。原作の絵本読んだら少しは正体が判明するんかなあ?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ポーラー・エクスプレス】を観たくなったら

トップへ戻る