歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【夢のチョコレート工場】あらすじと観た感想。ウンパルンパは橙色

ウィリー・ウォンカと招待客 ファンタジー
©Willy Wonka & the Chocolate Factory/夢のチョコレート工場より引用
映画の概要と注意事項

1971年/アメリカ/監督:メル・スチュアート/出演:ジーン・ワイルダー、ピーター・オストラム、ジャック・アルバートソン、ジュリー・ドーン・コール、デニス・ニッカーソン、パリ・テメン、マイケル・ボルナー

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

チョコレートの瀧がある部屋

©Willy Wonka & the Chocolate Factory/夢のチョコレート工場より引用

ロアルド・ダールの児童小説「チョコレート工場の秘密」は3度映画化されています。

 

2005年のティム・バートン監督による【チャーリーとチョコレート工場】、2017年の【トムとジェリー 夢のチョコレート工場】、そして一番最初に映画化されたのが本作、【夢のチョコレート工場】です。

 

無論、現代っ子の私は【チャーリーとチョコレート工場】を観た後に興味が沸いてこの【夢のチョコレート工場】を鑑賞してみた訳ですが、全体を通しての感想としては、

朱縫shuhou
ティム・バートン…この映画好きやったんやろなあ~…

って感じ。

もちろん原作小説も好きなんでしょうけど、良い意味で【夢のチョコレート工場】の世界観を崩すことなくグレードアップすることに成功してます。

楽しいから見比べてみるのすごくおすすめ。

 

 

映画【夢のチョコレート工場】のあらすじザックリ

ウィリー・ワンカの世界一のお菓子工場は謎に満ちていた。ある日ワンカは世界中のワンカ製のお菓子の中に入っているたった5枚のゴールデン・チケットを手に入れた人を工場に招待すると発表。幸運にもチケットを手に入れたチャーリーは、他の4人の子供達と一緒に工場へ足を踏み入れる…。

 

 

ティム・バートン版【チャーリーとチョコレート工場】との相違点

大ヒットしたティム・バートン版【チャーリーとチョコレート工場】を観た人は多いと思うので、【チャーリーとチョコレート工場】との相違点を挙げる感じでレビューしていきたいと思います。

ちなみにティム・バートン版でジョニー・デップが演じたチョコレート工場のあるじウィリー・ウォンカは、本作では“ウィリー・ンカジーン・ワイルダーと表記されています。

ウィリー・ワンカとチャーリー

©Willy Wonka & the Chocolate Factory/夢のチョコレート工場より引用

 

チャーリーの置かれる環境が違う

まず心の優しい主人公の少年チャーリー・バケット(ピーター・オストラム)について。

たった1枚のチョコも買えないほど貧乏で寝たきりの祖父母4人と暮らしているのは同じですが、なんと【夢のチョコレート工場】でのチャーリーには父親がいません。オカンはいます。

オトンがいないバケット家

©Willy Wonka & the Chocolate Factory/夢のチョコレート工場より引用

おじいちゃんの一人が「父親がいれば…」と言う場面はあるものの、生きてるのか死んでるのか女と出て行ったのかは不明。

 

それでも【チャーリーとチョコレート工場】と同じようにベッドに足と頭を互い違いに向け合って横になっている4人の祖父母の絵面にはちょっと感激しました。

4人のおじいちゃんおばあちゃんたち

©Willy Wonka & the Chocolate Factory/夢のチョコレート工場より引用

 

ゴールデン・チケット争奪の規模が違う

【チャーリーとチョコレート工場】は完全にファンタジーでしたが、【夢のチョコレート工場】はコメディ色も結構強め。しかも割とブラック。

世界中にばらまかれたゴールデン・チケットを探す人々の異常な熱狂ぶりも笑ってしまいます。

ゴールデン・チケット争奪戦を制したチャーリー

©Willy Wonka & the Chocolate Factory/夢のチョコレート工場より引用

ある資産家っぽい家庭では一家の主が誘拐される事件が発生。

犯人の要求を聞いた刑事が慌てる妻に詰め寄ります。

刑事
犯人の要求はゴールデン・チケットです

ご主人とワンカチョコ、どちらが大事ですか?

………考えさせて

ふふっ。

てな小ネタがズッコンバッコン盛り込まれてますよ。

 

文字が小さすぎて下の方が読めない契約書にも吹き出しましたけどね。

文字が小さすぎて読めない契約書

©Willy Wonka & the Chocolate Factory/夢のチョコレート工場より引用

悪徳保険会社のクソ長い約款みたい。

 

ウンパルンパが違う

そして【チャーリーとチョコレート工場】で個性派俳優ディープ・ロイがたった一人で165人全員を演じ強烈なインパクトを残した小人のウンパルンパは、【夢のチョコレート工場】では 髪緑色で顔橙色 です。

橙色のウンパルンパ

©Willy Wonka & the Chocolate Factory/夢のチョコレート工場より引用

当時は当然CG技術なんかもないので、演じているのは全員「ただの背が低い人」。だからみんな微妙に顔も体形も違います。

…しかしCGなしでこれ(ウンパルンパ)を表現するってすごいよホントに。ダンスの息もピッタリあってて絶好調。

 

 

映画【夢のチョコレート工場】の感想一言

朱縫shuhou
興業的には成功したとは言い難い映画だそうですが私は好きです

【チャーリーとチョコレート工場】がお好きなら是非一度ご覧ください、きっと気に入ると思います

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【夢のチョコレート工場】を観たくなったら

【チャーリーとチョコレート工場】小人のウンパルンパがトラウマに
【チャーリーとチョコレート工場】/2005年/アメリカ/ファンタジー/完全非公開のウィリー・ウォンカのお菓子工場へ見学に訪れた子供達を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

ファンタジー
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る