【ボディガード】ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン

【ボディガード(1992)】あらすじと観た感想。求む警護職処遇改善

【ボディガード】ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン

1992年/アメリカ/監督:ミック・ジャクソン/出演:ケビン・コスナー、ホイットニー・ヒューストン、ゲイリー・ケンプ、ビル・コッブス、トーマス・アラナ、ラルフ・ウェイト、ミシェル・ラマー・リチャーズ、マイク・スター、クリストファー・バート

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【ボディガード】ホイットニー・ヒューストン
©The Bodyguard/ボディガードより引用

ああ驚いた。

この映画アカデミー賞獲ってなかった。

絶対獲ってると思ってた、歌曲賞

この年同賞をかっさらったのは【アラジン】の“ホール・ニュー・ワールド”でした。

関連記事

1992年/アメリカ/監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ/声の出演:スコット・ウェインガー、ロビン・ウィリアムズ、リンダ・ラーキン、ジョナサン・フリーマン/第65回アカデミー作曲・歌曲賞受賞注※このサイトは映画のネタバ[…]

魔法のカーペットで世界中を飛行
関連記事

おはこんばんちは、朱縫shuhouです。 当サイト「天衣無縫に映画をつづる」では、よりよい映画に出会うため「名作と言われる映画をとりあえず一通り観てみる」ことを推奨しています。しかし名作と言っても世[…]

歴代アカデミー賞受賞作・ノミネート作一覧

そうか、さすがにあれには負けるかも。

でも本日の映画の代名詞とも言うべきホイットニー・ヒューストンの大ヒット曲“オールウェイズ・ラブ・ユー”を除いて、この映画のどこに魅力があるって言うの?

“オールウェイズ・ラブ・ユー”を評価してもらえなかったら良いとこなしだよね実際問題。

 

俳優ケビン・コスナーと歌手ホイットニー・ヒューストン。ともに絶頂期にあった2人の共演が話題を呼んだヒット作、【ボディガード】です。

 

 

 

 

映画【ボディガード】のあらすじザックリ

ロナルド・レーガンの警護をしていた元シークレット・サービスのフランク・ファーマーは、非番の日に発生したレーガン大統領暗殺未遂事件に責任を感じて退職、以降は個人でボディガード業を営んでいた。フランクはある日、人気歌手レイチェル・マロンの身辺警護を依頼される。

 

 

“オールウェイズ・ラブ・ユー”ありきの映画

「お前は何でも持っている。死ね」と書かれた手紙が届いたり、人形型の爆弾を贈られたり、自宅に侵入者の形跡が残っていたり、人気歌手レイチェル・マロン(ホイットニー・ヒューストン)の周辺はざわついていました。

事態を重く見たレイチェルの付き人のビル・デヴァニー(ビル・コッブス)は、“凄腕”と噂の元シークレット・サービスの男フランク・ファーマー(ケビン・コスナー)にレイチェルのボディガードを依頼します。

【ボディガード】ケビン・コスナー
©The Bodyguard/ボディガードより引用

大抵の女性は自分を守ってくれる力強い男性に好意を抱くものであって、それが美男美女であったり近い年代であったりすれば尚更で。

こうして出会った依頼人とボディガードの間に愛情が芽生えるという、なんの捻りもない平凡なストーリーの映画です。

 

余談ですがレイチェルが息子フレッチャー(デヴォーン・ニクソン)と姉ニッキー(ミシェル・ラマー・リチャーズ)とともに暮らす大邸宅は、【市民ケーン】のモデルにもなった新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストがかつて住んでいたことで知られる通称「ビバリーハウス」。【ゴッドファーザー】にも出てきます。

【ボディガード】ホイットニー・ヒューストン
©The Bodyguard/ボディガードより引用

部屋は18室、風呂は25個、庭にはプール、テニスコート、etc…諸々完備の大豪邸。いやもう

関連記事

1941年/アメリカ/監督:オーソン・ウェルズ/出演:オーソン・ウェルズ、ジョゼフ・コットン、ドロシー・カミンゴア、エヴェレット・スローン、レイ・コリンズ、ジョージ・クールリス、アグネス・ムーアヘッド/第14回アカデミー脚本賞受賞[…]

【市民ケーン】オーソン・ウェルズ
関連記事

1972年/アメリカ/監督:フランシス・フォード・コッポラ/出演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュバル、ジョン・カザール、タリア・シャイア、ダイアン・キートン、リチャード・カステラーノ、モーガナ[…]

【ゴッドファーザー】マーロン・ブランド

豪華なのは結構だけど、これだけ敷地が広いと監視カメラとか電子ロックとか、警備が万全でないとなかなか安心してくつろげないよね。

 

ボディガードの処遇改善してください

差し当たって物申したいのは「ボディガードの処遇」について。

【ボディガード】ホイットニー・ヒューストン
©The Bodyguard/ボディガードより引用

この依頼人のレイチェル・マロンという女性がですね、“ステレオタイプの人気歌手”と言いますか、ひと言でいうと“わがままで嫌な女”なワケですよ。才能と人気の上にあぐらかいちゃってね?

そんな女ですからボディガードとして紹介されたフランクに対しても、まるで虫ケラでも見るような目つきで悪意丸出しの態度を取るんです。

【ボディガード】ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン
©The Bodyguard/ボディガードより引用

百歩譲って初対面の時のレイチェルのこの対応は仕方ないのかな、とも思うんです。なぜなら彼女は、脅迫状や爆弾が届いていることも、自宅の寝室に侵入者があったことも、一切知らされていなかったから。

自分の身に危険が迫っているだなんて夢にも思わないのに、ある日突然「ボディガード雇うから」って言われても、普通は「は?なんで?束縛されるん?嫌やねんけど?」って思いますよね?

これは「余計な心配をかけたくない」と言う中途半端な偽善で彼女に全状況を伝えていなかった付き人連中が悪い。

【ボディガード】ホイットニー・ヒューストン
©The Bodyguard/ボディガードより引用

でもね?

だからと言って「自分の身は危険である」と認識すればレイチェルの態度が軟化すると思ったら大間違いだったんですよ。

その後もレイチェルのわがままは止まらないんです。

フランクに危ないところを助けてもらっては「ごめんなさい、今後は言うことを聞くから」と言うものの、数日後には「私はやりたいようにやる!」と喚き始める。

【ボディガード】ホイットニー・ヒューストン
©The Bodyguard/ボディガードより引用

依頼人がどんなにワガママでも嫌な奴でも身を挺して守らなければならないなんて、ボディガードも因果な商売ですよ。

契約前に「依頼人が協力的でない場合、本人の身に何が起こっても責任は負いません」っていうガイドラインでも作っといたらいいのに。

 

ボディガードも精神力鍛えてください

とは言え依頼人も依頼人ならボディガードもボディガードなんですけどね。

 

フランク、あなたプロでしょ?

依頼人と寝たらあかん。

【ボディガード】ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン
©The Bodyguard/ボディガードより引用

こんなん絶対あかんやつやん。「ちょー待て待て!」ってみんな思ったでしょ?

こんな嘘くさいベッドシーン(って言うほどのもんでもないけど)にウットリする人っているの?

おまけにピロートークで“ボディガード”みずからこんなこと言っちゃってる。

フランク
今襲われたら自信ないわ。
朱縫shuhou

甘いジョークか!

大体フル○ンでどないして戦うねん!

あとフレッチャーと話している時にこんなことも言ってる。

フランク
職業柄、俺は感情を表に出されへんのや…。

いやいやいや、なんか追い詰められた表情で自分に酔っていらっしゃるけど、自分レイチェルが他の男とイチャついてた時、嫉妬のあまり厨房でタバコ吸ってただけの罪もないオッサンボッコボコにしてたよね?

【ボディガード】ケビン・コスナー
©The Bodyguard/ボディガードより引用

感情コントロール云々 うんぬんどころの騒ぎやないで、それ八つ当たりって言うねん。

その程度の精神力で元シークレット・サービスて自分、ガキの使いやあらへんでホンマに。

 

 

映画【ボディガード】の感想一言

朱縫shuhou

レイチェルとフランクがたった1度のデート(だから無防備にデートとかしとる場合か!)で観た映画は黒澤明監督の【用心棒】です。

映画の影響を受けたらしいフランクの部屋に飾ってある日本刀の斬れ味は異常。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG