【有頂天時代】フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース

【有頂天時代】あらすじと観た感想。「アステア&ロジャース映画」6作目

【有頂天時代】フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース


1936年/アメリカ/監督:ジョージ・スティーブンス/出演:フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース、ヴィクター・ムーア、ヘレン・ブロデリック、エリック・ブロア、ジョージ・メタクサ/第9回アカデミー歌曲賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【有頂天時代】フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース
©Swing Time/有頂天時代より引用

“ダンシング・マスター”フレッド・アステアと、“フェザー 羽飾り”と呼ばれたジンジャー・ロジャースの10本の共演作のうち、6本目に当たる映画。

「アステア&ロジャース映画」一覧

  1. 【空中レヴュー時代】(1933年)
  2. 【コンチネンタル】(1934年)
  3. 【ロバータ】(1935年)
  4. 【トップ・ハット】(1935年)
  5. 【艦隊を追って】(1936年)
  6. 【有頂天時代】(1936年)
  7. 【踊らん哉】(1937年)
  8. 【気儘時代】(1938年)
  9. 【カッスル夫妻】(1939年)
  10. 【ブロードウェイのバークレイ夫妻】(1949年)

監督は【シェーン】【ジャイアンツ】ジョージ・スティーブンス

関連記事

1953年/アメリカ/監督:ジョージ・スティーブンス/出演:アラン・ラッド、ジーン・アーサー、ヴァン・ヘフリン、ブランドン・デ・ワイルド、ジョン・ディークス、ジャック・パランス/第26回アカデミー撮影賞受賞注※このサイトは映[…]

シェーン(演:アラン・ラッド)
関連記事

1956年/アメリカ/監督:ジョージ・スティーヴンス/出演:ロック・ハドソン、エリザベス・テイラー、ジェームズ・ディーン、チル・ウィルス、デニス・ホッパー、マーセデス・マッケンブリッジ、キャロル・ベイカー/第29回アカデミー監督賞受[…]

【ジャイアンツ】ジェームズ・ディーン

 

フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの優雅で息ピッタリなダンスを観るのは楽しいものの、2人の共演作って観れば観るほどどれがどれだったか分からなくなってきます。2人共キャラクターはほぼ一緒だもんね。

作品によって髪型とか変えてみたらどうだったんだろう。アステアなんか特に、ずーっとぴっちり横分けじゃん。

まあこの2人に関してはとにかくダンスが凄すぎて役作りとかどうでも良かったってことですかね。

 

 

 

映画【有頂天時代】のあらすじザックリ

ポップ一座のダンサー、ラッキー・ガーネットは、今日の舞台を最後に結婚するつもりだったが、結婚式の時間に遅れてしまい花嫁の父親から結婚は許さないと言い渡される。義父が納得する金額を稼ぐためポップと共にNYへやって来たラッキーは、ダンススクールの講師ペニーと知り合う。

 

 

3人の大男と踊るフレッド・アステア

今回のフレッド・アステアは3人の大男と踊ります。

「大男」って言っても人間じゃなくて、「別撮り(?)の自分の影」

【有頂天時代】フレッド・アステア
©Swing Time/有頂天時代より引用

これってつまりアステアが4人で踊っているようなものですから、そのド迫力ときたら半端ない。クロマキー合成のせいかちょいちょいアステアの頭が透けちゃうのはご愛敬。

参考 クロマキー合成=緑や青のスクリーンで人物を撮影して背景を合成する技術

私はもともとアステアはピン(1人)で踊っている時の方が好きです。ほとんどの作品においてアステアにはピンで踊る場面が用意されていますから、そこへ辿り着くと「待ってました!」とばかりにヤンヤヤンヤしてしまいます。ヒロインと優雅な恋のダンスを踊っている時よりバリエーションが豊富だしステップが激しくて観ていて楽しいんですよね。

 

【有頂天時代】ジンジャー・ロジャース
©Swing Time/有頂天時代より引用

5歳の頃から姉アデールとダンスを習い、姉弟でチームを組んで幼い頃から巡業していたフレッド・アステアは生粋のダンサーであるのだけれど、ジンジャー・ロジャースって意外とダンス自体はそれほど上手くはないんですって。それがひとたびアステアとコンビを組めば「ハリウッド史上最高のダンシングチーム」と呼ばれるほどに登りつめるだなんて、本人もさぞかしビックリしたことでしょう。

アステアはロジャースに限らず一緒に踊るパートナーの魅力を引き出すのも天才的だったと言われています。

【有頂天時代】フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース
©Swing Time/有頂天時代より引用

ボックスもまともに踏めない私からしてみれば、アステアもロジャースも立派な異能の神だけどね。

 

キスシーンはほぼ「アレ」に邪魔される

それにしても【有頂天時代】は一応アステアとロジャースの「恋」を描いたミュージカル・コメディだってのに、まともなキスシーンがひとつもありません。なんでなのよ。

「1936年公開」…普通に考えたらヘイズ・コードかなって感じですけど、それを考えにいれても酷いんです。

だってひとっつもないんやで?!

良い雰囲気にはなるんですよ。

良い雰囲気にはなるんですけど、いつも何かに邪魔される。

 

雪の積もる屋外で雪玉に邪魔されるくらいはお約束だから大目に見よう。

雪玉以上に2人の恋路をしょっちゅう阻んできて鬱陶しいのは「ドア」

【有頂天時代】フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース
©Swing Time/有頂天時代より引用

唇が重なる寸前でドアが開いたり閉まったりしよるんですよ。それも2回も。

朱縫shuhou
コメディか!
助手
……コメディだよね?
朱縫shuhou

あそうか…。コメディやったな…。

ヘイズ・コード云々以前に、もしかして狙ってんのかコレ。

参考 ヘイズ・コード(映画製作倫理規定、プロダクション・コード)=1934年から1968年まで導入されていたアメリカ合衆国の映画における検閲制度。「キスシーンは3秒以内」など、厳しい制約があった。

 

 

映画【有頂天時代】の感想一言

【有頂天時代】
©Swing Time/有頂天時代より引用
朱縫shuhou
それほど悪いこともしてないのにラストでちょっと気の毒な目に遭う楽団のリーダー兼歌手のリカルド(ジョージ・メタクサ:上の画像)は、思わず笑ってしまいそうになるくらい若い頃の北大路欣也にクリソツです!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【有頂天時代】フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG