裏窓のジェームズ・ステュアートとグレース・ケリー

1954年/アメリカ/監督:アルフレッド・ヒッチコック/出演:ジェームズ・ステュアート、グレース・ケリー、セルマ・リッター、ウェンデル・コーリイ、レイモンド・バー

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

裏窓のヒッチコック
©Rear Window/裏窓より引用

双眼鏡や望遠カメラを通して近所の住人の生活を覗いている主人公の視点が、映画を観ている私達の視点と同じで臨場感や緊迫感が伝わりやすい作品。

近所の人達への親しみすら湧いてくる。

「こんにちわ~」って挨拶したいくらい。

 

暇つぶしに近所を覗いているうちに、とんでもない事件を目撃してしまうカメラマンを描いたアルフレッド・ヒッチコックのサスペンス、【裏窓】です。

 

 

 

映画【裏窓】のあらすじザックリ

カメラマンのジェフは事故で足を骨折し車椅子生活を余儀なくされ、もっぱら裏窓から見える近所の人間観察を楽しんでいた。ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が姿を消す。数々の状況証拠から殺人事件と確信したジェフは、恋人リサと共に調査に当たる。

 

 

プライバシーもへったくれもない猛暑のアパート

ただでさえクッソ暑い季節、ビル群がひしめき合っていることでさらに灼熱地獄と化してるアパートの住人達は、窓全開だというのに男女共々裸同然の格好でそれぞれの痴態をさらしています。

暑さの余りベランダで寝る夫婦、屋上で服を脱ぎ捨てる人(水浴び?)、まるでリゾート地のようなビーチチェアでくつろぐ女性…。

ジェフのアパートから見える景色
©Rear Window/裏窓より引用

彼らの生活を眺めているのは、思わぬ事故でかれこれ7ヶ月も車椅子生活を強いられて暇で暇で仕方がないカメラマンのL・B・ジェフリーズ(ジェームズ・ステュアート)(通称“ジェフ”)。

 

毎日なんとなく近所を観察して楽しんでいるジェフが今頭を悩ませているのは、有能だけど貧乏カメラマンの自分には不釣り合いな美しく裕福な恋人リサ(グレース・ケリー)との結婚。

ジェフを愛しているリサは結婚を望んでいますが、カメラマンとして世界中を旅するジェフには落ち着いた家庭を持つことなど考えられません。リサを連れて世界を飛び回るにしたって、リサはファッション関係の仕事も持っているし、危険な国に行くことだってある。

まだリサが若い今のうちにもっとふさわしい相手を探すことができるよう、出張看護師のステラ(セルマ・リッター)に相談したりしながらいつ別れを切り出そうかと考えています。

お目付け役みたいな看護婦ステラ
©Rear Window/裏窓より引用

 

いつも言い争っていた中年夫婦に変化が

ところで、裏のアパートの一室には、いつでも口喧嘩している中年夫婦がいました。

妻は病気のようで昼間でもいつもベッドに腰掛けていて、夫は装飾品のセールスマンみたい。夫が仕事から帰ると妻はいつも何やら小言を言っています。

いつも口げんかしているソーワルド夫婦
©Rear Window/裏窓より引用

ところがある晩、ジェフは夫が大きなトランクを持って家を出ていくのを目撃します。

時計を見ると午前2時

珍しくブラインドが下りていたので室内の様子は分かりません。

一度戻ってきたと思ったら再び外出。午前3時

 

翌朝ジェフが目覚めてもクソ暑いのにブラインドは下りたまま。

その後も妻の姿は見当たらず、夫は台所で大きなノコギリと包丁を念入りに洗ったりしている…。

ジェフ

…殺した!

アイツついに嫁はん殺した!

最初はリサからもステラからも「覗きもええ加減にしなさい!」とたしなめられますが、観察を続けるうちに2人も夫に不審な点があることに気付き始め、捜査(?)に協力してくれるようになります。

リサは向かいのアパートに行って“ソーワルド(レイモンド・バー)”と言う夫婦宅の郵便受けの名前を確認。

ドイル刑事に操作の依頼をするジェフとリサ
©Rear Window/裏窓より引用

ジェフの旧知であるドイル刑事(ウェンデル・コーリイ)に正式な捜査を依頼してみるものの、ドイル刑事がアパートの管理人に聞いたところによれば、夫婦はジェフが深夜の外出を見かけた日の早朝、2人で駅まで出かけただけとのこと。

 

ドイル刑事の言うとおり妄想なのか。

いやどうしてもおかしい。

絶対部屋に突入すれば証拠があるはず。

 

ジェフやリサがやきもきしている間にも、風呂場の壁を丹念に洗ったり(血を洗い流してる?)身の周りの物を荷造りしたり(ドンズラしようとしてる?)して着々と証拠を消していくソーワルド。

電話と望遠カメラだけで事件を解決に導くジェフ
©Rear Window/裏窓より引用

舞台はずーっとジェフの部屋。

セリフもジェフ達の会話だけ。

もしかしたらドイル刑事の言う通り、すべては7ヶ月も狭く暑い室内に閉じ込められたジェフの妄想なような気もしてくるし、覗き見た状況証拠を並べてみると「殺人」以外は考えられないような気もするし。

 

全く行動力を発揮することができないジェフ同様、視聴者にまでイライラを募らせてくる観せ方がすごい。

 

 

事件の詳細もジェフとリサのその後も謎のまま

【裏窓】のオチは「妻が殺されてた」で正解ですが、ヒッチコックにしては珍しくちょっと難解な幕引きになっています。

ソーワルドの花壇に死体の一部が埋められていた事実だけは刑事が認めているものの、早朝にソーワルドと一緒に出掛けた黒い服の女性の正体や、妻から送られてきた葉書の偽装工作の詳細、留め具が壊れてて紐でぐるぐる巻きにされた巨大なトランクの中身については触れられぬまま…。

 

とりあえず死体の一部は見つかってるから、これから捜査を進めるよってことなんですかね。

最後にドイル刑事が、ソーワルド容疑者を連れて妻が滞在しているはずのイースト・リバーへ行ってみるって言ってるし。

 

危険をものともしない根性あるリサは…あれ?

そして今回の事件でただのお嬢様ではなく実は危険を顧みないじゃじゃ馬であることが発覚したリサ。

たぶんエピローグではジェフと一緒に世界を旅するリサでも映し出されるんだろうと思ってたのに、意外や意外。

普通にファッション雑誌読んでるリサ
©Rear Window/裏窓より引用

普通に今まで通りファッション雑誌読んでた。

 

 

映画【裏窓】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

ちょっとシュールだと思ったのが、最上階に住んでる夫人の仕打ち。

 

夫人が飼っていた犬は地面に埋まったバラバラ死体を掘り返そうとしていたためソーワルドに殺されますが、なんと夫人はその後すぐに新しい子犬を手に入れ可愛がっています。

 

犬好きなんは分かるけども、せめてしばらくは喪に服さんかい。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

裏窓 [DVD]
Nbcユニバーサル エンターテイメント
参考価格:¥ 1,572
OFF: 49%
¥ 808
裏窓のジェームズ・ステュアートとグレース・ケリー
更新情報ひたすらつぶやいてます。