歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【サンタクロースになった少年】煙に巻かれるラストをネタバレ考察

ヒューマン

 

映画の概要と注意事項

2007年/フィンランド/監督:ヨハ・ウリオキ/出演:ハヌ・ペッカ・ビョルクマン、カリ・バーナネン、ミッコ・コウキ、ラウラ・ビルン

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

川遊びをするニコラスとエーメリ

©Joulutarina/サンタクロースになった少年より引用

上映時間82分と、すごく短いフィンランドの映画です。

日本では劇場未公開で、サンタクロースの誕生秘話をオリジナルストーリーでつづります。

 

ノスタルジックなフィンランドの村や暖炉のある家々、観ているだけで息が白く染まりそうな雪深い山や湖の映像が素晴らしい。

 

長く白いひげをたくわえ赤い衣装に身を包み、トナカイたちの引くソリに乗って天空を駆けるサンタクロースにだって、少年時代はあったのです。

【サンタクロースになった少年】です。

 

 

映画【サンタクロースになった少年】のあらすじザックリ

クリスマスの夜に両親と乳飲み子の妹アーダを事故で亡くし、1人ぼっちになったニコラスは村の6つの家族と1年ずつ暮らすことになる。 毎年クリスマスになると次の家に移るニコラスは、世話になった家の子供たちのために手作りの玩具を贈るようになる。

 

 

孤児になってしまったニコラス少年

父と母、そしてまだ赤ちゃんの妹アーダと4人で暮らしていたニコラス(ジョナス・リンネ)。

雪の降るある日アーダが熱を出し、両親はアーダを連れて医者の元へ。凍った湖を通って行けば翌日には帰って来られるはずでした。

両親を待つニコラス

©Joulutarina/サンタクロースになった少年より引用

しかし翌日、ニコラスの家を訪ねてきたのは知らない2人の男。

誰ぞ

お父さんとお母さんは、

湖に落ちて……

誰ぞ
ニコラス
………

7歳のニコラスはある日突然家族を全員失い、孤児になってしまいます。

 

極寒の湖に落ちたニコラスの両親とアーダの遺体は上がってきません。

ニコラスは遺体を確認することも死を実感することもできなかったでしょうが、でも彼らの死に現実味が薄いことによって、湖自体がまるで死後の世界のように神秘的なものになっています。

ニコラスの両親が眠る湖

©Joulutarina/サンタクロースになった少年より引用

ニコラスにとっては「両親と妹の墓」でもあるこの湖は、作中で何度も何度も映し出されます。

成長して姿を変えても変えても、いつも忘れることなく湖を訪れるニコラス。

余りにも何度も湖が映し出されるもので、湖の場面になるとなんだか家に帰ったような懐かしい気持ちになってくるほどでした。

 

世話になった家の子供達にお礼を

ニコラスは近くの村の6つの家に1年ずつ交代で預かってもらうことになります。子供1人をガッツリ引き取ることができる裕福な家庭がなかったためです。

毎年クリスマスになると次の家へ「引っ越す」ニコラス。ニコラスは引っ越す時に、お世話になった家の子供達に木彫りのおもちゃのプレゼントをこっそり置いていくようになりました。

ニコラスはクリスマス・イヴの夜、家の前にサクッとクリスマスプレゼントを置いて回ります。

©Joulutarina/サンタクロースになった少年より引用

朱縫shuhou
朱縫shuhou
…堂々と「1年間ありがとうございました!」って面と向かって渡したらええがな…

いえダメです。

ニコラスはにぎやかなのが苦手なんだそうです。

「クリスマス・イヴにこっそりプレゼントを置いて行ってくれる」というサンタクロース・スタイルの由来がなんと、「にぎやかなのが苦手やから」

他に何かええ設定思いつかんかったんかい!ってちょっと思いましたけども。

 

「ハリー・ポッターシリーズ」のハグリッド似のイーサッキ

ニコラスに定住できる家を与えてくれたのは山奥に一人で暮らす家具職人のイーサッキ(カリ・バーナネン)。

ニコラスを引き取ってくれるイーサッキ

©Joulutarina/サンタクロースになった少年より引用

ニコラスの手作りおもちゃに職人の資質を見出し、最初は弟子として半ば強引に自宅に連れ帰りますが、次第にニコラスと心を通わせ、親子のように一緒に暮らすことになります。

見た目は怖いし偏屈で口は悪いけど実はめっちゃ人情溢れるってパターンのおっさん。

 

ごっつハグリッドに寄せてきていることに意味はないと思います。

 

何の前触れもなく天空へ飛び立つニコラス

ニコラスはイーサッキの元で家具職人としての技術を学び、そして毎年クリスマスにはお世話になった村の子供達だけでなく、近隣の村の子供達みんなにもプレゼントを配るようになっていきます。

●村人達にもらったニコラス専用のそり
●雪深い山々の走ることに長けているトナカイ
●着ていればトナカイが命令をきくという赤い衣装
●ますます伸びてお腹まである白いヒゲ

孤児であること以外は他の子供達となんら変わらなかったニコラスが、パーツを揃えて行くたびにどんどんサンタクロースっぽく変貌!

サンタクロースになったニコラス

©Joulutarina/サンタクロースになった少年より引用

そんで?!

そんでどうやって本物のサンタクロースになったの?!

ほっほっほぉ~…。(サンタ風)

 

今まで生身の人間としてコツコツと手作りしたプレゼントを、老体に鞭打って一軒一軒子供達の家に配っていたニコラス。ある年のクリスマス、ニコラスは「寄る年波には勝てない」と、その年を限りにプレゼントを配るのを止めることにします。

最後のクリスマスプレゼントを配り終えたニコラスは、両親とアーダの眠る湖の上をトナカイが引くそりに乗って駆け抜け、天空へと消えて行くのでした……

天空を駆けるニコラス

©Joulutarina/サンタクロースになった少年より引用

おしまい。

朱縫shuhou
朱縫shuhou
ええ~~~っ!

ここへきてまさかの、

最後は全部「ファンタジー」で片付ける演出!

 

美しい景色と劇的にサンタクロースっぽく変貌していくニコラスに騙されてはいけない!

どうしたってこのラストは なんで飛ぶねん と言わざるを得ない…。

 

だってサンタクロースのモデルと言われるセント・ニコラスだって、産まれる前から不思議な力を持っていたとされてるのによ?

実はセント・ニコラスの最初の奇跡は彼が子宮の中に誕生したことだと言われている。彼の母親であるノンナは、妊娠が不可能とされている年齢であり子どもがいなかった。既に閉経を迎えていたとされる彼女になんとニコラスの命が宿ったのだ。

出典:本物のサンタクロース「セント・ニコラス」が起こした奇跡と伝説の由来

最後に夜空に飛び立ち伝説となるのであれば、人間離れした何かを持ってるような前振りが欲しかったなあ。

もしくは「サンタクロースももともとはただの人間だった」って強調したいのであれば、突然いなくなったニコラスの姿をその後見た者はいなかった、の方がよかったかも。

 

 

映画【サンタクロースになった少年】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

初老にもなるとファンタジーも根拠が無ければ疑問が残ってしまうもんですね。

純粋に「サンタクロースが飛んだ~!」ってならないなんて、やだやだ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【サンタクロースになった少年】を観たくなったら

今年のクリスマスはどれ観よう?定番だらけの名作洋画

クリスマス映画ってたくさんあって、どれを観ようか迷いますよね。観る人の環境によってもマッチする映画は変わってきます。

子供と一緒に、恋人と一緒に、ド定番の名作映画など、用途別にまとめました。

ヒューマン
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る